「ViVid Strike!第二話」を分析してみた

既存作品ザックリ分析

作品名:vivid strike!

形式:連続アニメ作品、第二話

長さ:23分(OPEDテーマソング含む)

公式サイト:http://vivid-strike.com/

 

!注意!

この記事は、完全にネタばれを含んでいます。

 

主な想定読者

・分析作品から、物語の型を学ぼうと思う創作者で、その中でも、脚本術等を、好きな作品で学びたい人。

・分析作品を既に見た作品のファン。

・分析作品を見る予定は無いが、単純に内容を知りたい人。

 

分析で分かる事

物語のオチは、もちろん正確には分かりません。

分析によって分かるのは、主な物語の構造や、各要素の役割です。

 

「ViVid Strike!」を分析

主人公(役割):フーカ・レヴェントン

導き手:アインハルト

敵対者:リンネ

協力者:ジムのみんな

 

オープニングイメージ

マンションの一室で目覚めるフーカ

時間は早朝の4時半

 

準備の時

広い洗面所で顔を洗うフーカ。

そこは会長自身の借りているマンションの一室で、ナカジマジムで世話になり始めて1週間が経った。

居候状態だが、アルバイト兼選手見習いとしてやっていく。

会長と相談し、仕事とトレーニングが両立できるシフトにしてもらっている。

一番にジムに行き、ジム中をピカピカにし、アインハルトが来たら一緒にロードワーク。

アインハルトとの交流。

無口だが、聞けばハッキリ言わないが教えてくれる。

ロードワークの休憩時間に構えや技を教わり、腕前が上がっていく。

毎日1000回。

ロードワークが終わったらマンションに一度戻り、シャワーで汗を流して、会長が作った朝食をアインハルトと会長と食べる。

アインハルトが学校へ行っている間、ジムの仕事をこなす。

午後になるとヴィヴィオ達が学校を終えて来る。

先輩選手達について、各種トレーニングをする。

ウォーミングアップが終わったらスパーリングや打ち込み。

夜まで練習すると、ジムの後片付けに戻り、仕事を終えて一人で帰宅。

そんな毎日で、前に進めているかは分からないが、集中しているといらない事で悩まないでいられる。

 

リンネと試合で戦う気なら強化モードを習得しないといけない。

 

お約束

強化モードと呼ばれる変身魔法で、成人前後の肉体年齢に変身できるという。

おちびさんと呼んできた先輩達が、次々と18歳ぐらいの姿に変身していく。

やり方が分からないが、魔法の制御を手伝ってもらいながら変身してみる。

体格は大きくなるが、服の制御が上手くいかず、フーカはその場で全裸になってしまう。

フーカの魔法力が大きく初心者だから起きた、良くある事故だという。

専用の変身デバイスを、そのうち用意してくれるらしい。

 

試練の時

リンネからの、ナカジマジムのランカーに対するリンネの試合観覧の誘い。

フーカも誘われ、行く事になりリンネとは喧嘩別れして一年ぶりの再会になる。

予習にリンネの試合を動画で見る。

リンネは、ランカー1位で圧倒的な戦績と実力。

力が単純に強く、何をしても必殺の威力。

勝者インタビューで、両親と死んだ祖父に報告。

他のインタビューで、引退試合の相手を圧倒的力で負かせておいて、相手の不調に救われたと言い、相手選手を泣かす。

フーカとリンネの喧嘩は、リンネの相手を思いやらない態度が原因。

第二話終わり

 

現状の分析結果

コンセプト:魔法少女(新規性)×総合格闘技(普遍性)

モチーフ:魔法、美少女、総合格闘技、大会、ジム、異世界

主人公のテーマ:お金や力よりも大切な物とは何か?

物語のメインテーマ:幼馴染と再び戦い、勝つ事が出来るか?

物語構造:所属環境の問題に向き合う物語。ここで言う所属環境は、フーカとリンネの二人の関係

葛藤環境:不公平な世の中と不遇な境遇

主人公の動機:過去の清算行動。負けて終わった喧嘩を乗り越えて先に行きたい

欲求:承認

面白さ:リアリティ(総合格闘技のジムやシステム)、予測不能(フーカは、リンネに勝てるのか?)、感情移入(力を持って変わってしまった大切な人がいるか? 魔法少女変身バンクのお約束)

 

ちなみに関連作品はこちら




※記事の内容は、訂正、追加、更新等する事があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください