「後の世代の為に、任務に命をかけた人がいた」系作品特集

誇り高く、尊い犠牲の物語

その「重要な情報」を、どうやって入手したのか?

「重要な情報」を持ち帰った人は、どんな戦いに身を投じたのか?

彼らは、最期どうなったのか?

蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT(2005)

<ストーリー>

あの日、フェストゥムが竜宮島に突如飛来し、「あなたはそこにいますか・・・」と問いかけたあの日から、1年前。

総士・一騎たちのⅠ学年上級生である、将陵僚たちが通う竜宮島中学校では、季節外れの卒業式が行われていた・・・。

そう、それは彼らを待ち受ける運命の序章であった・・・。

蒼穹のファフナーの前日譚。

Halo Reach(2010)

<ストーリー>

Remember Reach 人類が地球においてコヴナントを撃破し、その存亡の危機から脱する以前、地球の最終防衛ラインに位置する惑星リーチでは、歴史の流れを変える壮絶な戦いが繰り広げられていた。

Halo: Reach ― 人類の命運をかけた壮大な戦いを描く『Halo』 三部作の前日譚が、ついに語られる。

人類を存亡の危機から救うため、ノーブルチームの一員として重要任務を遂行せよ。

スパルタンたちの勇気と犠牲の精神と共にこの激闘に挑め。

すべては、ここから始まる

ヘイロー3部作の前日譚で、とにかく切ない。

最高に好き。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016)

<ストーリー>

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、もうひとつの物語が誕生。

銀河を脅かす、帝国軍の究極兵器デス・スター。

その設計図を奪うため、名もなき戦士による反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、個性的な仲間とともに不可能なミッションに立ち向かう!

『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託したデス・スターの設計図は、いかにして入手されたのか?

そこには、わずかな希望をつなぐために命を懸けた反乱軍戦士たちの、誇り高き感動のドラマが隠されていた…。

スターウォーズエピソード3と4の間の話。

個人的には、スターウォーズ作品の中で一番好きかも。

※この記事は、追加・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください