「ViVid Strike!第十一話」を分析してみた

既存作品ザックリ分析

作品名:vivid strike!

形式:連続アニメ作品、第十一話

長さ:23分(OPEDテーマソング含む)

公式サイト:http://vivid-strike.com/

 

!注意!

この記事は、完全にネタばれを含んでいます。

 

主な想定読者

・分析作品から、物語の型を学ぼうと思う創作者で、その中でも、脚本術等を、好きな作品で学びたい人。

・分析作品を既に見た作品のファン。

・分析作品を見る予定は無いが、単純に内容を知りたい人。

 

分析で分かる事

物語のオチは、もちろん正確には分かりません。

分析によって分かるのは、主な物語の構造や、各要素の役割です。

 

「ViVid Strike!」を分析

主人公(役割):フーカ・レヴェントン

導き手:アインハルト

敵対者:リンネ

協力者:ジムのみんな

 

オープニングイメージ

雨の中対峙するフーカとリンネ。

見守るギャラリー。

 

価値観の再構築の時

全力の撃ち合いが始まる。

 

見守るジルは、2年前を思い出す。

フロンティアジム、応接室。

リンネの身体能力に驚くジル。

最初は、初級クラスからゆっくりとリンネを育てるつもりだったが、リンネから急いで強くなりたい事を聞き、ジルの特別クラスで育てる事を決めた。

ジルは、リンネのモチベーションは強さへの餓えだと感じていた。

厳しいトレーニング。

複雑な環境や悩みがある事は知っていたが、それをバネに競技で成果をあげる選手は少なくない。

リンネもそんな一人だと思い、競技を続けていけばいずれ明るく笑うと思っていた。

リンネの才能に目がくらんで、リンネの心と向き合う事をせず、才能にも怪我にも恵まれずに引退した自分の夢を託していた。

だが、リンネはずっと自分を責めていた。

その事に、本当は気付いていたが、見ないふりをしていた。

迷いや悩みが消えたら、リンネのモチベーションも消えるのではないかと恐れていた。

 

ぶつかり合うフーカとリンネ。

ジルは、自分はコーチ失格だと言う。

それでも、ここに元気で帰ってきて欲しい。

 

徐々にリンネを押し始めるフーカ。

フーカは強くなったが、それ以上にリンネの心が揺れている。

大好きな人と、あんなに殴りあったら辛いとヴィヴィオは言う。

 

雨が止む。

フーカは、リンネが倒れる事を望む。

これ以上殴りたくない。

リンネは限界だが、立ちあがる。

フーカは、泣いている。

フーカの涙に気付き、リンネは心の中で謝る。

 

リンネは、フーカの師匠、アインハルトを目標に今までやってきていた。

アインハルトに勝てたら、自分が強い証明になる、それが唯一リンネに見えていた道しるべだった。

しかし、フーカに試合で押され、リンネは弱いままの自分と向き合う事になる。

 

ジルの厳しいトレーニングを思い出す。

気絶しても吐いても終わらない地獄の特訓。

地獄を乗り越えた数がリンネを強くする。

コーチの言葉と共に、特訓で染み付いた身体の動きが、無意識に繰り出される。

フーカは、リンネに戻った本来の動きに、今度は押され始める。

 

ジルは、自分の過去を語る。

恵まれなかった選手時代。

無念の敗走。

知識や技術があっても身体がついてこなかった。

だが、リンネには、恵まれた才能があり、ジルが全ての技術を教え込んでいる。

完璧に連動した一撃なら、きっと神様でも倒せる。

 

リンネは、地面が割れるほどに強く踏み込む。

ジルに教えられた完璧に肉体と技術が連動した一撃を繰り出し、フーカの顎を捉える。

吹き飛ぶフーカ。

リンネ自身も、初めて出せた必殺のアッパー。

ギャラリーも、あまりの威力に驚く。

全身に衝撃が残っているリンネ。

 

ジルは、練習通りと言う。

 

皆がフーカの名前を呼ぶ。

フーカは歯が二本折れたが、意識もはっきりし、無事。

安全防護フィールドの限界を超えた一撃に、驚くルーテシア達。

 

フーカとリンネ、何かが吹っ切れた表情。

試合再開。

皆の応援の中、再び正面からぶつかり合う。

ガードも回避も無いただの殴り合い。

 

双方が無心になって、試合に挑む。

リンネは、フーカの拳が痛い理由が理解できた。

パワーや拳の固さでは無い。

リンネ、思い出す。

別れの時、フーカは、泣きたくなったり苦しくなったら、いつでも自分を呼べ、世界で一番大切な幼馴染だからと言われていた。

フーカの拳は、大好きと大切で満たされているから、痛い。

両親は、自分を心配してくれている。

迷惑をかけたコーチは、今も自分の勝利を信じてくれている。

 

ヴィヴィオに言われた通り、格闘技は好きじゃない。

辛いだけだと思っていた。

 

だけど、本当は、技を覚えるのは楽しかったし、日々充実していたし、コーチが笑ってくれるのが嬉しかった。

褒めてくれると、やる気になれた。

リンネは、自分が格闘技を楽しんでいた事に、気付いた。

 

変えられない過去、やり直しも出来ない。

だけど、今からならこれから先の事なら変えていける。

そう思えた時、無くなった祖父の幻が、リンネに笑いかけた。

祖父に、リンネは聞く。

私は、笑ってもいいのかな。

 

フーカの攻撃を受け切ったリンネの目には、涙。

リンネの変化に、フーカは気付く。

やっと綺麗な目に戻った。

リンネの渾身の一撃を避け、フーカは必殺技をリンネに食らわせる。

 

リンネは完全に気絶し、試合終了。

勝者は、フーカ。

戦い抜いたフーカは、空の映る水たまりに倒れ、空を見上げる。

その手は、リンネを腕枕の様にして抱えていた。

 

第十一話終わり

 

現状の分析結果

コンセプト:魔法少女(新規性)×総合格闘技(普遍性)

モチーフ:魔法、美少女、総合格闘技、大会、ジム、異世界

主人公のテーマ:お金や力よりも大切な物とは何か?

物語のメインテーマ:幼馴染と再び戦い、勝つ事が出来るか?

物語構造:所属環境の問題に向き合う物語。ここで言う所属環境は、フーカとリンネの二人の関係

葛藤環境:不公平な世の中と不遇な境遇

主人公の動機:過去の清算行動。友達を救いたい

欲求:承認

面白さ:リアリティ(総合格闘技のジムやシステム)、予測不能(フーカは、リンネに勝てるのか?)、感情移入(力を持って変わってしまった大切な人がいるか?)

 

ちなみに関連作品はこちら




※記事の内容は、訂正、追加、更新等する事があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください