「ホームレス」モチーフ作品特集

Contents hide
1 家が無い!

家が無い!

文明が生まれて以降、都市化の中で誕生した社会問題「ホームレス」。

社会の管理はおろか、セーフティネットからさえ外れる事もある存在だ。

社会から正確には把握されないが、確かにそこで生きる人々。

都市が求める歯車として順応出来ず家賃を払えず家を追い出されたり、自ら世捨て人となったり、法律やセーフティネットの隙間に落っこちてしまったり……

ホームレスになる理由は、実に様々で、そこには人の数だけドラマも存在する。

この記事では、そんな「ホームレス」をモチーフとした作品を紹介していく。

荒川アンダー ザ ブリッジ(2005)

<ストーリー>

舞台は荒川河川敷。そこで出逢った勝ち組エリート青年の市ノ宮行=通称、リクと自称金星人のホームレス美少女、ニノ。不器用な二人の恋は時におかしく、時にせつなく…。そんな二人を中心に、奇怪な河川敷の住人たちが巻き起こす騒動の日々を描いた元祖電波系新感覚ハートフルラブ(?)コメディー。

家なき子(1978)

<ストーリー>

南フランスの農村で母親の愛情を一身に受け育った少年レミ。だが彼は捨て子だった。出稼ぎ先で負傷し、すさんでいた養父は、ある日、旅芸人一座にレミを売ってしまう。だが座長のビタリスはレミを実の子のように扱い、文字や音楽、そして”生きる”ことの尊さを教えていく……。H・マローの同名の名作児童文学を原作に、出崎統が映像化。一年間をかけた重厚かつ精緻なストーリー展開、丁寧な人物描写、本格的な現地ロケにより描かれたフランスの風景など、日本テレビ開局25周年記念作品にふさわしい大作。

家なき子(1994)

<ストーリー>

日本テレビ系で1994年4月から6月にかけて放送され、「同情するなら金をくれ」という劇中のセリフがブームとなるなど話題を呼んだ感動のドラマがついに配信開始!

家なき子レミ(1997)

<ストーリー>

フランスの片田舎で、貧しいながら母親と幸福に暮らしていたレミは自分が捨て子という出生の秘密を知り、愛する者、親しんだ土地から引き離されることになってしまいます。誇り高い旅芸人ヴィタリスと犬三匹、猿が一匹という一座と共に旅することになったレミ。持ち前の明るさと元気で一座をもり立てていきますが、吹雪の峠越えで二匹の犬たちを失ってしまいます。また、ヴィタリスも病に倒れ、「前へ進め」という言葉を残して亡くなってしまい…。

家の前にいたホームレスを拾ったらめちゃ美少女すぎて俺の人生が変わった話(2020)

<ストーリー>

「俺好みの可愛いコが道に落ちてないかななぁ~。」

なんてことは年頃の男性なら一度は考えてしまうもの。

ところが実際に起きてしまうと話はそんなに甘いものではない。

主人公はごく平凡な家庭で育った健康な高校生男子。ある日、学校から家に帰ると、自分の家の前にホームレスがいた。

汚れているしすごい臭いだが、髪がながく女性のようで、しかもつらそうにしていた。

自分の家の前で何か変なことになっても…と思い主人公が「大丈夫ですか?」と声をかけるとお腹が痛かったようで、お手洗いを貸してあげた。

聞くと自分と同じくらいの年だが、身寄りもなく正真正銘のホームレスだった。

このままサヨナラというのもなんだか可哀そうだと思い、やりすぎかと思いながらもお風呂に入れてあげると、そこに母親がかえって来て…。

Oh, My Dad!!(2013)

<ストーリー>

新海元一(しんかい・げんいち 42歳)は、学生時代に科学者として一時的に世間の注目を集めたものの、

いまでは自身の研究のせいで、妻の紗世子(さよこ 40歳)、ひとり息子の光太(こうた 5歳)を犠牲にしていることを自覚しながら、42歳になっても過去の栄光を忘れることができない少年のような男。

18年間も研究に失敗し続け、妻の働きなしに生活を成り立たせることができないほど収入的に困窮しても、「夢はかなう。だからあきらめるな」と、半ば自身に言い聞かせるように言い続けている。

しかし、彼が自身の研究に没頭しすぎて家庭を顧みないなど、うまく現実と向き合えないために、妻に逃げられ、職も無く、家賃が支払えず家までも失い、残ったのは5歳のひとり息子と自分の夢だけという男。

ある日突然、シングルファーザーでホームレスになってしまった元一が子どものために奮闘する、ヒューマンコメディー!

オリバー・ツイスト(1937)

<ストーリー>

孤児院で育ったオリヴァ・ツイスト。9歳まで孤独な時を過ごし、やがて葬儀屋へ働きに出されたオリヴァはいじめに耐えられず脱け出した。それから徒歩でロンドンへ辿り着いた。疲れと空腹で休んでいると声をかけられ、窃盗団に連れていかれ、スリの少年たちと一緒に暮らすようになった。

壁(1951)

<ストーリー>

ある朝、突然自分の名前を喪失してしまった男。以来彼は慣習に塗り固められた現実での存在権を失った。自らの帰属すべき場所を持たぬ彼の眼には、現実が奇怪な不条理の塊とうつる。他人との接触に支障を来たし、マネキン人形やラクダに奇妙な愛情を抱く。そして……。

独特の寓意とユーモアで、孤独な人間の実存的体験を描き、その底に価値逆転の方向を探った芥川賞受賞の野心作。

神様なんかくそくらえ(2015)

<ストーリー>

愛するイリヤ、あなたと一緒に踏み込む闇ならいい。19歳の少女ハーリーはニューヨークの路上で刹那的な毎日を過ごしていた。ホームレス仲間でもあるエキセントリックな恋人のイリヤは、彼女が生きる理由そのものだ。

神様がくれた背番号(2006)

<ストーリー>

20××年、阪神タイガースに奇跡が起こる――!! 大阪天王寺で暮らすケンちゃんは40歳のホームレス。

小学生のタケ坊とともに日々、阪神の優勝を夢見ていた。そんなケンちゃんの元に、ある日、神様が現れて、一つだけ願いを叶えてくれるという。この時から、ケンちゃんとタケ坊の奇跡の物語が始まることになるのであった…!! 阪神ファンの心を奪い、圧倒的な支持を得た傑作小説を完全漫画化。タイガースの現役選手だけでなく、金本知憲氏や矢野燿大氏をはじめとしたOB選手たちも実名で登場!!

奇跡のシンフォニー(2007)

<ストーリー>

“きっと会える”と信じ両親を探す少年の一途な想いと、再会の奇跡を呼び起こす<音楽の魔法>に心揺さぶられる感動のファンタジー!

11年と16日、施設で孤独な日々を耐えていた少年。「パパとママに会いたい-」その想いだけを胸にNYへやって来た。
何ひとつ手がかりがないまま、両親を探し続ける毎日。しかし、その旅の途中で
出会う人々、生まれて初めて手にした楽器の数々が彼の運命を変える。
彼はストリートで無心にギターをかき鳴らし、あふれる両親への愛を音符に託し続ける。
必ずこの音は、この世界のどこかにいるふたりに届くと信じて・・・

ひたむきな心に音楽の力がふり注ぎ、はなればなれになっていた心と心が呼び寄せられる。
そして、ラストシーン、たったひとつの場所へと導かれていく。
少年の放つ単音が両親の魂と共鳴し、和音となって響きあう・・・

それは、世界で一番美しいシンフォニー!

きっと忘れない(1994)

<ストーリー>

浮浪者が教えてくれた、試験には出ない”人生の歩き方”。

心がポキッとね(2015)

<ストーリー>

【キレちゃった男×ストーカー女×悩めない男×いい歳して自分探し女】

究極にめんどくさい四角関係の結末とは? 心の問題をとらえ、多くの視聴者の共感を呼んだ人気ドラマを完全ノベライズ。”大人の恋愛の名手”岡田惠和が描く「病んでるオトナ」が織り成すラブコメディー。 過去の失敗や心の傷のせいで、不器用にしか生きられず、とにかく他人にとっても、 自分自身にとっても究極に面倒くさい存在となっている4人の男女。そんな彼らが人と人とが心の奥深くでつながる関係を模索する姿を、軽やかに明るく、ブラックユーモアを交えて描かれる

最強伝説 黒沢 シリーズ(2002)

<ストーリー>

2002年12月、土木作業監督・黒沢(くろさわ)は、自分の人生があまりにも満ち足りていないことに焦りを覚え、「人望が欲しい・・・!」という自らの欲求に気付く。44歳の誕生日を迎え、それを機に生き方を変えようと奮闘する。「カイジ」「アカギ」「銀と金」とは、また違う福本ワールドがここにある。

サバイビング・ゲーム(1994)

<ストーリー>

メイソンは妻子と仕事を失い、ホームレスとなっていた。さらに追い打ちをかけるように、可愛がっていた犬が車に轢き殺され、唯一の親友だったハンク老人が急死してしまい、孤独と失意のどん底に陥る。そして生きる希望を失った彼は、自殺を考えるようになる。

そんなある日、メイソンの前にホームレスのためのボランティア活動をしているコールという男が現われる。コールはメイソンに、狩猟ガイドの仕事をしないかと持ちかける。メイソンはガイドの経験などなかったが、人生をやり直すきっかけになればと思い、それを引き受ける。

Wikipedia引用

しあわせの隠れ場所(2009)

<ストーリー>

一度はホームレスになるなど過酷な少年時代を過ごしながらも、ある家族との出会いによって自らの才能を開花させ、ドラフト1巡目指名でNFLデビューを飾ったマイケル・オアー選手の感動の実話をサンドラ・ブロック主演で映画化。

幸せのちから(2007)

<ストーリー>

1980年代。妻と5歳の息子と3人で暮らしていたセールスマンのクリス・ガードナーは家賃も払えず、どん底の生活を送っていた。ついには、妻が出て行き、家を追い出され、貯金も底をついてしまう。そんなクリスが最後に選んだ道は自分の才能を信じて、一流証券会社へ入社することだった。しかし6ヶ月の無給のインターンを経て、正式採用されるのはただ一人。愛する息子のため、奇跡を信じてクリスの過酷な戦いの日々が始まった。

失踪日記(2005)

<ストーリー>

「全部 実話です(笑)」(吾妻)

突然の失踪から自殺未遂・路上生活・肉体労働──『アル中病棟』に至るまで。
著者自身が体験した波乱万丈の日々を、著者自身が綴った、
今だから笑える赤裸々なノンフィクション。

10歳のホームレス(2017)

<ストーリー>

貧しい母子家庭で育った結は、母が病弱なため児童養護施設に預けられた。

しかし、入院したはずの母が行方不明になっていると知り施設から飛び出してしまう。

わずか10歳で過酷な路上生活を強いられることになった結は、ワケありな大人たちの力を借りながら母を捜すことに!

絶叫(2014)

<ストーリー>

マンションで孤独死体となって発見された女性の名は、鈴木陽子。刑事の綾乃は彼女の足跡を追うほどにその壮絶な半生を知る。平凡な人生を送るはずが、無縁社会、ブラック企業、そしてより深い闇の世界へ……。辿り着いた先に待ち受ける予測不能の真実とは!? ミステリー、社会派サスペンス、エンタテインメント。小説の魅力を存分に注ぎ込み、さらなる高みに到達した衝撃作!

銭の戦争(2015)

<ストーリー>

主人公・白石富生(草彅剛)は、東大卒で外資系証券会社に勤め、美人の婚約者もあり、順風満帆の日々を送っていた。
ところがある日、父親が多額の借金を残して自殺。連帯保証人の富生は貯金を全て借金の返済に充て、さらには金貸し業者に追われ、
金も職も婚約者も全て失うことに…。
ホームレスまで転落した富生が選んだ道は、自分をどん底に追い込んだ金貸し業。
表向きは健全でも、裏では高金利で金貸しをしている「赤松金融」経営者・赤松大介(渡部篤郎)の元で働く事に。

「俺の人生と親父の人生…金で失くしたもの全て、…金で取り戻す!!」

金を得るためにはどんな苦労も厭わないと決意した富生は、手段を選ばず、どんなことでもするようになっていく。
たとえそれが非合法であろうとも…。
そんな富生が出会ったのは、借金に苦しむ高校時代の恩師の娘・紺野未央(大島優子)。
未央は富生にいつしか自分が金の魔力に取りつかれていることに気づかせ、二人の間には特別な感情が芽生え始める…。
さらに、富生に対して愛憎混じった複雑な感情を持つ元婚約者・青池梢(木村文乃)も再び富生の前に現れ、
やがて三人は複雑な恋愛関係に発展していく。
父親の死の真相に直面した富生は、壮絶な復讐を企んでいくが…、
果たして愛と金と人生、失ったすべてを取り戻すことができるのか…?

聖なる酔っぱらいの伝説(1990)

<ストーリー>

ある秋のパリ。セーヌ川の橋の下に住む浮浪者アンドレアスに、見知らぬ老紳士が200フランを手渡す。「もし返すことが出来るようになったら、聖テレーズ像があるバティニョール教会の神父に寄付してくれ」と。

ゼイリブ(1988)

<ストーリー>

仕事を求めて町に流れ着いたネイダは、ホームレスのためのキャンプで寝泊りするようになったのち、教会でサングラスを発見。そのサングラスを通して見えたものは、人間になりすまし、町を支配していた奇怪な侵略者の姿と、至るところに隠され、人間を操っていた洗脳標識だった。恐るべき真実を知ったネイダは侵略者と戦うことになるが…。

セルフ・ネグレクト~ゴミ屋敷、ホームレス、ひきこもり(2018)

<ストーリー>

孤独死、ホームレス、引きこもり…現代の闇と絶望はどこまで続くのか?心に傷を抱え、生きづらさ、不安を感じているのは、あなただけではない──現実から逃避し虚飾の世界に溺れた女の末路を描いた「ゴミ屋敷の女」、理想の夫、幸せな家庭を望んだ妻が浪費の果て、借金地獄に陥る「ホームレス主婦」、人生に挫折し世間を断絶した結果、親にパラサイトし続けた娘の悲劇「ひきこもりを30年続けた女」、社会から脱落転落した女たちの壮絶なヒューマンドラマ!!

大逆転(1983)

<ストーリー>

大金持ちの老紳士兄弟が人格形成に重要なのは環境か、素養かの賭けをする。その犠牲になったのがハーバード大学出身のエリート、ウィンソープと貧しい黒人バレンタイン。フィラデルフィアの商品仲介会社を舞台に2人の立場が入れかわる。ラストのドンデン返しも痛快なコメディ

誰も知らない(2004)

<ストーリー>

都内の2DKのアパートで大好きな母親と幸せに暮らす4人の兄妹。しかし彼らの父親はみな別々で、学校にも通ったことがなく、3人の妹弟の存在は大家にも知らされていなかった。ある日、母親はわずかな現金と短いメモを残し、兄に妹弟の世話を託して家を出る。この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちだけの『漂流生活』が始まる・・・・・・。

ダンボールハウスガール(2002)

<ストーリー>

退屈なOL生活に見切りを付けた米倉涼子演じる桜井杏は、貯金した500万円で彼と2人でアメリカへ旅立とうとしていた。しかし、全財産を盗まれ、彼とも別れることになってしまう。彼女はホームレスになり、ダンボールの家での生活を余儀なくされる。

デザート・フラワー(2010)

<ストーリー>

ソマリアの貧しい遊牧民の家に生まれた少女、ワリス・ディリー。13歳にして、父親に無理やり結婚をさせられそうになった彼女は、家族のもとから逃げ出し、都会に暮らす親戚を頼って、やがてロンドンへと渡る。しかし、ロンドンでも悲運に見舞われホームレスとなってしまうが、偶然出会ったマリリンという女性に助けられ、彼女の家に住まわせてもらう。やがて、ハンバーガー・ショップでバイトしているところを一流ファッションカメラマンに見出された彼女は、すぐにモデルとして頭角を現わしていくが…。

東京ゴッドファーザーズ(2003)

<ストーリー>

ギンちゃん、ハナちゃん、ミユキ。新宿で暮らすホームレス3人組の前に、意外なクリスマス・プレゼントがやってきた。ゴミの山の中で生まれたばかりの赤ちゃんを発見したのだ。勝手に“清子”と命名し、ゴッドファーザー(名づけ親)となった3人は、雪ふる街を、親を探してさまよい歩く。ウラ東京で、人生を生き抜くホームレスたちが、急転する「運命」の中で出遭う<奇跡>とは。

東京難民(2014)

<ストーリー>

時枝修(中村蒼)は、どこにでもいる大学生だった。授業をサボり、合コンで盛り上がり、気楽な毎日を送っていた。だがー何の通知もなしに突然、授業料の未払いを理由に、大学を除籍される。生活費全般の面倒を見てくれていた父親が、借金を抱えて失踪したのだ。当然家賃の支払いも無く、アパートから強制的に追い出された修は、ネットカフェに泊まりながら日払いのバイトで食いつなぐ。ある日、騙されて入ったホストクラブで高額の料金を突きつけられ、その店で働くしかなくなるが、ホストの裏側を見てしまった修は無傷で抜け出すことが出来ず、ついにはホームレスにまで転落してしまうー。

洞窟オジさん(2004)

<ストーリー>

人生のほとんどを洞窟で過ごした男の物語。

加村一馬、昭和21年8月31日生まれ。群馬県大間々町(現:さくら市)出身。68才。
 昭和35年、当時13才だった少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出した。以来、彼はたったひとりで誰にも知られることなく、足尾鉱山の洞窟、富士の樹海などの山野で暮らし、イノシシやシカ、ヘビにネズミ、コウモリ、野ウサギなどを食らい命をつないできた。発見された時、少年は57才になっていた--
 2004年5月に刊行され、大きな話題を呼んだ『洞窟オジさん 荒野の43年』(小社刊)。あれから11年、社会復帰を果たした「オジさん」は、群馬県の障害者支援施設に住み込みで働いていた(2015年9月発表作品)。彼はなぜそこで生きることになったのか。そして、「自分のため」ではなく「他人のため」に生きる喜びを知った「オジさん」は何を語るのか。
 トラブル続きの集団生活、「天使のような」女性との出会い、ブルーベリー栽培への挑戦、初めての入院生活…。12万字を越える加筆された奇跡の文庫版を電子化!!

なんちゃって家族(2014)

<ストーリー>

独身のデヴィッドは、クビになったストリッパーのローズ、SEXのことで頭モンモンの童貞ボーイ、ケニー、万引き常習犯のホームレス少女ケイシーの4人で家族を装って、一路、メキシコを目指す。彼らは、キャンピング・カーいっぱいに麻薬を積んで、無事、国境を超えることができるのか??

西門に降る童話(2018)

<ストーリー>

露店でファッションコーディネーターとして働く母と2人暮らしの小虎は、恋人に二股をかけられ、母との間もギクシャクしていた。ある日空からお札が降ってくる現場に遭遇し、空を仰ぎ叫ぶ不思議なホームレスのキングに興味を持つ。彼もまたこの街で孤独を抱える一人だった。

ハイドアウト(2020)

<ストーリー>

37度越えの日々が続き、街ではホームレスが無差別に市民を襲うという怪現象が起きていたある日、酒場を営む取り立て屋のヘンリーへの借金返済のためを、強盗をすることになったコール。犯行は無事成功し、大金を手にしたコールは、思いも寄らぬ裏切りと異常事態に見舞われることになる。

箱男(1973)

<ストーリー>

ダンボール箱を頭からすっぽりとかぶり、都市を彷徨する箱男は、覗き窓から何を見つめるのだろう。一切の帰属を捨て去り、存在証明を放棄することで彼が求め、そして得たものは? 贋箱男との錯綜した関係、看護婦との絶望的な愛。輝かしいイメージの連鎖と目まぐるしく転換する場面(シーン)。

読者を幻惑する幾つものトリックを仕掛けながら記述されてゆく、実験的精神溢れる書下ろし長編。

パブリック 図書館の奇跡(2020)

<ストーリー>

米オハイオ州シンシナティの公共図書館で、実直な図書館員スチュアート(エミリオ・エステベス)が常連の利用者であるホームレスから思わぬことを告げられる。「今夜は帰らない。ここを占拠する」。大寒波の影響により路上で凍死者が続出しているのに、市の緊急シェルターが満杯で、行き場がないというのがその理由だった。約70人のホームレスの苦境を察したスチュアートは、3階に立てこもった彼らと行動を共にし、出入り口を封鎖する。それは“代わりの避難場所”を求める平和的なデモだったが、政治的なイメージアップをもくろむ検察官の偏った主張やメディアのセンセーショナルな報道によって、スチュアートは心に問題を抱えた“アブない容疑者”に仕立てられてしまう。やがて警察の機動隊が出動し、追いつめられたスチュアートとホームレスたちが決断した驚愕の行動とは……。

ハルシオン・ランチ(2010)

<ストーリー>

突然現れたおかしな美少女ヒヨスは、ホームレス化野元(あだしのげん)の荷物をリヤカーごと一瞬で食べてしまった。驚く元をよそに、脈絡もなくヤンキー三人組がやってくる。そして、ヒヨスはヤンキーの男二人も一瞬で食べてしまった! 吐き出せば元に戻せるというので吐き出してみると、リヤカーとカバンと魚と人間が融合したクリーチャー(怪物)が誕生してしまった! これが第1話。第2話以降はさらにおかしな事になっていく……。

フィッシャー・キング(1992)

<ストーリー>

過激なトークで人気絶頂のDJジャック。ある日、彼の不用意な発言がきっかけで銃乱射事件が起き、地位も名誉も失ってしまう。失意の中で3年を過ごすが、ある日ジャックはパリーと名乗るホームレスと出会う。パリーが3年前の事件で妻を失ったことを知ったジャックは、彼の力になりたいと考えるようになり、奇妙な友情が芽生えていく・・・。

ヒナまつり(2018?)

<ストーリー>

ヤクザ×サイキック少女のアーバンライフ・コメディー!芦川組を支える若きインテリヤクザ、新田義史は大好きな壺に囲まれ、悠々自適な独身生活を送っていた。ところがある日、謎の物体に入った少女ヒナがやってきたことで生活が一変。念動力が使えるヒナに脅され、同居を余儀なくされてしまったのだ!暴走しがちなヒナは組関係でも学校でもやりたい放題。頭を抱える新田だが、気のいい性格が災いしていつも面倒を見る羽目に。一体、この生活はどうなってしまうのか?お人好しなアウトローと気ままなサイキック少女の危険で賑やかな日常が始まる!

本作のヒロインの一人で、サイキッカーでもあるアンズが、ホームレス生活を送る事になる。

ヒーロー 靴をなくした天使(1993)

<ストーリー>

バーニーはせこいこそ泥。ある夜、彼の目の前で飛行機が墜落する。嫌々ながらも、煙の立ちこめる機内から負傷者を救出した彼は、乗客の財布を失敬して姿を消す。事故機に敏腕レポーターのゲイルがのりあわせていたことから、マスコミ挙げての “謎のヒーロー”探しが始まる。しかし、名乗り出たのはバーニーではなくハンサムなホームレス、ババーだった・・・。

貧乏男子 ボンビーメン(2008)

<ストーリー>

多種多様な欲望が渦巻く現代社会。お金は様々な欲望を叶えてくれる便利な道具。街角でも簡単にお金が借りられる時代、借金に昔のような後ろめたさはなくなり、簡単にお金を手にすることができるようになりました。確かにお金は無くては生きていけないし、それで欲が満たされれば気分はいいもの…けれど、もっと大事なものが人間にはあるのではないでしょうか。「貧乏男子(ボンビーメン)」は「お金より情」を貫き通す、今どき類まれな男の物語。お金重視の近ごろではその生き様はおバカにも見えますが。お金が満たされてない人もお金だけでは満たされない人も大切なものを見直せるドラマです。

ブルー・リベンジ(2015)

<ストーリー>

とあるビーチで廃車同然の青いセダンにひっそりと暮らす、ホームレスのドワイト。ある日、警察に呼び出された彼は、そこで衝撃の事実を告げられる。

ブレイキング・マネー ~堕ちた大富豪の華麗なる大逆転~(2016)

<ストーリー>

チャールズ・バンブリーは、妻の一族が設立した200年続く投資銀行“タフトン”の会長だが、彼には全く銀行業の知識がなかった。それが災いし、チャールズはある投資に失敗、無一文になってしまう。会社からも追い出され、妻からも見放され、人生のどん底に転落したチャールズ。そんなある日、ロンドンの片隅で、あるホームレスと出会い…。

ホームレス家族: 火災に遭った家族の奮闘記(2018)

<ストーリー>

アンハッピーな家族がハッピーになった物語

ホームレスが中学生(2008)

<ストーリー>

一学期の終わり、3年D組に一人の転校生がやってくる。名前は須崎勝。彼は現役のホームレスであった。中学を卒業していなかった須崎は、数十年ぶりに義務教育を受けなおすことになるが、異臭を放つ彼の風貌に周囲は白い目を向ける。

ホームレス・サラリーマン(2014)

<ストーリー>

突然、職も家も失った各務ヶ原太一は、タバコ仲間で何かと親切な部長の計らいで、オンボロ独身寮『あけぼの荘』の管理人さんに納まる。 年下リーマン後藤とは、お近付きの印に(?)酔って寝ちゃった疑惑まで浮上。なぜか男にモテモテで!?

ホームレス主婦(2016)

<ストーリー>

DV夫と鬼姑の壮絶な仕打ちから逃げ出した主婦が、持ち出したお金も尽きてホームレスへと身をやつす。

独特のルールで暮らす人々に戸惑いながらも、なんとか溶け込もうと努力するが……。

表題作の「ホームレス主婦」ほか、悲惨な運命に振り回される女の転落人生を描いた全5作品の短編を収録。

現代の女性が抱えるさまざまな問題に鋭く迫ります!

ホームレス少女~ボンビーガールの恋~(2008)

<ストーリー>

制コレメンバーの新井みほが初主演にして大胆に魅せた!!ホームレス少女の波瀾万丈シンデレラストーリー☆父親の失業により、突然ホームレス少女となったミナミ(新井みほ)。ツギハギだらけの制服で登校したミナミは、転校先の学校でもいじめられてしまう。空腹で倒れたミナミを救出したクラスメイトの向井薫(長尾祐哉)は、実は女装マニアのネットアイドルだった。秘密を知ったミナミは薫と奇妙な共同生活を始めるのだが・・・目指せ、脱・いじめ!!脱・ボンビー!!ミナミと薫の大作戦は果たして成功するのか!?あの“制コレ”メンバー・新井みほが、大胆に魅せる超話題の初主演作!!

ホームレス先輩拾いました(2019)

<ストーリー>

大企業に就職し、上司からの信頼も厚く女子社員にも人気で順風満帆な人生を歩む愛され気質な山田。
ある夜、モテすぎて女性と揉めているところ下半身丸出しのホームレス男に絡まれ無視しようとすると、その男は学生時代、鈍臭かった山田を取り立ててくれた先輩・二宮だった。

予想だにしなかった再会に混乱しつつも恩義を感じ、金銭的に援助をするだけのつもりが自宅に招き入れてしまい、寝込みを襲われいやらしく乗っかられ―――!!?

憧れの先輩がメスお兄さんにトランスフォーム!!!?

おひとよし年上キラーイケメン×落ちぶれクズビッチ先輩
流されほだされ堕ちる波乱万丈!?リバーサルラブ

ホームレス探偵と仲間たち(2020)

<ストーリー>

橋の下には、3人の初老のホームレスが仲良く暮らしていた。リーダーは、前歴不明のセンセと呼ばれる男で、一人は元力士でリキと呼ばれる男、もう一人は、元泥棒で忍びの意味でシノと呼ばれる男だ。春の終わりのある日の昼間、センセが川を流れるサクラの花を愛でていると、AV撮影隊がやって来て、センセの小屋を使う。その時の女優が、30代の岬ミチだった。その晩、何時ものように三人で酒盛りをやっていると、橋の上から人が降って来る。女性記者の川本碧だった。この事件の捜査に現れたのが、名は体を表すゴンダと言う強面の警部補と、オヤマと言う優しい顔した刑事の二人組だった。事件後、ミチがセンセの前に現れる。ミチは、死んだ川本碧の友人だった。ミチの依頼もあって、ホームレス三人組は、川本殺しの犯人捜しに巻き込まれる。センセの冷静な判断に、ゴンダとオヤマもすっかり信奉者となり、センセを中心とした6人が橋の下の探偵社と言う意味で『橋下探偵社』を自称して、事件の真相を探って行く。川本碧が調べていた大物政治家の贈収賄が、彼女が殺された根底にあることを突き止めて、彼女が契約していた雑誌社を味方に、事件を解き明かして行く。

ホームレス中学生(2008)

<ストーリー>

人気お笑いコンビ「麒麟」の田村裕による、日本中が笑って泣いた国民的ベストセラー自叙伝を映画化した感動作。学校から帰ったボクを待っていたのは、玄関に貼られた“差し押さえ”の札だった。「まことに残念ではございますが、家の方には入れなくなりました、解散!」ぼう然とするボクらを残して、父はいきなり蒸発。兄、姉とも離れ、一人で生きていくボクのホームレス生活が始まった。

ホームレス転生 ~異世界で自由すぎる自給自足生活~(2019)

死後に異世界転生したホームレスの真一。苦難ばかりかと思いきや、スライムを齧り水分補給、魔石で明かりを代用したりと工夫を重ね、まさかの超快適ライフを送ることに……! ウェブ発話題作が待望のコミカライズ!

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014)

<ストーリー>

快活な話術でニューヨークの街ゆくファッショニスタたちに声をかけシャッターを切るファッション・フォトグラファーのマーク(52歳)。元モデルのハンサムでチャーミングなルックス。だが華やかなパーティー会場を後に向かった寝床はとあるアパートメントの「屋上」だった。荷物はスポーツ・ジムのロッカー4つ分。身だしなみはジムのシャワールームや公園のトイレで整える。世界一スタイリッシュなホームレスのニューヨークで家を持たずに暮らす方法とは?

ホームレス母子 ~ブルーシートの奥の絆~(2020)

<ストーリー>

32歳主婦の絹代は5歳の息子とともに婚家を追い出された。

着の身着のままで路頭に迷った絹代母子は、公園でホームレスの老女・信子と知り合う。

食べるものも寝る場所もない二人に、信子のぬくもりが救いだったが──。

貧困・虐待・DVなどをテーマに読者が体験した実話をまとめた作品集!!

ホームレス・ホームズの優雅な0円推理(2019)

<ストーリー>

大学の合格発表で不合格を突きつけられた岩藤すず。納得いかないすずは答案の保管部屋に忍び込むが、そこには真っ赤な巨大犬の足跡と副学長の死体が! すずは妙に小綺麗なホームレスと犯人探しに乗り出して――?

ホムンクルス(2003)

<ストーリー>

新宿西口で車上生活をしている主人公・名越は、持ち前の虚言癖のためか、他のホームレスの中にとけ込めない日々を送っていた。そんな彼の唯一の楽しみは、車で気ままに走るドライブ。だがついにガス欠となり、お金も底をついてしまう。そんなある日、名越の前に不気味な男が現れて、彼に声をかけてくる(第1話)。●本巻の特徴/伊藤という医大生から、「70万円で頭蓋骨に穴を開ける人体実験をさせてほしい」と持ちかけられた名越。“トレパネーション”と呼ばれるその手術を受けると、第六感が芽生えるというのだ。最初は全く相手にしなかった名越だったが…?

ポンヌフの恋人(1991)

<内容>

パリの真中で裸の恋が炎を上げ、水底へ落ちる─疾走する熱く癒しがたい感情、この聖なる魂!

鬼才レオス・カラックス監督による美しく痛ましい愛の物語。
フランス革命200年祭でにぎわうパリ。セーヌ川にかかるポンヌフの橋をねぐらにする大道芸人アレックスと、眼病で失明の危機にある画学生ミシェルとの純粋で鮮烈な恋が描かれる。

弱冠23歳でフランス映画界の新たな天才として登場したカラックスが、実際にポンヌフの橋をセットで作り上げ、3年をかけようやく完成にたどり着いた奇跡の大作。
映画のきらめきに満ち溢れ、圧倒的な光と音のスペクタクルが見るものに唯一無比の映像体験を与える。
主演はカラックス監督の分身ともいえるドニ・ラヴァン、そしてフランスを代表する女優ジュリエット・ビノシュ。世界中に熱狂的なファンを持つ、映画史に名を遺す神話的傑作。

MY HOUSE(2012)

<ストーリー>

名古屋のフォークシンガー・いとうたかお主演による異色ドラマ。スミちゃんが作った可動式の家で、ほぼ0円で生活を賄う鈴木さん、エリートコースを目指す中学生・ショータと潔癖症の主婦・トモコ。彼らは決して交わることのない生活を送っていたが…。

ミス・シェパードをお手本に(2017)

<ストーリー>

ロンドンのカムデン。ミス・シェパード(M・スミス)は路上に停めたオンボロの黄色い車で自由気ままに暮らす誇り高き淑女だ。ある日、違法駐車で退去を命じられ困っていた彼女に、劇作家アラン・ベネット(A・ジェニング)は、親切心から自宅の駐車スペースを提供する― それから15年。彼女はなおもそこに居座っていた。自由奔放な彼女にベネットは振り回され、それでも奇妙な“共同生活”は終わることはなかった。ベネットは彼女の心の闇を理解しようとする。そして、ミス・シェパードの波乱の人生を知ることとなる・・・。

Mr. ボディガード/学園生活は命がけ!(2008)

<ストーリー>

ドリルビットはツキに見放され、ホームレス生活を送る自称・陸軍特殊部隊の元兵士。ある日彼は、イジメに悩む冴えない高校生3人組にボディガードとして雇われ…。『シャンハイ・ヌーン』『ダージリン急行』のオーウェン・ウィルソン主演、学校は戦場だ!へなちょこボディガードとイジメられっ子の爆笑学園サバイバル!

ヤッさん(2009)

<ストーリー>

若くして都会の公園で寝起きする身になったタカオは、食に精通する誇り高きホームレス「ヤッさん」と出会う。ヤッさんはなぜか築地市場でも銀座の高級料理店でも一目置かれる存在だ。タカオは目を白黒させながら、豪快なヤッさんの背中を追い、様々な事件に揉まれながら成長していく。読む人読む人大評判、最高に愉快で痛快な連作短編集。

ヨコハマメリー(2006)

<ストーリー>

あなた知ってる?“ハマのメリーさん”

路上のソリスト(2009)

<ストーリー>

アカデミー賞受賞俳優のジェイミー・フォックスと同賞ノミネートのロバート・ダウニー・Jrが共演、感動の実話に基づくストーリー。LAタイムズの新聞記者が、ロサンゼルスの路上でバイオリンを弾く元天才音楽家のホームレスと出会う。ウォルト・ディズニー・コンサート・ホールで演奏したいという彼の夢を叶えようと、記者は奔走する。

ロスト・イン・パリ(2017)

<ストーリー>

カナダの田舎町で図書館司書として働くフィオナのもとに、パリに住むおば・マーサから手紙が届く。「老人ホームに入れられてしまうわ。助けて!フィオナ!」数日後、フィオナは大きなバックパックを背負い、生まれて初めてパリの街に降り立った。おばとの久しぶりの再会に心躍らせてアパートを訪ねるが、そこにマーサの姿はない。おまけに橋から落ちて全所持品をセーヌ河に流されてしまう。どうにかバックパックを取り戻したフィオナは、彼女に恋をしたホームレス・ドムにつきまとわれながら、マーサを探してパリ中をさまようことに。しかし、街での聞き込みの結果、マーサは 2 日前に亡くなったことがわかる。フィオナは悲しみを堪えながらドムとともに葬儀へと向かうが―――。

ロスト・イン・マンハッタン -人生をもう一度-(2019)

<ストーリー>

ジョージ(ギア)は人生の下り坂にあり、ニューヨークのホームレス用シェルターの厄介になることを余儀なくされる。彼は、シェルターのベテランのディクソン(ヴェリーン)に助けを借り、疎遠になっている娘マギー(マローン)と連絡を取りなんとか修復しようと奮闘するのだが…。

ロンドン、人生はじめます(2017)

<ストーリー>

夫亡きあと、様々な問題から現実逃避している未亡人エミリー(ダイアン・キートン)。自宅から双眼鏡で外を眺めていると、自然に囲まれた小さな家で暮らすドナルド(ブレンダン・グリーソン)を見つける。余計なものを持たずDIY暮らしを送るドナルドの温かい人柄にエミリーは惹かれていくが…。

我が闘争 若き日のアドルフ・ヒトラー(2009)

<ストーリー>

1910年、オーストリア。画家になる夢を追い、美術アカデミー入試のためウィーンへとやってきた青年アドルフ・ヒトラー。ホームレスのための安い下宿所に住むことになった彼は、ユダヤ人商人シュロモと共同生活を送ることになる。豊富な知識を持っていたシュロモと知識に貪欲だったヒトラーは意気投合し、多くの時間を2人で過ごしていたが、美術アカデミーの試験に落ちたヒトラーは橋の上から自殺を図る。シュロモの助けもあり、自殺は未遂に終わったが、次第にヒトラーは政治に傾倒していくようになっていくのだった…。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください