「主人公の見ている世界が他人と違う」系作品特集

crop person holding trendy sunglasses against sky

その見えている世界は本物か?

生まれつきか、あるいは事故による物か。

脳や眼が他人と違う状態になってしまい、見えている世界がある意味で狂う。

そんな視界を持って生きる主人公が活躍する物語が存在する。

この記事では、そんな「主人公の見ている世界が他人と違う」要素が使われている作品を紹介していく。

“「主人公の見ている世界が他人と違う」系作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

キャラクター類型、分類一覧

assorted sticker lot

キャラクターの一般的な分類について

この記事では、キャラクター、登場人物のジャンルをまとめ、整理して記載する。

他の記事とかぶるが、整理も兼ねて総括的な一覧に近づけられれば。

何かしら、参考になれば幸いです。

“キャラクター類型、分類一覧” の続きを読む
スポンサーリンク

【レビュー】ヒーローズ・フィースト – D&D公式レシピガイド -【書評】

ファンタジー料理の真面目なレシピ本

今回紹介するのは、海外だと2020年10月27日に発売され、ベストセラーとなった書籍の日本語翻訳版となる。

「DUNGEONS&DRAGONS」の人気や知名度の差から、日本では海外程の大ベストセラーは、恐らく望めないだろう。

だが、本書は「DUNGEONS&DRAGONS」好きのみならず、全ての西洋ファンタジーと言うジャンルが好きな人に刺さる、最高に作り込まれた料理のレシピ本となっている。

“【レビュー】ヒーローズ・フィースト – D&D公式レシピガイド -【書評】” の続きを読む

【レビュー】映画はこう作られていく 名作映画に学ぶ 心を揺さぶる映像制作術【書評】

映画を構成する基本の要素毎に分けられた「制作術」集

この本は、右も左も分からない映像制作初心者が読んで、頭から「最初に何をして、こう言う事に気を付けて、次は……」みたいに真似るだけで長編映画が作れる様になる類のハウツー本では無い。

一つの特殊な切り口を深堀して解説する様な、先進的な技術書と言うわけでもない。

この本は、126本の様々な映画を分析し、例として、制作術単位で実際にどのように使われているかを解説するタイプの、どちらかと言えば優秀な事例集だ。

この本は、映画制作の大きな助けになるが、いくつか条件がある。

“【レビュー】映画はこう作られていく 名作映画に学ぶ 心を揺さぶる映像制作術【書評】” の続きを読む

「幸・不幸」の変化を意識すると物語が面白くなると言う話

cube-six-gambling-play-37534.jpeg

幸不幸値の上下と感情移入度で感情を操ろう

物語を作る時、幸不幸値の変化を意識して描くと、途端に面白くなる事がある。

今回は、幸不幸値の変化で、どうして物語が面白くなるのかを解説する。

“「幸・不幸」の変化を意識すると物語が面白くなると言う話” の続きを読む

スクリプトドクターの誤解されている事7選

little dog in medical uniform in light studio

スクリプトドクターって、多分こうでしょ? いいえ違います!

スクリプトドクターをもっと身近な存在にしたいし、もっと増やしたいし、もっと色んな人に気軽に利用して貰いたい。

世間に存在する誤解を解いて、様々なハードルをどうにか下げる一助になれば。

“スクリプトドクターの誤解されている事7選” の続きを読む

【プロが教える】フレーバーテキストの考え方、作り方

composition of spoonfuls with various spices for healthy food preparing

フレーバーテキスト解説

今回は、フレーバーテキストについて説明する。

フレーバーテキストと聞くと、どんなイメージがあるだろうか?

フレーバーテキストは、作品を支え、物語を構築する重要な要素である。

上手に使えば、メインストーリーでは多くを語らす、フレーバーテキストによってディティールを補完する事も可能なほど、フレーバーテキストは物語の一部と言える。

基本の説明だが、参考になれば幸いだ。

“【プロが教える】フレーバーテキストの考え方、作り方” の続きを読む

【びっくり】「過去・故人からのメッセージ・手紙・ビデオレター」登場作品特集【感動】

beige envelopes with triangular seal flap

時を超えた想い

死者からのメッセージは、オカルトだと一転恐ろしくもあり、スピリチュアルだと感動的にもなる。

現実でも、これらを実現する事は可能だ。

「やぁ、君がこれを見ていると言う事は、私はもうこの世にいないのだろう」

と言った風なセリフが定型文で存在する様に、人は文字や音声、動画と言った媒体にメッセージを保存してタイムカプセルの様に未来へと託す事が出来るからだ。

この記事では、そんな「故人からのメッセージ」が、何らかの形で劇中で登場する作品を紹介していく。

“【びっくり】「過去・故人からのメッセージ・手紙・ビデオレター」登場作品特集【感動】” の続きを読む

【つくって】漫画・アニメ・ドラマ・映画・ゲームに登場する料理が作れるレシピ本特集【食べれる】

girls sitting at table with easter cake

あの作品の美味しそうな食べ物を再現

「原始人の食べる肉」を見て、同じように食べたくなった事は無いだろうか?

「ジブリ」を見ると、無性に目玉焼きを食べたくなる事は?

そう言った願いを叶えると同時に、フィクション世界の料理にディティールを加える助けになるのが、レシピ本である。

中でも、名作に登場した食べ物の再現を試みたり、元になった料理を紹介するレシピ本は、現実とフィクションを最短距離で橋渡しする事を試みた、面白いジャンルだ。

この記事では、そんな物語を彩った料理の作り方が掲載されたレシピ本を紹介していく。

“【つくって】漫画・アニメ・ドラマ・映画・ゲームに登場する料理が作れるレシピ本特集【食べれる】” の続きを読む

「ゴブリン」モチーフ作品特集

gray bridge and trees

悪戯妖精か、あるいは小鬼か、それとも巨大な災厄か

ゴブリンと聞くと、RPGの雑魚敵とか、昔話の妖精とか、最近だとラノベに登場する厄介な亜人種とか、様々なイメージがある。

ゴブリンの歴史は古く、ヨーロッパの民間伝承では悪戯者の妖精や精霊として度々登場したりした。

ドワーフやインプ等と混同する事もあり、それらの存在が身近だった当時は、境界線が曖昧でも許される様な存在だった。

物が壊れたり、無くなったりしたら、それを悪戯妖精のせいにするとか、そういう程度の存在だ。

なので物語に出て来ても、凶悪に描かれる事は稀だった。

悪役としてのイメージが強固となったのは「指輪物語」がターニングポイントと言われている。

オークと言う種族名で、明らかにゴブリンをモチーフとした邪悪な種族として描写されたのが強烈な印象を残し、決定的だったわけだ。

以降は、指輪物語に影響を受けたファンタジー小説や、RPG等の作品内で何度も、邪悪な存在として描き直され、徐々に現代のイメージが形成されるに至った。

この記事では、そんな「ゴブリン」をメインモチーフとした作品を紹介していく。

“「ゴブリン」モチーフ作品特集” の続きを読む