シナリオの書き方「正義の盗賊物語」の脚本構造を紹介!悪から盗めば正義?

「正義の盗賊物語」とは?

ここでは「正義の盗賊」をテーマにした物語を解説します。

日本で馴染み深い代表作は「ルパン3世」等です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「使命を果たす為、禁忌を破物語」となります。

解説

正義の盗賊?

まず「正義の盗賊物語」とは、どの様な物語を指すのか?

この記事では「裁かれる事の無い悪者から、価値ある物を奪う事で成敗する物語」として解説していきます。 

主人公は泥棒

この形式の物語の主人公は、大抵の場合は「泥棒」です。

泥棒でない場合でも、泥棒に使える特技を持っています。

作品内世界では既に有名だったり、その業界では名が知れた存在です。

既に、何か大きな仕事をこなした経験があったり、圧倒的な実力をこれまでの人生で手に入れています。

ただし、主人公自身も実力者ですが、主人公一人では大きな計画を実行する事はできません。

特別な能力を持っていたり、凄い特技を持った同レベルの味方がいて、これが主人公にとって最大の武器となります。

当然ですが、表の世界では一般人に紛れています。

盗みへの誘い

物語が始まると、事件が起きます。

それは、大仕事への誘いです。

 宝を持つ悪者や、悪者が狙う宝の情報が、主人公にもたらされます。

宝を持つ資格がない者、宝を持っていると危険な者の手に、宝を置いておけません。

悪者よりも、主人公と仲間達の方が、宝のあるべき正しい場所を理解しています。

どうやって盗むか、計画

主人公達が盗もうとしている物は、厳重な警戒態勢の中で守られていたり、とても盗みにくい場所にあったりします。

なので、まずは計画です。

侵入ルート、逃走ルート、建物の図面、警備の配置、監視カメラの配置、監視カメラの無効化、赤外線センサー攻略、感圧床、温度計、通風孔、ダクト、鍵、金庫、等々、攻略対象は沢山あり、その全てを要領良く突破する必要があり、それには下準備は必須です。

どうやって盗むか、準備

計画を立てたら、次は入念な準備です。

必要な道具、技能を持つ仲間の招集、予行演習、下見、あらゆる準備を行い、計画が破綻していないかの確認も含め、準備万端にしておきます。

計画開始

いよいよ、プロフェッショナル達の仕事の時間です。

計画と準備は、整っています。

計画通りにいけば、楽勝で盗み出せる筈。

アクシデント発生

ところが、計画通りに事は運びません。

入念な計画と準備によって、順調かに見えた大作戦に、思わぬトラブルが発生します。

金庫がより頑丈な物に変わっている、警察に取り囲まれる、事故が起きる、裏切りが発生する、道具が故障する、仲間の一人が捕まってしまう、等々。

また、敵が完全に臨戦態勢になり、主人公達の妨害を始めます。

計画破綻寸前

計画自体に暗雲が立ち込める中、主人公達は引き返す事は出来ません。

作戦が動き始めたら、なんとしてもやり通さなければ失う物の方が遥かに大きいのです。

プランB

主人公達は機転とスキルで、ギリギリ危機を突破していきます。

仲間で連携してのアクシデントへの対処能力の高さこそが、主人公達のチーム最大の強みです。

計画に無いし、準備もしていないが、既にある物やその場の物を使って問題を解決する事で、宝へ手が届きます。 

最終決戦

主人公達は、悪者と相対します。

警備、警察、特殊部隊や悪者の手下が宝を奪い返そうと攻撃してきますが、彼らを倒す事が目的ではなく、宝を奪う事が目的なので、別に倒す必要はありません。

一応事前の計画には逃走までしっかり入っている為、主人公達の勝利条件は逃走確定の状態に持っていくことです。

フィナーレ

追っ手をまいたり、追跡不可能な状態に陥らせたり、警察に捕まったフリをして警察が仲間だったり。

主人公達が悪者の手が届かない状態になり、勝利が確定します。

時には、悪者の悪事を暴露して刑務所に送ったり、財産を奪って力を奪ったりする事で追跡不可能な状態にする事で、主人公達は安泰となります。

大仕事をやり切った主人公達は分け前を分配し、それぞれの生活に戻っていき、物語はフィナーレを迎えます。

まとめ

以上、大泥棒の主人公が、悪から宝を奪う事で結果的に成敗する物語と言う事でした。

この形式の物語のポイントは、主人公を含めた仲間達の活躍するパートにあります。

計画、準備、実行、そしてアクシデントで、全員が活躍することで輝きを放ち、キャラクターとしての魅力を遺憾なく発揮できます。

なので、厳選されたメンバーのみのチームを組む事で、無駄なくキャラクター運用をする事が重要となります。

「オーシャンズシリーズ」「グランドイリュージョンシリーズ」等、無駄のない専門家集団ですよね?

この記事が好きな作品探しや、この形式の物語を作る時の参考になればと思います。

必須要素

スーパーヒーロー

  • 弱点や制限
  • ヒーローとしての名前
  • 守るべき相手
  • 倒すべき相手、解決すべき問題

タブー破り

  • その社会での禁忌
  • 禁忌を破らないと満足出来ない主人公と仲間
  • 禁忌を破った代償

「世直し物語」該当作品

※地道に追加、修正予定。

他の形式の物語も知りたい場合は、物語カテゴリーをご覧ください。

※アイキャッチはヒューマンピクトグラム2.0様より使わせて頂いています。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください