「自動車」モチーフ作品特集

Contents hide
1 自動車の魅せる世界

自動車の魅せる世界

1769年に、フランス陸軍の技術大尉ニコラ=ジョゼフ・キュニョーが製作した「キュニョーの砲車」と呼ばれる蒸気自動車の発明から幕を開けたと言われる自動車の歴史(自動車事故の歴史も同時で、時速3㎞しか出ないのに塀に激突してしまったとか)。

1870年には、ユダヤ系オーストリア人のジークフリート・マルクスによって「第一マルクスカー」と呼ばれる、世界初のガソリン車が登場。

歴史を重ね、自動車は動力や材料を変え、機能を増やし、現在も年々高性能化をして行っている。

ステータスやロマン、あるいは日常の一部となった自動車。

この記事では、そんな「自動車」をモチーフとした作品を紹介していく。

アウトバーン(2015)

<ストーリー>

愛か巨悪か、勝利はどちらの手に――話題作に次々と出演しているニコラス・ホルト待望の主演最新作! アメリカで天才自動車泥棒として暗躍していたケイシーはドイツ・ケルンに渡り、マフィアのもとで働いていた。そんな時に偶然クラブで出会ったジュリエットと恋に落ち、病気の彼女を救うため大きな賭けに出る。その計画は実業家にして麻薬王のハーゲン・カールから大量の麻薬が積まれたトラックを奪うというものだった。簡単で、稼げると思われたこのミッションはジュリエットが人質にとられたことで、絶体絶命の状況に――


天晴爛漫!(2020)

<ストーリー>

19世紀が終わりを告げ、20世紀の幕が上がろうとしている時代・・・天才だが社交性0のエンジニア『空乃天晴』と、凄腕だが臆病な侍『一色小雨』はある事故で日本からアメリカに漂流してしまう。無一文の二人が日本へ帰るために選んだ方法は、「アメリカ大陸横断レース」に参加すること。スタートは西海岸ロサンゼルス、ゴールはニューヨーク。自作の蒸気自動車で荒野を駆け抜け、クレイジーなライバルと競い合い、アウトローや大自然から身を守り・・・果たして二人は過酷なレースに優勝し、賞金を手に入れ故郷へ帰ることができるのか!?

頭文字D/イニシャルD(1995)

<ストーリー>

群馬県の県立高校に通う拓海(たくみ)は車についての知識なんてほとんどない普通のとうふ屋の息子。ある日、拓海は親友の樹(イツキ)と共に、バイト先の先輩である池谷(いけたに)の走り屋チーム・秋名スピードスターズの走りを見に行くことに……。するとそこに赤城最速といわれる高橋兄弟が率いるチーム・赤城レッドサンズが現れ、秋名スピードスターズに挑戦を申し込んできた!! 地元で負けるわけにはいかないと燃える池谷だったが……!?

ウィーリー ヒロイン救出大作戦!!(2020)

<ストーリー>

元レーサーのウィーリーは、レース中の事故で再起不能となってしまい、いまはタクシー運転手。そんなウィーリーのそばには、いつもスクーターのパットパットがいた。実は、彼が事故の原因を作ってしまい、ずっとウィーリーを気にかけていた。ある日、違法レースに巻き込まれたウィーリーは、偶然に女優ベラの撮影現場で彼女の危機を救う。彼女に一目ぼれしてしまうウィーリー。後日、騒動の際にベラの携帯電話が車内に残されていた事に気付く。彼女に会いたい一心で電話を返却しようと、彼女が出席するパーティーへ忍び込み、何とか再会を果たすが、世界が違い過ぎてウィーリーはつまみ出されてしまう。一方、会場外では、謎の自動車誘拐団が身を潜めベラの誘拐を企んでいた。そんなある日、ついに事件が勃発、ベラが誘拐されてしまう!ウィーリーは、パットパットに力を借りて、独りでベラの救出へ立ち向かうのだが…。

栄光への5000キロ(1969)

<ストーリー>

世界中を渡り歩きながらレースに参戦している五代高之(石原裕次郎)。モンテカルロ・ラリーに参加するが、途中クラッシュしてしまいナビゲーターを亡くす。車のメカニックを担当していたケニア人・ジュマは整備不良が事故の原因であると自らを責め、チームから忽然と姿を消してしまった。五代を看病してくれていた恋人の優子(浅丘ルリ子)もまた、彼のもとから去ろうとしていた。五代にとって、自動車レースこそが最大の生き甲斐だった。富士スピードウェイ・日本グランプリも優勝を逃してしまった五代に、日産自動車常務の高瀬(三船敏郎)からの打診でサファリ・ラリーへの参加を決意。レース直前、行方不明となっていたジュマと再会した五代は彼をナビゲーターに指名しラリーに挑む。ゴール地点にはパリに向かったはずの優子の姿があった。

エクスドライバー(2000)

<ストーリー>

そう遠くない未来……。街を走るのは全てAIカー(人工知能搭載車)。人々はすでに“運転”を忘れ、ガソリン車をドライブするのは特別な技術者だけになっていた――。榊野理沙は、直情型でいきおい感情にまかせた行動の多いタイプで、かなり強引な運転をする女の子だ。遠藤ローナはおっとり&じっくりほや~んとしたお嬢様だが、ステアリングをにぎると、その判断は迅速な女の子。菅野走一は、飛び級して理沙たちの高校に入学してしまうほどの頭脳の持ち主だが、お子様特有の根拠の無い自信を持っている。エクスドライバーである理沙、ローナ、走一の3人は、暴走してしまったAIカーを無事故で止めるために今日も活躍する!!

OVER DRIVE(2018)

<ストーリー>

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気な走りを続ける。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。そんなある日、直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

オーバーレブ!(2001)

<ストーリー>

有望な陸上選手だった高校3年の涼子は、ケガで陸上を断念するが佐和子のドリフトに感動し、走りの世界に魅せられ念願のMR2を手に入れる。しかし仲間たちが「ノーマルの狼」の改造車狩りに遭い、涼子も惨敗しMR2は廃車寸前となる。仲間たちの手で復活したMR2で再選を挑むが…。

ガクドリ(2011)

<ストーリー>

赤城山大学に通うマサキは、赤大自動車部のOGで、バリバリのドリフター菜々子に近づくため、自動車部への入部を決める。しかしドリフトどころか自動車のこともわからないマサキは、次第に自分でも知らなかったドリフトの才能に目覚めていく。金持ち学生・速水は、車に金をかけ放題だがドリフトの腕はいまいち。しかしある事故をきっかけに、車に興味を抱き始めた頃の、キラキラした感情を取り戻す。女子大生・莉香は、筋金入りのドリギャル。ドリギャル仲間とともにキャバクラでアルバイト。すべては女にしかできないドリフトをするため!そんな彼らが目指すのが「学ドリ」――すべては全日本学生ドリフト王座決定戦へとつながってゆく!

カーズ シリーズ(2006)

<ストーリー>

感動のストーリー、楽しいキャラクター、抜群のスピード感が満載!個性あふれるクルマたちの友情と冒険の感動作!

彼女のカレラ シリーズ(2004)

<ストーリー>

ドイツへの長期出張から戻り、WEB系新雑誌の編集長に抜擢された轟麗菜。その雑誌の新コーナーの取材で出会った声優・姫小路優香に、愛車・ポルシェ946RSに乗せてほしいと頼まれた麗菜は、何やら訳ありげな優香とドライブに出かけるが…!? 麻宮騎亜のライフワーク「彼女のカレラ」最新シリーズ、待望の単行本化!!

仮面ライダードライブ(2015)

<ストーリー>

すべての人とすべての物質が静止したようになる現象『重加速』が世界中で同時多発的に勃発した!後に“グローバルフリーズ”と名付けられた大事件は徒党を組んだロイミュードという人工生命体が引き起こした人類に対するテロ、破壊活動だった。それから半年後。グローバルフリーズで悲劇を経験した刑事・泊進ノ介は『重加速』に対応するために 警視庁が設置した新部署・特殊状況下事件捜査課(通称:特状課)で日々ダラダラと時間を過ごしていた。自分を「やる気のないただの腑抜け」と言い切る進ノ介。しかし、その前に言葉をしゃべる車が現れさらに『重加速』を伴った殺人未遂事件が発生して―――。

キャノンボール(1981)

<ストーリー>

世界各国の有名トップスターが総出演!オキテ破りの豪快大陸横断スピードラリー アメリカ大陸を史上最速でブッちぎれ!熱狂と興奮のブッグイベント”キャノンボール” 東海岸を出発し、西海岸のカリフォルニアまで5000キロを走破する公道レース”キャノンボール”。ルール無用、妨害自由。型破り協議の参加者は、救急車を調達して警察の追跡をかわすタフガイJJ、007気取りの富豪シーモア、ハイテク搭載車を操る東洋人コンビら、最高にクレイジーなやつら。混戦必至のレースを頭脳と戦略、幸運で見事に制して、勝者の栄光をつかむのは誰だ? 豪華キャストが見せる軽妙な掛け合いと、名車の数々が画面狭しと爆走する豪快なレースシーンが最大の魅力。見せ場がギッシリ詰まった底抜けに陽気な超一級娯楽大作。

グラン・トリノ(2008)

<ストーリー>

朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工として勤め上げたウォルト・コワルスキーには、引退後の日常も近所の変わり様も、すべてが面白くない。中でも気に食わないのが、東南アジアからの移民であるモン族の隣人たちだ。しかしある事件が起こり、ウォルトは図らずも暴力と脅しを生業とする地元のギャングから彼らを守ることになる。

グラン・プリ(1966)

<ストーリー>

F1ドライバーたちが頂点を目指してしのぎを削る、スピード感とスケール感とヒューマンドラマが織りなす、本格派カーアクション。

グレートレース(1965)

<ストーリー>

20世紀初頭、ニューヨーク・パリ間の自動車大レース。互いにライバル意識に燃えるレズリーとフェイト.ジョシュのマックスとあの手この手の悪知恵をはたらかすフェイトだが、男まさりの新聞記者マギーの登場で、話はますますややこしくなる。アラスカ、シベリアそしてややこしいカルバニア王国を経て、一路パリへむかう彼ら。勝利の女神はどっちに微笑む?

激走戦隊カーレンジャー(1997)

<ストーリー>

宇宙暴走族ボーゾックに滅ぼされたハザード星のダップは、ボーゾックの次の標的がチーキュ(地球)であると突き止め急行。自動車会社ペガサスに勤める5人の若者に、不思議な力・クルマジックパワーを授けた。5人は激走戦隊カーレンジャーとして宇宙の平和を守るため、ボーゾックに立ち向かってゆく。

激突!(1973)

<ストーリー>

スティーヴン・スピルバーグが監督、ある運転手が恐ろしいトラックに命を脅かされるスピード感あふれるスリラー。スピルバーグ監督の長編デビュー作は、観客の心をつかむアクション満載のストーリー。この作品から彼の映画監督人生が始まった。なぜか標的となり、命を懸けた凄まじいバトルを繰り広げることになるセールスマンをデニス・ウィーヴァーが演じる。

激突!2015(2015)

<ストーリー>

親友同士のエミリーとレスリーは日常の嫌なことから逃れるため、気分転換の車旅をする。旅行中、混雑する高速道路を避けて、砂漠の道に入った時に、地獄の扉は開かれる。猫とネズミの追いかけっこのように一台の不気味なトラックが彼女たちの乗った車を追いかけ始めたとき、彼女たちの悪夢は始まるのだった…。

建設チーム(2017)

<ストーリー>

ダンプトラックのイーサン、ショベルカーのエドガー、クレーン車のチャーリーが、建設チームのメンバーです! カーシティに建設プロジェクトがあると、必ず頼りになります! エドガー、イーサン、チャーリーはいつも喜んでこの美しい町をより美しくしてくれます。

COP CAR/コップ・カー(2015)

<ストーリー>

家出中の少年ふたりが、荒野で偶然みつけた一台のパトカー。悪戯に車を走らせはしゃぐふたりだが、それは絶対に手を出してはいけないパトカーだった……。彼らがトランクの中身に気づいたとき、謎の悪徳保安官(ケヴィン・ベーコン)による恐ろしい追跡劇が幕を開ける!

サーキットの狼(1977)

<ストーリー>

矢田部モータースという自動車工場に働く裕矢は、休日にはいつもレース場に出かけていた。裕矢はスタントレースに優勝したことを契機にあらゆるレースに出場し、着々と賞金を稼いでいた。姉のローザは彼の無謀な挑戦を制止するが、それも無駄な努力だった。裕矢は、ロータスの技術者でレース中の不慮の事故によりこの世を去った父が達成できなかった全てを引き継ごうとしていたのだ。裕矢は稼いだ賞金で念願のロータス・ヨーロッパを手に入れると、暴走族グループに次々と勝負を挑み、勝利するごとに星のマークを愛車に刻み込んでいく。そんな彼はいつしか“ロータスの狼”と呼ばれていた。やがて裕矢の前に、ポルシェを操るナチス軍の総統・早瀬左近やパトカーのフェアレディ240Zに乗る警官・沖田といった強敵が現れる。沖田は交通事故で亡くなった裕矢の母親の秘密を握っていた。

新世紀GPX サイバーフォーミュラ シリーズ(1991)

<ストーリー>

最先端テクノロジーを取り込んだマシンで競う「サイバーフォーミュラ」。サイバーシステム開発者を父に持つ風見ハヤトは、ニューマシン・アスラーダのドライバーに登録され、過酷なサイバーフォーミュラに参戦する。チームメイトたちやアスラーダとレースを重ねるハヤトは、レーサーとしてひとりの男として成長していく。

スクランブル(2016)

<ストーリー>

高級クラシックカー専門の世界一の強盗団、フォスター兄弟。今回はオークション会場から搬出された世界に2台の37年型ブガッティを奪うはずだった。しかし、落札したのが残忍なマフィアのモリエールだったために、兄弟は囚われの身に。命が助かる条件は、敵対するマフィアのクレンプが所有する62年型フェラーリ250GTOを1週間で盗むこと。兄アンドリューの恋人で一流ハッカーのステファニー、指名手配中の天才スリの美女、火薬を自在に操る爆弾オタクら寄せ集めチームで、犯罪史上最大の強奪作戦に挑むはずが、インターポールに追われ、ステファニーを人質に取られ、挙句の果てにはクレンプに計画を知られてしまう。だが、実はピンチさえも兄弟の<計画>だった――!?

素敵な選TAXI(2014)

<ストーリー>

人生は選択の連続であり、一度選んだら後戻りはできないもの。『あの時、ちがう道を選んでいれば…』 誰しも、もう1度やり直したいと後悔することがあるはず。そんな人間の願いを叶えてくれるのが、『選TAXI』!! 過去に戻れる不思議なタクシー運転手と、さまざまな乗客をめぐるスリルと笑いあふれる“人生”再生エンターテインメント! クールな外見に似合わず、話し好きでおせっかいな運転手・枝分が、さまざまな事情を抱えた乗客を『選TAXI』で、戻りたい“過去の人生の分岐点”に運んでくれる。 人生の選択をやり直すチャンスを手に入れた乗客たちが最後に選ぶ選択肢とは果たして…?

スノー・ロワイヤル(2019)

<ストーリー>

雪の町キーホーで模範市民賞を受賞するほどの真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマン。ある日、一人息子が麻薬の過剰摂取に偽装されて地元の麻薬王バイキングの組織に殺されてしまう。裏で組織が糸を引いていることに気付いたネルズは、ある時は素手で、ある時は銃で、ある時は除雪車で、一人また一人と敵を殺していく。しかし、敵対するネイティブアメリカン麻薬組織の仕業と勘違いしたバイキングはネイティブ組織を襲撃。相手もその報復に出る。静かな田舎町で起きた久々の事件に、地元警察はテンション上がりっぱなし。ネルズの戦いは、全く思いもよらない方向へと進んでいくのだった・・・。

スピード・スティール(2019)

<ストーリー>

昼間はシステムエンジニア、夜は車泥棒を働くマイキー。ある日、1965年製造のシェルビー・コブラを盗んだが、持ち主が警察であることが分かると彼の人生は一転し始める。今までの悪事が全てばれ、刑務所へ入れられる事になる。そこである提案を警察側からされる。それは、国際的密輸組織に潜入し調査する事。マイキーは、密輸組織のリーダー チャーリーと接触しシステムエンジニアの技術を使い、車のコンピューターをハッキングするなどの能力を披露。チャーリーはマイキーを気に入り仲間へと向かい入れる。密輸組織のメンバーサミーは、突然組織に現れたマイキーを疑い始める-

空飛ぶタイヤ(2005)

<ストーリー>

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”―。果たしてそれは事故なのか、事件なのか。

タイニートラック(2017)

<ストーリー>

クレーン車のチャーリー、ブルドーザーのビリー、ショベルカーのエドは有能なタイニートラックです。小さくて賢い建設用トラックたちが、面白い遊び場やアトラクションを組み立てます。アイスクリームトラック、巨大なスライド、消防車などです。タイニートラックたちと遊ぼう。

TAXi シリーズ(1998)

<ストーリー>

スピード狂のタクシー運転手ダニエルは、スピード違反を見逃してもらう代わりに、8回も運転免許試験に落ちているマヌケな新米刑事エミリアンと、ベンツに乗って銀行襲撃を繰り返しているドイツ人強盗団”メルセデス”を壊滅させる手助けをすることに。2人はチューンナップされたプジョー406に乗り込んで、時速250kmの猛スピードで派手なカーチェイスを繰り広げる。マルセイユを駆け抜ける彼らは遂に一味を追いつめるが・・・。


タクシー運転手 ~約束は海を越えて~(2017)

<ストーリー>

ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

デイズ・オブ・サンダー(1990)

<ストーリー>

雷のような衝撃!勝利者はこの映画だ!” - ジョエル・シーゲル、WABC-TV/ニューヨーク エ ンジンの轟音に興奮と熱気。「デイズ・オブ・サンダー」は、これまで映画に描かれたことのない最高のレースアクションを作り上げた。 トム・クルーズが演じるのは、才能と野心にあふれ勝利への執念に燃えるドライバー、コール・トリックル。実業家ティム・ダランド(ランディ・クエイド)によって発掘されたコール(トム・クルーズ)は、デイトナ500のウィンストン杯を目指し、かつての伝説的な名レーサー、ハリー・ホッジ(アカデミー賞®受賞俳優 ロバート・デュバル)のチームに入る。 コールは激しいクラッシュで、危うく再起不能になりかけた。 だが、美しい医者(二コール・キッドマン)のおかげで回復を果たす。そしてレースに必要な、勝つための、そして生きるための、本当の勇気を取り戻すのである。

チェイサー(2019)

<ストーリー>

アカデミー女優ハル・ベリー主演!息子と公園にやってきたシングルマザーのカーラ。彼女はいつの間にか息子を見失ってしまう。その後、見知らぬ男に車に押し込められる息子の姿を発見し、カーラは追跡を開始することに。犯人からの攻撃をかわしながら決死のカーチェイスを繰り広げる。

追撃車(2014)

<ストーリー>

トレーラーを牽引している車ではスピードが出ず、後続車に追い抜くよう促していたマリン。しかしある時を境に、幾度となく後ろにつける車がどれも同じ車だと気づいた時、彼女は不穏な空気を感じ始めるのだった。やがて助けも呼べない状況に陥った時、彼女の決死のサバイバル劇が始まる!

追跡車(2013)

<ストーリー>

見知らぬ異国の地で執拗に付け狙うトラックから逃げ切れるか!?突如事件に巻き込まれた男女を描いた緊迫のサスペンス・アクション!休暇を過ごすために恋人のエリックとサンチアゴを訪れていたフォトグラファーのステファニー。遺跡巡りの途中で立ち寄ったサービスエリアで、女性が黒いトラックの運転手と口論している場面に遭遇すると思わず持っていたカメラで2人を撮影してしまうのだった。やがて目的地に向け出発すると、先程の黒いトラックが口論していた女性の車の後を追うように、ステファニー達と同じ進行方向に走り出すのだった。

デス・プルーフ in グラインドハウス(2007)

<ストーリー>

テキサス州オーステインの人気DJ、ジャングル・ジュリアは気の置けない仲間たちとバーへ繰り出し、女の子だけの会話に花を咲かせていた。そんな彼女たちをつけ回す、ドクロマークの不気味な車を駆る顔に傷のある謎の中年男、スタントマン・マイク。14ヵ月後、スタントウーマンのゾーイは、70年代型ダッジ・チャレンジャーに乗り込み、仲間たちとスタントライドを楽しむ計画を立てる。早速ボンネットに乗り、危険なスタントを始めるゾーイだが、やがて彼女たちを、あのスタントマン・マイクが新たな獲物に見定め襲いかかる…。

デス・レース(2008)

<ストーリー>

民間企業が刑務所を運営する2012年の近未来。ターミナル島刑務所では、囚人同士を武装した改造車で競わせる凄惨な殺人レースが行われ、インターネット中継を通じて人々を熱狂させていた。妻殺しの濡れ衣を着せられ、この刑務所に収監されてきた元レーサーのエイムズ(ジェイソン・ステイサム)。彼は冷酷な所長ヘネシー(ジョアン・アレン)により、死亡した人気覆面レーサー“フランケンシュタイン”になりすましてレースに参加するよう命じられる。

逃走車(2013)

<ストーリー>

別れた妻を追いかけて、世界一危険な都市ヨハネスブルグに辿りついたマイケル。予約とは違うレンタカーに乗り込み、そのまま先を急ぐ中、突然見知らぬ携帯電話が鳴り、刑事と名乗る男がある場所まで車を交換しに来るようと告げる。座席下からは拳銃が見つかり、さらには後部座席の中から縛られた謎の女飛び出した。そして追いうちをかけるように、自分が指名手配されたニュースが流れ始める。誰が敵で、何が真実なのか?

トミカ絆合体 アースグランナー(2020)

<ストーリー>

トミカから生まれた手に汗握る熱いヒーローバトルアニメ。ヒーローたちによるバトルアクションや、カーチェイスなどのビークルバトル、そして大迫力のロボットバトルなど、子どもたちにとってのワクワクが詰まった作品。

D-LIVE!!(2002)

<ストーリー>

ドライビングアクション発進!

「お前に生命(いのち)を吹き込んでやる!!」

特殊な依頼にも対応すべく、世界中からあらゆる分野のスペシャリストを集めた国際的人材派遣会社Almighty Support Entrprise―通称ASE(エース)。
その仕事ぶりは迅速にして完璧。高額料金にもかかわらず、信頼度の高さから依頼は引きもきらない。登録メンバーになれるのは、選び抜かれた特殊能力者のみという厳しい会社。
斑鳩悟(いかるが さとる)、17歳、高校生。ふだんはユル~いダメ男子だが、じつはズバ抜けた運転の才能の持ち主で、どんなマシンでも完璧に乗りこなす天才マルチドライバー。乗り物には魂があると信じている彼は、ピンハネ後の
わずかな報酬にもめげず、次々と危険な任務に挑み続ける。
一度も乗ったことのない特別製ジェットスキーを操縦して銀行強盗を追う「地下水道」。巨大建機を操る「脱出」他、「ジェット・パイロット」「暴走特急」「砂漠の戦場」の傑作5編を収録。

『海王ダンテ』『ARMS』『SPRIGGAN』の超人気実力派作家が描く究極のドライビングアクション『D-LIVE!!』文庫版、堂々登場!!

ドライブ・アングリー(2010)

<ストーリー>

ハリウッドのトップスターに君臨するニコラス・ケイジが、初の本格的3Dアクションに挑戦! 凶悪なカルト教団にに愛する家族を奪われ、復讐の旅を続けるジョン・ミルトン。 その危険な旅に巻き込まれてしまったウエイトレスのパイパー。 二人の旅は、FBIを名乗る男の追撃を受け、危険度を増していく――。 果たしてミルトンとパイパーの運命は? 追う者と追われる者、男のプライドをかけた壮絶な戦いは限界を超えて加速する。

トラック野郎 シリーズ(1975)

<ストーリー>

日本中を全力爆走して、東映の名物シリーズとなった「トラック野郎」シリーズ第1弾。11トンの満艦飾トラックのハンドルを握るのは“一番星”こと星桃次郎。続く4トン半車の相棒運転手は“やもめのジョナサン”こと松下金造。金造はやもめと自称しているものの、川崎の安アパートに女房・君江と子供7人がいるれっきとした所帯持ちである。一方独り者の桃次郎は、全財産を“1DKマンション”のトラックの中に積み込んで、何とも気ままな暮しぶりを続けている。ある日、東北のドライブインに車をとめた桃次郎は、そこにいた新顔ウエイトレス洋子に一目惚れしてしまった。それ以来、桃次郎の様子はどこかおかしい。金造は気の進まぬ桃次郎をストリップに誘うが、その小屋で知り合ったのがC調のライトマン万田千吉。だが、おだての上手い千吉にほめられて有頂天の桃次郎が彼を助手にしたことから、桃次郎と金造の仲にヒビが入っってしまう。

トランスポーター シリーズ(2002)

<ストーリー>

フランクはワケありの品を報酬と引換えに運ぶ、プロの運び屋=トランスポーター。彼には自らに課した3つのルールがある。1)契約厳守2)名前は聞かない3)依頼品を開けない。ルールを1つでも破れば、<死>。ところが、あるデリバリーの途中、彼は依頼品を開けてしまう。そこで目にしたのは、ひとりの美しい女だった―。全編で繰り広げられる壮絶なカー・チェイスと銃撃戦!スリルとアクションがフル・スロットルで加速する!

トランスフォーマー シリーズ(1984)

<ストーリー>

中東のカタール米軍基地を謎の巨大ロボットが襲撃。冴えない高校生サムは中古のカマロを手に入れる。しかし、そのカマロは宇宙の彼方からやって来た“トランスフォーマー”の一員で、メガトロンを追って地球を訪れたことを知り…。

24時間戦争(2016)

<ストーリー>

ル・マンでのフォードとフェラーリの競争は、レースの歴史において最も有名な戦いの1つです。ヘンリー・フォードⅡは、フォード・モーター・カンパニーを再建するためにフェラーリの買収を開始しました。フェラーリは当時の世界のトップにいたレーシングチームでした。交渉は数か月にわたって繰り返されたが、エンツォ・フェラーリは頭を垂直に振り回さなかった。エンツォは、フォードが彼が最も愛したレースを語ることを断った。ヘンリー・フォード2世は激怒し、フェラーリを王座から離れるレースカーを製造することを誓った。 GT40と呼ばれる画期的なレースカーのデザインです。戦場はルマン24時間、世界で最も有名な耐久レースでした。フェラーリは長年支配していました。 1960年代には、ルマンでフォードとフェラーリの2チームのみが優勝しました。そうすることによって、王朝が建てられました。

ニード・フォー・スピード(2014)

<ストーリー>

超高額スーパーカーによるレース・バトル開幕。名誉と復讐をかけ、法もルールも無い、速いものが勝つ禁断のストリート・レースに挑む。

のりものまん モービルランドのカークン(2020)

<ストーリー>

おれ、カークン。みんなに荷物をとどける『おとどけや』なんだ!「モービルランド」はのりものたちが暮らす島。島にやってきたカークンは「おとどけや」を始めます。色々なのりものたちに、荷物をとどけるのです。皆をサビさせるサビビーにじゃまをされるときはあるけれど、一生懸命、おとどけを頑張るカークン。今日はどんなのりものに会えるかな?

はたらくクルマのスティンキーとダーティー(2019)

<ストーリー>

ヒーローらしくない仲良し2人組、ゴミ収集車スティンキーとショベルカーのダーティーの冒険物語。頭が良く、活発で陽気な2人が、思うように行かない時、「こうしたら?」と言いながら成功を導き出す。ジム&ケイト・マクマランの原作本に基づく。脚本・製作はガイ・タウビス。

バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ(1985)

<ストーリー>

変わり者のドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)が造り上げたデロリアンのタイムマシンで1955年にタイムトラベルしてしまったティーンエイジャーのマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)。そこでマーティが直面するハプニングにより彼自身の未来が消えてしまう危険にさらされる。

ビキニ・カー・ウォッシュ(2015)

<ストーリー>

大学生のジャックは、親から借りている家に友達を呼んでは酒とセックスのパーティー三昧。しかしある日、父親に自堕落な生活がバレ、窮地に追い込まれたジャックに、大学の教授から洗車ビジネスをまかされ、成功させたら単位を保証するという提案が–。一攫千金を狙うジャックは、ビキニ美女が洗車するサービスを思いつく–その名もビキニ・カー・ウォッシュ!早速悪友ヴェックスと、大学の同級生やスカウトした美女たちと共にビジネスを始動するジャック。セクシーなビキニ美女たちの華麗なる洗車がベガス内で評判が呼び、想像以上の大成功を果たしたジャックは、さらなるサービス向上のため試行錯誤するが…。

ビヨンド・ザ・スピード(2019)

<ストーリー>

仲間とともに犯罪を繰り返す強盗団のドライバー、ジノ。その圧倒的なスピードと怖いもの知らずのドライブテクニックは仲間からも厚い信頼を受けていた。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(2015)

<ストーリー>

除雪業を営むニルス。市民栄誉賞を受賞したその時、息子が何者かに殺されてしまう。ニルスは復讐を誓い行動に出るが、それによりドラッグを巡る2大勢力の抗争を招くことに。三つ巴の殺し合いで最も不利なニルスだったが、彼には誰にも負けない不屈の正義と、除雪用の大型重機があった…。

ファイナル・デッドサーキット(2009)

<ストーリー>

ニックとローリは、友人カップルと一緒にサーキット場でのダブルデートを楽しんでいた。白熱するデッドヒートに溢れんばかりの観客たち。そしてレースが最高潮を迎えたその時、ニックは突然恐ろしい予知夢を見る。―1台の車がクラッシュしたのをキッカケに、巻き込まれた車が次々と炎上。はじけ飛んだタイヤや炎に包まれた車の残骸が逃げ惑う観客を容赦なくなぎ倒し、サーキット場は惨劇の舞台へと姿を変えるのだ―。

フォードvsフェラーリ(2019)

<ストーリー>

マット・デイモン×クリスチャン・ベール共演。絶対王者に挑め!奇跡の大逆転を描いた感動の実話。

ベイビー・ドライバー(2017)

<ストーリー>

天才的ドライビング・センスが買われ、組織で“逃がし屋”として働くベイビー(アンセル・エルゴート)。彼の仕事は、銀行や現金輸送車を襲ったメンバーを確実に“逃がす”こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りが止まなくなり、それを消すために、彼は四六時中イヤフォンを身につけ音楽を聴いている。組織のボスのドク(ケヴィン・スペイシー)、短気でクレイジーなバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビーだったが、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を嗅ぎつけられ、組織から抜け出す決意をする。恋人と組織を道連れに、最後の仕事がいま、暴走を始める―!

ポリスカーズ 危機一髪!レスキュー大作戦!!(2009)

<ストーリー>

ペッレは素晴らしい電気自動車!街の水道管から水が出なくなってしまう…川の水もどんどん無くなっていく。不思議に思ったペッレはカワウソのオーダと一緒に調査すると、アナグマ兄弟が街の水を盗みボトルに詰めた水を売ろうと企んでいることを知る。果たして街に水をもどせるのか?!


マクラーレン~F1に魅せられた男~(2017)

<ストーリー>

彼はモーターレース界におけるパイオニアとして、またリスクをものともしないスーパースターとして、誰よりもカリスマ的な存在であった。独創的な手法で時代の先端を行く卓越したレーシングマシンを開発、そのマシンで栄光を勝ち取るために、1963年にブルース・マクラーレン・レーシング・チームを結成、チームオーナーとしてのみならず、一人のレーサーとして勝利に向かって動き始めたのだった…。

マッドマックス シリーズ(1979)

<ストーリー>

旅先でトッカーター率いる暴走族グループに、最愛の、妻子を殺されてしまったマックスは、暴走族用に開発された追跡専用パトカー<インターセプター>を駆って、たった一人で壮絶な闘いを仕掛けていく!


マッハGoGoGo(1967)

<ストーリー>

レース会場で驚異的な走りを見せるスーパーマシン“マッハ号”。それを操る少年こそ、グランプリレーサーを夢見る青年、三船剛であった。長男の研一は、天才レーサーと呼ばれながら今は行方不明になっている。そんな兄を目標として、両親と弟のくりお、チンパンジーの三平、メカニックマンのサブ、ガールフレンドの志村ミチに見守られ、剛は様々なレースに参加していく。そんな剛に、時に厳しく時に優しく接する謎の覆面レーサーがいた。数々のレースや困難な事件に遭遇しそれを克服する。やがて剛は、父親の作ったマッハ号を通じて、真のレーサーとして、そして人間としても成長していく。

タツノコプロの第2作目にして初のカラー作品。本格カーアクションを軸に、スリルとサスペンスを織り込んだ作風は、アメリカでは『Speed Racer』のタイトルで放送され、今なお根強い人気を博している。

よろしくメカドック(1985)

<ストーリー>

次原隆二原作による同名漫画のアニメ化作品。自動車のチューニングやレースを通して、マシンの整備や走りに情熱を燃やす若者たちの青春を描く。登場する自動車のエンジン音も実在の車から録音するなどして音のリアリティにこだわった、国産市販自動車を題材にした先駆け的作品。

ラッシュ/プライドと友情(2013)

<ストーリー>

アカデミー賞®監督ロン・ハワードが放つ壮大なヒューマンドラマ 猛追しあう二人の天才レーサー、熾烈を極めた対決が引き起こした衝撃のクラッシュ。 交錯するふたつの運命と勝負の行方は―― 史上最も衝撃的かつドラマティックなレース展開で、世界が熱狂した1976年F1グランプリ。かつてない興奮と感動の実話。

レーシングラグーン(1999)

<内容>

横浜を舞台に車の走りに全てをかける男達の物語。レースがRPGのバトルになるという今までにない斬新なバトルシステムを採用。プレイヤーが主人公となり、ストーリーを進めていく中でレースゲームの要素が重要なポイントになるRPGです。

レッカー車のトム(2018)

<ストーリー>

レッカー車のトムは、トラックに興味のある子供たちにぴったりの、車やトラックについての3Dアニメです。トムは単なるレッカー車ではなく、ガレージでいろんな種類の車を修理します。レッカー車のトムと一緒にカーシティーのみんなを助けに行こう!


レッドライン(2019)

<ストーリー>

天才的な運転能力を持つ美女ナターシャは、レーサーの父を事故で亡くして以来レースの世界から遠ざかっていた。現在は歌手を目指す彼女は、アメリカ西海岸で賭博ストリートレースに興じるインフェイマスに誘われ、歌手として出演することを条件にラスベガスのレース会場へと向かう。

ロジャー・コーマン デス・レース 2050(2017)

<ストーリー>

人口が増え続けている近未来。そこには恐ろしいルールの凄まじいレースがあった。そのルールとは歩行者をひき殺せばポイントになるというもの。老若男女関係なく容赦なしに歩行者を引いていくレーサー達。そんな中、人気レーサーのサイボーグ、フランケンシュタイン(マヌー・ベネット)だけはまわりのレーサーとはどこか違っていた。

ロードキラー(2001)

<ストーリー>

スティーブン・スピルバーグ「激突!」以来の衝撃! たたみかける恐怖──奴は地獄まで追ってくる

ワイルド・ストーム(2017)

<ストーリー>

その日、アメリカ西海岸には史上最大規模、カテゴリー5の巨大ハリケーンが迫っていた。住民たちが避難する中、財務省の紙幣処理施設を武装集団が襲撃する。それは大災害の混乱に乗じて、6億ドルにも及ぶ現金を強奪しようという前代未聞の犯罪計画だった。施設のセキュリティを担当するケーシー(マギー・グレイス)は、最強の災害用特殊車両“ドミネーター”を操る気象学者のウィル(トビー・ケベル)とともに、悪党どもの計画を阻止すべく、猛烈な嵐と銃弾の中、決死の行動に打って出る。 

ワイルド・スピード シリーズ(2001)

<ストーリー>

極限までチューンアップされたスポーツカーによるハイスピードバトルを描いた作品。LAで毎晩行われるストリートレースでは、ニトロ搭載のスポーツカーを乗り回す天才ドライバーのドミニクと彼のライバルのジョニー・トラン(リック・ユーン)が最強のレーサーとして仲間から一目置かれている。そこに新顔のブライアンが登場し、実は警察官である彼は二人に負けないドライビングテクニックを披露して、皆の注目を浴びる。シリーズ第1弾の『ワイルド・スピード』は、強烈なアクセル全開アクションと見事なスタントドライビングがあふれる作品だ。


映画「ワイルド・スピード」シリーズ一覧リスト【2020】

湾岸MIDNIGHT(1993)

<ストーリー>

解体所でスクラップ寸前の「フェアレディS30Z」――。アキオが出会ったバキバキチューンのこの魔物は、かつて3人ものオーナーを飲み込んできたという伝説を持つ、その名も“悪魔のZ”だった――。“Z”の魔性に導かれていくアキオは、超速のポルシェ「ブラックバード」を駆る“湾岸の帝王”と対決することに。そして……新たなる伝説(レジェンド)へ……。熱き想いが、路面を焦がして疾走する。鉄の四輪に魅入(みい)られた、男たちの闘い。それは……、湾岸ストーリー!

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください