物語の主人公の条件とは?

主人公とは何者か

考えた事があるでしょうか?

実は、主人公には、主人公になる為の条件があります。

今回は、主人公について説明します。

 

主人公の条件

その主人公、主人公ですか?

 

タイトルになっているキャラクターが主人公?

未来少年コナン、名探偵コナン、るろうに剣心、バットマン、スーパーマン。

確かに、主人公っぽいです。

ですが、ドラえもんでは、のび太君が主人公ですし、ポケットモンスターでは、サトシが主人公です。

一人称視点の人物は、主人公?

これは、かなり主人公っぽいです。

ですが、厳密には残念。

狂言回しという、ややこしいポジションのキャラクターが存在します。

読者が物語を理解する為の手助けをする事が役割りで、主人公でない場合があります。

シャーロック・ホームズで言うワトソン君の様なポジションです。

 

主人公っぽい奴が主人公だ

かなり乱暴な論理ですが、一理あります。

では、何が主人公を主人公っぽいとしているのでしょうか?

 

ここをわざわざ読んでいる方は、それが知りたい訳ですし。

 

その1:物語の中心で行動しているか?

物語の中心にいつもいて、何かしている。

非常に主人公っぽいです。

旅、恋、試合、戦い、あげたらキリがありません。

ですが、それだけでは足りません。

こんなのはみんな分かっている事です。

それに、主人公と行動を共にするキャラクターが沢山いたら、誰が主人公か分かりません。

 

その2:物語の中心で葛藤しているか?

葛藤とは、対立や選択の迷いです。

と言う事は、物語の中心で葛藤しながら行動すれば主人公なのでしょうか?

まだ少し足りない様です。

 

その3:物語を通して葛藤を解決した結果、変化しているか?

物語の中心にいて、葛藤していて、行動していて、その結果変化する。

非常に主人公な感じがします。

変化の旅路、成長物語が物語の基本です。

ですが、肝心の物語の中心とは、どこでしょうか?

それが分からないと、焦点の当てようがありません。

 

物語の中心とは、テーマ

以前の記事「物語を創る始点について」にて少し触れた「テーマ」です。

物語の中心となるテーマとは、「物語の最初から最後まで一貫した、主人公の葛藤しながら行動した結果、起きた変化」そのものです。

つまり、終始一貫したキャラクターの葛藤と行動の結果が、テーマを表現し、それが主人公を決定します。

 

例えば、スポーツ物を書きたいとします。

物語のテーマが分かっている人(テーマと言うものが主題であり、主人公の変化に関わるものである事を含め)は、主人公の欠点や欠陥をテーマに盛り込み、主人公がスポーツの試合や仲間との交流の末に、壁を乗り越える変化をする物語を書きます。

 

ですが、物語のテーマを分かっていない人は、漠然と試合を描きたい交流を描きたいと書きます。

すると、その試合の中で成長する人物が一番主人公になってしまいます。

これが連載物で、たまたまそう言う回と言うなら良いのですが、映画脚本でそれをやると、想定していたキャラクターとは別のキャラクターが目立ってしまい、役を食われる状態になってしまいます。

 

※物語の主人公に必要な要素をカテゴリー別にまとめる記事を執筆中です。物語カテゴリーから別個には確認できますので、興味があれば見てみて下さい。

まとめ

簡単に言うと、テーマと主人公は切り離せません。

主人公というキャラクターが、改めてどれだけ大切なのか、わかっていただけたと思います。

スピンオフでも無い限り、他のキャラクターが好きだからといった理由で、物語を変えずに物語の主人公を変える事は、出来ません。

主人公が、創作者が主人公と定義しても、主人公にならない場合があるのは、テーマを体現する生き方を主人公にさせる事が出来ない時に起きます。

また、主人公を物語の傍観者にし、魅力的なその他のキャラクターを見せる為の役割だけに一貫した場合も、テーマと主人公にギャップがある場合は、ただの狂言回しになっている場合があります。

 

あなたの主人公は、テーマを表していますか?

それとも、主人公を見て物語のテーマに気がつきましたか?

そもそもテーマは、ありますか?

 

今回書いたようにテーマは重要な物です。

ですが、物語を作っている時は分かりにくく、テーマその物の意味も曖昧な場合があります。

 

テーマと言う物、それ自体を深く理解する為の記事も書く予定です。

テーマとは? から、テーマの見つけ方まで学んで、大事な割に曖昧で扱いにくい物から、テーマのお陰で面白い物語が書けるまでテーマ自体の見方を変えましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください