【物語創作教室】動画58『上手な伏線の作り方』

関連記事

内容

伏線=意識が向くが、意味が分からない物

伏線回収=伏線を想起し、意味が分かる事

伏線:違和感があって意識が向き、後で意味が分かり違和感が払しょくされる

謎の伏線:謎を提示し、後で謎が解明する事で伏線が回収されていく

隠し伏線:別の表の意味がある状態で堂々と提示し、後で裏の意味が判明する事で回収される伏線

要素の二次利用による伏線化:既に出ている要素に別の意味を与える事で伏線にするテクニック

意味の無い謎の配置:どうとでも解釈出来るパズルの1ピースの様な謎を仕込み、後で意味を付け加えるテクニック

感想

やっぱ「シックスセンス」とか「ユージュアルサスペクツ」とかみたいな伏線が凄い大どんでん返し系作品って面白いよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください