タブーを扱う物語の作り方。禁忌の先に何がある?

禁忌を破るのって、悪い事?

今回は、タブーを扱った物語について簡単に説明するよ。

とりあえず、タブーを扱うには「タブーがある環境」と「タブーを破らざるを得ない主人公」の二つが必要なんだ。

じゃあ、サクサク進むよ。

タブーがある環境

これは、分かるよね。

「この社会では、それはダメ」ってルールがあれば、それでOK。

例えば、

  • 暴力
  • 窃盗
  • 殺人
  • 詐欺

みたいな分かりやすい「犯罪」は典型的なタブーだ。

ルール、法律、憲法、規則、校則、何でもいい。

他にも、

  • 宗教にまつわる物
  • 化学にまつわる物
  • 性にまつわる物
  • 風習にまつわる物

とか、色々あるけど、要するに「その社会の道徳観や価値観」に反する行為は、基本的に全部タブー。

で、このタブーを扱う物語を作るには「タブー破りを、働く主人公」が必須な訳だ。

タブーを破る主人公

主人公は誰でも、どんな設定でも良い。

大事なのは「タブーだと知っていて、タブーを破らないといけない状況に置かれている」事。

そこに葛藤が生まれるからね。

  • 正当防衛や不可抗力で、誰かを傷つけたり殺してしまったり
  • 遭難して、共食いしないと生き残れない状況に追い込まれたり
  • 同性での恋愛をタブー視する社会で、理想の同性と出会っちゃったり

もう、タブーを破らないと破滅したり、後悔する状況なので、どうしようもない。

これがタブーを扱う物語では、かなり重要。

2種類の結末

世界観と人、そして破るタブーは決まった?

タブー破りの物語は、大きく分けて2つの結末があるんだ。

一つは、タブーをタブー視してきた社会が間違っていた、と言う結末。

例えば、

  • 同性での恋愛物語なら、社会はタブーだと反対や攻撃をし続けた結果、その愛が真実の愛だと証明されてしまう。

みたいな結末。

ああ、別にハッピーエンドとは限らないから。

タブーを破った結果、殺されたり、どうしようもなくなって自殺をしてでも、真実の愛を証明するなんて物語は、よくあるよね。

ロミオとジュリエット、とか。

もう一つの結末は、タブーを破ると、こんな悪い事が起きるから、意味のあるタブーなんだと言う事の提示をする結末。

こちらは例えば、

  • 犯罪の結果、何だかんだあって罪を償う事になる。

みたいな物語。

つまり、タブーを破ってでも、やるべき事や目指すべき目標を提示する物語と、タブーの本当の意味を提示する物語があるって事だ。

モチーフテーマとしてのタブー

上で紹介したのは、ストーリーテーマでのタブーを扱った物語。

ここから紹介するのは、モチーフテーマとしてタブーを扱う物語の方。

つまり、劇中でタブーを描写するのに、ストーリーテーマは別のテーマにある物語、と言う物。

これは、使い方によっては不思議な物語になるし、場合によっては物議を醸しだす物語にも出来る。

例えば「おっさんずラブ」ってドラマが大ヒットした。

この作品は、男性同士の恋愛をモチーフにした物語だ。

この手のモチーフは、一昔前だと当然の様にストーリーテーマもタブーを扱った物語になった。

だが「おっさんずラブ」は、ストーリーテーマとしてタブーを扱っていない。

あくまでも、二人の男の間で揺れ動く主人公を描く、典型的な恋愛劇になっている。

それは、社会や周囲の環境が、同性の恋愛を当たり前と認識しているからだ。

なので、タブーを扱う物語の様な、環境から与えられる圧力や、秘密がバレるのでは無いかと言うハラハラが無く、幅広い層に見やすい作りになっている。

要は、モチーフテーマに拒否感が無ければ、誰にでも恋愛ドラマとして楽しめる作りなのだ。

これは、同性愛=タブーを扱ったジャンルと言う固定観念を乗り越えた意味で、意味のあるドラマだったと思う。

面白かったしね。

同性愛=社会的タブーでは無い、と言う時代に合わせて作られた、時代の波に乗った(世界的に見れば、少々遅れて追いつこうとした)ドラマだった訳だ。

これが、仮に主人公が二人の男性に求愛され揺れ動くのとプラスして、性癖を周囲に隠そうとし(まあ、劇中、自分は同性愛者ではないと主人公は最初、一応は抗っているが)、同性愛である事が周囲の人間にバレたら、破滅が待っている様な、それまでのセオリー通りの物語構造だったら、ここまでの大ヒットにはならなかった、かもしれない。

タブーを扱うと、社会的に重くなりがちだし、少し古い感覚の「禁断の愛」を扱ったドラマには、少なくともなっていたはずだ。

これは、モチーフテーマとして「のみ」に「タブーだった物」を扱った作品の、良い成功例だ。

ここから分かるのは、ストーリーテーマとモチーフテーマとしてのタブーを、必ずしも一致させる必要はない、と言う事だ。

他にも、禁酒法と言う「酒がタブー」と言う時代を扱ったり、それを捻って「チョコがタブー」とか、ディストピア世界にして「芸術がタブー」なんて設定の物語も作る事が出来るし、同性愛どころか「種族を超えた愛」を描く物語も、タブーをモチーフにした物語の中では人気がある。

探すと、あれもタブーを扱った物語だみたいな事も、良くあるよ。

終わりに

どのタブーを扱うか、あるいは、何をタブーにするか

タブーをタブーとして扱うか、あるいは、タブーを普通の事の様に扱うか

どんな禁忌を物語の中で扱うにしても、一つ言える事がある。

それは、人は「絶対にやっちゃいけない」事を「やっちゃった」先に見える世界に、物凄い興味があると言う事だ。

たまには、こういう視点の物語を作るのも、良いのではないだろうか?

この記事が、ストーリーテリングの助けになれば、幸いである。

関連記事

関連カテゴリー

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください