物語の登場人物を構成するのに必要な要素を紹介

登場人物とは?

物語に出てくるキャラクターです。

主人公もキャラクターですし、ヒロインも敵もキャラクターです。

じゃあ、そもそもキャラクターって何なのでしょうか?

キャラクターとは?

・登場人物そのもの

・登場人物の性格や性質

これがキャラクターですが、まあ、なんとなく分かっていたと思います。

では、物語におけるキャラクターとは何なのでしょうか?

物語上のキャラクターとは?

役割

これが物語上のキャラクターです。

どういう事かと言うと、物語上のキャラクターには、必ずそれぞれ役割があります。

与えられた役割を果たしていないキャラクターは、物語上においては失格と言う事です。

主人公キャラクターが主役という役割を放棄すると、自然とその他の一番主人公の役割を果たしているキャラクターが主役になります。

役者さんが役を演じるのも、その受け持つキャラクターの役を演じる事で、物語上の役割も同時に満たす事になります。

物語上の役割とは?

役割のキャラクターアーキタイプ

  • 英雄(ヒーロー)
  • 高次元の自己(ハイアー・セルフ)
  • 賢者(メンター)
  • 仲間(アライズ)
  • 使者(ヘラルド)
  • 影/悪者(シャドウ)
  • いたずら者(トリックスター)
  • 門番(シュレスホールド・ガーディアン)
  • 変化する者(シェイプシフター)

等の、これらや、

単純な役割

  • 主人公
  • 狂言回し
  • 敵対者
  • 対抗者
  • 協力者
  • 援助者
  • 依頼者
  • 犠牲者

この様な役割のどれかにキャラクターは、カテゴライズされて物語の中で役目を果たしています。

しかし、役割だけではキャラクターは作れません。

最初に出た性格や性質が必須となります。

※役割の区分に関しては、「クリストファー・ボグラー(著)神話の法則」内でアーキタイプが、「沼田やすひろ(著)超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方」内で役割が詳しく紹介されています。


※どちらの役割も切り口を変えた似た物です。

キャラクターの性質とは?

成長ベースのキャラクターアーキタイプ

複数のアーキタイプに跨ったキャラクターもいます。

普遍的なキャラクター、ステレオタイプのキャラクター例ですが、それだけに誰にでも分かりやすく、記号としても機能します。

成長ステージ:どのステージかによって役割が変わります。

  • 若年期:育てられたり搾取される。保護者や環境次第。
  • 中年期:育てたり搾取する。若年期から成長でスライドしていく。
  • 老年期:中年期のなれの果て。

成長ベクトル

  • 内面:自分の内面に向かった成長をします。付与なら夢に向かったり、奪取なら夢を諦めたり。
  • 外面:自分の外面に向かって成長をします。付与なら旅に出たり、奪取なら騙して利益をかすめ取ったり。

成長方法

  • 付与:周囲に与えながら成長します。善い役に多いです。
  • 奪取:周囲から奪って成長します。悪役に多いです。
%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%93

成長の「ステージ」「ベクトル」「方法」これら要素の組み合わせによって、キャラクターを成長段階で12種類のキャラクターの性質に分類して表すのが、成長ベースのキャラクターアーキタイプです。

しかし、まだこれだけではキャラクターが見えてきません。

※「キム・ハドソン(著)新しい主人公の作り方 ─アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術」内で詳しく紹介されています。

キャラクターを構成する設定とは?

  • パーソナル情報:個人を特定する情報。名前とか誕生日とか。本人には変えようがない。
  • フィジカル情報:肉体の情報。金髪碧眼とか中肉中背とか。まず判断されるところ。
  • メンタル情報:優しいとかズボラとか。人生で培った価値観とか。かなり大事。
  • キャリア情報:今まで何をしてきたか。どうでもいいけど就活で気にされるのがこれ。

ここまでの要素が、意図的か自動的か問わずに決まり、ようやくキャラクターが見えてきます。

 

結局、物語を作る上で、キャラクターに必要な物って?

ここまで長々と書いてきたどれも構成する要素ではありますが、本当に必要な物って何でしょうか?

それは、欠点です。

え? と思いましたか?

それとも、またそれかと思いましたか?

ですが、物語は完璧な人形を並べるだけの箱ではありません。

物語は常に登場人物の成長を必要とします。

登場人物は物語を通して変化しないといけないのです。

そうなった場合、完璧な人が完璧な事を延々としていても、まったく面白くありません。

出来なかった事が出来る様になったり、仲間と理解しあえたり、苦戦の末勝利したり、それらは皆、登場人物に欠点があって初めて出来る事です。

まとめ

登場人物、キャラクターとただ言っても、様々な要素から出来ている事が分かったと思います。

その中でも必要なのは、欠点という事でした。

欠点と聞いて「弱い」とか「頭が悪い」とか、そんなキャラクターにすればいいと想像している人がいましたら、恐らく半分ぐらいまでしか分かっていません。

欠点にも実は種類があるんです。

かなり分かっていると便利に物語を読み解けるし、作れますが、それはまた別の機会に。

次は、魅力的な登場人物の考え出し方を考察します。

※現在キャラクターの役割や属性別にまとめた記事を執筆中です。

スポンサーリンク

One thought on “物語の登場人物を構成するのに必要な要素を紹介

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください