【物語創作教室】動画37『きっかけの時を解説』

関連記事

内容

きっかけの時から、物語が本格的に動き始める。

  • 日常の時の反対の性質。
  • タイムリミットを認識させる事で、物語を引き締まる。
  • 主人公に、問題解決において必要だが、入手困難な物の認識をさせる。

そのきっかけをもたらすのは、

  • 「ヘラルド」
  • 「エンカウント」
  • 「セレモニー」
  • 「アクシデント」

等の種類がある。

反省と感想

昨日からウィッチャーの配信が始まったね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください