漫画家「石黒 正数」簡易年表

石黒 正数の歴史

  • 誕生日:1977年9月8日
  • 性別:男性
  • 国籍:日本
  • 初めて読んだ漫画:「ドラえもん」
  • 影響を受けた漫画家:「ドラえもん」の藤子不二雄の「S・F(すこし・ふしぎ)」、「AKIRA」の大友克洋の絵、「20面相の娘」の小原愼司の日常をベースにした作風、など。
  • 好きな音楽グループ:レピッシュ、など。

デビュー前

  • 1977年、0歳、福井県で生まれる。
  • 1996年、19歳、大阪芸術大学入学。在学中に所属していた漫画研究会(CAS)には、メンバーに「護くんに女神の祝福を!」の佐藤利幸や作曲家の吉田仁郎などがいた。イラストレーターの中村佑介も、同校の同級生で、現在でも親交がある。

デビュー

  • 2000年、23歳、「ヒーロー」でアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞し、デビュー。月刊アフタヌーンに持ち込みをした理由は、小原愼司の「菫画報」の掲載誌だった為。現在は、本人とも親交がある。小原には直接「俺の『菫画報』を描かせてくれ!」と頼んだと言う。
  • 2004年、27歳、「アガペ -犯罪交渉人 一乗はるか-」をコミックフラッパーで連載。原作は鹿島潤。最終話のみ、石黒が原作も担当している。

ヒット

  • 2005年、28歳、ヤングキングアワーズで「それでも町は廻っている」を連載。
  • 2008年、31歳、メフィストで「外天楼」を連載。後に話題となる。
  • 2009年、32歳、週刊少年チャンピオンで「木曜日のフルット」を連載。
  • 2009年、「世にも奇妙な物語」で短編作品「スイッチ」がテレビドラマ化。
  • 2010年、33歳、「それでも町は廻っている」がテレビアニメ化。
  • 2011年、34歳、「週刊コミックTVコミソンタイム」にて「なげなわマン」のコミソンが放送。
  • 2012年、35歳、別冊少年チャンピオンで「別冊 木曜日のフルット」を連載。
  • 2013年、36歳、「それでも町は廻っている」が第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。
  • 2016年、39歳、「それでも町は廻っている」完結。
  • 2018年、41歳、「それでも町は廻っている」が第49回星雲賞コミック部門受賞。
  • 2018年、「天国大魔境」を月刊アフタヌーンで連載。
  • 2019年、42歳、「ヤンキー嬢ちゃんの不確かな真実」を別冊少年チャンピオンで 連載。

連載作品

  • アガペ -犯罪交渉人 一乗はるか-(全4巻)
  • それでも町は廻っている(全16巻)
  • ネムルバカ(全1巻)
  • 外天楼(全1巻)
  • 響子と父さん(全1巻)
  • 木曜日のフルット(既刊7巻)
  • 天国大魔境(既刊2巻)
  • ヤンキー嬢ちゃんの不確かな真実(連載中)
  • ドリスとマメ(未単行本化)

短編集

  • Present for me
  • 探偵綺譚
  • ポジティブ先生

※更に詳細情報を知りたい人は、Wikipediaへ。

※この記事は、加筆・修正する予定です。

※年齢は、およそです。

※大半の情報ソースが、ネット上です。問題や大間違いがあれば指摘・報告いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください