「舐めてた相手が殺し屋でした」系作品特集

弱そう=弱いとは、限らない

ここで紹介するのは、こんな物語だ。

一見、弱そうな主人公に喧嘩を売った悪者が、粋がっていても何も起きない。

だが、主人公の大事な物と知らずに、うっかり「宝物」に手を出してしまったら、一線を越えた事への手痛い報復が待っている。

弱そうな主人公は、実は「凄腕の殺し屋」だった、と言うパターンの作品だ。

と言うか、2014年は何があったと言うぐらい、同系統作品が多く作られた印象がある。

それでは、見ていこう。

“「舐めてた相手が殺し屋でした」系作品特集” の続きを読む