「毒ガス、ウィルス」を武器にするヤバいキャラクターが登場する作品を紹介!

無差別範囲攻撃の恐ろしさ

現実で最も武器が使われる状況は、戦争だ。

国同士が敵対国を攻撃する外交手段である戦争では、国の外交手段である以上、昔から一応のルールが存在する。

その中に存在するルールには「使用武器の制限」があり、これを破ると国の内外から非難を浴びる事となる。

実際に制限されている通常武器には、2020年現在

  • 400グラム未満の爆発性弾丸(1868年に禁止、理由は威力が過剰な為)
  • ホローポイント弾(ダムダム弾)(1899年に被弾時の分裂・変形による被害がヤバいと禁止になった)
  • 気象兵器(地震や台風を意図的に発生させる事)(1978年に禁止)
  • 対人地雷(1980年に制限、1999年に禁止、戦後も残って危険な為)
  • 焼夷兵器(焼夷弾、ナパーム弾、白りん弾、火炎瓶、火炎放射器)(1983年に、非戦闘員に被害が出る場所での使用制限)
  • レーザーによる目潰し(1998年から制限)
  • クラスター爆弾(2006~2008年にかけて条約が制定され禁止に。理由は不発弾が地雷化する為)

等がある。

そして、今回のテーマである毒ガス、ウィルスを指すBC兵器(バイオロジカル・ケミカル兵器)は、どちらも1925年に全面的に禁止されている。

これらの武器が禁止される主な理由は「威力過剰」「無差別範囲攻撃」「深刻な後遺症」であり、BC兵器は全てに当てはまる。

そんな武器を選択した、キャラクターが登場する作品を今回は紹介していく。

犬夜叉(1996)

霧骨が毒霧を発生させる能力を持つ。

また、ラスボス的存在である奈落が、物を溶かす瘴気を武器にする。

カードキャプターさくら(1996)

アニメオリジナルのクロウカード、ミストが触れると腐食する霧を発生させる。

ジョジョの奇妙な冒険(1987)

  • パンナコッタ・フーゴのスタンド、パープル・ヘイズの能力が殺人ウィルス
  • プロシュートの持つスタンド、ザ・グレイトフル・デッドの能力が老化ガスの散布
  • チョコラータのスタンド、グリーン・ディの能力が肉を腐らせるカビの散布

と、ジョジョ5部だけでBC兵器持ちが3人登場する。

Fate シリーズ(2004)

セミラミスが、あらゆるものに毒を付与できるアサシンとして登場。

静謐のハサンも、毒の扱いに長けたアサシンで、吐息や体臭さえ毒となって攻撃出来る。

BLEACH(2001)

涅マユリの斬魄刀、疋殺地蔵が実体化した際に周囲に毒をばらまく能力を見せている。

封神演義(1996)

呂岳(りょがく)が、宝貝・瘟㾮傘でウイルスを武器とする。

僕のヒーローアカデミア(2014)

ヴィランのマスタードが、ガスの個性を持っている。

幽遊白書(1990)

神谷実が念によって致死性ウィルスを生み出して武器にする。

ワンピース(1997)

首領クリークは、猛毒ガス弾“M・H・5(エム・エイチ・ファイブ)”を所持している。

マゼランはドクドクの実の能力で、毒雲を発生させる事が出来る。

シーザー・クラウンはガスガスの実の能力で、毒ガスを操れ、自身もガス状に変化できる。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください