「ナチス・ドイツ(フリー素材)」系作品特集

Contents hide
1 分かり易い悪の象徴

分かり易い悪の象徴

歴史を勉強した事があれば、誰でも聞いた事ぐらいはあるだろう。

1933年~1945年に実在した、アドルフ・ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党が支配したドイツに対する呼称だ。

やはり有名なのは、ユダヤ人に対して行った大量虐殺だろう。

その行いや存在は決して洒落にならないのだが、長い時を経て今では「ゾンビ」「サメ」と並び、創作界の有能なフリー素材となっている節がある。

この記事では、そんな「ナチス・ドイツ」をモチーフにしたり、敵として描いた作品を紹介していく。

この記事で紹介する作品は、比較的ですが大真面目路線の物は除外しているので悪しからず。

アイアン・スカイ(2012)

<ストーリー>
「ナチスが月から攻めてきた!?」2018年、アメリカ大統領命により月に送り込まれたワシントンは、無事に月面に上陸して後、何者かに拉致されてしまう!なんとそれは、第二次大戦以降、地球へ復讐を果たすべく月の裏側に第四帝国を築き、軍備を増強していたナチスだった!

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲 (2019)

<ストーリー>

ナチスが恐竜に乗って攻めて来たッ!! 映画史上最凶、空前絶後のSFアクション・エンターテインメント!! 恐竜×ヒトラー×人類による壮絶バトルが始まる──! ナチスが造った月面基地に移り住んだ人類だったが、今や滅亡の危機を迎えていた。地球の深部に新エネルギーが存在することを知り、前人未到の<ロスト・ワールド>へと旅立つ。しかしそこは、凶暴な恐竜を乗りこなすヒトラーが君臨する世界だった!!

Arrow/アロー(2012)

<ストーリー>

億万長者でプレイボーイのオリバー・クイーンは、海難事故で死んだと思われていたが、5年後、太平洋の孤島で生きていたことが判明する。故郷のスターリング・シティに戻ったオリバーは、以前の生活に戻ったように見えたが、実は謎のヒーロー“アロー”として街を腐敗させる巨悪と戦う別の顔を持っていた。

マルチバースの一つにナチスが第二次世界大戦に勝利した世界線が登場する。

原作のグリーンアローは、1941年に初出。

イングロリアス・バスターズ(2009)

<ストーリー>

鬼才クエンティン・タランティーノ監督が自由な発想で描く、第二次世界大戦を題材にした過激で痛快な復讐譚! 戦火の嵐が吹き荒れるヨーロッパで、ナチス兵を襲い頭皮を剥ぎ血祭りにあげる、アメリカ軍のゲリラ部隊が暴れまわる! 敵に“バスターズ”と呼ばれ恐れられる、そのナチス狩り部隊を率いるのは、ブラッド・ピット演じるアルド・レイン中尉。彼らは、大胆不敵にも第三帝国の首脳陣暗殺の計画を決行しようとする。

インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》(1981)

<ストーリー>

冒険家で考古学者のインディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)が、勝気で自由奔放な昔の恋人マリオン(カレン・アレン)と共に、伝説のアーク《聖櫃》を求めスリルに満ちた冒険の旅に出る。毒や罠、蛇や裏切りといった数々の困難を乗りこえ、果たして彼らはナチスよりも先にアークを見つけることができるのか?!

インディ・ジョーンズ最後の聖戦(1989)

<ストーリー>

キリストの聖杯を追うナチスが、聖杯の権威であるインディの父親を誘拐した。インディは、ネズミだらけのベニスのカタコンベを駆け抜け、ナチスのパイロットとのスリル満点のドッグファイトに挑み、強大な火力を誇る戦車に果敢に立ち向かう。聖杯に秘められた、命を与えそして奪い去る能力が明らかとなるとき、インディと彼の父親に残された時間も残りわずかとなる!

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)

<ストーリー>

スティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスがあなたを史上最高の冒険に連れ出す。「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」で、インディは頭脳明晰で美しい諜報員とアケトーにある全能のクリスタル・スカルを奪いあう!

ウルフェンシュタイン シリーズ(1992~)

<ストーリー>

1980年、パリ。第二次アメリカ独立革命の英雄、B.J.ブラスコヴィッチがナチス占領下のパリで姿を消した。

彼から指導・訓練を受けて育った双子の娘”ジェス”と”ソフ”。遂に彼女たちが立ち上がるときが来た。

新たに登場する自由戦士たちと力を合わせ、不穏な光景とざわめきに満ちた1980年代のパリに挑め。

オーヴァーロード(2019)

<ストーリー>

第二次世界大戦下、課されたのはドイツ軍が保有する電波塔の爆破。空中戦、地上戦と続く戦場サバイバル。決死の戦いの後に、たどり着いたのはナチスの極秘研究所。そこで迫りくるのは、不死身化した人間兵器との闘い。変化する敵と共に、観る者をゆっくりと異常極まる恐怖世界に誘引していくなか、ミッション遂行は成されるのか…。

オデッサ・ファイル (1974)

<ストーリー>

ジャーナリストのミラーは、自殺したある老人の日記を偶然手に入れる。その日記には、ナチスSSの幹部でユダヤ人強制収容所司令官だったロシュマンに関する犯罪が書かれていた。ロシュマンが名前を偽り、ドイツ国内で安穏と暮らしていることを知ったミラーは命の危険を冒して調査を始める。

オペレーション・ダークネス(2007)

ヒトラーがヴァンパイアと手を組んだ世界で、狼男、魔女、ヴァン・ヘルシング、錬金術師と言った多彩な技能を持ったイギリス軍のとある部隊の戦いを描くシミュレーションRPG。

戦場のヴァルキュリア的な戦闘システムで、かなり面白いのだが、グラフィックがチープだと発売当時は叩かれていた。

キャラデザ、システムは優れているし、キャラの魅力も高く、ストーリーは良くも悪くも凡作だが、非常に良く出来たゲーム。

戦車に乗れないのだけはイケてないが、巨大なドラゴンを対戦車ライフルで駆逐していくのは痛快。

帰って来たヒトラー(2015)

<ストーリー>

この映画、笑うと危険。世界中で売れまくり!ベストセラー小説を映画化!ヒトラーが現代にタイムスリップし、人気芸人に!?ギャップに笑い、まっすぐな情熱に惹かれ、正気と狂気の一線を見失う、世にも危険なコメディ!

キャプテン・アメリカ(2011)

<ストーリー>

スティーブ・ロジャースは、軍の極秘実験スーパーソルジャー計画によりキャプテン・アメリカとして生まれ変わる

マーベルシリーズの世界で暗躍する敵組織「ヒドラ」がナチス関係。

原作のキャプテンアメリカは、1941年に初出。

処刑山 ー デッド・スノウ ー(2009)

<ストーリー>

ゾンビと化したナチスの残党の恐怖を描いた、ノルウェー発のスプラッターホラー。バカンスのためにノルウェーにやって来た医学生の若者たち。しかしそこは、第2次大戦末期にレジスタンスの反撃に遭い、命を落としたナチス兵団が眠る禁断の土地で…。

処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ(2014)

<ストーリー>

仲間や恋人、さらには自身の腕を失いながらもナチスゾンビ達から逃げ出したマーティンだったが、途中で自動車事故を起こしてしまう。なんとか一命を取り留めた病院で目を覚ました彼が見たものは、医者の手違いによりゾンビ司令官ヘルツォークの腕を付けられた自分の姿だった。ヘルツォークの腕の秘められた力により、特殊能力に目覚めたマーティンがナチスゾンビ軍団との戦いに挑む…。

ジョジョの奇妙な冒険(1987)

2部にナチスの将校ルドル・フォン・シュトロハイムが登場。

ジョジョ・ラビット(2019)

<ストーリー>

第二次世界大戦中、孤独なドイツ人少年のジョジョは周囲からいじめられており、イマジナリーフレンドのアドルフ・ヒトラーのみが救いだった。ある日、母親が屋根裏にユダヤ人の少女を匿っているのを発見したことから、政治的な考えが変わり、ヒトラーのナショナリズムに向き合うことになる。

スプリガン(1989)

<ストーリー>
高度に発達し過ぎたために滅亡した超古代文明の何者かが、現代の我々に警告を綴った一枚のメッセーシ゛フ゜レート。そこには「我々の遺産を悪しき者から守れ」と記されていた。このメッセーシ゛を忠実に受け止め、世界に散らばる超古代文明を封印するために作られた組織・アーカム。その工作員を人はこう言う…。~スフ゜リカ゛ン~
トルコ。「ノアの方舟」が乗り上げたと言い伝えられるアララト山でアーカムの調査員が消息を絶った。同時にアララト山に強力な磁場が発生。その影響を受けたアメリカの軍事衛星が消滅した。その半年後、アーカムのNO.1スフ゜リカ゛ン・御神苗優は、何者かからの挑戦状を友人の命と引き換えに受け取る。間一髪、難を逃れた優がアーカム日本支部に駆けつけると、そこには「次はお前の番だ!」とのメッセーシ゛と共に、3週間前にトルコ支部で襲撃されたアーカムの調査隊の遺体写真が届いていた。優は日本支部の制止を振り切ってトルコへ飛ぶ。だが、優を待ち受けていたのは「ノアの方舟」に触手を動かしたアメリカ国防総省の機械化小隊だった。殺人マシーンのファットマン、リトルホ゛ーイ達がアーカム調査隊に襲いかかる。精神感応金属(オリハルコン)と人工筋肉を組み合わせ、通常の30倍以上の力を引き出すことが出来る戦闘服:アーマート゛・マッスルスーツを身に付け防戦する優と、もう一人のスフ゜リカ゛ン:シ゛ャン。しかし、超人的能力を持つヘ゜ンタコ゛ンのマクト゛カ゛ルに優は瀕死の重傷を負わされてしまう…。いったい「ノアの方舟」とは何なのか?方舟が復活したとき、何が起こるのか?今、人類の存亡を賭けた最後の聖戦が始まった…。

原作の敵対組織に「ネオナチ」が登場。

ヒトラーが復活したり、地味にナチスネタが豊富。

ボー・ブランシェが良いやつ。

ゾンビアーミー4デッドウォー(2020)

<ストーリー>

迫りくるゾンビの群れに、何秒冷静でいられるか?

高い城の男(1962)

<内容>

原作は、ヒューゴー賞を受賞したフィリップ・K・ディックの小説。製作総指揮を務めるのは、リドリー・スコット(「ブレードランナー」)とフランク・スポトニッツ(「X-ファイル」)。「高い城の男」は、第2次世界大戦で連合国が敗れ、日本とドイツが勝利してアメリカを占領したという世界を描いている。

超科学実験体ゾンビロイド(2015)

<ストーリー>

ヒトラー最強兵団、解禁。第二次世界大戦末期。ドイツ軍の偵察に派遣された米兵のアダムスたちは、敵の奇襲により負傷し、逃げ場を失っていた。深い森を抜けた彼らは廃墟を見つけ、治療のため中へと足を踏み入れる。不気味な雰囲気を持つその廃墟には、人がいた形跡はあるが、物が散乱し、血まみれのベッドが無数置かれていた。すると突然、何者かが彼らに襲いかかり、兵士たちは次々と無残な死体に変わってゆく。実はこの廃墟は、ヒトラーが設置した極秘の人体実験施設で、形勢逆転を狙うナチスの最終兵器として、世にも恐ろしい「ゾンビ兵団」が開発されていたのだ…。

デビルズ・ロック ナチス極秘実験(2012)

<内容>

『シン・シティ』『X-MEN』のVFXを手掛けたポール・カンピオン監督によるホラー。

44年、ノルマンディー上陸作戦前夜。孤島のナチス軍事施設では、ヒトラー直属のチームによりある兵器実験が行われていた。そこへ潜入した連合軍兵士が見たものとは…。

デビルズ・フォース ナチス悪魔兵器を壊滅せよ!(2012)

<ストーリー>
第2次大戦下の1944年。米軍はナチスに潜入している諜報員から不穏な動きを察知した。それはヒトラー肝いりのオカルト計画に絡む、新たな新兵器開発に関わる情報だった。アメリカ合衆国大統領ルーズベルトは、ナチスの機密情報奪取と諜報員救出のため、軍の中でも最精鋭を招集し特殊部隊を編制した。部隊はナチスの軍人に変装し、パラシュート降下でナチス占領下のポーランドに潜入、敵の拠点である要塞化した古城へ向かう。

ドラゴン・オブ・ナチス(2014)

<内容>

前代未聞・奇想天外、真逆の2大人気ジャンル≪戦争≫と≪ファンタジー≫が奇跡の大融合!!

DRIFTERS(ドリフターズ)(2009)

<ストーリー>
西暦1600年 天下分け目の大戦、関ヶ原の戦い– 薩摩、島津家の武将、島津豊久は身を挺した撤退戦の後、死地から抜け出し一人山中をさまよっていた。降りしきる雨の中、たどり着いたのは無数の扉のある廊下のような部屋– 豊久はそこにいた謎の男、『紫』を問いただす間もなく石扉の向こう側へと送り込まれてしまう。–そこはオルテと呼ばれる国家が支配する世界、人間とデミ・ヒューマンと呼ばれる「人ならざる」ものが暮らす異世界だった。異なる時代から先に流れ着いていた織田信長、那須与一ら歴戦の英雄とともに豊久は揺らぐことのない武士(さぶらい)の思想で異世界の戦場を疾り駆ける!

ヒトラーが異世界転移した事になっている。

ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース(2012)

<ストーリー>

サイボーグと化したヒトラーが君臨するナチス地下帝国と地上世界との対決を描いたSFアクション。

第二次世界大戦末期。“死の天使”と怖れられたヨーゼフ・メンゲレ博士をはじめとするナチス軍の残党は連合軍の追っ手を逃れ忽然と消した。現代、南極のニブルヘイム観測所。調査に出かけたマークとペイジが戻らず、残りの観測員たちが彼らの消息を追っていた。調査場所から何かをひきずった跡があり、それを辿っていくと大きな氷穴を発見する。さらに地下へと進むとそこには地上とは異質のもう1つの世界が広がっていた…。

ナチス・オブ・ザ・デッド(2016)

<ストーリー>

ドイツ南部、バイエルン州の村オーバーアマーガウに住むマーカスとトーマスは古いユダヤ人の日記に記されたドイツ軍WW II
地下軍事基地の場所を特定。第三帝国の失われた秘宝が隠されていると言われるこの基地に探検に出る。その立入禁止区域内の
洞窟に双方向ラジオと3Dカメラを持ち込み、侵入。そしてマークスはその場所が、米軍の監視下にあるシークレットゾーンだったことを
初めて知るのだった。それ以上に彼らが知らなければいけないこと-。それは第二次大戦後70年間に渡り、ナチスの秘宝を守り続けてきて、
ゾンビと化したナチスの残党がその洞窟に潜んでいたのだった。そしてこのゾンビたちは70年間もの間、何も食べていなかった・・・!
今、米軍とゾンビたちに囲まれて、マーカスとトーマスの生と死を賭けた壮絶なデッドレースが始まる!

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2016)

<ストーリー>

1995年、紛争末期のサラエボ。強引かつ大胆な戦略で敵の将軍を拉致、敵に囲まれたら戦車で大暴走とやりたい放題のマット率いる5人のネイビーシールズ。上官のレヴィン少将も手を焼く毎日。そんな中、メンバーの1人が恋に落ちたウェイトレスから聞いた、湖に沈んだナチスの金塊・総額3億ドルの話。それさえあれば、戦争に苦しむ避難民を救うことが出来ると懇願され、5人も作戦を立てることに。タイムリミットはわずか8時間。敵陣真っただ中にある湖の水深45mの湖底から、重さ27トンの金塊をどう運び出すのか?彼らのとんでもない奇策とは!?史上最強のアウトサイダーたちが挑む、前代未聞の奪還作戦、遂に始動!!

ハウス・オブ・インフェルノ(2018)

<ストーリー>

この家を訪れた者 生還率0%【生存圏:LIVING SPACE】を侵す者は排除する、それがナチスの掟ナチ親衛隊将校の悪霊が棲む家、踏みこんでしまった2人の男女そして永遠に終わることのない、地獄の迷宮が幕を開ける

ヒトラー最終兵器(2014)

<ストーリー>

WW2末期の1945年3月。ドイツ軍占領地区のロシア森林地帯。百戦錬磨のドロコフ軍曹率いるソ連軍特殊部隊(スぺツナズ)はナチス軍との壮絶な戦いを連日続けていた。ナチス部隊への奇襲後、ドロコフと彼の部隊は戦争の流れをも変えうる衝撃の調査結果を発見するが、任務遂行後の帰路、不運にもナチス部隊に捕らえられてしまう。ナチスの実験施設である地下要塞に人質として捕らえられたドロコフと同僚のフョードルは、そこで狂気の科学者、クラウスナー博士の姿を見掛ける。
彼は親衛隊のストラッサー大佐と共に恐怖の実験を行っていた。その実験とは無敵のバイオ・ソルジャーを作り上げることだった。2人のロシア兵は狂気の施設から脱出し、ナチス軍がヨーロッパ全土にバイオ・ソルジャーを解き放つ前に、恐ろしい実験を阻止するため戦う必要に迫られる。

武器人間(2013)

<ストーリー>
第二次世界大戦末期、地獄の最前線。ソ連軍の偵察部隊が目撃した想像を絶する悪夢! 1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。ソ連の偵察部隊がある任務を帯び、ドイツの占領地域に足を踏み入れた。やがて古い教会を見つけた部隊は、そこで何者かによる大虐殺が行われた形跡を目撃する。さらにその建物の地下には迷路のような通路が張り巡らされ、広大な研究室が隠されていた。その研究室こそ、フランケンシュタイン博士の末裔が、死体と機械を合成し、不死身の改造人間を製造している大量破壊兵器工場だった…。

The Flash/フラッシュ(2014)

<ストーリー>

幼い頃に母親を殺害され、その犯人として父親が投獄されてしまった過去を持つバリー・アレン。幼いバリーは当時の捜査官、ウエスト刑事に引き取られて、その娘アイリスと共に育つ。大人になり科学者となった彼は、CSIの科学調査員としてセントラル・シティの警察に勤務。父親の無実を晴らすため、母親の殺人事件の真相を追る。そんなある日、実験室で粒子加速器が爆発し、巻き込まれたバリーはこん睡状態に陥いる。長い眠りから覚めた彼は、自分に超人的な治癒力と、閃光(=フラッシュ)がごとく、超高速で移動できる能力が備わっていること知り、“フラッシュ”として悪と闘うことを決意する。胸に稲妻のマークが入った深紅のコスチュームを身にまとい、超高速で疾走しながら、自分の大切な人々を守りぬいてゆく。

上記アローと共通世界、共通設定。

原作は、1956年が初出。

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)(2001)

<ストーリー>

商社マンの岡島緑郎は東南アジアへ出張中に海賊まがいの運び屋「ラグーン商会」に誘拐された。しかし、自分の会社に見捨てられた岡島は“ロック”として「ラグーン商会」の一員となる。

敵でネオナチが登場する。

ブラッドレイン 血塗られた第三帝国(2010)

<ストーリー>

美しきハーフ・ヴァンパイア! 第二次世界大戦中のヨーロッパを舞台にナチスを相手に壮絶な死闘を繰り広げる! 1943年、ヨーロッパではヒトラー総統の率いる第三帝国、ナチス・ドイツが全域にその魔の手を広げつつあった。ヨーロッパ東部の強制収容所では、残虐な司令官のもと、精神異常の医師が捕らえられたヴァンパイアを使って人体実験を行っていた。ナチスに抵抗するレジスタンスとともにその一部隊と戦ったハーフ・ヴァンパイアのレインは、知らぬ間に自分の血を司令官に与えてしまう。レインの血を利用して日中でも外を歩けるデイウォーカーに変身し、レインの最強の敵となった司令官と医師は、その血をヒトラーに献上し、決して死なない不滅の総統を作ろうとする。ヴァンパイア軍団と化したナチスに戦いを挑むレインとレジスタンスを待ち受けるのは…。

フランケンジョーズ(2016)

<ストーリー>

1942年。第二次世界大戦の劣勢を打破する為、ナチスが極秘に開発していた生物兵器が破壊され、この失態でドイツは敗戦した。そして、現代。海辺の小さな町に突如巻き起こった鮫の襲撃騒動。町民は鮫退治に乗り出すが、彼らが見たのは世にもおぞましい人造生命体フランケンジョーズだった!

プリズンボンバー/地獄のサティアン(1982)

<ストーリー>

南太平洋に浮かふ孤島。その島は、ナチ スの残党であるオットーか支配する地獄の 監獄島であった。若く美しい土地の娘たち か狩り集められた収容所では、拷問・レイ プ・殺人か繰り返されている。特に恐れら れているのは非情な女.の存在だ。若い看守のハートマンは、 そんなオットーのやり方に疑問を抱いてい た。ある時、彼は囚人の一人であるコラと 知り合った。コラはとびきり美しい混血娘 で、迫害に負けない強い心の持ち主でもあ る。コラと恋に落ちたハートマンは、オット ーに反逆する決意を固める― 恐怖の島を舞台に、ナチスvs女囚アマ ゾネス軍団の闘いを描く超大作。

HELLSING/ヘルシング(1998)

<ストーリー>
英国を異教徒から守る王立国教騎士団、通称HELLSING機関。そこには人間の主に飼われた吸血鬼がいた。巨大な2丁拳銃を操る正真正銘の化け物の名はアーカード。そして究極の化け物に挑む究極のウォーモンガー、ナチスの亡霊、少佐。戦場と化した英国を舞台に究極至極の戦いが幕を開ける!

幼女戦記(2013)

<ストーリー>

統一暦1923年6月。ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、ターニャはとある作戦に打って出るのだが。

第一次世界大戦と第二次世界大戦が混在した様な状況にある、魔法が存在する異世界の「ドイツ」的な帝国を中心に物語が進む。

※この記事は、追加・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください