「生きる為に檻から脱出する」系作品特集

強いられた悪しきルールから逃れる為に

高く厚い障壁に阻まれ、外に出られない世界。

そこにはルールがあって、破ればただでは済まない。

だが、破らないと生きて行く事も難しい環境。

そんな究極の選択を強いられ、自分達を捕えていた檻からの脱出を目指す。

この記事では、そんな「生きる為に檻から脱出する」作品を紹介していく。

関連:主要舞台として「刑務所」が登場する作品特集

穴(1960)

<ストーリー>

重罪人が入る牢獄に収容されている4人の男たちは、狭い部屋に一緒に押し込められ、判決がなかなか出ずにイラついていた。ある日、彼らは脱獄を決意して綿密な計画を立て始めるが、そこにガスパールという若い男が入獄してくる。妻殺し未遂の罪を負う彼を仲間に入れるべきか、あるいは警察のスパイなのか。ついに、4人はガスパールを仲間に入れるが…。

アルカトラズからの脱出(1979)

<ストーリー>

誰ひとりとして脱獄に成功したことのない刑務所―――アルカトラズ島。ここに一人の囚人が送り込まれた。彼の名はフランク・モーリス。所内で以前、別の刑務所で一緒だったアングリン兄弟と彼は脱獄計画の実行を決める……。あの『ダーティハリー』の名コンビ、ドン・シーゲル監督=クリント・イーストウッドが放つ、873日をかけた脱出作戦を事実に基づいて描く脱獄映画の秀作。

エリジウム(2013)

<ストーリー>

2154年、世界は完全に二分化されていた。 ひと握りの富裕層が上空に浮かぶスペースコロニー「エリジウム」で極上の人生を謳歌する一方、人類の大多数は荒廃しきった地球で貧しい生活を強いられていた。スラムに暮らすマックス(マット・デイモン)は、ある日不慮の事故に遭い余命5日と宣告されてしまう。生き残るには医療ポッドのあるエリジウムに進入するしかない。レジスタンス軍に参加し、決死の覚悟でエリジウムへ挑む彼の前に、冷酷非情な女防衛長官デラコート(ジョディ・フォスター)が立ちはだかる…!

ショーシャンクの空に(1995)

<ストーリー>

とある刑務所の受刑者が勝ち取り、分け与えた解放と救い-。誰の心にも静かに、爽やかな感動が訪れる…。

大脱走(1963)

<ストーリー>

第二次世界大戦のさなか。ナチス・ドイツ軍が脱走不可能を誇る第3捕虜収容所に連合軍の兵士たちが続々と収容されてきた。中でも米軍士官ヒルツはこれまで幾度も脱走を繰り返してきた怖いもの知らず。彼はさっそく鉄条網を調べ始める。トラックからペンチを盗み出す早業を見せたのはヘンドレー。やがて、脱走のベテランである英空軍中隊長バートレットを中心にして、総勢250人の捕虜を脱走させる大掛かりな計画が練られる…。

大脱出(2010)

<ストーリー>

世界中の重犯罪者たちから恐れられ、“墓場”と異名を取るそのタンカーは、一度入れば二度と出ることが出来ない巨大な監獄。この船にある男が投獄されてきた。男の名はブレスリン。世界屈指のセキュリティ・コンサルタント=脱獄のプロだ。何者かの手によって拉致され、犯罪者の汚名を着せられたブレスリンは、自分を罠にかけた組織の陰謀を暴くため、自ら設計に関わった絶対攻略不可能なこの監獄の脱出計画を練り始める。しかしその前に立ちはだかったのは、凶暴な手下たちを率いる囚人たちのボス、ロットマイヤーだった。この男、敵か味方か?見る者の予想を覆しながら秒刻みで進行するスリリングなストーリー。裏切者と黒幕は誰か? ブレスリンが投獄された衝撃の理由とは?手に汗握る全世界待望のスリリング・アクション超大作が、ついにその全貌を現す!

沈黙の脱獄(2005)

<ストーリー>
どんなに危険な仕事でも依頼があれば引き受ける大泥棒ハラーン・バンクス(スティーブン・セガール)は、愛する女性ジェイダの為、今回の仕事を最後に足を洗う決意をする。それは2,000万ドルを輸送するというごくごく単純な仕事だった。しかし動向していたブルーノが現金を奪って逃走、裏切りを謀った。ハーランはガードマンや刑事を射殺したとして、無実の罪で刑務所に入れられてしまう。この計画の裏では、マックスという謎の男がある陰謀を企てていたのだ。ハーランは刑務所で知り合ったアイス・クールと脱獄して、自分をハメたマックスに復讐すべく行方を探し出す。制裁を誓ったハーランが今、怒りの弾丸を炸裂する!

天元突破グレンラガン(2007)

<ストーリー>

遥かな未来。人々は地中に穴を掘って家を造り、地震と落盤に怯えながら息を潜めるように暮らしてきた。少年・シモンは、偶然、不思議に光る小さなドリルを見つける。シモンの兄貴分である青年・カミナは、村の上には「地上」があることを信じ、外へ出ようと目論んでいた。そんなある日、地震と共に村の天井が崩れ巨大なロボットが落ちてくる。そんなとき、ロボットを地上から追って来た巨大なライフルを持った少女・ヨーコが現れる。シモンは地中から掘り出したモノをカミナとヨーコに見せる。それは、顔だけの謎のロボットだった…。

バック・アロウ(2021)

<ストーリー>

リンガリンド。その地は、壁に囲まれた世界。壁がその地を覆い、守り、育み、育てた。壁は神–それがその大地、リンガリンドの根幹である。ある日、リンガリンド辺境の地「エッジャ村」に謎の男「バック・アロウ」が現れる。アロウは記憶を失っているが、自分が「”壁の外”からやってきた」ことだけはわかると言う。記憶を取り戻すために壁の外を目指すアロウだったが次第に、自身をめぐる争いに巻き込まれていく–

パピヨン(1973)

<ストーリー>

ケチな金庫破りで捕まった男。その男は胸に蝶のイレズミをしていることから“パピヨン(蝶)”と呼ばれていた。 パピヨンは仲間の裏切りに遭い、殺人の罪を着せられた末に、終身刑の判決を受け、南米ギアナの刑務所に送られる。パピヨンは脱獄を決意するが、それには看守を買収した上、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。 そこでパピヨンは同じ服役囚のルイ・ドガという男に目を付ける。 ドガは国債偽造で逮捕された男で、今もその凄腕が噂される偽札作りの天才だった。 当初パピヨンはドガと取引することで逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は無二の親友となり、固い友情と奇妙な絆で結ばれてゆく。しかし、あくまでも自由を求めるパピヨンは、13年にも亘って執拗に脱獄を繰り返すのだった…

パピヨン(2017)

<ストーリー>

胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれた、この島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され、過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で、自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて二人は奇妙な友情で結ばれてゆく…。

プリズン・ブレイク(2006)

<ストーリー>
マイケル・スコフィールドはボストンに住む優秀な建築技師であったが、兄リンカーン・バロウズが副大統領実弟殺人の罪で死刑を言い渡されたことにより人生が180度変わる。

ミッドナイト・エクスプレス(1978)

<ストーリー>

イスタンブール空港でアメリカ青年ビリーが、麻薬の不法所持で逮捕され刑務所生活を余儀なくされる。そこは暴力が横行する狂気に満ちた世界だった。「ここを出なければ殺されてしまう!」ビリーはついに自分の力で”自由”をつかみ取ることを決意するのだが・・・。

約束のネバーランド(2016)

<ストーリー>

突然終わりを告げた、グレイス=フィールドハウスの幸せな日常。ハウスは農園。子どもたちは、鬼に飼われる食用人間。大好きだったママは子どもたちの監視役。「これ以上、家族が死ぬのは嫌だ…!」そう願ったエマ達は、日常に潜んでいたあらゆる意図を解き明かしていく。鬼vs子ども、命をかけた脱獄計画が始まる–

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください