絵が描けなくても大丈夫?画像自動生成サービス紹介

苦労しないでクオリティを上げたい!

絵を描いたり写真を撮ったり編集したりって、技術やセンスが必要な分野です。

ですが今の時代は既に、難しい事は、アルゴリズムやAIが代わりに出来る事もあるんです。

この記事では、実用化目前だったり、部分的になら使えるサービスを紹介したいと思います。

2022年8月追記:AI画像生成の時代、本格的に始まっちゃったね。

自動描画

AttnGAN(Generative Adversarial Network)

「テキストからイラストを起こす」と言うMicrosoftの技術。

2018年時点で、概要の発表があっただけなので、まだ一般的に使用出来ませんが、開発者は「文章から映像作を作る」ことを目指している様です。

実用化を想像すると楽しみですね。

WOMBO Dream

キーワード入力でAIによる自動描画をして貰えるサイト。

試しにキーワード「pretty robot」で,スチームパンク風に描画したら、こんな感じ。

アプリ版もあるよ。

https://app.wombo.art/

hypnogram.xyz

キーワード入力でAIによる自動描画をして貰えるサイト。

試しにキーワード「pretty robot」で描画したら、こんな感じ。

hypnogram.xyz

midjourney

2022年8月に話題となった、キーワードによるAIによる画像自動生成サービス。

25回まで無料で試せて、有料プランなら商用利用も可能との事。

有料プランは月額10ドルから。

なお、使用にはDiscordが必須である。

他と同じく高いキーワードセンスが求められる。

滅茶苦茶すごい。

https://www.midjourney.com/home/

まるもりチャンネルさんが分かりやすい使い方の動画を公開してくれています。

https://youtu.be/CIpXoEcVJNI

Disco Diffusion

グラフィックボードの性能依存だが、AIにキーワード指定や下絵を渡して無料で画像生成できるサービス。

これも凄い。

Disco Diffusion v5.6 [Now with portrait_generator_v001] – Colaboratory (google.com)

https://youtu.be/MJ_I9TCXWos

DALL-E2

2022年4月から提供が始まった画像生成AI。

順番待ちに登録後、招待されると使用可能。

チケット制で初月50チケット、2ヵ月目以降15チケット配られ、絵一枚生成するのに4チケットかかります。

チケット分以上生成したい場合は有料になりますが、配布チケット分で満足な場合は基本無料で使えます。

チケットは115チケットで15ドル。

https://openai.com/dall-e-2/

Stable Diffusion

2022年8月、midjourneyの登場で盛り上がっているSNSを更に盛り上げ登場したStable Diffusion。

スタートアップ企業Stability AIが一般向けに無料公開したAIで、環境が整っていれば個人のパソコンで動作可能。

Stable Diffusion:https://stability.ai/blog/stable-diffusion-public-release

Stable Diffusionデモページ:https://huggingface.co/spaces/stabilityai/stable-diffusion

github:https://github.com/CompVis/stable-diffusion

huggingface.:https://huggingface.co/CompVis/stable-diffusion

由井河あきらさんが分かりやすい使い方の動画を公開してくれています。

https://www.youtube.com/watch?v=yAJZRkPzjBU

同AIを使用した画像生成サービスのドリームスタジオでは、2ポンド分200クレジットが無料で配布され、1クレジット1画像の生成に使用出来る。

当然、200クレジットで足りない人は追加でクレジットを購入も可能。

ドリームスタジオログイン画面:https://stabilityai.us.auth0.com/

ドリームスタジオベータ:https://beta.dreamstudio.ai/dream

AIピカソ

aipicasso.page.link/release

mimic

30枚の同じ絵柄のイラストを読み込ませ学習させると、AIが同じ絵柄のイラストを生成するサービス。

midjourneyやStable Diffusionが話題になった2022年8月にSNSで同じく話題になったが、不正利用を危惧するクリエイターからの危機感の声と言う形で、炎上に近い騒ぎとなってしまった。

サービスのコンセプト自体は、クリエイターが自分の絵柄を覚えたAIに絵を生成させる事で、創作の役に立てると言う物。

現在は、不正利用に対する対策をするとして、サービス一時停止状態。

追記:規約等で提起された問題に対応してサービスを再開した様です。

mimic(ミミック) (illustmimic.com)

ninic

上記mimicのクローンアプリとして、mimic停止の4時間程度後にリリースされたジョークサイトとの事。

10枚以上で学習可能との謳い文句だが、ジョークサイトなので画像生成は出来ない。

ninic(ニニック) (ninic-e5295.web.app)

ERNIE-ViLG

中国で開発された画像生成AI。

midjourneyやStable Diffusionが話題になった2022年8月にSNSで同じく話題になった。

https://huggingface.co/spaces/PaddlePaddle/ERNIE-ViLG

あざい るぅか🔁AIVtuberをアジャイル開発で育成さんが分かりやすい使い方動画を公開してくれています。

https://www.youtube.com/watch?v=W6hIT2YFZpA

pornpen.ai

多くの男性が待ち望んでいた可能性がある、女性のヌードに特化した画像生成AI。

1枚の生成に5分ほどかかり、大雑把な選択式キーワード指定しか出来ないが、女性のヌードのイラストや写真風の画像が生成できる。

選択ボタンが地味に追加されているので、ちょこちょこアップデートされている様子。

女性の裸と言っても、学習させている画像が綺麗目の物が多いらしく、そこまでエロい物は生成されないのと、AIの画像生成特有の不気味な画像が生成される事も多い(顔が崩れる、骨格が不自然、等々)。

余談、リリース直後はアクセス集中したのか1枚生成すると2枚目の生成が出来ない状態が続いていたけど、解消したみたい。

リンク:pornpen.ai

ちなみに、こんな感じに生成されます。(生成時にモザイクは無いです)

何度か生成して見た所感、AI的に胸は得意だけど性器は苦手なご様子。

Yanghua Jin: Creating Anime Characters with GAN

Yanghua Jin 氏よりTokyo Deep Learning Workshop 2018で解説された「写真をアニメキャラに変換する技術」

WATABOU

https://watabou.itch.io/

Medieval Fantasy City Generator

中世風架空都市地図ジェネレーター。

↑のサイトを開くと、すぐに地図が表示されます。

こんな感じ。

地図から世界観を想像したり、雰囲気作りの手助けになりそうなサイトです。

OnePageDungeon

ダンジョンジェネレーター。

上記都市ジェネレーターと使い方は同じ、かな?

https://watabou.itch.io/one-page-dungeon

こんな感じ。

StyleGAN

ロードする度に実在しない顔が表示されるサイト。

These Waifus Do Not Existのベース。

時々違和感のある顔が出てくるが、大半は実在しない事が信じられない出来。

元となるデータがあるとは言え、AIによるフェイク画像の凄さを感じます。

実在しない顔、らしいです。

DeepFaceDrawing

中国科学院と香港城市大学の研究者チームが開発した物らしい。

動画の様に、AIに学習させた顔をベースに、人が簡単な線で手を加えると新たな線に合わせて人の顔を自動生成し続ける。

サイト

Artbreeder

無料で「既に使える」サイトで、アップロードした画像を、スライダーを移動するだけで、後はAIが自動的に変換してくれる。

人の顔だけでなく、絵、風景等にも対応している。

かなり凄い。

A.I.dols Codebase

ベンチャー企業のジーンアイドルが2019年8月現在β版を提供している、実写風アイドル自動生成サービス。

PSGAN

Full-body High-resolution Anime Generation with Progressive Structure-conditional Generative Adversarial Networksの略?

DeNAが開発・発表。

キャラを自動生成し、その動きも自動生成する技術。

DreamFusion: Text-to-3D using 2D Diffusion

米Googleが開発した、文章で3Dを生成するAI。

リンク:DreamFusion: Text-to-3D using 2D Diffusion (dreamfusionpaper.github.io)

Phenaki

文章で動画を生成するAI。

リンク:Phenaki

2Dキャラクター自動描画

Chainer

二次元キャラクターの顔を自動生成してくれるサービス。

条件によっては、つぶれた顔も出来ますが、何となく見たことがあるような顔も出来ます。


MakeGirlsMoe

これも二次元のキャラクターを自動生成してくれるサービス。

上の「Chainer」より精度が高い印象。

後継となるサービスが創られていた筈ですが、2019年の3月でベータ版が終了したらしいです。

今は、どうなっているのでしょうか。

Crypko

AIによる2Dキャラクターの自動生成サービス(?)。

2019年2月ぐらいの時点では開発に専念しているとの事。

↑公式サイトのデモ動画を見る限り、かなり凄いです。

口パク、瞬き等のモーションを含めて生成できるとなると、発展すればいずれLIVE2D要らずになる可能性もあるかも?

開発メンバーには、先述の「MakeGirlsMoe」の開発者さんがいるとの事。

βテスト#1: 2/9(水) ~ 2/23(水)
βテスト#2: 3/24(木) ~ 4/7(木)
正式版: 2022年春予定

との事。

These Waifus Do Not Exist

These Waifus Do Not Existは、下記の別枠で紹介する「StyleGAN」を用いた美少女画像自動生成サイト。

サイトにアクセスすると、ランダムにタイルに自動生成した美少女画像が表示される。

タイルをセレクトすると大きな画像で見られる。

サイト上部のversion切り替えボタンを押すと、バージョン切り替えが可能。

This Anime Does Not Exist

流れる背景(止められる)にアニメ風のイラストが自動生成されるサイト(スライダーで操作可能)。

時々謎の文字がAIの自動生成によって絵に描かれていて、都市伝説の平行世界地球の文字っぽいとSNSで評判だとか。

https://thisanimedoesnotexist.ai/index_jp.html

Waifu Labs

Sizigi Studiosと言う所が開発したWaifu Vending Machineに使われているシステム。

ステータス操作では無く、画像選択による感覚的な選択で美少女を自動生成出来ます。

https://waifulabs.com/

大まかな絵柄や美少女の雰囲気を選択。気に入らなければリスタートで別候補が出る。
選んだ絵の色合いを変更。
テイストの変更。
ポーズを変更。
出来たら枕かポスターを注文だ!

完成したら生成された美少女(嫁・Waifu)を印刷した枕を90ドル(約1万円)、12インチ(30.48cm)×12インチのポスターを25ドル(約2700円)で購入できます。

システムは無償で使えて、枕で課金とか凄いビジネスモデルだ……

Creative AI 彩ちゃん(顔イラスト生成 AI)

株式会社ラディウス・ファイブが提供するCre8tive AI 彩ちゃん(skateのsk8みたいな?)と言う、現在(2019年9月)すでに稼働しているアカウント登録制の顔イラスト自動生成AIサービス。

読みは、「さい」ちゃん。

100万種類の顔を書けるらしいです。

アカウント登録と依頼(作成)までは無料で試せますが、画像のダウンロードに都度の購入か、サブスクリプションプランがあります。

少ない枚数の作成とダウンロードであれば都度購入を、大量に利用したい場合は、サブスクリプションプランがお得なビジネスモデルになっています。

購入した画像は、SNSのアイコンや商用目的での利用可能です。

また、クレジットを使いきったらプラン毎の従量課金も可能になっている様です。

エントリープランライトプランスタンダードプランプロプランウルトラプランメガプラン
200クレジット / 月500クレジット / 月3000クレジット / 月5000クレジット / 月10000クレジット / 月
月額費用不要。すぐに利用可能!クレジットは180日間利用可能クレジットは180日間利用可能クレジットは180日間利用可能クレジットは180日間利用可能クレジットは180日間利用可能
0円/月4800円/月9800円/月29700円/月45000円/月80000円/月
彩ちゃん 240円 / 1枚彩ちゃん 5クレジット / 1枚彩ちゃん 5クレジット / 1枚彩ちゃん 5クレジット / 1枚彩ちゃん 5クレジット / 1枚彩ちゃん 5クレジット / 1枚
40枚/月100枚/月600枚/月1000枚/月2000枚/月
120円/1枚98円/1枚49.5円/1枚45円/1枚40円/1枚
Photo Refiner 480円 / 1枚Photo Refiner 10クレジット / 1枚Photo Refiner 10クレジット / 1枚Photo Refiner 10クレジット / 1枚Photo Refiner 10クレジット / 1枚Photo Refiner 10クレジット / 1枚
20枚/月50枚/月300枚/月500枚/月1000枚/月
240円/1枚196円/1枚99円/1枚90円/1枚80円/1枚
1クレジット/24円1クレジット/19.6円1クレジット/9.9円1クレジット/9円1クレジット/8円
1000×1000のサイズまでアップロード可1000×1000のサイズまでアップロード可1000×1000のサイズまでアップロード可2500×2500のサイズまでアップロード可2500×2500のサイズまでアップロード可2500×2500のサイズまでアップロード可
1000枚 / 月まで生成可能(彩ちゃん)10万枚 / 月まで生成可能(彩ちゃん)10万枚 / 月まで生成可能(彩ちゃん)枚数無制限で生成可能(彩ちゃん)枚数無制限で生成可能(彩ちゃん)枚数無制限で生成可能(彩ちゃん)
7日間データ保存30日間データ保存30日間データ保存90日間データ保存90日間データ保存90日間データ保存
5 アカウント設定可能10 アカウント設定可能20 アカウント設定可能

他に、株式会社ラディウス・ファイブは

  • Photo Refiner(高画質化 AI)
  • Movie Refiner(動画 高画質化 AI)
  • Inpainter(物体除去・補完 AI)
  • Outline Clipper(画像白抜き AI)
  • Color Booster(HDR化 AI)
  • Frame Extender(画像周辺補完 AI)
  • Mono Painter(着彩 AI)
  • Layer Decomposer(レイヤー分け AI)

等のサービスを提供予定との事。

期待したいですね。

CHARAT

オリジナルのアバター生成サイト。

パーツ組み合わせ式だが、膨大なパーツがある為デフォルメキャラクターを作るには便利なサイト。

サイト内で作ったアバターのランキング(?)の様な催しをしていたり、試みが面白い。

生成したキャラクターはフリー素材として使用可能。

こんなの以外にもデフォルメなどのバリエーションもあり、カスタマイズも多彩

Eponym

AIが名前や単語を入力すると、自動で絵を描いて、NFTにしてくれると言うサービス。

0.08ETHで販売されていて、購入すればNFTとして利用出来る。

画像の生成自体は購入前に何度でも試せる。

同じ単語や名前でも、リロードし直すと様々なパターンで生成してくれるので、好みの顔が出来るまで試行錯誤も楽しそう。

「woman pretty blondhair elf」で出来た一枚。

「woman pretty silverhair darkelf」で何度か生成し直した結果出来た一枚。

エルフってロマンあって良いよね!

https://art-ai.com/hero/mint

NovelAI

Twitterで2Dイラストに超強いAIとして話題となった、サブスクリプション課金型のAI画像生成サービス。

AIの学習元とされたサイトが違法転載サイトだと問題になったが、イラストの生成能力は相当高く、一見すると人が描いたかAIが生成したか見分けがつかないイラストも。

Twitterやpixivの上手い絵ばかりを学習に使っているっぽいので、心なしかちょっとエッチなのが得意そう。

フリートライアルで100テキスト程度まで使えて、有料プランは月10ドル~25ドルでトークンを買えたり、テキスト無制限になったり。

現状、エロ方面にも対応していて、色々凄い事になっている。

追記:学習元の違法転載サイト側が無関係である事を表明したり、pixivでAI絵人狼ゲームが行われたり、時代の変わり目らしく混沌としている。

リンク:NovelAI – The GPT-powered AI Storyteller

描画補助

GauGAN

SNSで話題になっていた技術。

動画を見れば分かりますが、単純な絵を瞬時に写真の様な画像に変換してくれます。

まだ現時点では発表されただけですが、これが一般的になれば業界に革命が起きそうなレベルで凄いです。

※19年6月23日追記

DEMO版が遂に来ました!

まだ触っていない人は、是非体験を!

DEMOは、使用画面下にある利用規約のチェックボックスにチェックを入れると利用できます。

遠景から、ある程度計算して描いていく必要がありますが、指定した写真や絵のテイストで画像が生成されます。

NVIDIA CANVAS

Silk

簡単に幾何学模様を描画できるサイト。

ブラウザ上から使える上に、無料です。

有料ですが、アプリ版もあります。

慣れが必要ですが、こんな画像が簡単に「数秒」で出来ます。

Image-to-Image Demo

適当に描いた絵を、リアルな絵に変換してくれるサイト。

出来るのは「猫」「建物」「靴」「鞄」。

デモサイトで体験できます。

実用的かは微妙で、カオスな絵が出来がちですが、面白いです。

AutoDraw

描いた線に近いテンプレのイラストを候補として提案してくれる選択お絵かきサイト。

イラストのバリエーションに限界がありますが、手軽に手描きから絵を並べられるのが強みで、用途によっては使えます。

簡単なので、実際に触ってみればどういうサービスなのか一発で分かると思います。

Monster Mash

描いた絵を3ステップで3Dモデルのアニメーションに変換出来るソフトで、デモ版を公開中(2021年4月現在)。

OBJ、glTF形式でのファイルのエクスポートが出来る。

便利機能

Adobe Photoshop

言わずと知れた、最強の描画・編集ツール。

お値段納得の便利機能が満載。

AI Playground

上で紹介したGauGANに使われている物の前身となるサービス。

こちらはリンク先で、デモを体験できます。

下の画像は、画像中心の船をサービスを使って「消しゴムで塗る」ように消しただけで、風景をAIが認識して穴埋めしてくれた画像です。

画像はネットで適当に拾った誰かの自撮り写真

デモの時点で、かなり凄いし「実用的」です。

オリジナルの元画像があれば、素人でも手軽に加工出来ます。

フォトショップなどで出来る事ですが、ツールの無い人には嬉しいサービスですね。

waifu2x

画像のサイズを1.6から2倍のサイズに出来るサービス。

小さな画像を美しく拡大できる。

単純に便利なサイトです。

Remove Image Background

人物写真等の背景を抜いて、人物だけを残せるサイト。

合成やコラージュを行いたい時に役立ちます。

このサイトの何がすごいって、AIが自動認識して細かい処理をしてくれる所です。

人物であれば絵でもある程度出来るので、イラストの背景だけ消したい場合は利用してみましょう。

ラフスケッチの自動線画化

タイトル通り、ラフスケッチを自動で線画にしてくれるサイト。

https://esslab.jp/~ess/ja/research/sketch/

作ったシモセラ エドガーさん(早稲田大学 理工学術院 専任講師)は他にも、色々な研究をしている様です。

https://esslab.jp/~ess/ja/research/

imagechef

写真やイラストを線画に変換(輪郭線を抽出)するサイト。

他にも色々なフィルターや変換機能があります。

https://tech-lagoon.com/imagechef/image-to-edge.html

ibis Paint ‪X

お絵描きアプリケーション。

機能の一つとして、写真の線画化などの加工ができる。

https://apps.apple.com/jp/app/ibis-paint-x/id450722833?l=en

自動彩色

PaintsChainer

以前、SNSで話題になっていた自動彩色サイト。

線画は描けるが着色が苦手な人には、非常にありがたい。

また、下書きは出来るが線画への清書が苦手な人には、ラフ画線画化機能も。

滅茶苦茶便利です。

pixiv Sketch

PaintsChainerとイラスト系SNS最大手のピクシブが手を組んだ!

って感じの機能。

web版のみ、pixiv Sketchで自動彩色機能が使えるように。

petalica-paint(PaintsChainer)

自動着色サイト。

運営がpixivに変わったらしい。

https://petalica-paint.pixiv.dev/index_ja.html

Style2Paints v4

自動色塗りAI。

説明書:https://style2paints.github.io/

※この記事は、ニュース等で話題になったり、新たにリリースされたら地道に追加・整理・紹介していく予定です。

※自分で描こうと思った人は【絵を描く参考に】デッサン人形紹介も、どうぞ。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥100
¥1,000
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付ありがとう。
仕事中のコーヒーとか、紹介する本とか映画とかに使わせてもらうよ。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

“絵が描けなくても大丈夫?画像自動生成サービス紹介” への3件の返信

  1. 有用な情報をまとめていただいて大変参考になりました。どのリンクもみんな飛んで見に行きました。これは良いですね、ありがありがとうございます。

    1. 最近は進化とリリースが早すぎて把握し切れていませんが、少しでも参考になれば嬉しい限りです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。