「自殺・自死/安楽死・尊厳死」モチーフ作品特集

自らの命を絶つと言う選択

苦しみから逃れる為か、人生の幕引きぐらい自身の選択で決めたいからか。

世界でもトップクラスの自殺率を誇る日本。

社会問題と言って差し支えない人数が毎年自殺によって自ら命を絶っている。

その数、多い年で3万人、少ない年でも2万人にも上る。

少なくとも6千人に1人は毎年自殺しているって言うのだから、暗い話題である。

警視庁ウェブサイト:https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/jisatsu.html

この記事では、そんな「自殺・自死」に加えて「安楽死・尊厳死」と言うモチーフもあわせて、これらを扱った作品を紹介していく。

暗く陰鬱な作品がある可能性大なので、今の気分が恐ろしいぐらいネガティブなタイミングの影響受けやすい人は、見ない様に!

マジで頼むよ!

イジメの時間(2019)

<ストーリー>

―もう二度と生まれてきませんように―

学校の屋上から身を投げ出そうとするのは、

半年前まではごく普通の中学生生活を送っていた少年、歩。

彼をここまで追い込んだものとは?そして、その先に待つ真の結末とは…?

命を救った死神(2019)

<内容>

死神が命を救う?Twitterで9万リツイート&19万いいねされた「命を救った死神」が電子書籍化!働くこと、生きることに悩んでいる人は死神さんから勇気と癒しをもらえるはずです!!

悲しみの皮(2010)

<ストーリー>

時は1832年。22歳のラファエルのギャンブル癖は自殺する一歩手前まで追い込んでいた。セーヌ川に投身する直前に店主から奇妙な”悲しみの皮”という品を進められる。それは、願った事はなんでも叶える引き換えに人生が短縮していくというものだった。

樹の海(2005)

<ストーリー>

自殺の名所として名高い青木ヶ原樹海で交錯する様々な人間の「生」と「死」を4つのエピソードで綴った群像ドラマ。公金横領の罪を背負わされ暴力団に樹海に遺棄された朝倉。一命を取り留めた彼は森を彷徨う中で、自殺しようとしている中年男・田中に出会う。

君がくれたグッドライフ(2014)

<ストーリー>

年に一度、自転車で旅に出る6人の仲間たち。持ち回りで行き先を決めるのだが、ハンネスとキキが選んだのはベルギーだった。友人たちはチョコレート以外に何があるのかとボヤくが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告されたハンネスが、人生最期の旅と決めて尊厳死の許されるベルギーをめざすしたと知り、彼の願いを叶えることを決意する-。

強制除霊師・斎 (8) 自殺女房(2018)

<ストーリー>

「私は誰も好きになれない──」

悲しい身の上の女と結婚した男性相談者。

しかし、穏やかな暮らしは長くは続かず突如、妻は自殺した。

ひとり取り残された夫の部屋を訪れた斎が視た おぞましい存在の姿とは──?

ゴースト・イン・ザ・ファミリー 新しい家族(2021)

<ストーリー>

自殺を断念するつもりが不運にも命を落とした男。だが、天の使者には自殺扱いされ、幽霊としてこの場から離れられくなってしまった!唯一の希望は善行を積めば、天の決定を変更できるかも?そんな男の家にある一家がやって来る。崩壊寸前の家族を救うハートウォーミング・ストーリー!

最後の医者は桜を見上げて君を想う(2016)

<ストーリー>

シリーズ累計45万部突破!本読み書店員が選ぶ「感動小説」第1位!

自分の余命を知った時、あなたならどうしますか?
死を肯定する医者×生に賭ける医者
対立する二人の医者と患者の最後の日々――
衝撃と感動の医療ドラマ!

あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか? それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!

サイド・エフェクト(2020)

<ストーリー>

最愛の夫マーティンの逮捕に心を痛めたエミリー。うつ病に苦しめられた末自殺未遂を起こして入院する事態に。そんなエミリーの担当となった精神科医のバンクスは、彼女に新薬を処方し症状の改善を図る。ところが新薬の副作用で夢遊病を発症したエミリーは、ある時夫を刺殺してしまう。

幸せなひとりぼっち(2016)

<ストーリー>

妻に先立たれ、さびしさと悲しみに耐えきれなくなった中年男性オーヴェは自殺を思い立つ。

自殺遺族になっちゃった!!(2019)

<ストーリー>

ある日、ぐみ(作者)の元にかかってきた母親からの1本の電話。

それはぺるみ(妹)に代わって協議離婚中の旦那・トビオのマンションに離婚届を取りに行った際、首を吊り倒れているトビオを発見してしまったというものだった。

その後、警察からの取り調べや検死により、他殺などの事件性はなく自殺という判断が下されたのだが、事件はこれで終わらなかった。なんとトビオの死によってマンションが事故物件化してしまったため大家から損害賠償金1千万円を支払うよう命じられたのである。

果たして、宮本家を待つ運命とはいかに――。

自殺うさぎの本(2005)

<内容>

イギリスで20万部を売り上げた話題の絵本
待望の日本版発売!!

レビューより
こんなにファニーでバニーな本は他にない(エルトン・ジョン)
綿密な取材の末 完成された、今年度の最高傑作(ヒュー・グラント)

自殺サークル(2002)

<ストーリー>

新宿のプラットホーム。楽しげにおしゃべりをする女子高校生の集団。電車がホームに入ってきた瞬間、彼女たち54人の女子高校生たちは手をつないだまま飛び降りた。同じ頃、各地で集団自殺が次々と起こり始める。”事件”なのか”事故”なのか、迷う警察。

自殺島(2009)

<ストーリー>

「自殺島」─それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。果たして、セイ達の運命は!? 極限サバイバルドラマ待望の第1巻リリース!!

自殺直前日記(1996)

<内容>

山田花子という漫画家をご存知ですか ?

1992年5月、24歳で永眠した彼女は、『ヤングマガジン』『月刊漫画ガロ』などの漫画雑誌で活躍していました。
生きづらさを抱えた登場人物たちを執拗に描くことで評価されましたが、繊細すぎて統合失調症を患い、高層住宅
の11階から飛び降りることで命を絶つのです。彼女の死は読者の心に重いしこりを残しました。
それから約4年後の1996年、山田花子が自殺の直前まで綴っていた日記が、関係者の手によって一冊の書籍として
出版され、ベストセラーになりました。皮肉にも、彼女の存在はこの本を通じて、生前よりもより多くの人に知れ
渡ることになったのです。

本書は山田花子の、そのベストセラー『自殺直前日記』の復刻版です。
前著では、編集上の都合で割愛された100箇所以上の文章(四百字詰め原稿用紙換算約90枚)を追加し、新たに編集
し直しました。

ではなぜ今、山田花子なのか。

彼女が世を去って20年以上経ちますが、山田花子という作家は未だに忘れられていません。漫画の作品集は入手可能
なものが現在5冊あって、読み返しても古くならず、どれも読み継がれています。

山田花子は、その人生が熱心なファンの手により映像化されたり、原画展が行なわれたりと、絶えず引き継がれてきて
いる印象があります。逝去と同時に、彼女を愛した多くの人たちのこころのなかに、生きはじめています。

それは彼女が目をそむけたくなるような世の中の現実に、ただひとり果敢に立ち向かっていったからなのでしょうか。
彼女は結果、こころの地獄に押しつぶされてしまいましたが、皮肉にもその軌跡は、多くの若者たちの胸を打ち、現在
も作品を生き続けさせているのです。

本書は山田花子ファンはもちろん、今の時代に “生きづらさ” を感じている、多くの人たちに読んで頂きたい一冊です !

自殺投票(2020)

<内容>

「小説とコミックを同時に楽しめる! 新しい読書体験しませんか?」新感覚ノベルコミック『peep premium series』創刊! 250万DL突破の大人気アプリ「peep」の人気コンテンツを、小説とコミックを合わせた新形態シリーズとして書籍化! 退出絶対不可能の自殺ゲームに巻き込まれた学生たちの恐怖を描いた衝撃の問題作! 謎の自殺ゲームに強制参加させられた少女たち、大切なのはイノチか、トモダチか?(「自殺投票」)惨劇から1年、映画研究会の大学生7人のグループチャットに謎のアカウントが追加され、再び恐怖のゲームが始まる!(「自殺投票-全員、有権者-」)絶対逃げることのできない自殺ゲームに巻き込まれた学生たちの暴かれていく人間性と恐怖を描く2編を収録!

自殺について(1800年代)

<内容>

死にたくなったらこれを読め! 生きるのが辛い時はちょっと哲学を。時空を超えて旅するショーペンハウアー先生の思想を、美しい女性と、道に迷う若者の恋の物語に仕上げました。

自殺予定日(2016)

<ストーリー>

「父を殺したのは、母です」
少女は継母の罪を暴き、父の無念を晴らせるのか?!
すべての予想を裏切る、一気読み必至の傑作ミステリ!

「美しく強かな継母が父を殺した」再婚してわずか一年半足らずで父が急死。遺産とビジネスを受け継ぎ生き生きと活躍する継母の姿に、女子高生の瑠璃はそう確信した。彼女は自らの死をもって継母の罪を告発しようと決意する。しかし自殺の名所として有名な山奥の森で首を吊ろうとしたところ、かつて同じ森で首吊り自殺したという“幽霊”と出会い、裕章と名乗る彼に継母の罪の証拠を一緒に探そうと提案される。瑠璃が決めた期限以内に見つからなければ、その時死ねばいいと。六日後──それが瑠璃の自殺予定日となった。継母の罪を暴き、父の無念を晴らせるのか?! すべての予想を裏切る、一気読み必至の傑作ミステリ!
解説=池上冬樹

死にたがりな少女の自殺を邪魔して、遊びにつれていく話。(2021)

<ストーリー>

第8回ネット小説大賞の受賞作かつ、小説投稿サイト「小説家になろう」の恋愛部門において、月間1位を獲得した星火燎原(せいか・りょうげん)による恋愛小説です。死神と取り引きをし、寿命が3年になる代わりに時間を24時間巻き戻せる時計を手に入れた相葉純は、その時計の力で、自殺願望の強い少女・一之瀬月美の自殺を邪魔することになる。時間を巻き戻し、一之瀬の自殺を邪魔し続けるうち、二人の関係は徐々に変化していき……。閉塞した日常と、生きづらい日々を少しずつ変化させる、小さな恋の物語。

死役所(2019)

<ストーリー>

此岸と彼岸の境界に存在する、市役所ならぬ「シ役所」。自殺、他殺、病死、事故死など、ありとあらゆる死者が訪れ、自分の死の手続きをしていく。死を通して、生きることと向き合う衝撃作!

十二人の死にたい子どもたち(2019)

<ストーリー>

その日、十二人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。「みんなで死ねば、怖くないから」ところが、彼らはそこで十三人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはず。まさかこの十二人の中に殺人鬼が……?死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、十二人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。

スーサイド・ショップ(2012)

<ストーリー>

絶望に覆われ灰色に染まった大都市。生きる意欲も希望も見出せない人々は、次から次へ自殺をはかっていた。そこで唯一繁盛しているのが10代続く老舗の自殺用品専門店。

世界一キライなあなたに(2016)

<ストーリー>

舞台はイギリスの田舎町。ルイーザ・クラークは、お洒落をすることが大好きな26歳。ある日、働いていたカフェが閉店することになり、突然職を失ってしまったルーが新たに得た職は、バイクの事故の影響で車椅子生活を余儀なくされ生きる希望を失ってしまった、ウィル・トレイナーの介護兼話し相手をする、期間6か月の仕事だった。最初はルーに冷たく当たるウィルだったがルーの明るさが、ウィルの頑な心を溶かしていき、やがて2人は心を通わせ、互いが最愛の存在になっていく。しかしある日ルーは知ってしまう。ウィルが決めた「生きる時間」があとわずかだということを・・・

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019)

<ストーリー>

天才作家・太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返す-。その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが…。

眠れる美女(2013)

<ストーリー>

17年間植物状態でいる娘の尊厳死を求める両親に対し、延命処置続行の暫定法案を強行しようとするベルルスコーニ首相。

バビロン(2015)

<ストーリー>

「生きることは善いこと」 その常識が覆される時代が訪れたら、あなたはどうする。 読む劇薬・野﨑まどが綴る衝撃作が、遂に禁断の映像化! 「その啓示は、静かにそっと訪れる-」 東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、一枚の奇妙な書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字。捜査線上に浮かんだ参考人のもとを訪ねる正崎だが、そこには信じがたい光景が広がっていた。時を同じくして、東京都西部には『新域』と呼ばれる新たな独立自治体が誕生しようとしていた。正崎が事件の謎を追い求めるうちに、次第に巨大な陰謀が見え始め–?

母の身終い(2012)

<ストーリー>

麻薬の密売で刑務所から出所したアランは、昔から仲の悪い母の元に身を寄せた。しかし、年老いた母は病に冒され死期も近く、尊厳死を選択していた。自分らしく人生を終えたいと思う母と、それを受け止められない息子。しかし2人に残された時間は、あまりにも短かった。

山中静夫氏の尊厳死(1993)

<ストーリー>

「楽にしてもらえますか」と末期癌患者に問われた医師は尊厳ある死を約束する。終りを全うしようとする人の意志が胸に沁みる名作

雪女と蟹を食う(2019)

<ストーリー>

金も行き場もない男・北は、自殺を図るが、どうしてもあと一歩が踏み出せずにいた。ある日、テレビのグルメ番組を観て、「人生最後の日は北海道で蟹を食べたい」と思い立ち、強盗を決意する。高級住宅に押し入り、人妻に金を要求するが、彼女の行動は、全く予期せぬものだった――。

ワンダーエッグ・プライオリティ(2021)

<ストーリー>

脚本家・野島伸司がアニメの世界で紡ぎだす、 悩みもがく少女たちの物語–。 14歳の少女・大戸アイは、深夜の散歩の途中で 出会った謎の声に導かれ、「エッグ」を手に入れる。 「未来を変えたいなら」 「今はただ選択しろ」 「さぁ、自分を信じて–」 「エッグを割れ–」 「エッグ」を割った先で、アイを待つものとは……。 

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください