ストーリーアドバイス事例紹介:ねじれた物語

ストーリーアドバイス事例紹介

この記事では、過去に実際にあった事案をベースに、良くある失敗と対処法を紹介していきたいと思います。

あくまでも紹介する事例は、特定の個人を名指すのでは無く、実際の例を挙げても良くある失敗パターンとして紹介いたします。

前提の失敗「物語がねじれてしまい、辻褄が合わない」

物語を創る上で、整合性は重要な要素です。

今回は、言われてみれば当たり前のことを意識しなかった事で、物語が捻じれてしまい、整合性が失われてしまった、そんな実際にあった相談をベースに説明します。

こんな相談者様

その相談者様は、webで漫画投稿をされている方でした。

絵もストーリーも発展途上と言った感じの方です。

投稿する次回作の相談をしたいと言う事で、来られました。

こんな御相談

相談者様からの要望は、物語が今一つ面白くならないが、理由が分からないと言う相談でした。

短編マンガ作品の内容は、現代日本を舞台にした学生の部活モノでした。

読んですぐに気付いたのは、物語として散らかった印象がある事でした。

詳しく物語のコンセプトやテーマを聞くと、描きたいのは「同じ部活の中で切磋琢磨する仲間の姿」で、テーマは「友情」ですが、物語を通して伝えたいメッセージは「個人の努力」についてでした。

冒頭で切磋琢磨するのですが、途中から主人公は一人で猛特訓を始め、主人公のおかげで大会に優勝して……って、あれ?

友情どこ行ったの?

と言う様な物語だったのです。

こんな分析

聞くところによると、描きたい「キャラクター」「シーン」「要素」「テーマ」等を出してから、それらの点と点を繋いで行き、詰め込みたい物を詰め込んだ物語の筈、かつ、脚本の型にも合っているのに、面白く無いと言う事でした。

当事者でない人なら、すぐに分かる失敗でしょう。

型に入れたい要素を詰め込んで整えただけでは、物語上に整合性は生まれないのです。

と言うのも「シーン」で重要なのは「登場人物の行動」です。

登場人物の、一貫した行動によって、物語のテーマやメッセージが浮かび上がる訳です。

ところが、バラバラにテンプレートシートに記入した為、「行動」と「テーマ」や「メッセージ」が繋がっていない状態が発生していたと言う事になります。

こんな解決

行動の末に得られる結果=メッセージに変えるか、メッセージに辿り着く行動をデザインするか、そのどちらかに物語の要素を足並み揃えさせれば、それで一本のねじれの無い物語になるとアドバイスしました。

結果、相談者様はメッセージに合う様に全体の行動をデザインし直し「友情」と言う要素はメインではなく、努力をする物語としてプロットを直す事が出来ました。

まとめ

テンプレートを利用する時に陥りがちなミスの紹介と言う事でした。

これは、要素の関係性を理解していない時に起きる失敗です。

例えば、

  • キャラクター×行動=作品のメッセージ

と言う式が、仮に成立するとします。

この様に言葉で式を表すと「=」の意味を忘れてしまう人がいます。

「=」を挟んでいる以上、左右の物は等しい筈なのにです。

  • 2×3=6

と言う風に、数字で見れば分かり易く、間違えない事でも、言葉に変えた途端に「形式的な例え話」と思い込む人がいます。

ですが、違います。

「=」で挟んでいると言う事は、等しい必要がある表現なのです。

物語の要素を好きに選んで、テンプレートに入れると言う行為は、数字で見ると

  • 2×3=60

と言う場合がある訳です。

それなら、物語の要素に追加する事で

  • 2×3×10=60
  • 2×3×2×5=60

と言う風に、必要な要素を足せば整合性が取れます。

ですが、今回の場合は、

  • 2cm×3cm=6ℓ

と言う風に、使う単位や尺度を間違えた要素を入れ、合ってそうなのにおかしい物語「ねじれた物語」になっていた訳です。

テンプレートを使う事は、悪い事ではありません。

ですが、あなたの物語の要素は、式に当てはめた時に成り立ちますか?

成り立てば、納得性の高い物語になるでしょう。

後は、演出や構成で魅力的にブラッシュアップしていけば、良い物語に成長する筈です。

もし、式が成り立たない要素を入れている場合は「成り立つ様に要素を足し引きする」必要の検討や、「尺度が間違っていないか」の確認をするだけで失敗は減り、スランプから抜けだせます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください