「復讐劇」作品特集【さ行】

悪に罪を償わせる物語

「復讐劇」作品特集【あ・か行】の続き。

サイレントヒル(1999)

<ストーリー>
最愛の娘・シャロンが、悪夢にうなされて叫ぶ「サイレントヒル…」という奇妙な言葉。母親のローズはその謎を解くため、ウェストバージニア州に実在する街・サイレントヒルを訪ねることにする。しかしまったくひと気がなく、深い霧に覆われたその街は、一度足を踏み入れたら抜け出すことのできない呪われた迷宮だった。そこで失踪してまったシャロンの身を案じるローズは、おそるおそるサイレントヒルを探索するうちに想像を絶する恐怖に見舞われていく…。

さまよう刃(2004)

<内容>
最愛の人が奪われたとき、あなたはどうしますか?人気作家・東野圭吾の150万部突破の同名ベストセラー小説の映画化。少年犯罪によって奪われた最愛の娘。犯人は少年法により保護され、遺族には永遠の絶望が残される。残酷な犯罪を続ける少年犯。彼らは‘少年法’に保護されている。復讐が何も解決しない虚しい行為だと分かっていながら、父親の長峰は自ら犯人を追う。そして、長峰を追う2人の刑事。綾部孝史と真野信一。被害者の絶望は、永遠に消えない。そして、少年たちは犯した罪と同等の刑を受けることはない。法律を守る、という建前の正義を優先する警察組織に、不条理さを感じる刑事たち。それぞれが苦悩しながら、この事件は予想外の結末を迎える。

サユリ(2010)

<ストーリー>

この家に住んでた人って…どんな人だったの…? 夢の一戸建てマイホームへと引っ越した神木家。しかし、家族7人揃ってのありふれた幸せを満喫する間もなく次々と不幸で不気味な出来事がこの一家にふりかかる…。鬼才・押切蓮介の超絶ホラー、開幕――。

ジェーン(2016)

<ストーリー>

アメリカ西部で夫と娘とともに穏やかに暮らしていたジェーン。しかしある日、夫が撃たれ、逃げ帰って来たことでその平穏は奪われてしまう。相手は悪名高きビショップ一家。地の果てまで追い続け、全てを奪い去るビショップの恐ろしさを知るジェーンは、瀕死の夫と愛する娘を守るため、わらにもすがる思いから南北戦争の英雄でかつての恋人・ダンに助けを求める。迫る敵を前に、徐々に明らかになるそれぞれの過去、そして人生の真実。 運命に抗い、戦うことを決意したジェーン。彼女は今、愛のために銃を取るーー。

シグルイ(2003)

<ストーリー>

江戸時代初頭、天下の法に反して駿河城内で挙行された真剣御前試合で対峙したのは、片腕の若武者と盲目の天才剣士だった!! 残酷無惨時代劇!!

地獄少女 シリーズ(2006)

<ストーリー>
午前0時にだけアクセスできる「地獄通信」。ここに晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に堕としてくれる…。子供たちの間で広がった都市伝説のような噂だったが実は本当の事だったのだ。彼女の名前は、閻魔あい。普段は目立たない少女が怨みの感情に共鳴した時、彼女は地獄少女に変身する!…だがそこには伝説には語られていない、少女との契約があった。「人を呪わば穴二つ、相手を地獄に送る代わりにあなたの魂も死後地獄に行く事になるわ、それでもいいの?」

シャッターアイランド(2010)

<ストーリー>

精神を病んだ犯罪者だけを収容し、四方八方を海に囲まれた「閉ざされた島(シャッター アイランド)」から一人の女が姿を消した。事件の捜査に訪れた連邦保安官テディがたどり着く驚愕の事実とは!

重力ピエロ(2003)

<ストーリー>
遺伝子研究をする兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・春。そして、優しい父と美しい母。平穏に、陽気に過ごすこの家族には、辛い過去があった。兄弟が大人になった時、事件は始まる。謎の連続放火事件と、火事を予見するような謎の落書きの出現。落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。春を付け回す謎の美女と、突然街に帰ってきた男・・・。すべての謎が解けたとき、家族の“謎”が明らかになる―

ジュリアス・シーザー(1599)

<ストーリー>

紀元前44年、シーザーが凱旋。彼に忠誠を誓うのは陸軍隊長アントニーだった。政権をめぐる抗争が激化し、シーザー打倒を目指す共和派のカシアスは民衆に人気のブルータスを利用しようと画策。ブルータスはシーザー暗殺を決意するが…。

職業殺し屋(2000)

<内容>

エロスと暴力の間にある真実とは!? 凶暴な殺し屋たちが持つ凄絶な過去とは!? 全てが怖く美しいストーリー。漫画表現の限界に挑む衝撃作、ここに登場!!

ジョン・ウィック シリーズ(2014)

<ストーリー>

裏社会に語り継がれる一騎当千・伝説の殺し屋ジョン・ウィック。愛を知り、表の世界へと足を洗い平穏な日々を送っていた彼は、ある日、不運にも彼の愛するもの全てをマフィアに奪われてしまう。怒りに震え、心の奥底に封じ込めた”殺し屋の魂”を解き放ち、復讐のために独り立ち上がる。

シン・シティ シリーズ(1991)

<ストーリー>
犯罪以外は何もない“罪の街=シン・シティ”。救いなどなかったはずのシティで、その夜、3人の男が絶滅したはずの愛と出会う。屈強な肉体と醜い傷跡のせいで、誰もそばに近づこうとしない前科者マーヴ。過去を捨て、娼婦街の自警者となって夜をさまようドワイト。凶悪な幼女連続殺人犯を追って、引退の夜を迎えたシン・シティ最後の正義、ハーディガン刑事。それぞれにワケありの過去を抱えながらシティの片隅に生きてきた男たちは、自分に愛を与えてくれた女のために、邪悪な悪の権力との命懸けの戦いに身を投じてゆく。

親切なクムジャさん(2005)

<ストーリー>
娘を人質に取られ、無実の罪で服役したクムジャは13年の刑期を終えて、自分を陥れた男を捜し始める。服役中、誰に対しても優しく穏やかだった彼女は「親切なクムジャさん」と慕われていた。先に出所した仲間の協力を得て、娘を取り戻した彼女はついに男を手中に収めるが、更なる事実を知ったクムジャはある行動に出る。「親切なクムジャさん」の本領発揮は、そこからが始まりだった…。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(1979)

<ストーリー>
舞台は19世紀の英国ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを――。

スティング(1974)

<内容>

最優秀作品賞を含むアカデミー賞7賞受賞した作品。1930年代シカゴを舞台にポール・ニューマンとロバート・レッドフォード2人の詐欺師を演じる。マフィアに仲間を殺害され、究極の詐欺を企てる2人。、ストーリーは二転三転し、誰一人も信用してはならない状況に陥り、そして驚嘆の結末へと深刻化してしまう。

絶園のテンペスト(2009)

<ストーリー>

正気と狂気、理性と知性。自信と確信。悲劇で不合理な世の中で物語は始まる―――。 “はじまりの樹”の加護を受ける魔法使いの一族・鎖部一族。その姫宮にして、最強の魔法使い鎖部葉風。彼女は“はじまりの樹”と対をなし、破壊の力を司る“絶園の樹”を復活させようとする同族の鎖部左門によって、無人島に樽に詰められて置き去りにされてしまう。 葉風が孤島から流したメッセージを、妹・愛花を殺した犯人に復讐を誓う少年・不破真広が拾う。 真広は犯人を魔法の力で見つけることを条件に、葉風に協力する。そして真広の親友で、愛花の恋人である滝川吉野は、危機を真広に助けられたことから、その復讐劇に巻き込まれることになる。

その夜の侍(2012)

<ストーリー>
小さな鉄工所を営む中村健一は五年前のひき逃げ事件で最愛の妻を亡くして以来、深い喪失感と共に虚無的な日々を過ごしている。その頃、刑期を終え出所したばかりのひき逃げ犯・木島宏の元には、”復讐決行日”までをカウントダウンする匿名の脅迫状が届くようになる。二人の男と、取り巻く周囲の者たちそれぞれが抱える孤独、葛藤、願い。そして妻の五回目の命日の夜、二人は遂に対峙する。二人の魂がぶつかり合うなか、中村が木島へと向けた刃は意外なものだった。中村の想いとは・・・。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください