「盲目×特技」系キャラクター登場作品特集

見えてないだけで強いキャラ

先天的・後天的を問わず「目が見えない」事は、ネガティブと捉えられる事の方が多い。

視力が悪ければ眼鏡やコンタクトレンズで矯正し、人によってはレーシック手術を受けたり、水晶体を削ったり、なんとかして視界を回復させようとする物だ。

実際、視界から得ている情報は膨大で、目隠しをすれば移動はおろか日常生活もままならなくなる人の方が大半だろう。

そんな重要な視覚情報を収集する人体のセンサーである「目」にダメージを負い、物理的に破壊されたり、機能を喪失したりしたら、大幅な行動制限を受ける事は間違いない。

現実では、白杖や点字、舌打ちによるエコロケーション習得、サイボーグ的な機械補助や、眼球や網膜等の移植によって、視覚に代わる情報や視覚情報の補完を行う事で行動の制限を減らす事が行われたりする。

だがフィクションの世界では、その視覚を補ったり、視覚に左右されない持ち前の特技によって、時におつりがくるほどの能力を会得するキャラクターが登場する。

この記事では、そんなキャラクターが登場する作品を紹介していく。

座頭市(1948)

子母澤寛が1948年に雑誌「小説と読物」へ連載した掌編連作「ふところ手帖」の1篇「座頭市物語」が原作。

1962年から勝新太郎主演の映画シリーズが制作され、後に2003年の北野武によるリメイクを始め、何度も映像化された。

盲目の剣士が活躍するアクション時代劇。

死が二人を分かつまで(2005)

<内容>

視力を失った男と、未来を見通す少女。暗闇に閉ざされた世界の中で、この出逢いが唯一の希望(ひかり)だった――。『スプリガン』のたかしげ宙&コミック界の超新星DOUBLE-S、最強タッグが贈るロマンティック・ハードアクション!!

主人公の土方 護が古流剣術の達人。

視力を負傷で失っているが、周囲に超音波を発しその音響データを網膜に投影する特殊サングラスによって周囲を認識している。

シグルイ(2003)

<ストーリー>

江戸時代初頭、天下の法に反して駿河城内で挙行された真剣御前試合で対峙したのは、片腕の若武者と盲目の天才剣士だった!! 残酷無惨時代劇!

影の主人公とでも呼ぶべき登場人物「伊良子清玄」が、全盲の剣士。

元は目が見えていたが、異常な出世欲に突き動かされ、周囲を食い物にして来た所で、師匠である「虎眼」の愛妾「いく」との密通が露見し、仕置きとして目を潰されて盲目となり、道場を追放された。

その後、盲目の身で戦う術を磨き、復讐を実行しつつ再度、出生街道を進んでいく。

ジョジョの奇妙な冒険(1986)

<ストーリー>
時は1987年――ジョセフ・ジョースターと柱の男たちとの死闘から49年後…。ジョセフは「悪霊に取り憑かれた」という孫・空条承太郎に会うため、極東の地・日本を訪れる。そして承太郎に対し、悪霊――「幽波紋(スタンド)」が突如発現した原因を語る。

3部のスタンド「ゲブ神」の使い手「ンドゥール」と6部のスタンド「マンハッタン・トランスファー」の使い手「ジョンガリ・A」が登場する。

ちなみに、どちらもDIOの部下。

デアデビル(1964)

欲望渦巻くニューヨークのスラム街“ヘルズ・キッチン”。 幼い頃に事故で失明したマット・マードックは、残された感覚を鍛え、超人的といえる力を身につけた。 昼は盲目の弁護士として、親友と開業した法律事務所で法の下に正義を追求し、夜は覆面の男として、法では裁けない裏社会と闘う中で、街を操ろうとする強大な敵と対峙することとなる…。 自らの行動は正義なのか、それとも暴力衝動にすぎないのか? 盲目のクライムファイターが、孤独と矛盾を抱きながらも、巨悪へと迫る。

主人公のマットが盲目のヒーローデアデビルとして悪と戦う、マーベル作品。

アイアンマンやマイティーソーに比べ、基本的にリアル路線で、町に蔓延る凶悪犯罪者と戦う。

ドラッグオンドラグーン(2003)

<ストーリー>

自分の国を滅ぼされ、傭兵として生きている元王子のカイム。ある日、戦いで傷ついたカイムの目の前に、1匹の瀕死のレッドドラゴンが横たわっていた。カイムとドラゴン、彼らが助かる道はお互いの「契約」であった。そしてドラゴンとカイムは助け合いながら運命に翻弄されながら生きていくのである。

仲間の一人、妖精と契約した代償に視覚を失ったレオナールが登場する。

この世界のモンスターや精霊等との契約は、大事な物を犠牲にする必要がある。

主人公のカイムは歌を愛していた為に舌を封印されて声を失い、仲間の一人アリオーシュは愛していた子供を失ったから契約の際は二度と子供を作れない様に子宮を封印され、セエレは時を封印されて成長が止められていた。

レオナールは、帝国軍に殺された幼い弟達を生前、邪な目で見ていた事で、二度と幼い男児に邪な視線を向けられない様に眼球を封印されると言うPS2用ゲームの中では類を見ない設定のキャラだ。

そんな十字架を背負ってる設定なので、セエレ(6歳)にレオナールが優しいのをプレイヤーとして見守るのも複雑な気持ちになるだろう。

ドント・ブリーズ(2016)

<ストーリー>
街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。だが、老人は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰める。明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図るが……。

全盲の老人ノーマン・ノードストロームの家に強盗に入ったら、老人がイラク帰りで超強かったって話。

HUNTER×HUNTER/ハンターハンター(1998)

<ストーリー>
くじら島で暮らす少年・ゴンの夢は、幼い頃に別れた父と同じ「ハンター」になること。 世界中に散らばる、財宝、秘宝、珍品、珍獣……「未知」への挑戦に命を賭けるプロハンターになる決意を胸に旅立つゴンは、同じハンター試験合格を目指す受験者のクラピカ、レオリオ、キルアと出会う。超難関で知られるハンター試験を見事突破し、「世界一のハンター」になれるのか!? ゴンの奇想天外、壮大苛烈な冒険の旅が、今始まる!!

キメラアント編のキーキャラクターである女性コムギが全盲で、盤上競技「軍儀」の名人だった事が切欠でキメラアントの王メルエムと心を通わせるようになる。

ブラインド・フュ-リ-(1989)

<内容>

ベトナム戦争で視力を失ったニックは助けられた村人の元で刀の達人となり、20年ぶりにアメリカに帰国。かつての戦友フランクを訪ねるが、彼は麻薬組織に捕らわれていた。長剣のみを武器に、ニックは再び戦いに身を投じるのであった。「座頭市」をアメリカ版にアレンジした、傑作アクション!

るろうに剣心(1994)

<ストーリー>

不殺を誓う流浪人、緋村剣心は明治11年、東京で神谷薫と出会う。ニセ抜刀斎事件が縁で神谷道場に居候することになったが、御庭番衆や刃衛など幕末を生きた修羅たちが次々と剣心に襲いかかり…!?

志々雄真実編に登場する精鋭部隊「十本刀」の一人、魚沼宇水が琉球王家秘伝の武術の使い手で「心眼」と呼ぶ超聴覚によって相手の心音や骨や筋肉、周囲の空気の音等を聞いて周囲を把握して戦う。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください