「架空スポーツ」系作品特集

実在しないスポーツ

スポコンを描く際、実際に存在するスポーツに固執する必要は無い。

世界観とスポーツのルール、本気でスポーツに打ち込むキャラクター達さえいれば、存在しないスポーツであっても物語は成立する。

この記事では、そんな架空スポーツものの作品を紹介していく。

アベックパンチ(2007)

<ストーリー>

横浜をぶらつく2人の悪ガキ、イサキ&ヒラマサ。2人は新たな格闘技「アベック・パンチ」に出逢い、のめりこんでいく……

手を繋いだ「アベック」状態でタッグを組み、同じ状態の相手を倒していく架空のスポーツ漫画。

一応、実写映画化もしている。

マンガは、おススメ。

宇宙のステルヴィア(2003)

<ストーリー>
宇宙に憧れている15歳の少女、片瀬志麻は、宇宙ステーション・ファウンデーションII、通称ステルヴィアで宇宙学園に入学することを決めて、一人宇宙に向けて旅立った。仲間たちとともに憧れのオーバビスマシンに搭乗し、才能を発揮する志麻。しかし、ステルヴィアは次第に惑星圏同士の駆け引きに巻き込まれていって…。

小型の宇宙船で行う、ライトニングジョーストと言う、馬上槍試合の宇宙版が劇中に登場。

ウマ娘 プリティーダービー(2018)

<ストーリー>

これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競走能力を持つ“ウマ娘”が遠い昔から人類と共存してきた世界の物語。田舎から都会のトレセン学園に転校してきたウマ娘・スペシャルウィークは、チームメイトたちと切磋琢磨しながら「日本一のウマ娘」の称号をかけて<トゥインクル・シリーズ>での勝利をめざす!

競馬の馬を人に置き換えた、架空の陸上競技もの。

競馬の駆け引きをウマ娘達が行う事で、実際に人が行う陸上競技以上に迫力のあるレースが描かれる。

エア・ギア(2002)

<ストーリー>

ある日、中学2年生のイッキは、自由自在に空を飛ぶことのできるインライン・スケート“エア・トレック”を手に入れる。飛ぶことに魅了されたイッキはA・Tチーム「小烏丸」を作り、“パーツ・ウォウ”と呼ばれる暴風族たちとのバトルに参戦していく…。

モーターを内蔵した架空のインラインスケートによるストリートバトルをモチーフとした作品。

神田川JET GIRLS(2019)

<ストーリー>
マシンを操作する「ジェッター」とウォーターガンで対戦相手を攻撃する「シューター」の二人一組でマシンに乗り、水面を駆けるスポーツ「ジェットレース」がメジャーとなった世界。 伝説のジェッターを母に持ち、自身もジェットレーサーを夢見る波黄 凛は、故郷の島を旅立ち、東京・浅草へとやってくる。そこでクールな美少女、蒼井ミサと出会い、ふたりはパートナーに。 ライバルたちとレースを繰り広げながら少しずつ絆を深めていく。

ジェットレースに、水鉄砲での撃ち合い要素を足した架空競技の話。

ガールズ&パンツァー(2013)

<ストーリー>

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。県立大洗女子学園に転校生、西住みほがやってきた。戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。ところが転校そうそう生徒会長に呼び出され、必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要される。しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子…。友達とのフツーの女子高生活を夢見るみほのささやかな願いは叶うのか…?!

戦車が薙刀の様に、武道に昇華し、戦車道に打ち込む女子高生たちの青春を描いた作品。

ガルパンは良いぞ。

競女!!!!!!!!(2016)

<ストーリー>

水着姿の美少女たちによるエキサイティングな水上の闘い「競女」!ルールはシンプル。「ランド」と呼ばれる水上に浮かぶステージの上で、尻や胸を駆使して戦い、最後まで立っていた選手が勝者だ。鍛え上げた肉体から繰り出される、胸と尻の超絶技! 熱き魂がこもった、荒ぶる尻、激しい胸のぶつかり合いに人々は魅了され、その勝者は富と名声が思いのまま!そんな競女のトップ選手を目指し、選ばれた美少女アスリートたちが集う、瀬戸内競女養成学校。神無のぞみをはじめとした生徒たちは、みんな各自の得意分野を活かしつつ、自らの尻と胸を磨いてゆく。競女に青春を捧げる熱き乙女たちの、汗と友情の物語がいま始まる!

プールの上に浮かぶ浮島で尻相撲をする、そんなテレビのお色気企画みたいな物がスポーツに昇華した世界の作品。

ザッドランナー(2011)

<ストーリー>

二人組で行われるマシン競技「XAD」にのめり込むのは高校1年生ザッド部所属のポテチ。デビューとなる大会を前にして興奮を隠せない彼だったが、相棒のマッキーが骨折。急遽一緒にコンビを組む相手を探すことに。ひょんな事から出会った抜群の運動センスを持つ少女・小梅に一目惚れしたポテチは、パートナーになることを申し入れるが、小梅は誰もが声をかけることすら躊躇するような札付きの超問題児だった!

ライドバックのカサハラテツローが描く、ライドバックに続く次のマシン競技もの。

滅茶苦茶面白いのに、4巻で打ち切りの様な完結で物足りなさが残る残念な作品。

スコペロ(2009)

<ストーリー>

ドラマティック近未来!!西暦2050年。
地球より384,000km。直径6,500m奥行き2,000m、円筒形の居住空間。
自転周期114秒の遠心力による1Gの擬似重力―――。
そう、ここは人類の新天地、スペースコロニー!!1基まるごと女学校になっているコロニーに赴任してきた教師を中心に、きたるべきスクールライフを描く近未来コメディ!!

無重力バスケが登場。

全3巻で完結済み。

ファイナルファンタジーX/X-2(2001)

<ストーリー>

大いなる脅威「シン」に人々がおびえて暮らす異世界スピラに迷い込んだ少年ティーダ。そこで彼は「シン」を
倒そうとする召喚士の少女ユウナと出会い、事情も飲み込めぬままその旅に同行することになる──。

水中でやる水球、ブリッツボールですよ。

メガロボクス(2018)

<ストーリー>

肉体とギア・テクノロジーを融合させた究極の格闘技-「メガロボクス」にすべてを賭ける男たちの熱い闘いがはじまる!今日も未認可地区の賭け試合のリングに立つメガロボクサー“ジャンクドッグ”。実力はありながらも八百長試合で稼ぐしか生きる術のない自分の“現在(いま)”に苛立っていた。だが、孤高のチャンピオン・勇利と出会い、メガロボクサーとして、男として、自分の“現在(いま)”に挑んでいく–。

最終的に普通のボクシングになってしまうが……個人的には、かなり好き。

ライドバック(2003)

<ストーリー>

新秩序体制に支配されつつある近未来の日本。ケガによってバレエの道を諦め、心機一転の大学生活を始めようとしていた尾形琳。そんな彼女が、人を模した乗用脚式自動二輪車輌“ライドバック”と出逢い…。

バイクが人型に変形する乗り物、ライドバックでのレースが描かれるが、途中からスポーツと言うよりはレジスタンスやテロリストの武器になっていく。

途中まではアニメ化もした名作で、原作の漫画は全10巻で完結しているので、かなりお勧め。

ラブライブ!(2013)

<ストーリー>

廃校の危機に瀕した学校を守るために、私たちにできること。それは、アイドルになって学校を宣伝し、入学者を増やすこと! 9人の少女たちが紡ぐ青春学園ドラマ、スタート!

アイドル活動をする部活動が一般的な世界で、廃校阻止の為にアイドル甲子園とも言える高校生アイドル大会「ラブライブ」出場と優勝を目指すスポコン作品。

リアル・スティール(2011)

<ストーリー>

人間の代わりに高性能のロボットたちが死闘を繰り広げるロボット格闘技の時代―。夢も希望も失くした元ボクサーのチャーリー(ヒュー・ジャックマン)の前に突然、母を亡くした11歳の息子マックス(ダコタ・ゴヨ)が現れる。険悪な雰囲気の父と子は、マックスが廃品置き場でみつけた旧式ロボット“ATOM”との出会いをきっかけに、少しずつ絆を取り戻していく。熱心なマックスに心を動かされ、チャーリーはATOMに自分の技を教え込む。やがてATOMと共にどん底から這い上がった2人は、史上最強の王者ロボット、ゼウスとの対戦へ―。

何度見ても感動するぐらい好き。

Levius(レビウス)(2013)

<ストーリー>

新生暦19世紀──戦後の帝都では、人体と機械を融合させて戦う「機関拳闘」という格闘技が行われていた。伯父ザックのもとで、機関拳闘の若き闘士として成長したレビウス=クロムウェルは、眼前に立ちはだかるヒューゴ、A.J.といった、最強の「敵」達に向けて、蒸気を纏った右腕を突き出す。その拳の先には、いかなる運命が待っているのか!?

ネットフリックスでアニメが配信中。

※この記事は、追加・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください