【物語の創り方】点を繋げる創作法。

物語のプロセスを線で考える方法

今回は、簡単な物語創作法を伝授したい。

この方法を使えば、誰でも自然な物語を考えられる筈だ。

 

ステップ1

まず、どこでも良い。

 

点を2つ打って、繋げて欲しい。

 

・→・

 

ステップ2

次は、点に名前を付けよう。

点は、物語の起点となる。

 

点1は、登場人物。

点2は、何をするか……つまり、行動だ。

 

登場人物→行動

 

ステップ3

次は、これを具体的にしよう。

 

イメージして。

 

あくまでも線のまま、具体的にするんだ。

例えるなら、コマンド選択式のロールプレイングゲームを想像してみて欲しい。

 

 

(登場人物→主人公)→(行動→旅)

 

これで登場人物が誰で、行動で何をするかが決まった。

 

あなたが描きたい物語に合う様に、自由に入れてみて。

 

ステップ4

じゃあ、今度はもっとイメージを具体的にしよう。

 

(登場人物→主人公)→(行動→旅)

 

→の間に、更に要素を入れて行くんだ。

 

例えば、なぜ主人公は旅をするのだろうか?

 

こう考えると、目的が欲しくなる筈だ。

ゲームだとコマンドには無いが、プレイヤーの頭の中にある物だ。

行動が、戦う、ならば、目的は、敵を倒す、みたいになるだろう。

 

(登場人物→主人公)→(行動→旅)→目的

 

これも具体的にしよう。

 

(登場人物→主人公)→(行動→旅)→(目的→人探し)

 

ステップ5

目的の想像が付くと、動機も考えられる

 

動機は、登場人物と行動の間に入れよう

 

(登場人物→主人公)→動機→(行動→旅)→(目的→人探し)

 

そして動機も具体的にしよう。

 

(登場人物→主人公)→(動機→会いたい人がいる)→(行動→旅)→(目的→人探し)

 

ステップ6

この要領で、要素の線を伸ばしていく。

 

動機があると言う事は、主人公には欲望がある。

それも満たされないでいた欲望だ。

 

(登場人物→主人公)→(満たされないでいた欲望→好きな人に気持ちを伝えられない)→(動機→会いたい人がいる)→(行動→旅)→(目的→人探し)

 

ステップ7

物語には葛藤が必要だ。

葛藤があるから、それまでの人生で登場人物は欲望を叶えられないでいた。

 

なので、葛藤を乗り越える切欠も同時に必要になる。

 

(登場人物→主人公)→(満たされないでいた欲望→好きな人に気持ちを伝えられない)→(動機→会いたい人がいる)→(葛藤→居場所が分からない)→(切欠→居場所の情報が耳に入る)→(行動→旅)→(目的→人探し)

 

ステップ8

行動を起こすには、目的に向けた計画と目標が必要だ。

 

(登場人物→主人公)→(満たされないでいた欲望→好きな人に気持ちを伝えられない)→(動機→会いたい人がいる)→(葛藤→居場所が分からない)→(切欠→居場所の情報が耳に入る)→(計画→探す旅に出る)→(目標→居場所に行ってみる)→(行動→旅)→(目的→人探し)

 

終わりに

どうだろう。

物語が見えて来たのでは無いだろうか?

 

この創作法は、ストーリーラインを考える段階で役に立つ。

 

()の要素が増えればリアリティが増し、()の中身の要素が増えると具体度が増す。

 

この線は、物語を布に例えた時に形を作る糸の一本だ。

 

登場人物と行動と目的を繋ぐ為の、間に入る点を想像し、繋げる事で線にすると言う感じだ。

他の要素を入れれば、物語は縦糸と横糸でどんどん強固になっていくし、何にでも応用できるだろう。

 

役に立てば幸いだ。

じゃあ、またね。

 

※昨日の記事の機械翻訳前の状態の記事です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください