「狼男・ウェアウルフ」モチーフ作品特集

狼に変身!

近年では割と、人狼ゲームのモチーフや、吸血鬼の天敵として描かれる事も多い狼男。

元々、大昔から存在する獣人伝説の一つだが、「フランケンシュタインの怪物」「吸血鬼」の物語でのイメージが世間で定着すると、その流れで「狼男」を入れて三大怪物として扱われ始め、今に至っている。

伝説や神話を介してホラーになり、ホラーからフィクションのモチーフとなった存在なので、三大怪物の一角としての貫禄こそあるが、どうしても吸血鬼ほどの華も芸達者さも無い為、モチーフとしては劣っている感がある。

だが、狼と言うモチーフの持つ格好良さは、今や蝙蝠をメインモチーフとしている吸血鬼よりも映えていて、様々なフィクションの中で結構良い役を与えて貰っている印象もある。

この記事では、そんな狼男をモチーフにした作品を紹介していきたい。

 

ウルフズレイン(2004)

<ストーリー>

絶滅したはずの孤高の獣、狼。だが彼らは、その姿を時折人間に変えて人の眼を惑わせながら生き伸びていた。「楽園」を探し求めて行き倒れたキバ。荒涼とした街角で少年窃盗団を束ねながらも孤立するツメ。街に溶け込み飄々と暮らすヒゲ。偶然か必然か、三人はとある街で邂逅し、新たな狼の物語がその幕をあける。

狼男、では厳密には無い。

人の姿になれる狼達が主役の、独特な世界観の作品。

ウルフマン(2010)

<ストーリー>
今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。19世紀末の英国。高名な舞台俳優であるローレンス・タルボットは、弟ベンが行方不明になったことを、弟の婚約者であるグエンの手紙で知らされ、25年ぶりに生家のタルボット城に帰ってくる。無惨に切り裂かれた弟の遺体と対面したローレンスは、独自に犯人の捜索を始めるが、その途中、“ウルフマン”と思しき獣に襲われてしまう。一命を取り留めたものの、彼もまた満月の夜になると獣に変身し…。

狼男(1941)

<内容>

ロン・チェイニー・Jrが主演する精巧なセットに震えるような恐ろしい音楽で描かれたホラー傑作は、狼人間に襲われ満月の夜は狼男に変身してしまう男の物語。

狼男の映画と言えば、長らくコレだったイメージ。

おおかみこどもの雨と雪(2012)

<ストーリー>

東京の郊外の大学に通う花(はな)は、おおかみの血を引く《おおかみおとこ》「彼」と恋に落ちた。共に暮らし始めた二人の間に生まれてきた子どもたちは、「人間とおおかみ」のふたつの顔を持つ、《おおかみこども》だった。二人は、雪の日に生まれた姉に雪(ゆき)、雨の日に生まれた弟に雨(あめ)と名づけた。4人のつつましくも幸せな日々は、「彼」の死によって突然奪われてしまう。残された花は、「二人をちゃんと育てる」と心に誓い、子どもたちが将来「人間か、おおかみか」どちらを選ぶこともできるように、豊かな自然に囲まれた田舎町のおんぼろの古民家に移り住むことを決意した。

狼男と恋に落ちた主人公が、おおかみこどもを育てながら自分も成長していく物語。

狼と香辛料(2006)

<ストーリー>

馬車で各地を巡り、数々の物品を取り引きする行商人クラフト・ロレンスは、収穫祭に沸くパスロエの村を発つ道すがら、荷台に積んだ麦束に埋もれて眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい顔立ちで、自らを豊作を司る神”ホロ”だと名乗った。「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」老獪ともとれる話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。ホロが本当に豊穣の狼神なのか疑いつつも、北の故郷へ帰りたいという彼女の言葉に絆され、ロレンスは共に旅することを了承する。そんな二人旅に思いがけない儲け話が持ち掛けられる。近い将来、ある国の銀貨が値上がりするというのだ。その儲け話のカラクリを探るべく、ロレンスは話に乗って事件へと巻き込まれていく。

オペレーション・ダークネス(2007)

吸血鬼と手を組んだナチスドイツに抵抗出来るのは、異能を寄せ集めた特殊部隊だけって感じの話。

主人公と隊長が狼男で、ヒロインが魔女。

他にもフランケンシュタインの怪物、死霊術師、ヴァンヘルシング卿と言った感じの異能持ちと言うか、伝説の人物やその祖先が仲間になる。

ゲームのグラフィックが少し安っぽくて発売当時叩かれていたが、肝心のゲームシステムは非常に良く出来ていて、まあ一部に問題(理不尽な轢死とか、先生死亡でハードモード確定とか)もあるにはあるが、私は実績を全解除して、更にやり込むぐらい面白かった良作だと思っている作品。

キャラクターも地味ながら魅力的だし、王道ストーリーも何気に好き。

ヴァン・ヘルシング(2004)

<ストーリー>

最強・最大のアクション・アドベンチャー超大作!! 時は19世紀、陰謀渦巻くトランシルヴァニア。怒涛の物語が、今、その幕を上げる―――!!19世紀。ヴァチカンの秘密組織からの極秘の依頼を受け、ヨーロッパを駆け巡る男、ヴァン・ヘルシング。彼は、人々を恐怖に陥れる怪物を闇から闇へ葬り去る、名うてのモンスター・ハンターだった。ロンドンでハイドを始末した彼にまたもや密命が下った。次の地はトランシルヴァニア。ドラキュラー族と400年にも及ぶ闘いを続けているジプシーの一族、ヴァレリアス家に危機が及んでいるという。かの地に立ったヴァン・ヘルシングは、ヴァレリアス家の末裔・アナ王女と共に、未だかつてない激戦に身を投じることに・・・!アナの兄・ヴェルカンの命は風前の灯火、そして巨大な狼男やドラキュラ伯爵の三人の花嫁、フランケンシュタインが次々と彼らの前に立ちはだかる!

三大モンスターのぶつかり合いが熱い、ヒュー・ジャックマン主演のアクション映画。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください