おすすめ海外ドラマ「ロック&キー」を紹介

滅茶苦茶よく出来たダークファンタジー

巨匠「スティーブン・キング」を親に持つベストセラー作家「ジョー・ヒル」が描くラブ・クラフト的なベストセラービジュアルノベル(アメコミ?)原作の、ネットフリックスオリジナルドラマシリーズ。

「ロック&キー(LOCKE&KEY)」を紹介します。

簡単紹介動画

こんな物語

父を事件で失ったロック家の子供達は、母に連れられマサチューセッツ州ラヴクラフト島にある父の実家に移り住む事になる。

地元でも有名な古く広大な屋敷。

その中に隠されている魔法の鍵を狙った邪悪な存在と、鍵の守護者と言う使命を背負った子供達の戦いが描かれる。

見所

何といっても見所は、キーハウスの中で見つかる特別な力を持つ鍵の存在だ。

日本では「ドラえもん」の秘密道具や「ジョジョの奇妙な冒険」のスタンド能力を彷彿とさせる、特殊な機能を備えた鍵がたくさん登場し、時に武器になり、時に利用する事で、物語は劇的に動いていく。

例えば、頭鍵は人の首筋に鍵をさすと、頭の中を部屋として管理する事が出来るようになり、物の形となった記憶の出し入れが可能になる。

こういった能力が鍵に依存している為、ドラえもんの道具の様に敵の手に渡れば危険な物になり、手元にあれば心強い武器になる。

この、単純だがスリリングな展開は、非常に緊張感があり、鍵を狙う邪悪な存在が暗躍している事で、物語がダレる事を防いでいる。

ロック家の子供達は、鍵と言う力を手に入れ、戦う準備を進めながらも、鍵を狙う敵から守らなければならないという使命を、いつの間にか負わされている訳だ。

で、そのアメコミを原作とした作品の実写化に際して、映像は気合が入っていて、ストレンジャーシングスほどの派手さは無いが、アメコミヒーロー物の特殊効果に比べれば違和感の無い上等な物で、見ていてチープに感じる事もない。

シーズン1最後のどんでん返し

最後に待っている、完全にシーズン2に繋がるどんでん返しが、注意してみていればある程度は読める物なのだが、最後まで読み切るのは初見では出来ず、素直にうなってしまった。

気持ち良く騙された!

途中までは読めるけど、そこまで読み切る事が出来なくて、本当に気持ち良く騙されてしまった。

最高だった!

これは、ネタバレを見ずに、犯人や事件の真相を推理しながら見るのが、正解の楽しみ方の作品だ。

どうか、ネタバレを踏まずに、安心して物語を楽しみ、ロック家や仲間達を応援しながら作品を楽しんで欲しい。

おススメの登場人物

登場人物の中では、ロック家の面々が、一家丸ごと主人公と言ったポジションで応援出来るが、末っ子のボードがとにかく可愛いので、応援出来ると思う。

一方で、姉のキンジーは、トラウマと戦う事で感情が下に上に振れ過ぎていて、人によってはイライラする場面もあるキャラクターだと思う。

だが、シーズン1に限って言えば、ロック家に関しては全員応援しても裏切られる事が無い為、非常に安心して見られる作品だと言えるだろう。

他に、味方のサブキャラクターでは、個人的にはボードと最初に心を通わせるルーファス、キンジーに思いを寄せるスコット、タイラーと微妙な距離感の友人になるローガンと言ったキャラクター達も癖があるが魅力的だ。

敵として対峙する事になるサムやドッジと言ったキャラクターも、最後まで見ればしっかりと敵としての魅力を持っていたので、かなり良かった。

ここからは、見る時の助けになる様に登場人物を紹介する。

人物紹介一覧

ロック・ファミリー

  • ボード・ロック:末っ子の少年。GIジョーを持っている。家族に守られていた為、事件のトラウマは無く、明るい。
  • キンジー・ロック:ボードの姉、タイラーの妹。父親にプレゼントされたブレスレットを大事にしている。父親を失った事件の時に、何も出来なかった事がトラウマとなっている。
  • タイラー・ロック:長男。アイスホッケーをやっていた。父親を失った事件の原因を自分が作ったのでは、と悩んでいる。
  • ニーナ・ロック:母親。夫の死を切欠に、キーハウスに引っ越す決断をする。6年ほど禁酒している。夫を失った事件がトラウマになっている。
  • レンデル・ロック:父親。故人。秘密を抱えたまま死んだ謎の父親。
  • ダンカン・ロック:父親の弟。屋敷の管理者で、記憶が一部欠落している。
  • チェンバレン・ロック:レンデルの曾爺さん。家に絵が飾ってある。

シャドウ

  • サム・レッサー:ロック家を襲った犯人。レンデル殺害後は刑務所にいる。
  • こだま/ドッジ:井戸の声。特別な鍵を狙っている謎の存在。

学校の人々

  • ジョー・リッジウェイ:国語の先生。レンデルの世代から教えている。
  • ジャッキー・ヴェーダ:タイラーが思いを寄せている少女。ジェーン・オースティンの本が好き。
  • イーデン・ホーキンス:学校一の美人で目立ちたがり。
  • スコット・キャベンディッシュ:キンジーに気がある映画好きの青年。仲間達と「チーム・サヴィーニ」を作り、日々スプラッタ映画撮影をしている。撮影機器購入の為にアイス屋でバイトに励んでいる。
  • ダグ:「チーム・サヴィーニ」の太っちょ。
  • ゼイディー:「チーム・サヴィーニ」の特殊効果担当のアフロ女子。
  • ゲーブ:「チーム・サヴィーニ」の新人の転校生。怪物ロブスター役。
  • ブリンカー:アイスホッケー部のチョイ悪その1。
  • ハヴィ:アイスホッケー部のチョイ悪その2。
  • ローガン・キャロウェイ:義足の少年。ある事が切欠でタイラーの友人となる。

その他

  • ダニエル・ムツク:刑事。
  • ルーファス・ウィードン:ボードのGIジョー仲間。ロック家の土地の管理者でもある。凄い良いやつ。
  • エリー・ウィードン:ルーファスの母で、学校の非常勤教員。レンデルの昔の仲間。
  • エリン・ヴォス:精神科病棟にいる。レンデルの元カノ。
  • マーク:冒頭に火事で死亡した人。マッチ棒鍵の所持者で、レンデルの昔の仲間。
  • ジェフ:故人。レンデルの昔の仲間。
  • キム:故人。レンデルの昔の仲間。
  • ルーカス:故人。レンデルの昔の仲間。

PV

シーズン1に登場する『鍵』

  • マッチ棒鍵:触れたり、さした物を燃やす。
  • どこでも鍵:使用者の見た事がある扉まで、鍵をさした扉を繋げる。(どこでもドア)
  • 鏡鍵:さした鏡に入れる様になる。危険。
  • 頭鍵:人の首筋にさすと、さされた人の頭の中に入れる。超便利。(ジョジョのヘブンズドア)
  • 幽霊鍵:専用の扉を通り抜けると、幽体離脱出来る。
  • オルゴール鍵:専用のオルゴールに鍵を刺した人が、オルゴールが鳴っている間だけ他人に何でも命令できる。(範囲は不明だが、効果はルルーシュのギアス)
  • 植物鍵:植物を操れる。
  • 変身鍵:人の顎にさすと姿が変えられる。
  • 復元棚鍵:専用の棚に入れた物が壊れていれば復元する。(タイム風呂敷)
  • オメガ鍵:海沿いの洞窟にある、謎の黒い扉を開ける鍵。物語の重要アイテム。
  • こだま鍵:専用の井戸で使うと、死者を「こだま」として呼び出せる。
  • 影の鍵:影の冠に使うと、強力な影を作って操れる。
スポンサーリンク
広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください