【物語創作教室】動画14『プロットの便利さについて』

関連記事

内容

プロットとは「○○だから××」で表現出来る。


正しくプロットを作れれば、

  • 因果関係・原因と結果
  • 納得性
  • 転換点

これだけの物を事前に確認しながら物語を作れる。

地図で言えば、目的地の行きたい場所に繋がる目印や、曲がり角、立ち寄りたい場所を事前に把握して地図上にピンを刺すイメージ。


絵で言えば、下書きでパースや骨格や構図等を調整してから、清書に挑むイメージが近いです。

反省と感想

3まで数えられない病です。

ゲロってしまうと、納得性を台本で間に入れたのに全体の調整を面倒くさがって、3つ目のポイントに2つ目って入ったままのを喋りながら気づいて「ぐぬぬ」って感じ。

本日は撮り直す時間が惜しいので、このままで。

あと、直前まで喉のコンディションを気にして飴なんか舐めてたせいで、結構最初の方から下がやられて呂律が怪しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください