シナリオの書き方「異国での運命の出会い物語」の脚本構造を紹介!肩書を見ないで!

「異国での運命の出会い」とは?

ここでは「異国での運命の出会い」をテーマにした物語を解説します。

異国と言っても別に、外国である必要はありません。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「変わり者となって、相棒を得る物語」となります。 

解説

異国での運命の出会いって?

まず、そもそも「異国での運命の出会い」とは、ここではどんな状態を指すのでしょうか?

この記事では「異国で運命的な出会いをして、大事な相棒を得る物語」として解説していきます。

誰もが羨む立場だけど

このタイプの物語の主人公は、社会的に誰もが羨ましがる立場にいますが、その立場であるが故に、人間関係に問題を抱えています。

そして、もう一人の相棒となる方は、一般人と相場が決まっています。

物語の始まりは、誰もが羨む立場の方にある主人公が、自分が別人になれる場所、つまり異国に行って、今の自分に欠けた物を探しに行く事から動き始めます。

映画「ローマの休日」では、日常に不満を抱えた王女アンが宮殿から逃げ出します。

映画「星の王子ニューヨークへ行く」では、父王の決めた結婚に不満のあるアキーム王子が、ニューヨークへ花嫁探しに行きます。

運命の相手との出会い

誰もが羨む立場にある主人公は、身分を伏せながら異国での自由を楽しみます。

そして、その中で運命的な出会いを果たします。

先にも書きましたが、後に相棒となる相手は一般人で、社会的立場こそ相応しくはないですが、徐々に知り合って行くと、お互いの欠けていた部分を埋め合える運命の相手であると、双方が確信に変わっていきます。

大事なのは、立場よりハート

この形式の物語で見せ場となるのは、二人の交流の過程、つまり熱い情や、恋仲へと辿り着くまでのプロセスにこそあります。

一般人の相棒が社会的立場が上の主人公の正体を、知っていても、知らなくても、利用しても、親切にしても、どう行動しても良いです。

ただ、どんな関係で交流を深めるにしても、社会的な地位や立場ではなく、一個人として惹かれ合う必要があります。

社会的な地位や財産ではなく、その相手だから好きと言う状態である必要がある訳です。

二人を引き裂く元いた世界のルール

物語が中盤に差し掛かると、主人公に元いた世界のルールによる、圧力がかかります。

分相応の立場を意識せざるを得ない事件が起きるのです。

映画「ローマの休日」では、宮殿からの追手が来てしまいます。

映画「星の王子ニューヨークへ行く」では、王一行がニューヨークへ来てしまいます。

映画「或る夜の出来事」では、身分差故に裏切られたと勘違いするすれ違いの事件が起きます。

相手を本気で想う故の決断

立場が違い過ぎる二人。

どんなにお互いが惹かれ合っていても、共にいるのが難しいと思える状況に陥ります。

しかし、全てを知って尚、惹かれ合う事で、二人の絆が本物である事は間違いないです。

それは、主人公を見守っていた人には分かっています。

フィナーレ

元の世界に戻った主人公は、立場を全うする事になります。

背負っている責任から逃れる事は出来ないのです。

ですが、元の世界に戻った主人公には、意外な再会が待っています。

異国で出会った真の絆で結ばれた相棒が、主人公の本当の幸せを願うが故に、主人公の住む世界へと会いに来てくれるのです。

そうして、主人公は本当に欲しかった物を手に入れ、国を飛び出す前よりも、ずっと良い日常を手に入れ、物語は感動のフィナーレを迎えます。

まとめ

以上、異国での運命の出会い物語とは、主人公が、自由を求めて異国を旅する中で、運命の相手と出会い、真の絆を結んだ状態で、国に帰り、より良い締め括りで旅を終える物語と言う事でした。

この形式の物語のポイントは、やっぱり身分差のある二人が徐々に惹かれ合う描写でしょう。

主なテーマは身分差の恋愛物ですが「ロミオとジュリエット」ほど主人公が所属する社会から強い反発を受ける事も無い為、ライトに楽しめる点も良いポイントですね。

この記事が好きな作品探しや、この形式の物語を作る時の参考になればと思います。

必須要素

変わり者

  • 図太いメンタルの主人公
  • 変化する行動or見た目or名前
  • 主人公を脅威に感じる存在
  • 変わり者で無ければ解決できない問題

相棒

  • 揃って初めて完全となる主人公と相棒の二人
  • 相棒と近づかせ、同時に対立させる事情
  • 二人でないと解決出来ない問題

「異国での運命の出会い物語」該当作品

地道に追加、修正予定。

※他の形式の物語も知りたい場合は、物語カテゴリーをご覧ください。

※アイキャッチはヒューマンピクトグラム2.0様より使わせて頂いています。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください