【物語創作教室】動画56『物語の中で求められるリアリティとは何か?』

関連記事

内容

リアリティとリアルは別物。

・リアリティは、現実感が高いか低いかで『納得感があるかどうか』

・リアルは、現実的に実在するか否かで『実際に存在しそうかどうか』

【リアリティとリアルの混同や、言葉としての曖昧な使用が、混乱を生み出す原因】

物語の面白さ・魅力に貢献していれば、リアリティは、低くても許される。

フィクションは、そもそもリアルさを厳密に求めていない。

「フィクションにリアリティを求めるのは、間違っている」と言うのは、誤った認識。

『フィクションがリアルである必要は無いが、一定のリアリティは絶対に求められる物』

フィクション作品だからこそ、嘘が本当の事に思える様な納得感を、作品に必要なリアリティを、高める努力がクリエイターの義務と言える。

リアリティ(納得感)が高いほど、自然に、引っ掛かりなく物語を楽しめる。

特別な理由が無い限り、リアリティは、高めた方がクオリティアップに繋がる。

反省と感想

部屋が寒い。

ベッドから出たくない。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください