「アパルトヘイト」モチーフ作品特集

人種隔離政策と言う差別合法化の恐怖

Wikipediaによると、アフリカーンス語で「分離、隔離」を意味する言葉で、特に南アフリカ共和国における白人と非白人の諸関係を規定する人種隔離政策のことを指すと説明がある。

1948年に法制として確立されて1994年に撤廃されるまで、およそ50年もの間、非白人を苦しめた悪名高き法律だ。

この記事では、そんな「アパルトヘイト」の下で生まれた環境をモチーフとした作品を紹介していく。

アリソン(2017)

<ストーリー>

1994年、アリソン・ボータは南アフリカの自宅の外にいる2人の男性に拉致された。彼女はレイプされ、残虐に攻撃され、ほとんど殺された。異常な確率に対して、アリソンは生き残った。しかし、これは彼女の闘争の始まりにすぎません。これは正義と回復のための彼女の戦いの顕著な話です。

インビクタス 負けざる者たち(2009)

<ストーリー>

アパルトヘイトによる27年間もの投獄の後、黒人初の南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラは、依然として人種差別や経済格差が残っていることを痛感する。誰もが親しめるスポーツを通して、人々を団結させられると信じたマンデラは、南アフリカのラグビーチームの立て直し図る。マンデラの”不屈の精神”はチームを鼓舞し、団結させ、奇跡の快進撃を呼び起こす。それは、暴力と混沌の時代に初めて黒人と白人が一体となった瞬間だった。

ケープタウン(2013)

<ストーリー>

南アフリカ、ケープタウンで元ラグビー選手の娘が殺された。2人の刑事、ブライアンとアリが少女の足取りをたどると、ある薬物の売人と会っていたことが分かる。その薬物は、最近頻繁に起こる「児童失踪事件」の現場にも残されていたものだった。薬物の恐ろしい成分が明らかになると、一連の事件は組織的陰謀の表層に過ぎないことがわかってくる。そこには、この街に潜む根深い闇が関係していた…

The Power of One(1992)

<ストーリー>

1930年代の南アフリカに生まれ育ったイギリス人の少年PK。幼くして両親を失い、様々な差別の中、一人ぼっちで強く生きる彼は、やがて二人の重要な人物に出会う。音楽を、そして大自然を通して人生を教えてくれたドイツ人ピアニストのドクと、ボクシングを教えてくれたズールー族のピートだ。ボクシングはPKに自信と勇気を与え、やがて彼は差別に苦しむ人々の希望となる。

シュガーマン 奇跡に愛された男(2013)

<ストーリー>

1968年、ミシガン州デトロイト。場末のバーで歌う一人の男が大物プロデューサー目にとまる。彼の名はロドリゲス。デビューアルバムを発表するが、商業的には大失敗に終わる。多くのミュージシャンと同じく、彼もまた誰の記憶にも残らず、跡形もなく消え去った。しかし、音源は運命に導かれるように海を越え、遠く南アフリカの地に渡る。反アパルトヘイトの機運が盛り上がる中、体制を変えようとする若者たちの胸に突き刺さったロドリゲスの曲は、革命のシンボルになっていた。その後も20年に渡って広い世代に支持され続け、南アフリカではローリング・ストーンズやボブ・ディランを超えるほど有名なアルバムになっていた。しかしロドリゲスの「その後」を誰も知らない。失意のうちにステージで自殺した、との都市伝説だけが残されているだけだった―。 これは、音楽の共鳴力に心打たれ、人生に起こる本当の奇跡に出会う、珠玉のドキュメンタリーである。

第9地区(2009)

<ストーリー>

エイリアンが飛来したヨハネスブルグ。彼らは抵抗するでもなく、市街から離れたスラム地区に隔離されてしまう。そして今ひとりの人間が、この地球外生命体の謎に包まれた兵器テクノロジーに遭遇する。エイリアンが住み着く貧民窟、その異界と化した路地裏を追われ(狩られ)ながら、男はやがて、人類にとって今やアウトサイダーである己の運命を悟ることになる。

遠い夜明け(1987)

<ストーリー>

黒人運動家のスティーヴ・ビコ(デンゼル・ワシントン)とリベラルな白人の新聞紙編集長の物語を軸に、現代の南アフリカの緊張と恐怖を描いた、巨匠リチャード・アッテンボローによる大作。

ファイブ・ウォリアーズ(2019)

<ストーリー>

男は帰ってきた、悪を討つためにーーアパルトヘイト体制下の南アフリカ、暴力的な白人警官が支配する街マルセイユ。暴力が激しさを増し、住民から希望が失われつつある中、街を守るべく戦っていたのは“ファイブ・フィンガーズ”と呼ばれ、正義感を燃やす5人の少年・少女たちだった。いつものように白人警官が上納金を取り立てに来たある日、フィンガーズのリーダーであるタウが2人の警官を射殺してしまい、街を離れて逃亡し流浪の身に。それから20年が経ち、白人たちからの支配から解かれ、自由の街として生まれ変わったマルセイユ。だが、その裏では極悪非道な悪党が街を支配していた。やがて、街に血が流れた時、タオは帰ってきた。タオと共に自由のために立ち上がる戦士たち。果たして彼らは悪党どもに裁きを下し、マルセイユに真の平和をもたらすことはできるのか…。

マンデラ 自由への長い道(2014)

<ストーリー>

反政府活動、離婚、27年間の獄中生活、大統領、ノーベル賞受賞・・信念を貫いたひとりの男の物語。あなたの知らないマンデラの生涯を描いた感動作。

マンデラの名もなき看守(2008)

<ストーリー>

南アフリカで刑務所の看守として働くジェームズ・グレゴリーがロベン島の刑務所に赴任した1968年、アパルトヘイト政策により、反政府運動の活動家の黒人が日々逮捕され、投獄されていた。グレゴリーはそこでネルソン・マンデラの担当に抜擢される。黒人の言葉・コーサ語が解るので、会話をスパイするためだ。妻のグロリアは夫の出世を喜び、順風満帆のようだった。だがマンデラに初めて会った時から、グレゴリーは特別な印象を抱き始める。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください