マンガ・アニメ原作の映画紹介/ヤ行

マンガ・アニメ原作映画

漫画・コミック・アニメを原作とした映画作品を紹介します。

ヤッターマン(2009)

<ストーリー>

現代の地球のどこか。今日もヤッターマン1号と2号は4つ揃うと願いが叶うといわれる伝説のドクロストーンを巡り、泥棒の神様ドクロベエ率いるドロンボー一味と週に一度死闘を繰り広げていた。考古学者の海江田博士もまたドクロストーンの魅力に虜になったひとりで、発見したドクロストーンのひとつを娘の翔子に託したまま行方不明になってしまう。その頃、世界では異変が起きはじめる。様々な場所から大事な物が次々と消えていくのだ。この異変にはドクロストーンが関係し、そのすべてが集まると、時間の流れが狂い、地球そのものが消えてしまうかもしれないのだ。その危機を察知したヤッターマンは、ドクロベエの計画を阻止するべく翔子と共にヤッターワンでドロンボー一味に立ち向かう!

監督:三池崇史

原作は、1977年に放映されたタイムボカンシリーズの2作目に当たるアニメ作品。

最初のシリーズだけで全108話あり、度々リメイクされているタツノコプロのヒット作の一つ。

妖怪人間ベム(2012)

<ストーリー>

暗く音のない世界でひとつの細胞から生まれた3つの生き物…それは人間になれなかった『妖怪人間』ベム・ベラ・ベロ。
醜い体に正義の心を持つ彼らは、『名前の無い男』との最後の戦いで、人間になるよりも“人間を守って生きていく”事を選び、
友人の夏目刑事たちの前から姿を消した。それから・・・。
連続怪事件発生! 新薬開発の背後にある【巨大な陰謀】とは…! ?
ベム・ベラ・ベロがたどりついた街で、連続怪事件が発生した。被害者はすべて大手製薬会社・MPL製薬の社員であり、
事件現場には巨大な爪跡が残されていた。犯人の正体は?その目的とは何か?事件の謎を追うベムの前に、倒したはずの“名前の無い男”が再び姿を現した…。
なんとベロが初恋! ?少女みちるとの恋の行方は…?
ベロは街で出会った少女・みちるに初恋をする。みちるはMPL製薬の新薬開発研究者・上野達彦の娘で、自動車事故で母親の小百合を亡くしていた。
人間になって恋を叶えたいと願うベロ。しかし、上野家には決して人には明かせない「ある」秘密が…。そして3人の前に未知なる生物が現れた!
妖怪人間VS人間妖怪! 植物の力で妖怪化した最強生物、哀しき復讐者(リベンジャー)・サユリ!
植物を媒介に妖怪化したサユリ、その正体はみちるの母・上野小百合の変わり果てた姿であった。人間でありながら妖怪の能力を身につけて
[人間妖怪]と化したサユリは、家族を脅かすMPL製薬への怒りと憎しみにまかせて、その力を復讐のために使うことを決意したのだ。
しかし力を使えば使うほど、妖怪と植物の2つのパワーはサユリの体を蝕み、やがてコントロール不可能なまでに増幅されていく。
ベム達は、その巨大すぎる力の暴走を食い止める事が出来るのか! ?
最後の戦い、運命の選択・・・ついに人間になる時が。
[枯れない葉][新薬開発][サユリの妖怪化]・・・これらの事象の組み合わせから、ベム達は自分たちが人間になれる唯一の方法が残されていることを知る。
しかし、人間になれば妖怪の力を失ってしまう。それでも彼らは人間になることを選ぶのだろうか…! ?

監督:狩山俊輔

原作は、1968年に放映されたアニメ作品。

最初のシリーズは全26話と2クールしかないが、度々リメイクされているカルト的人気作品。

スポンサーリンク
広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください