【テクニック】面白い会話劇の作り方「キャラクターのサブテーマ固定法」を紹介

面白い会話劇を作ろう

物語を描く上で、登場人物同士の会話は、非常に重要な物だ。

会話劇が面白いか、平凡かで、作品の評価は大きく変わる。

今回は、面白い会話劇を作り出す、一手法を教えよう。

それが「キャラクターのサブテーマ固定法」である。

他にも言い方や一般的な名称があるだろうが、まあ、そんな事は些細な問題だ。

面白い会話劇、作りたいよね?

なお、今回の内容は、いちおう初心者向けである。

まずは会話のメインテーマを決めよう

良い会話には、一定の目標や目的がある。

それは、言ってしまえば会話におけるメインのテーマだ。

例えば、挨拶を一つとっても、会話の入り口から、相手の状態を把握する為や、相手に自分を印象付ける為等、何らかの目標・目的がある。

天気の話題を振るにしても、場を持たせて空気を悪くしないとか、純粋に天気について情報交換する等、やはり、目標や目的がある。

ファンタジーRPGで、村人と会話するのは、役に立つ情報を収集する為で、その目標や目的を達成出来ない会話は、プレイヤーをガッカリさせる。

まずは、会話のメインテーマが何かを把握しよう。

当たり前の会話の着地点から少しだけ外れよう

面白い会話劇とは、そこに意外性が必要になる。

その際、目指すべきなのは、本来の会話が目指す目標や目的から、思いも寄らぬ方向に外れた所に到達する事だ。

そこに意外性が生まれる事になる。

そこで「キャラクターのサブテーマ固定法」の出番

「キャラクターのサブテーマ固定法」は、会話本来の目標や目的に向かっている様で、相手が独自のテーマで会話をしようとする手法だ。

つまり、対話者にサブとなるテーマが固定されている事で、対話内容に化学反応が起きる。

どういう事か?

メインテーマを歪めようとするサブテーマ

サブテーマは、メインテーマを歪めようと引っ張る。

メインテーマに沿って会話が進むのだが、対話者はサブテーマに話を持っていこうとして、話がそれると言う事が発生する。

だが、メインテーマを完遂したいので、元の会話はメインテーマを維持したまま進行しようと力が働く。

この時、あくまでも、サブテーマは、メインテーマを歪めるだけで、話を変えてはいけない。

この「話をそれさせるサブテーマ」を、キャラクターに固定する事が、今回紹介する手法の肝となる。

例えば、だ。

一方が、夕食に何を作って食べるかをメインテーマに会話しようとしているとしてよう。

対話者が、サブテーマで何を持っているかで、会話内容はガラリと変わる。

「今晩、何食べたい?」に対して

「そんな事よりさ」と話を変えてしまったら、メインテーマが変わってしまう。

普通の返答なら「夕飯? 昨日は焼き魚だったし、肉かな。最近寒いし、鍋もいいね」と、メインテーマに沿った物となる。

ここで、キャラクターに沿ったサブテーマによって、会話を歪める。

例えば「エロス」をサブテーマに会話したがるキャラクターなら?

「君を食べたい」

「はいはい。そう言うのは良いから」

なんて会話が発生する事も、あるだろう。

これは、日常の会話でも起きる現象だ。

相手は、いつだって自分が話したい事を話そうとする。

サブテーマでメインテーマを歪めるのは、メインテーマとサブテーマの掛け算だ。

このサブテーマを、キャラクター毎にある程度決めてしまう事で、劇中の会話は、面白く歪む。

この歪みこそが、会話劇の面白さを生む事になる。

いつも心に、サブテーマのフィルターを

メインテーマとは、ある意味で「TPO」に沿っている物だ。

だが、サブテーマは「個人の価値観」に沿っていると言っても良い。

つまり、サブテーマに沿っている会話とは、キャラクターの内面に正直な会話とも言える。

もし、あなたの好きな人が、「好きな人に何贈られたら喜ぶかな?」と無邪気に聞いてきたら?

メインテーマに沿った返答なら「自分では買うのに気が引けるけど、貰ったら嬉しいものかな」と真面目な答えになるかもしれない。

だが、サブテーマとして、好きな人に近づきたい様な目的があれば、会話は変わる。

例えば「君は、何を貰ったら嬉しい?」と聞けば、相手が貰って喜ぶものをリサーチ出来る。

要は、双方が自分の欲望や希望に沿った情報を引き出そうと、綱引きしている事が分かる事で、会話劇は面白くなると言う訳だ。

サブテーマをキャラクターによって固定させる事で、TPOに左右されずにキャラクターは自分の目的に沿って会話をしようとする。

それが、キャラ独自の会話となり、キャラクター性を引き出す事にも繋がる。

終わりに

今回の「キャラクターのサブテーマ固定法」は、基本的な事を一側面から説明したに過ぎない。

だが、これを仕組みとして認識しているか、認識せずに感覚だけでやっているかによって、創作が詰まった時、スランプから抜け出す大変さに差が出てくる。

仕組みを理解出来れば、どこが問題なのか当たりが付くからだ。

メインテーマが曖昧なのか、サブテーマが曖昧なのか、それとも他に原因があるのか?

少しでも役に立てば嬉しい限りだ。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください