『アイディア・マインドセット・スキルセット・フレームワーク・イノベーション・成功パターン』等を探す助けになる書籍を紹介!

Contents hide
1 ノウハウコレクターにならない為に

ノウハウコレクターにならない為に

ノウハウコレクターとは、これから紹介する本を読んだり買ったりするだけで、思ったような結果を出せない状態を指す。

では、紹介していく本を読むのが無駄かと言うと、そんな事は無い。

紹介する書籍に載っている情報は、どれもかなり有用な物ばかりだ。

大事なのは、ノウハウを手に入れて満足する事では無く、ノウハウを何に使うかにある。

良くある例えだが「電動ドリル」と同じ事だ。

電動ドリルは、便利で、格好良くて、所有欲をそそる。

でも、本当に必要なのは、ドリルを使って穴をあける理由の方である。

日曜大工で一回棚を作るだけなら、電動ドリルは要らないかもしれないし、レンタルしたり知り合いに借りた方がコスパは良いだろう。

だが、こだわりの趣味や仕事で日常的に使うなら、買った方が効率がアップする。

要は「必要な穴」が、分かっていて、その為にちゃんと使うかどうかである。

人によっては、電動ドリルをせっかく買ったのに、使い慣れているからとピンバイスやキリを使うかもしれない。

これは、ノウハウでも同じで、使い慣れていないから使わないのでは、コレクター一直線だ。

なので、まずは「必要な穴」を認識して、それを効率的にあけるノウハウやツールを求め、実際に結果が出るまで使って欲しい。

そこまで意識出来れば、これから紹介する書籍は、宝の山に見える筈だ。

まあ、知的好奇心を満たす為に読むのも、否定はしない。

頭の良いノウハウって、見てるだけで面白いからね。

アイデア大全(2017)

<内容>

■アイデアの百科事典
企画営業・マーケター・クリエーター・商品開発・起業家……
一生使える必携の書。
煮詰まった/ネタ切れ/思いつかない/パクりたい/
変えられない/才能に自信がない/どうしたらいいかわからない……

◎数々のアイデア法をツールとして読者自身が試せるように、
 具体的な手順を思考のレシピとして解説、具体例(サンプル)も明示し、実用性を追求。
◎一方で、その底にある心理プロセスや、方法が生まれてきた
 歴史あるいは思想的背景にまで踏み込み、知の営みの縱橫のつながりを理解する。

単なるマニュアルには留まらない、眠ってしまった創造力と知的探求心を挑発し、
呼び起こす、アイデアの百科事典。

■解説する技法一覧
発想法や創造性開発の分野だけでなく、本書では類書が扱う範囲を超え、
科学技術、芸術、文学、哲学、心理療法、宗教、呪術など多くの分野を渉猟し、
新しい考えを生み出す42の技法をまとめている。

01 バグリスト/02 フォーカシング/03 TAEのマイセンテンスシート/
04 エジソン・ノート/05 ノンストップ・ライティング /06 ランダム刺激/
07 エクスカーション/08 セレンディピティ・カード/09 フィンケの曖昧な部品/
10 ケプナー・トリゴーの状況把握/11 空間と時間のグリッド/12 事例-コード・マトリクス/
13 P.K.ディックの質問/14 なぜなぜ分析/15 キプリング・メソッド/
16 コンセプト・ファン/17 ケプナー・トリゴーの問題分析/18 仮定破壊/
19 問題逆転/20 ルビッチならどうする?/21 ディズニーの3つの部屋/
22 ヴァーチャル賢人会議/23 オズボーン・チェックリスト/24 関係アルゴリズム/
25 デペイズマン/26 さくらんぼ分割法/27 属性列挙法/
28 形態分析法/29 モールスのライバル学習/30 弁証法的発想法/
31 対立解消図(蒸発する雲)/32 バイオニクス法/33 ゴードンの4つの類比(アナロジー)/
34 等価変換法/35 NM法T型/36 源内の呪術的コピーライティング/
37 カイヨワの〈対角線の科学〉/38 シソーラス・パラフレーズ/39 タルムードの弁証法/
40 赤毛の猟犬/41 ポアンカレのインキュベーション/42 夢見

古代の弁論家、ルネサンスのユマニストらが論じたように、
発想法は我々の知的営為の最初に来るもの、それゆえに最も肝要なものである。
正しく論を組み立てることも、構想を広げ、また現実化することも、
まず〈考え〉を始めることなくしては、成り立たない。
まだ誰も見たことのない何かに向けて考え始めよう。
ここに集めた技法は、そのための道具(ツール)である。
――著者「まえがき」より
■目次
まえがき 発想法は人間の知的営為の原点

第Ⅰ部 0から1へ
第1章 自分に尋ねる
第2章 偶然を読む
第3章 問題を察知する
第4章 問題を分析する
第5章 仮定を疑う

第Ⅱ部 1から複数へ
第6章 視点を変える
第7章 組み合わせる
第8章 矛盾から考える
第9章 アナロジーで考える
第10章 パラフレーズする
第11章 待ち受ける
アイデア史年表
索引

アイデアのつくり方(1940)

<内容>

1940年から
世界中の人々を魅了し続ける
不変の法則。不朽の名著。

(序文より)
この小さな本のなかで、ヤング氏は、
もっとも学術的で詳細な広告原論よりも
さらに貴重なことを私たちに教えてくれている。
個々のコミュニケーションの
骨や肉にあたるものだけではなく、
その魂ともいうべきアイデアを語っているからだ。

生化学者は、大した費用もかけずに
人間の肉体を組み合わせることができる。
しかし、人体に生命の火を
スパークさせることはできない。
ヤング氏がここに書いているのは、
創造のスパーク、アイデアなのだ。

アイデアこそが広告に精神と生命を吹きこむ。
広告制作者がその手腕を発揮する上で、
これより大切なものはない。

創造の過程における
心の営みを記述するときのヤング氏は、
私たちのもっとも偉大な思索家たちの
幾人かの人々の伝統に連列なる人物である。

バートランド・ラッセルや
アルバート・アインシュタインのような
科学の巨人が、
このテーマで
彼とほぼ同じ趣旨のことを
説いているということが、
ヤングの偉大さの何よりの証しだ。

知識はすぐれた創造的思考の基礎ではあるが、
十分でない。
知識は、よく消化されて、最終的に、
新鮮な組み合わせと関連性をもった姿となって
心に浮かび出てこなければ意味がない、
という点で彼らの意見は一致する。

アインシュタインはこれを直観と呼び、
直観だけが新しい洞察に到達する
唯一の道だと言っている。

手に入れたアイデアが
価値あるものかどうかは保証の限りではない。
このことを言ったのは
ヤング氏がはじめてだったのではないか。

アイデアの良し悪しは、
遺伝子までも含めてあなたのもつ
すべての資質と能力できまるものだ。
しかし、ヤングがこの本で
単純明快にまとめた手法に従って
アイデアづくりに取り組めば、
あなたは自分の能力と素質のすべてを
最大限に生かせることになるだろう。
この問題の核心に触れることができるのは
ヤング氏のおかげである。

長年にわたって広告活動に携った結果、
適確でドラマチックなアイデアの作成が
コミュニケーションを成功させる鍵だ
ということを、彼は体得したのである。

彼はそのことを鮮明に
私たちに理解させてくれるばかりでなく、
その目標に向かってゆく
道筋へも教示してくれている。

アイデア・メーカー―今までにない発想を生み出しビジネスモデルを設計する教科書&問題集(2015)

<内容>

企画シートを埋めれば、
アイデア、ビジネスモデルが完成していく。

このシートから生まれたアイデアで
出資を受けるビジネスが続々、誕生!

アイデア、ビジネスモデルを
創り出す「型」を身につけるための教科書+問題集

イノベーションに結びつく思考法とスキルを身につけるために執筆したのが本書です。
アイデア発想法とビジネスモデル設計スキルを解説していますが、単なる教科書ではありません。「解説+ワークシート」をセットで用意しています。つまり、「教科書&問題集」という設計になっています。
解説を読み、ワークシートに取り組むことで、アイデアを創り出し、それをビジネスモデルに仕上げることができます。ワークシートを繰り返し使っていくと、アイデアとビジネスモデルを創り出す「型」が身につくようになっています。
本書を読んで、ぜひとも発想法とビジネスモデル設計のスキルを身につけてほしいのです。アントレプレナー(起業家)志望であろうと、イントラプラナー(社内起業家)志望であろうと、役に立ちます。
型が身につくので、偶然ではなく再現性のある形で、「事業を創り出す」能力が備わります。ビジネスパーソンの方はもちろん、学生のみなさんも事業を創り出す人になるために準備を始めてみましょう。

【主な内容】
INTRODUCTION アイデア・ジェネレーション

PART1 アイデア・インキュベーション
CHAPTER1 目的を見つける
CHAPTER2 アイデアを考える
CHAPTER3 アイデアを試す
CHAPTER4 アイデアを完成させる

PART2 ビジネスモデル・インキュベーション
CHAPTER5 プロフィットモデルを創る
CHAPTER6 デリバリーモデルを創る
CHAPTER7 キュレーションモデルを創る

PART3 アイデア創造の実践
LESSON1 テーマを明らかにする/LESSON2 目的を見つける/LESSON3 アイデアを考える/LESSON4 アイデアを試す/LESSON5 アイデアを完成させる/LESSON6 ビジネスの急拡大をねらう/LESSON7 プロフィットモデルを創る/LESSON8 デリバリーモデルを創る/LESSON9 キュレーションモデルを創る/LESSON10 ビジネスモデルの全体像を描く

あるあるデザイン(2019)

<内容>

【言葉で覚えて誰でもできる! 『あるあるデザイン』】

本書はデザインでよく使う手法を、豊富な作例とともにワンフレーズで紹介したレイアウトフレーズ集です。写真をうまく使ったレイアウトを組みたい、イラストを活かしたい、文字だけで魅力的なデザインを作りたい……、そんなときにパッと思い出したい、「あるある」なデザイン手法を45個のワンフレーズにまとめました。

例えば、「丸インパクト」で情報を目立つようにしよう! 「さんかく散らす」でおしゃれな雰囲気に! そんな風にフレーズで覚えて活用することができれば、デザインの引き出しも増え、すばやくレイアウトができるようになります。

また、本書に掲載している作例は合計270点。ポスター、広告、ショップカード、装丁など種類も豊富です。それぞれいくつかの手法を組み合わせてつくったものなので、応用デザインの参考として役立つものばかりです。ぜひデザインのお共として、この一冊をお楽しみください。

イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」(2010)

<内容>

★ロジカルシンキング・問題解決の決定版!
★AI×データ時代の必携書。支持され続けて20万部突破!

やるべきことは、100分の1になる!

コンサルタント、研究者、マーケター、プランナー……
生み出す変化で稼ぐ、プロフェッショナルのための思考術
「脳科学×マッキンゼー×ヤフー」
トリプルキャリアが生み出した究極の問題設定&解決法

〈圧倒的に生産性の高い人〉に共通する問題設定&解決法
「イシュー」とは、「2つ以上の集団の間で決着のついていない問題」であり「根本に関わる、もしくは白黒がはっきりしていない問題」の両方の条件を満たすもの。
あなたが「問題だ」と思っていることは、そのほとんどが、「いま、この局面でケリをつけるべき問題=イシュー」ではない。
本当に価値のある仕事をしたいなら、本当に世の中に変化を興したいなら、この「イシュー」を見極めることが最初のステップになる。

目次

はじめに 優れた知的生産に共通すること
■序章 この本の考え方―脱「犬の道」
■第1章 イシュードリブン―「解く」前に「見極める」
■第2章 仮説ドリブン(1)―イシューを分解し、ストーリーラインを組み立てる
■第3章 仮説ドリブン(2)―ストーリーを絵コンテにする
■第4章 アウトプットドリブン―実際の分析を進める
■第5章 メッセージドリブン―「伝えるもの」をまとめる
おわりに 「毎日の小さな成功」からはじめよう

イメージをパッと形に変えるデザイン大全(2021)

<内容>

直感で探せてすぐ使える
「イメージワード」と「ビジュアル」でつくられた新しいデザインの本
この1冊ですべてのデザインを網羅できる!

アイデアが出ない…
時間がない…
デザインがつくれない…
ヒアリングができない…
本を開けばスルスル悩みが解消する!

デザインに関わるすべての人に役立つ
全12章、200点超えの作例に中につくりたいデザインが必ずある!

Chapter01 「きれいな」デザイン
Chapter02 「明るい」デザイン
Chapter03 「かわいい」デザイン
Chapter04 「おしゃれな」デザイン
Chapter05 「楽しい」デザイン
Chapter06 「ナチュラルな」デザイン
Chapter07 「信頼感のある」デザイン
Chapter08 「高級感のある」デザイン
Chapter09 「力強い」デザイン
Chapter10 「心に響く」デザイン
Chapter11 「カッコいい」デザイン
Chapter12 「ミステリアスな」デザイン

◯本書の対象読者
・仕事でデザインを制作しているデザイナー
・デザイナーにデザイン制作を発注するクライアント
・打ち合わせやヒアリングがうまくできなくて悩んでいる人
・言葉のイメージからデザインのアイデアを見つけたい人
・ビジュアルのイメージからデザインのアイデアを見つけたい人
・時間がない時にさっと使えるデザインの見本集が欲しい人
・アイデアが枯渇した時にパラパラ開いてイメージを湧かせたい人
・ありとあらゆるデザインのつくる方法を知りたい人

●目次
Chapter 01 「きれいな」デザイン
 01「透明感のある」デザイン
 02「ピュアな」デザイン
 03「洗練された」デザイン
 04「シンプルな」デザイン
Chapter 02 「明るい」デザイン
 05「さわやかな」デザイン
 06「若々しい」デザイン
 07「フレッシュな」デザイン
Chapter 03 「かわいい」デザイン
 08「やわらかな」デザイン
 09「女性的な」デザイン
 10「ロマンチックな」デザイン
Chapter 04 「おしゃれな」デザイン
 11「カジュアルな」デザイン
 12「カフェ風の」デザイン
 13「シンプルカジュアルな」デザイン
Chapter 05 「楽しい」デザイン
 14「ポップな」デザイン
 15「元気あふれる」デザイン
 16「遊び心がある」デザイン
 17「子供向けの」デザイン
Chapter 06 「ナチュラルな」デザイン
 18「あたたかな」デザイン
 19「素朴な」デザイン
 20「生命力に溢れた」デザイン
Chapter 07 「信頼感のある」デザイン
 21「ビジネスに合う」デザイン
 22「大人の風格がある」デザイン
 23「整然とした」デザイン
Chapter 08 「高級感のある」デザイン
 24「エレガントな」デザイン
 25「格調高い」デザイン
 26「シック・クラシカルな」デザイン
Chapter 09 「力強い」デザイン
 27「インパクトのある」デザイン
 28「躍動感のある」デザイン
 29「男性的な」デザイン
Chapter 10 「心に響く」デザイン
 30「情熱的な」デザイン
 31「アーティスティックな」デザイン
 32「斬新な」デザイン
Chapter 11 「カッコいい」デザイン
 33「クールな」デザイン
 34「スタイリッシュな」デザイン
 35「パンク・ロックな」デザイン
Chapter 12 「ミステリアスな」デザイン
 36「サイバーな」デザイン
 37「無機質な」デザイン
 38「光を使った」デザイン
 39「影を感じる」デザイン

売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000(2020)

<内容>

トップマーケッター神田昌典の20年間が1冊に…!!
「素人」を「言葉の達人」に変える667語+2000フレーズ

SNS、ウェブサイト、ブログ、EC、メルカリ、広報・PR、LP、メルマガ、YouTube…。
人の心に響く文章を書く技術、
すなわち「コピーライティング」が今ほど重要な時代はありません。

かつてセールスコピーライティングが今より一般的でなかった1990年代、
アメリカからコピーライティングの手法を持ち込み、広めたのが著者・神田昌典氏です。

◆◆待望の刊行を迎えた、コピーライティングの、「単語帳」!??◆◆

伝説の名著と名高い『ザ・コピーライティング』をはじめ、売上累計400万部に及ぶ
数々のビジネス書を手掛けてきた著者の、集大成とも言える本作は「単語帳」です。

英語学習や受験古文などでおなじみの方も多いことでしょう。
本書に記されたのは、「コピーライティングで使う単語」です!
「前代未聞」「方程式」「たった○日で」「知らないと損する」…。

日本のセールスコピーライティング第一人者神田昌典氏と、
独自の手法に商標登録を持っている実力派コピーライター衣田順一氏が

「本当に効果がある」
「人の心を動かす」
「選びに・選びぬいた」

667の単語表現、
2000のフレーズを1冊に完全収録。

本書は、書く人・売る人が手元におけば、言葉のアイデアが溢れて止まらなくなる…。
―――そんな手引書です。

●目次
◆まえがき~PASONAの法則~
◆問題提起をする表現(Problem)
(解説)売ることの本質は、自分の才能を役立てながら、他人の問題を解決することだ
・問題点を指摘する(16語+48フレーズ)+コラム(知られざるコピーライティングの歴史)
・切迫感を出す(22語+66フレーズ)
・欲望・欲求に訴える(22語+66フレーズ)
・質問を投げかける(22語+66フレーズ)
・好奇心をそそる(16語+48フレーズ)+コラム(マーケティングとは何か?)
・ギャップを生む(18語+54フレーズ)
◆親近感につながる表現(Affinity)
(解説)印象がよくなければ、あなたの提案がどんなに素晴らしくても、聞く耳をもたない
・ストーリー性を出す(16語+48フレーズ)+コラム(書けない原因)
・読み手に寄り添う(22語+66フレーズ)
・誘う(18語+54フレーズ)
◆解決策を提示する表現(Solution)
(解説)「痛み」と「強み」のキャッチボールが、新しい富を作る
・重要なポイントを示す(22語+66フレーズ)
・方法を提示する(22語+66フレーズ)
・簡単さを強調する(21語+63フレーズ)+コラム(コピーライターには3種類いる)
・効率性にフォーカスする(18語+54フレーズ)
◆提案する表現(Offer)
(解説)マーケティング・コピーライターの仕事は、商品価値を最大限高めてから、売ること
・提案内容を伝える(20語+60フレーズ)+コラム(偉人たちのコピー(3)ロバート・コリアー)
・新しさを強調する(21語+63フレーズ)+コラム(キャッチコピーとヘッドライン)
・得する情報を伝える(22語+66フレーズ)
◆相手を選ぶ表現(Narrow)
(解説)自分の才能を活かすためのぴったりな人に出会う
・読み手を特定し呼びかける(11語+33フレーズ)+コラム(行動経済学とコピーライティングの関係)
・限定する(16語+48フレーズ)+コラム(文章力だけでは売れない!?)
・特別感を出す(22語+66フレーズ)
◆行動を促す表現(Action)
(解説)コピーライティングとは、新しい世界を作ることである
・具体的な行動を促す(9語+27フレーズ)+コラム(流し読みへの対策)
・流行りを演出する(10語+30フレーズ)
・信頼感を得る(11語+33フレーズ)+コラム(「ティーザー」というライティング・テクニック)
◆あとがき
など

簡単だけど、すごく良くなる77のルール デザイン力の基本(2019)

<内容>

累計65万部「○○力の基本」シリーズから「デザイン力」が登場!
チラシ、ポスター、プレゼン資料、Webサイト、年賀状などに使える、プロのデザインのコツがすぐに身につきます!

「いきなり手を動かす」「目立つように、とりあえず大きくする」「いろんな色、書体を使いたがる」などのダメパターンをやっていないでしょうか。

そこで本書では、プロのデザイナーの思考プロセスを、「デザインの原理原則(「AISUS」)」をもとに、「BEFORE→AFTER」の改善例とともにわかりやすく解説。

・Accessibility(見やすさ、よみやすさ)
・Impression(印象・映え)
・Sincerity(信頼性・誠実さ)
・Uniqueness(ユニークである、独自性)
・Share(共感・共生・共創力)

「ワンキャッチ・ワンビジュアル」「色は3色まで」「基本は明朝体とゴシック」「文字の縁取りはやらない」など、ノンデザイナーでもすぐに活用できる、デザインのテクニックやティップスを紹介します。

誰もが「デザイン」をする時代、必読の一冊!!

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック(2010)

<内容>

「なぜ商品が売れないのか?」「なぜ企画書が通らないのか?」「なぜメルマガやブログに反応がないのか?」。それらは、すべてキャッチコピー力が足りないせい。情報があふれる現代において、「タイトル」「見出し」「決めゼリフ」など、受け手の気持ちをとらえて離さないワンフレーズが、何より重要です。本書は、仕事で一番必要なのに、これまで誰も教えてくれなかった“刺さる、つかむ、心に残る”コピーのつくり方を、ビフォー→アフター形式で教えます。広告、出版業界に勤める人のみならず、商品開発に携わる人から店頭でPOPを書く人まで、辞書代わりに持っておきたい書籍です!

経営戦略全史&ビジネスモデル全史(2013)

<内容>

経営戦略100年の発展史を一気読み!
ビジネス革新をめぐる巨人たちの“冒険活劇”が
知的興奮を誘い、戦略実践のための新たな気づきに導く!!

本書は20世紀初頭から現在まで、約100年の間に登場した90余りの戦略コンセプトを、その背景とともに紹介する“ストーリーで読む経営戦略書”です。

多くの日本の会社が採用する、世界的には古典とされる経営戦略論から、21世紀の経営環境激変の中で生まれた最新の戦略緒論まで、ビジネス史の流れとともに俯瞰的に学ぶ事ができます。経営戦略の歴史を学ぶことは、同時にあなたの企業組織が、広大な戦略発展の歴史のどこに位置するかに気づき、さらに新しい戦略に取り組む道筋を発見することにもつながります。

これまでビジネス・経営を学んできた方の復習のために、また、これからビジネスに立ち向かう方のよき指南書として、おすすめしたい経営戦略書の新定番です。

<内容>
ビジネス書アワード2冠受賞『経営戦略全史』に第2弾登場
14世紀イタリア・メディチ家から2010年代のスタートアップまで
ビジネスモデルの先駆者たちの栄枯盛衰のダイナミクスを一気読み!

「ビジネス書大賞2014・大賞」「ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2013・ 第1位」を受賞した『経営戦略全史』の著者・三谷宏治の最新作。テーマは「ビジネスモデル革新の歴史」です。
14世紀イタリア・メディチ家、17世紀日本・三井越後屋にはじまり、2010年代のスタートアップまで、約70余りのビジネスモデルを、その背景とともに紹介。ビジネス史の先駆者たちの栄枯盛衰をストーリーで追いかけていきます。

登場するのは100社超の企業と100名超の起業家・ビジネスリーダーたち。彼らが「新たなビジネスモデルをどう生み出したのか?」「なぜ競争優位を築けたのか?」を60点を超す豊富な図版とともに学びます。
そして、現代経営が直面する2つの問い「イノベーションとはどう起こすのか?」「持続的競争優位をどう保つのか?」について、「ビジネスモデル」がどんな回答を出してきたのか、そして、われわれ自身がそれをどう実現していくのかについて考えていきます。

これまでビジネス・経営を学んできた方の復習のために、またこれから新たな道を切り開いていくための指南書として、活用していただきたい経営書の新定番です。

【本書の工夫・特徴】
1)人物・企業・書籍を写真で紹介

人物の肖像写真などビジュアル情報を豊富に掲載しました。“先駆者たち”の人物像や背景情報がイメージとして記憶に定着させられます。

2)豊富な索引
「人名」「団体・ブランド名」「書名」「キーワード」の4つの切り口での索引をご用意しました。ビジネス百科事典・辞書としてもご活用いただけます。

3)キーコンセプトを図解
要点を理解し、自在に使いこなすために、また、カタログ的に眺めてビジネスへのヒントをつかむためになど、さまざまにご活用いただけます。

【登場する“先駆者たち”とビジネスモデル(一部)】
●メディチ家「国際為替・決済」●三井越後屋「現金掛け値なし」●バンカメ「VISAカード」●スクエア「モバイルペイメント」●A&P「チェーンストア」●シアーズ「GMS」●フォード「垂直統合」●ジレット「替え刃モデル」●CBS「広告モデル」●ゼロックス「従量制課金モデル」●トヨタ「リーン生産」「系列モデル」●オークネット「B2B eマーケットプレイス」●デル「ダイレクトモデル」●ギャップ・ベネトン「SPA」●グーグル「キーワード広告」●アマゾン「ワンストップ」「ロングテール」●アリババ「大フリーミアム」●メイシーズ「オムニ・チャネル」●クアルコム・ARM「知財」●キックスターター「クラウドファンディング」●ズーリリー「会員制フラッシュモデル」

現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート――「6パターン・5ステップ」でどんな難問もスラスラ解ける!/東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート―50の厳選フレームワークで、どんな難問もスッキリ「地図化」!(2009)

<内容>

1000問のフェルミ推定を研究し戦略コンサルに内定した東大生グループが、フェルミ推定の解法を体系化。大胆かつ緻密な論理プロセスの構築方法をだれにでもわかりやすく解説!

【主な内容】

PART1 1000問解いてみてわかった!フェルミ推定6つのパターンと5つのステップ/chapter1 フェルミ推定の基礎体系/chapter2 フェルミ推定の基本5ステップ

PART2 6+1パターン15モンのコア問題で、地頭を効率的に鍛える!

<内容>

好評だった『地頭を鍛えるフェルミ推定ノート』に続く第二弾!! あらゆる場面で一生使える最高の問題解決法とは――どんな難題も「3ジャンル、5ステップ」で解ける、東大発、新思考システム!

【主な内容】

PART 1 どんな問題もすらすら解ける!問題解決ケースの3ジャンル・5ステップ/PART 2 9パターンのコア問題で、問題を解く力を効率的に鍛える!/Case問題解答 +9問でワンランク上の問題を解く力を身につける!/付 録 厳選フレームワーク50/問題解決ケース210選

子どもの考える力をつける 3つの秘密道具 お悩み解決! ! にゃんと探偵団(2018)

<内容>

■にゃんと探偵団へようこそ!
わたしはにゃんと。探偵にゃ。
探偵といっても、ふつうの探偵じゃないにゃ。
お悩み解決探偵なんにゃ!
「はこ」「やじるし」「バナナ」
この3つの秘密道具を使ってみんなの悩みを解決するんにゃ!

■にゃんと探偵団と一緒に“頭の使い方”を身につけよう
本書では、ものごとを論理的に考え、自分で答えを見つける方法をわかりやすく解説しました。
「勉強ぎらいをなおすにはどうしたらいいの?」「失敗したらどうすればいいの?」「夢をかなえる
にはどうすればいいの?」など、子どもにとって身近な悩みについて考えながら、3つの秘密道具
の使い方が身につくようになっています。

■これからの時代に身につけておきたい力
学校などの教育現場では、テストの点数だけでなく、“ものごとを自分の力で考え解決する能力”
も評価する方向にシフトしています。そして、社会に出てから役立つのはこの能力なのです。
本書で紹介している3つの秘密道具は、子どもだけでなく親も使えるシンプルで最強のツール。
親子で楽しみながらこのツールの使い方を身につけてください。

【主なもくじ】
プロローグ ようこそ、にゃんと探偵団へ!
第1章 勉強ぎらいのにゃんじのお悩み解決!
第2章 失敗ばかりのにゃんたのお悩み解決!
第3章 夢見るにゃんこのお悩み解決!
第4章 にゃんと先生のお悩み解決!
エピローグ にゃんと探偵団4つのちかい

【著者】
岸良 裕司(きしら・ゆうじ)
ゴールドラット・コンサルティング・ジャパンCEO。全体最適のマネジメント理論
TOC(Theory Of Constraint:制約理論)をあらゆる産業界で実践し、目覚ましい
成果の数々は、国際的に高い評価を得ている。東京大学MMRC非常勤講師。
おもな著書に『考える力をつける3つの秘密道具』(ダイヤモンド社)、『職場の
理不尽』(新潮社)など。

【イラスト】
きしら まゆこ(きしら・まゆこ)
絵本作家・イラストレーター。おもな作品に『はいチーズ! 』『ピピとキキのもちつき
ぺったん』(ともにフレーベル館)、『サンタのいちねんトナカイのいちねん』(ひさかた
チャイルド)、『おとなりさん』(BL出版)など。

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法(2018)

<内容>

IQ重視のマッキンゼーとEQに勝るボスコン、世界の二大コンサルの問題解決の基本技とその限界を、マッキンゼーのディレクター、ボスコンのシニアアドバーザーを務める双方を知る数少ない存在である著者が、それらを超える価値創造の技術とビジネスの最新潮流と共に語る。すでに語られ尽くされた感のある問題解決の定石の新たな活用法が豊富な事例とともに示される本書は、新時代の問題解決の教科書としてビジネスパーソン必携の一冊である。

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則(1932)

<内容>

☆発売12年目の今、一番売れている本、ついに第25刷11万部突破!
☆あの「メンタリストDaiGo」脱帽!
「価格の10倍以上の価値がある。」
「この本には、
言葉だけで、文章だけで、
人の心をわしづかみにし、
動かす方法が書かれています。」

86年以上読み継がれてきた伝説のバイブルがついに登場!
「広告の父」デビッド・オグルヴィは、自らも本書で学び、
「この本は間違いなく、いままで1番役に立つ本だ」と絶賛する。
本書は、58年間、アメリカの広告業界で伝説的コピーライターとして活躍し続けたジョン・ケープルズが、
実証的かつ即効性のある「科学的広告」ノウハウを明かしたもの。

本書を「自らのコピーライティングの原点」と位置づけている神田昌典氏は
「監訳者はじめに」でこう話す。

「いまから12年前のこと
──毎晩、むさぼるように本書を読んでいた。
ベッドのなかで眠気に意識を失うまで、手放さなかった。
目覚めても、開かれたままのページに舞い戻った。
それだけ本書に没頭したのは、当然だった。
飛び込んでくる言葉は、通常の、気の利いた言葉ではない。
1語1語が、収益を生むことが科学的に検証された言葉だという。
計画数値の必達にあえぐ、外資系企業の代表者であった当時の私にとってみれば、
魔法のような本だった。

エクゼクティブ・コーチングに参加したクライアント数は、5年間で1万人超。
日本におけるダイレクトレスポンス・マーケティング分野における最大組織となって、
大成功する企業家やベストセラー作家を続々と生み出した。
自社の売上にして30億円。
クライアントが生み出した売上を考えれば、おそらく500億円は下るまい。
この実績を残すことができたのは、私に特別な能力や才能があったわけではない。
すべてはケープルズが70年以上も前に実践・検証していたことである。
私のマーケッターとしての実績の大半は、
本書に書かれている言葉を自分なりに工夫することで、得られたのだ。
いま、改めて読み返してみても、
本書は宝の山だ。
いや、いまだからこそ、さらに価値が高まっていると言えるだろう。
なぜなら、本書に挙げられているコピーは、インターネットが普及した環境で、
より効果的に使えるからである。

本書の読者は、言葉の力を知ることになるからこそ、
その力を何のために使うのかを、読む前に、そして読んだあとに自問してほしい。
そして、その答えは、まさにケープルズが、本書の最後に引用した言葉
──「広告とは、
教育である」──
から読み取れる。
広告を打つということは、数万人に言葉を発する教師であると自覚したとき、
読者は自社のために売上を上げながらも、
よりよい社会の礎となる言葉を、選択することになるだろう。
そのとき、おそらくレスポンス広告は、
新しい時代における真の役割を見出すだろうし、その言葉がきっかけとなり、
私たちの意識を大きく変容させることになるに違いない。
現実は、どんな言葉を選択するかで、創られる。
言葉の力を知った者は、創造者としての責任も同時に負うのである」

【もくじ】
第1章
これが新しい広告戦略だ
第2章
広告は見出しが命
第3章
どんな見出しが1番注目されるか
第4章
効く見出しはこう書く
第5章
35の見出しの型──その効果は検証済み
第6章
どんぴしゃりの訴求ポイントを見つけるには<? br>第7章
「テスト済み広告」と「テストしない広告」
第8章
熱意を込めてコピーを書く方法
第9章
コピーの出だしはこう書く
第10章
効くコピーはこう書く
第11章
コピーの売込み効果を高める20の方法
第12章
誰もがぶつかる問題を避ける方法
第13章
こうすればもっと問合せが増える32の方法
第14章
最大数のお客にアピールする方法
第15章
どんなレイアウトとビジュアルが1番注目されるか
第16章
小スペース広告で利益を上げる方法
第17章
頭の体操10問──成功した見出しはどっち<? br>第18章
広告をテストする17の方法

「広告の父」デビッド・オグルヴィが本書で学んだ7つの原則
1.成功(最大限の費用対効果)へのカギは、広告のあらゆる要素を絶えずテストすることにある。
2.どう言うかより、何を言うかのほうが重要。
3.ほとんどの広告では、見出しが1番重要。
4.1番効果的な見出しは、相手の「得になる」とアピールするか、「新情報」を伝えるもの。
5.中身のない短い見出しより、何かをきちんと伝えている長い見出しのほうが効果的。
6.一般的な内容より、具体的な内容のほうが信用される。
7.短いコピーより、長いコピーのほうが説得力がある。

【デビッド・オグルヴィ絶賛】
「ジョン・ケープルズは違う。
何と49年間も、コピーライターの仕事に専念してきたのである。
だからこそ、類のない一連の知識を蓄積してこれた。
この本は間違いなく、
いままでで1番役に立つ広告の本である」
(オグルヴィの本書まえがきより)

思考法図鑑 ひらめきを生む問題解決・アイデア発想のアプローチ60(2019)

<内容>

「アタマの使い方」60パターン
思考のイメージを図解テンプレートでつかむ

ベストセラー『ビジネスフレームワーク図鑑』の著者による
考え方の「引き出し」を増やす技術が満載

【本書のポイント】
・古今東西の様々な思考法が一冊で学べる
・個人はもちろん、チームでも活用できる
・すべて活用例があり自分の状況に応用しやすい
・PowerPointテンプレートですぐ実践できる

【内容紹介】
アイデアが浮かばない、企画をカタチにできない、
考えをうまく伝えられない、予想外の出来事に対処できない……。

本書は、そんな悩みをお持ちの方に捧げる思考メソッド集です。
論理的思考やデザイン思考など、さまざまな思考法を
イメージがつきやすいように図解テンプレートにしました。

個人はもちろん、チームでの
コミュニケーションツールとしても活用できます。

【掲載している思考法(一部)】
・論理的思考
・デザイン思考
・水平思考
・図解思考
・システム思考
・MECE
・批判的思考
・アブダクション
・要素分解
・Why思考
・演繹的思考
・帰納的思考
・メタ思考
・逆説思考
・IF思考
etc…

【目次】
第1章 思考の基礎体力を高める(メソッド:10種)
第2章 アイデアの発想力を高める(メソッド:12種)
第3章 ビジネス思考力を高める(メソッド:12種)
第4章 プロジェクトの推進力を高める(メソッド:13種)
第5章 分析力を高める(メソッド:13種)

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織(2016)

<内容>

なぜ、「10人に1人が医療ミス」の実態は改善されないのか?

なぜ、燃料切れで墜落したパイロットは警告を「無視」したのか?

なぜ、検察はDNA鑑定で無実でも「有罪」と言い張るのか?

オックスフォード大を首席で卒業した異才のジャーナリストが、医療業界、航空業界、グローバル企業、プロスポーツリームなど、あらゆる業界を横断し、失敗の構造を解き明かす!

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考(2020)

<内容>

「こんな授業が受けたかった! 」
700人超の中高生たちを熱狂させ、
大人たちもいま最優先で受けたい「美術」の授業!!
論理もデータもあてにならない時代…
20世紀アートを代表する6作品で
「アーティストのように考える方法」がわかる!

いま、論理・戦略に基づくアプローチに限界を感じた人たちのあいだで、
「知覚」「感性」「直感」などが見直されつつある。

本書は、中高生向けの「美術」の授業をベースに、
– 「自分だけのものの見方」で世界を見つめ、
– 「自分なりの答え」を生み出し、
– それによって「新たな問い」を生み出す
という、いわゆる「アート思考」のプロセスをわかりやすく解説した一冊。

「自分だけの視点」で物事を見て、
「自分なりの答え」をつくりだす考え方を身につけよう!

■各氏大絶賛!!
▼中田敦彦(オリエンタルラジオ)
「目の前の“あたりまえ”に対して、
『それって絶対じゃなくない?』って言えるかどうか。
すべてはそこから生まれる」
▼藤原和博
「美術は”思考力”を磨くための教科だったのか! とわかる本」
▼山口周
「”考える”の前に”観る”がある。”観る”がなければ”考える”もない」
▼中原淳(立教大学 教授)
「爆発的に面白い!! 『図工2』の僕が、現代アートに惹かれる理由がわかった」

■各種メディアでも話題沸騰!!
▼中田敦彦のYouTube大学▼高橋源一郎の飛ぶ教室(著者出演/NHKラジオ第1)
▼Forbes Japan(小山薫堂氏)▼毎日新聞(夕刊書評/上田紀行氏)
▼HONZ(書評/新井文月氏・吉村博光氏)▼Discover Japan(書評/遠山正道氏)
▼NewsPicks(「The Prophet」)▼ライフハッカー[日本版](書評/印南敦史氏)
▼リアルサウンド(著者インタビュー/飯田一史氏)▼ダ・ヴィンチニュース(書評)
▼アカデミーヒルズ(ライブラリアンの書評)▼日経新聞(高校生版/著者インタビュー)
▼産経新聞(書評)▼信濃毎日新聞(書評/新井文月氏)▼聖教新聞(書評)▼東商新聞(書評)
▼朝日新聞(記事)▼NIKKEI STYLE / 日経WOMAN(書評)▼週刊プレイボーイ▼女性自身
▼週刊ダイヤモンド(書評/三浦崇典氏)▼新文化▼文化通信

■本書の主な構成
[PROLOGUE] 「あなただけのかえる」の見つけ方
[ORIENTATION] アート思考ってなんだろう――「アートという植物」
[CLASS 1] 「すばらしい作品」ってどんなもの?――アート思考の幕開け
[CLASS 2] 「リアルさ」ってなんだ?――目に映る世界の”ウソ”
[CLASS 3] アート作品の「見方」とは?――想像力をかき立てるもの
[CLASS 4] アートの「常識」ってどんなもの?――「視覚」から「思考」へ
[CLASS 5] 私たちの目には「なに」が見えている?――「窓」から「床」へ
[CLASS 6] アートってなんだ?――アート思考の極致
[EPILOGUE] 「愛すること」がある人のアート思考
[“大人の読者”のための解説] 「知覚」と「表現」という魔法の力(佐宗邦威)

シャーロック・ホームズの思考術(2016)

<内容>

ホームズはなぜ初対面のワトスンがアフガニスタン帰りと推理できたのか? バスカヴィル家のブーツからなぜ真相を見出だしたのか? ホームズ物語を題材に、名推理を導きだす思考術を、最新の心理学と神経科学から解き明かす。注意力や観察力、想像力をアップさせる脳の使い方を知り、あなたもホームズになろう!

小学生からはじめる 考える力が身につく本 -ロジカルシンキング-(2015)

<内容>

「考えるトレーニング」をとおして、「すじみちを立てて考え、人にわかりやすく伝えて納得してもらう力」を親子でいっしょに学び、身につけることができます。

本書では考える力を身につける方法のひとつとして、「ロジカルシンキング」を学ぶことからはじめます。前半では、論理パズルや計算式などのさまざまな問題を解きながら、

いろいろな角度から物事を考えたり、理由を論理的に考えたりする力を養うことができます。後半では、身近な題材をもとに「ロジックツリー」を作りながら、

広く深く物事を考えて原因や対策を見つける力を養うことができます。また、すじみち立てて考えることで、相手の気持ちや考えを尊重しながら、

自分の考えを相手に伝え、納得してもらえるようにする方法も説明しています。

各章末には、保護者や指導される方に対してのポイントやまとめがありますので、子供といっしょに楽しみながらスキルを高めることができます。

お子さんのヒューマンスキルを高めることはもちろん、学校の課題作成・発表や自由研究の指南書としても役立つ1冊です。

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門(2011)

<内容>

『ずるい。』
この言葉から、皆さんはどんなイメージを受けますか?
・抜け駆け?
・ルール違反?
・独り占め?

周りにも、ずるいと思わせるような人がすぐに思い当たるのではないでしょうか。
こんなご時世だからこそ仕方ないと思うべきなのか。
それとも、実はずるい生き方が賢い生き方なのか。

「ずるい」という言葉には、一般的にはあまり良いイメージはありません。
しかし、一口に「ずるい」と言っても、いろいろな「ずるい」があります。

人を出し抜いて非難されるような「ずるい」もあれば、
「その発想はなかった……」と周囲をくやしがらせるような「ずるい」もある。
本書で扱うのは、こちらの「ずるい」です。

・常識にとらわれず、自由な発想を可能にする考え方
・最短ルートで問題を解決する考え方
・お金や時間をかけずに目的を簡単に達成する考え方

そんな思考法が本当にあるのか……?
あるんです。 それが、本書で紹介する「ラテラルシンキング」。

あなたも本書を読んで、ラテラルシンキングの達人になってください。

■著者 木村尚義

成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方/アイデアは交差点から生まれる イノベーションを量産する「メディチ・エフェクト」の起こし方(2013)

<内容>

予測不可能な世界では過去の分析や未来予測は意味がない。

コントロール不可能と考えられている「偶然や運」を取り込むことが成功への道だ。
本書では、成功者や企業の事例を豊富に挙げながら、ランダム性・偶然・運を取り入れ方から成功するための方法までを紹介。

ピーター・シムズ(『小さく賭けろ! -世界を変えた人と組織の成功の秘密』著者)推薦
「ランダムな出来事に運命を左右されることが増えているこの世の中では、論理は役に立たない。
チャンスをつかみ、それを最大限に生かすことだ。
フランス・ヨハンソンは、楽しく興味深いスタイルでその方法を教えてくれる」

<内容>

「本書の主張は、あらゆる分野のイノベーターを導くクリエイティビティの不朽の原則である」
『イノベーションのジレンマ』著者 クレイトン・クリステンセン 絶賛

大流行したカードゲームの発案者、革新的な戦略を提案するコンサルティング会社、恐竜滅亡の隕石衝突説を提唱した天文学者、18歳で潜水艦を自作した発明家――。
古今東西の事例から明らかにする、不朽の原則!

革新を生み出す「交差点」とは何か、いかにそれを作り出すか。これであなたも世界を変えるイノベーターになれる!

私たちもまた、このメディチ・エフェクトを起こすことができる。とてつもないアイデアを次々と生み出し、個人として、チームとして、組織として、その恩恵に浴することができるのだ。そのためには異なる専門分野や文化が相互に出会う場を探さなければならない。本書はそうしたアイデアの交差点をどのように見出すか、またどうやったらその出会いが可能になるかを読者に指南する。 (「はじめに」より)

Z会 小学生のための思考力ひろがるワーク 入門編/基礎編 はっけん(2018)

<内容>

●主に小学1年生から小学3年生のお子様対象~考えることが好きになるワーク
パズルのように楽しく取り組める構成です。
いろいろ考えながらじっくりと取り組み、解けた瞬間の「わかった! 」と感じる快感・達成感を味わえる問題をそろえました。
考えることが好きになれるワークです。

●”10歳までに身につけたい考える力”を鍛える
教科学習とは異なる観点での「思考力」を身につけます。
Z会が育てる6つの思考力
・連想力(思いつく力)
・試行錯誤力(いろいろ試す力)
・論理的判断力(順序だててきちんと考える力)
・情報整理力(整理する力)
・注意力(よく見る力)
・推理力(見抜く力)

●「思考力」を養う“入り口”の1冊
『入門編』は、思考力を養う問題集の“入り口”としておすすめ。さまざまな問題形式で思考力がバランスよく身につきます。
『入門編』という名前ですが、易しい問題ばかりではないので、挑戦する力もきたえられます。

●知識そのものではなく“知識を使う力”を養う
知識そのものではなく、知識を活用する力を問う問題を基本としています。
要求される知識は難しくないものの、発想や着眼点で高度なレベルを求められる問題もあります。

<内容>

●主に小学1年生から小学3年生のお子様対象~考えることが好きになるワーク
パズルのように楽しく取り組める構成です。
いろいろ考えながらじっくりと取り組み、解けた瞬間の「わかった! 」と感じる快感・達成感を味わえる問題をそろえました。
考えることが好きになれるワークです。

●”10歳までに身につけたい考える力”を鍛える
教科学習とは異なる観点での「思考力」を身につけます。
Z会が育てる6つの思考力
・連想力(思いつく力)
・試行錯誤力(いろいろ試す力)
・論理的判断力(順序だててきちんと考える力)
・情報整理力(整理する力)
・注意力(よく見る力)
・推理力(見抜く力)

●知識そのものではなく“知識を使う力”を養う
知識そのものではなく、知識を活用する力を問う問題を基本としています。
要求される知識は難しくないものの、発想や着眼点で高度なレベルを求められる問題もあります。

●“見つける”ことに特化した問題集
『基礎編 はっけん』は、正しい組み合わせや間違い探しなど、何かを“見つける”問題を集めました。大局的に見ることと局所的に見ることのバランスをとりながら、特に「情報整理力」「注意力」「試行錯誤力」をきたえられます。

セールスコピー大全:見て、読んで、買ってもらえるコトバの作り方(2021)

<内容>

おもわず注目し、夢中で読み進め、気が付けば申込んでいる……
「非対面・非接触でバカ売れさせる」コトバの全技術。

・売れる「キャッチコピー」
・思わず読み進めてしまう「リードコピー」
・買う気マンマンにさせる「ボディコピー」
・たった一言で売上が倍増する「オファー」
・失敗しない「広告テスト法」
・読みやすくなる「レイアウトと装飾」
・「紙媒体とWEB媒体」の違いと注意点

など、セールスコピー(=買ってもらうための文章術)専門家による「バカ売れさせるスキル」のすべてをこの1冊にまとめました。
「チラシ、POP、DM、セールスレター」から、「販売サイト、ネット広告、HP、ブログ、SNS、メルマガ」まで、リアルの紙からネットを問わず、幅広く効果を発揮します。
「商品・サービスを売りたい」すべての人に役立つ、セールスコピーの決定版ができました!

●目次
【第1章】売れる世界にワープ! 文章より大事な「前提」
【第2章】客がお金を払う「本当の理由」
【第3章】買ってくれる「3つのタイプ」を知り 万人に売る
【第4章】ターゲット別「ドンピシャ訴求」の作り方
【第5章】「売りにくい商品」を売る コトバの作り方
【第6章】売上が2倍変わる「キャッチコピー」
【第7章】初心者でもできる「キャッチコピー」4ステップ法
【第8章】売れるキャッチコピー「13の表現法」
【第9章】「購入意欲が高い客」に有効な キャッチコピー11の表現法
【第10章】「検討客」に有効なキャッチコピー 9の表現法
【第11章】「購入意欲が低い客」に有効な キャッチコピー 10の表現法
【第12章】読む気マンマンにさせる「リードコピー」の作り方
【第13章】読み手を夢中にさせる「ボディコピー」の作り方
【第14章】販売力を強化する ボディコピー「21の表現技術」
【第15章】買う気がない客でも欲しくなる「ストーリーテリング」
【第16章】たった一言でレスポンス倍増! 「売れるオファー」の作り方
【第17章】科学的に売れるコピーを導く「広告テスト法」
【第18章】読みやすくなる「レイアウトと装飾」13の技法
【第19章】広告効果を高める 「10の心理テクニック」
【第20章】「WEB」と「紙媒体」セールスコピーの違い

●コピー初心者が、著者の技術を学んだ結果の例……
・介護施設のスタッフを募集する求人広告で、採用コストを80%カットしながら理想的な人材確保に成功。
・ぬか玄米カイロのネット販売ページで、キャッチコピーを数行変えたら 前年同月比で販売数 10 倍。
・コロナ禍まっただ中にオープンしたフィットネスジム。インスタ広告で集客に成功。
・女性起業家向けのコンサルティングをSNSで案内し、1ヶ月で37名の申込み。
・通常10名集まれば良いといわれているセミナーで、130人の集客に成功。
・副業でアフィリエイト(アドアフィリ)をはじめた未経験者が、12万円の報酬をゲット。
・コロナ自粛で運営が難しくなったボイストレーニング教室が、「ストアカ」でオンラインレッスンを開始。満席を何度も繰り返し、教室のオンライン化に成功。
・日本で知名度ほぼゼロの海外タンブラーをクラウドファンディングで案内し、公開から10時間で目標金額を達成。
・何をどうやっても反応がゼロだったメルマガリスト429件へ、オンラインのダイエットサポートを案内し、3名契約。
・コロナ禍を乗り越えるためにデリバリーをはじめた飲食店。チラシを配布した結果、132件の注文をゲット。
・月収3万円だったアフィリエイター(アドセンス)が、月収11万円を突破。
・フェイスブックでライブイベントを告知したら、参加者が100名を突破したデザイナー。
・noteの記事公開から、12時間以内に上限8名の申込みを完売したスピリチュアルカウンセラー。
・4ヶ月間申込み0件だったオンラインの手芸講座に、申込み発生。
・有料のお片付けコミュニティを立ち上げ、募集開始4日で申込み74 名 。その後 135名が参加 (コピーを学ぶ前は申込み0件) 。
・オンライン予備校のランディングページ を改善し、申込み数、売上が倍増。告知はツイッターのみなので、広告宣伝費0円で集客に大成功 。
・フィットネスジムの無料体験を案内するLINE 広告 で 、 ROAS 3,300 達成。 使用した広告費に対して33 倍の売上 。
・日経 BPのWEB サイトで書いたコラム が 、 アクセスランキング 1 位。

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール(2016)

<内容>

自分で作るスライドやチラシ,企画書などが魅力的な資料にならず,苦労することが多いようです。その原因は,センスがないことではなく,デザインの基本ルールを知らないことなのです。本書で詳しく解説する基本ルールをマスターすれば,WordやPowerPointであっても,読みやすく伝わりやすい,そして見違えるほとかっこいい資料が作れるようになります。旧版では「もっと早く読んでおきたかった!」「職場のみんなに配りたい」など大きな反響を巻き起こしました。増補改訂版では,図版の作り方や実践例など内容を拡充してさらにパワーアップ。作例の図なども大きくし,さらに読みやすくなりました。すべての学生・社会人に必携の1冊です!

(こんな方におすすめ)
・すべての情報発信者
・職場で「にわかデザイナー」をやっている方

(目次)
第1章 書体と文字の法則

第2章 文章と箇条書きの法則

第3章 図とグラフ・表の法則

第4章 レイアウトと配色の法則

第5章 実践

Design a Better Business ビジネスイノベーション実践のためのツール、スキル、マインドセット(2020)

<内容>

『ビジネスモデル・ジェネレーション』のプロデューサーが贈る
世界14カ国で翻訳されたベストセラー、待望の日本語訳!

日本語版オリジナルコンテンツとして、NECによるデザイン思考の取り組みを収録!

本書は、現代のビジネスを取り巻く曖昧さに立ち向かい、不確実性から価値を生み出すために必要な「ツール、スキル、マインドセット」を包括的に解説した、ビジネスイノベーションの実践ガイドです。
ビジネスモデルキャンバスが誕生して10年。日本でも「デザイン思考」と同様に、ビジネスの現場に浸透しつつはあるものの、その力を十分に発揮できている企業は多くありません。9つのマスを詳細に埋めることだけに注力してしまったり、次の行動へのうつり方がわからなかったり…という状況が往々にしてあります。イノベーションを実践するためにはツールを与えられるだけではダメで、それを実践の現場でうまく使えなければ、役に立たないのです。
本書では、実践のための「ツールとスキルとマインドセット」を提供し、ビジネスにおける的確な判断や成果を導き出すことができるようなデザイン力を身につけることを目的としています。ダウンロード可能な21の戦略的ツールと、48のケーススタディ、実際の成功例をビジュアルに紹介。ケーススタディはアウディやオートデスク、トヨタファイナンシャルサービスといった大企業から、小規模なスタートアップ、インキュベーターなど多岐に渡ります。また日本語版のオリジナルコンテンツでは、NECによる寄稿を収録。イノベーションのためのデザイン思考ツールを自社向けにカスタマイズし、使いこなしていくためにはどうすればよいのか、そのヒントを与えてくれます。

なるほどデザイン(2015)

<内容>

【目で見て楽しむ新しいデザインの本!】

「デザイン=楽しい」を実感できる新しいデザイン書籍。デザインする上で必要な基礎、概念、ルール、プロセスを、図解やイラスト、写真などのビジュアルで解説しています。現場で活躍しているデザイナーが身近にあるわかりやすいものに例えたり、図解、イラスト、別のものに置き換えて見方を変えてみたり…豊富なビジュアルとともにわかりやすくひも解きました。楽しみながらデザインのあれこれがわかり、「なるほど!」と思える内容が盛りだくさんです!

〈本書の内容〉
■Chapter 1
デザインに「正解」はない –編集とデザイン

■Chapter 2 デザイナーの7つ道具
どっちがダイジ? を口癖にしよう。–ダイジ度天秤
主役を狙って、光を当てる。–スポットライト
いいデザインて、いいキャラしてます。–擬人化力
ヒントは世の中にあふれてる。–連想力
言葉と絵のバイリンガルになろう。–翻訳機
ふところに隠し持った、最終兵器。–虫めがね
そのデザインを決めるもの。–愛

■Chapter 3 デザインの素
布地を織り上げるように組む。–文字と組み
言葉の「らしさ」をつくる。–言葉と文章
右脳と左脳で考えてみる。–色
イメージの力に向き合う。–写真
ロジカル、ときどきグラフィカル。–グラフとチャート

ノンデザイナーズ・デザインブック(2016)

<内容>

デザイナーでない人のための、デザインの定番基本書。待望の第4版!

デザインの「4つの基本原則」。これを知るだけで、あなたのデザインはずっとぐっと、良くなります。プロではなくても、読みやすいデザイン、伝わるプレゼン資料、わかりやすいレイアウトを作りたい。そんなあなたのための、デザインの基本書です。

●本書の対象読者
仕事で、学習で、「デザイン」や「レイアウト」をしなければならない場面は、多々あります。本書は、プロではないし、デザインの学習に割ける時間はあまりないものの、自分の作るページや制作物を見栄え良くする方法を知りたい、という人のための本です。

●本書の特徴
1.デザインの「4つの基本原則」がわかる
近接、整列、反復、コントラスト……デザインの4つの基本原則として知られるこれらを最初に提示したのは本書です。良い例、悪い例を挙げて、具体的に原則を解説していきます。

2.作例を多数解説
基本原則を適用して、名刺、チラシ、パンフレット、広告などをデザインする際のテクニックを解説しています。考え方だけでなく、どのように原則を使っていけば良いかが、よくわかるでしょう。

3.活字を用いたデザインを解説
文字および活字は、デザインにおいて大きな役割を担っています。コミュニケーションを強化するための、タイポグラフィの基本からアレンジまで、解説します。

4.日本語版での追加項目
日本語版での追加項目として、日本語を使ったデザインでの「4つの基本原則」の適用方法を、名刺、フライヤー、ウェブなどの作例を用いて解説しています。

『この本がデザイン学校の4年間の代わりになる、と言うつもりはありません。また、この小さな本を読めば、自動的に優れたデザイナーになれる、と言うつもりもありません。しかし、あなたがページを見る目は確実に変わるでしょう。この本の基本原則に従えば、あなたの作品が、もっとプロらしく、組織化され、一体化され、おもしろくなることを保証します。』(著者「まえがき」より)

第1版発売から18年ずっと売れ続けているロングセラー、待望の【第4版】の登場です。

発想を事業化するイノベーション・ツールキット ―― 機会の特定から実現性の証明まで(2015)

<内容>

新しいビジネスを生み出すイノベーターの必携書。
C・クリステンセン、E・デボノ、川喜田二郎、TRIZ…
エキスパートたちの技法を統合した
イノベーションを完遂するためのプロセス&テクニック集!


■イノベーションは二面的なプロセスである
イノベーション成功の鍵は、イノベーションは
2つの異なるプロセスからなると理解すること。

1)機会の特定にはじまり、アイデア発想を経て
収益性や実現性の証明までを行う
「フロントエンドでのイノベーション」

2)実行可能と判断された新しいソリューションを
商品化するステージゲート的なアプローチである
「バックエンドでの活用」
多くの企業がこの2つを混同したり、逆にしたり、
片方しかやらなかったりしている。
――その結果、失敗に終わってしまうのだ。

■イノベーションプロセスの全体観を手に入れる
本書には、最上流の機会発見から、開発に入る直前のイノベーションの証明まで、
一貫した思想でチームを推進することができる方法論が、数多く示されています。
その特徴は、1つひとつの手法がばらばらにあるのではなく、「イノベーターの思考法」
とも言うべき、ものごとを考える順序が論理的に示されているところにあります。

ビジネスアイデア・テスト 事業化を確実に成功させる44の検証ツール(2020)

<内容>

シリーズ累計16万部!
世界的ベストセラー『ビジネスモデル・ジェネレーション』、
待望の最新作

ビジネスアイデアが成功するかどうか、
判断するには「主観」より「エビデンス」。

「ユーザーにとって魅力的か」
「技術的に実現できるか」
「経済的にやっていけるか」
を検証するために使えるツールを完全網羅!

起業家、事業開発の担当者、
ビジネスアイデアのあるすべての人必携。

【顧客発見の実験】
<調査>顧客へのインタビュー/エキスパート・ステークホルダーへのインタビュー/パートナーとサプライヤーへのインタビュー/ある1日/顧客発見サーベイ
<データ分析>検索トレンド分析/ウェブトラフィック分析/オンラインフォーラム/営業チームのフィードバック/顧客サポート分析
<興味の発見>オンライン広告/リンクトラッキング/404テスト/機能のスタブ/メール・キャンペーン/ソーシャルメディア・キャンペーン/紹介制度
<議論のためのプロトタイプ>3Dプリント/ペーパープロトタイプ/ストーリーボード/データシート/パンフレット/解説動画/ブーメラン/持ち主ごっこ
<嗜好と優先順位の発見>プロダクトボックス/スピードボート/カードソート/機能の購入

【顧客実証の実験】
<インタラクションのプロトタイプ>
クリック可能なプロトタイプ/単一機能のMVP/マッシュアップ/コンシェルジュ/実物大のプロトタイプ
<CTA(行動要請)>
ランディングページ/クラウドファンディング/スプリットテスト/先行販売/顧客実証サーベイ
<シミュレーション>
オズの魔法使い/模擬販売/同意書/ポップアップ・ストア/スパイク

■著者紹介■
デイビッド・J・ブランド
2015年、リーンスタートアップ、デザイン思考、ビジネスモデル・イノベーションの手法を用いて企業が製品とマーケットのフィットを見出すことを支援するPrecoilを設立。これまで世界中の企業で新規のプロダクトやサービスの実証実験を支援してきた。シリコンバレーの複数の起業家育成プログラムで講師を務める。
アレクサンダー・オスターワルダー
2015年、「経営思想のアカデミー賞」と呼ばれるThinkers50に選出、2019年同4位にランクイン。ウォートン、スタンフォード、バークレー、MIT、など世界中の大学やビジネススクールに客員講師として招かれてきた。また、バイエル、ボッシュ、WLゴアなどの一流企業や、マスターカードを初めとするフォーチュン500企業の戦略・イノベーション関連のプロジェクトに参画している。

ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70(2018)

<内容>

「アイデアが浮かばない!」
「会議がまとまらない!」
「意思決定で迷ってしまう!」
そんな悩みをお持ちの方に捧げるフレームワーク集です。

【掲載フレームワーク】
・問題や課題を発見するフレーム……8点
・市場を分析するフレーム……13点
・課題解決のアイデアを練るフレーム……10点
・戦略を立案するフレーム……14点
・業務を改善するフレーム……10点
・組織をマネジメントするフレーム……11点
・他者に伝える・共有するフレーム……4点

【本書のポイント】
・個人はもちろん、チームでも活用できる
・使い方のほか、活用のヒントも多数掲載
・すべて記入例がありイメージしやすい
・PowerPointテンプレートですぐ使える

【掲載フレームワーク(一部)】
・As is / To be
・なぜなぜ分析
・ロジックツリー
・緊急度/重要度マトリクス
・意思決定マトリクス
・ファイブフォース分析
・SWOT分析
・パレート分析
・ペルソナ・共感マップ
・カスタマージャーニーマップ
・4P分析
・バリューチェーン分析
・コア・コンピタンス分析
・ブレインライティング
・マンダラート
・シナリオグラフ
・オズボーンのチェックリスト
・ストーリーボード
・プロコン表
・ペイオフマトリクス
・アンゾフの成長マトリクス
・STP
・ビジネスモデル・キャンバス
・ガントチャート
・KPIツリー
・AARRR
・KPT
・PDCA

ビジネスモデル2.0図鑑(2018)

<内容>

「定説」が通用しない時代。うまくいっているビジネスモデルにはどんな共通点があるのか?

本書では、AmazonGo(米国)、芝麻信用(中国)などの海外の事例から、タイムバンク、ZOZOSUITなどの今最も注目されるサービス、そしてあの「クソアニメ」ポプテピピックまで、100の事例を図解。すべてを同じフォーマットで比べながら、その「すごい仕組み」を学べる一冊です。

【目次】

●序章 「ビジネスモデル2.0」とは何か? 「逆説の構造」のモデルが勝ち残る時代

●第1章 モノ 新たな「コアバリュー」を提供する

 Spacious 開店前のレストランがコワーキングスペースに 

 セイコーマート  セブン-イレブンも圧倒する地域密着型コンビニ 

 ライザップ  「結果にコミット」を支える徹底した仕組み化

●第2章 カネ 新たな「お金の流れ」をつくる

 タイムバンク  「時は金なり」を実現。時間を売買できるマーケットプレイス

 CASH 写真を撮るだけで、持ち物をすぐ「現金化」できる

 ポリポリ  市民と政治家のコミュニケーションを促すアプリ

●第3章  情報 新たな「テクノロジー」を使う

 ZOZOSUIT ZOZOが仕掛ける「採寸用ボディースーツ」

 Amazon Go シアトルにAmazonが出店した「無人コンビニ」 

 芝麻信用  人脈や素行など「個人の信用」を点数化する仕組み

●第4章 ヒト 新たな「ステークホルダー」を巻き込む

 ポプテピピック  ファンの間で熱狂的な人気を誇る「クソアニメ」

 WeLive   「WeWork」(シェアオフィス)に続く、コミュニティ重視の居住スタイル

 Humanium 違法な銃がおしゃれな時計や自転車に変わる

見るだけでわかる!ビジネス書図鑑(2018)

<内容>

あのベストセラーって、要するにこんなことを言ってたんだ!
イラストで読みとく最新&定番ビジネス書35冊

「ビジネス書を読んでいますか?」
「読んだ内容を、目の前の仕事に活かせていますか?」

本をたくさん読んでいる割には使いこなせていない――
そんな問題意識をもった著者が、
これまでに読んだビジネス書の中でもよりすぐりの35冊から
「仕事に使える視点」を抜き出して、ゆるいイラストと共にまとめた、
これまでにないユニークなビジネス書ガイドです。

本書で紹介しているのは、こんな本です。

【「個人」の生き方を考える】
~これからの生き方やキャリアについて考える~
LIFE SHIFT/隷属なき道/働くひとのためのキャリア・デザイン/ティール組織/イノベーション・オブ・ライフ

~ビジネスパーソンとしての在り方を考える~
リーダーシップの旅/U理論/なぜ人と組織は変われないのか/やり抜く力/夜と霧

【「人間」の本質を理解する】
~人間の歴史を紐解く~
サピエンス全史/銃・病原菌・鉄

~人間の性質を理解する~
影響力の武器/失敗の科学/選択の科学/「空気」の研究

【「企業・組織」の本質を考察する】
~戦略論を理解する~
パラノイアだけが生き残る/ゼロ・トゥ・ワン/確率思考の戦略論/イノベーションのジレンマ/
ジョブ理論/経営戦略の論理/ストーリーとしての競争戦略/V字回復の経営

~組織論・マネジメントを理解する~
HIGH OUTPUT MANAGEMENT/失敗の本質/知識創造企業/衰退の法則/バリュエーションの教科書/
自分の小さな「箱」から脱出する方法/プロフェッショナルマネジャー

【「世の中」の変化を予測する】
限界費用ゼロ社会/〈インターネット〉の次に来るもの/プラットフォームの経済学/スーパーインテリジェンス

さあ、それでは、さっそく名著への旅に進みましょう!

メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問(2016)

<内容>

メタ思考とは、「物事を一つ上の視点から考える」こと。その重要性はしばしば語られますが、実践するのは容易ではありません。例えば自分自身を「幽体離脱して上から見る」こと(=メタ認知)は、自己成長のためには必須の姿勢であるとよく言われますが、実際にそれができている人はそう多くはないでしょう。そこで本書では、メタ思考を実践するための二つの具体的な思考法(「Why型思考」と「アナロジー思考」)を紹介するとともに、それをトレーニングするための演習問題を多数用意しました。◎問題:「信号機」と「特急の停車駅」の共通点は? ◎問題:「経理業務」と「スポーツ審判」の共通点は? ◎問題:「タクシー」と「土産物屋」の共通点は? ◎問題:お寿司以外の「回転○○」を考えよ。 ◎問題:「顧客の気持ちに絶対になれない職業」とは? ◎問題:「年賀状がたくさん来る人」とはどんな人? ……問題を解いていくうちに思考回路が変わり、考える力が飛躍的にアップする1冊!

もっと! 考える力を育てるお話366 世界の名作・民話から科学の「なぜ」まで(2013)

<内容>

隂山先生が推薦する1日1話のオールカラー読み聞かせ絵本、第2弾!

本書の特長(1)世界の童話、日本の名作、とんち話など、定番のお話から、歴史の名場面、伝記、科学のお話まで、お子さまの知的好奇心を育てるお話が満載です。(2)1巻目では網羅できなかった新しいジャンル(日本の詩、47都道府県の民話・伝説、星座のお話、百人一首)を追加しました。(3)1日1話、1ページor2ページで完結。3分程度で読めます。(4)「おはなしクイズ」が1話に2問ついているので、お子さまの読解力を養うのに役立ちます。(5)「豆知識」や「おはなしクイズ」を通して、親子の会話が弾みます。(6)地図や年表、写真などで紹介する「特集ページ」が充実しています。(7)すべての漢字にフリガナをふっているので、お子さまが大きくなったら一人でも読めます。(8)読んだ日にちが書き込めます。(9)入園・入学祝いなど、プレンゼントにも最適です。

モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方 3歳 〜 12歳 の子ども対象(2020)

<内容>

★フジテレビ系「ノンストップ! 」で紹介!
★中田敦彦のYouTube大学で紹介 !
★週刊文春 2021年1月28日号「ベストセラー解剖」で紹介!
今日から家庭でできる「声かけ」で、イライラが笑顔に変わる!
エビデンスに基づく最先端の教育メソッド

「すごい!」「よくできたね!」「さすがお姉ちゃんだね!」
よかれと思って、そんなほめ方をしていませんか?

「ダメって言ったでしょ!」「早くしなさい!」「どうして約束が守れないの」?
しつけのために、そんな叱り方をしていませんか?

じつは、「ほめる」「叱る」の声かけ次第で、親子関係や子どもの育ち方に大きな影響が見られます。
日本人に多いとされる「自己肯定感」の低い子どもは、
謙遜文化による「ほめ不足」が原因ではなく、
「非効率的なほめ方や叱り方」が原因かもしれないのです。

注目が集まっているプログレッシブ教育(進歩教育、オルタナティブ教育)の代表格である
「モンテッソーリ」と近年最注目の「レッジョ・エミリア」を知り尽くした
オックスフォード児童発達学博士による、
エビデンスに基づく最先端の教育メソッドをほめ方・叱り方という
「声かけ」に落とし込んだ画期的な最新子育てバイブルです。

*本書は、おもに3〜12歳の子どもを対象としています。

やってはいけないデザイン(2016)

<内容>

素人デザインをほめられデザインに変えてきたプロが教えます!

本業はデザイナーじゃないのに、自分でデザインしなくてはいけない、
素人デザイナーさんへ。

素人さんがやりがちな「やってはいけないデザイン」と、
それを改善するためのノウハウをやさしくお教えします。

本書の著者は、素人デザイナーさんを多数教えている、本職のデザイナー。
実経験に基づく、素人デザイナーさんのリアル失敗ポイント、ココが惜しい!
というポイントを余すところなくレクチャーします。

チラシ、ポスター、プレゼン資料、広報誌。知っているだけで
仕上がりが大きく違ってくる知識とノウハウ。
「レイアウトに迷う」「色が決まらない」「フォント選びに悩む」
「かっこよく作れない」「素人くさい」など、お悩みを解決します。

ビフォーアフターで、どこをどうすると改善されるのかを
わかりやすく解説するコーナーも必見です。

【こんな人におすすめします】
チラシ(お店、自治体やNPO、イベントなど)、社内プレゼン資料など、
デザインを自分で作る必要がある人。デザイン勉強中の社会人、自営業者、学生

【本書の内容】
巻頭 こんなデザイン、やっていませんか? 名刺/スライド/ポスター/チラシ
第1章 原稿編
第2章 レイアウト編
第3章 文字・フォント編
第4章 カラー編
第5章 写真・イラスト編

ロゴのつくりかたアイデア帖”いい感じ”に仕上げる65の引き出し(2020)

<内容>

本書はこれからロゴ制作をはじめる人に向けたロゴづくりのいちばんやさしく、そして実践的な解説書です。

デザイナーはもちろんデザインを経験したことがない人でも使いやすいように、基本から実践まで丁寧に解説しています。

ロゴの基礎知識、書体の話、色の話にはじまり、実践パートでは架空のオーダーをもとに、実際にロゴを制作するステップそして現場のデザイナー向けのプレゼンテーションテクニックまでを学び、一冊でロゴづくりにおけるさまざまなノウハウが身につきます。

バリエーション豊富な作例で見た目にも楽しい本書。ロゴを制作するときに役立つ65の引き出しを使って、初心者でもクオリティの高いロゴを作成できるところをゴールとします。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください