「鍛冶屋・鍛冶師・ブラックスミス」モチーフ作品特集

金属製の道具を作る職人

鍛冶師と言えば、やはり刀鍛冶が印象深いだろうか。

金属を叩いたり加工する事で、自在に道具を作る職人全般を指すのだが、みんなは、鍛冶にどんなイメージがあるだろう?

薄暗い鍛冶場で炉の明かりに照らされ、ハンマーで金属を叩く姿は、粗忽さや、伝統的な重み等を感じるかもしれない。

しかし、それは鍛冶の歴史が古いからであって、金属加工すること自体が最先端だった時代、鍛冶師は最先端の職業であり、腕の良い鍛冶師は今で例えると腕の良いプログラマーの様な、引っ張りだこの高給取りだった事すらある。

武器も鎧も、今でこそ歴史的な価値やロマン溢れるアイテムだが、それが実用的だった時代では、武器も鎧も現代の物で例えると自動車の様な、良い物を持っているとステータスとなる実用品であった。

それを考えると、古代や中世、ファンタジー世界の鍛冶師の在り方は、現代の刀工そのままのイメージでは無い部分もあるかもしれない。

この記事では、そんな「鍛冶」に関わる人等をモチーフとした作品を紹介していく。

おねだりエルフ弟子と凄腕鍛冶屋の日常(2019)

<内容>

「お師(し)さま、そろそろお疲れではありませんか? 私が癒して差し上げますよ~?」

『全ての金属の街』アル・メタリア。近郊の森や洞窟には多くの素材を出す金属外殻獣が棲み、それらを狩って一攫千金を目指す冒険者がたむろする。

 その街で『最高職人』として名声を高めていた男・フィーゴのもとに転がり込んできたのは、金属……ともすれば人の文明とすら縁遠い、エルフ族の少女だった。

 妙にフィーゴに対して「ぐいぐいくる」その少女の名はルミア。果たして彼女は、何のためにこの街へ――?

「そんなことよりおしさま、ルミアと楽しいことしましょ?」

 弟子のおねだりを華麗に受け流しつつ、今日も最高職人フィーゴの仕事が始まる!

鍛冶師ですが何か!(2014)

<内容>

「第6回アルファポリスファンタジー小説大賞」特別賞受賞作、待望の書籍化! 夢だった刀鍛冶になれるというその日に事故死してしまった津田驍廣(つだたけひろ)は、冥界で“異世界の鍛冶師”として生きていくことを勧められた。ところが、彼が降り立ったのは、人間が武具を必要としない世界。そこで彼は、竜人族を相手に、夢の鍛冶師生活をスタートさせた。特殊能力を使い、激レア武具を製作していく驍廣によって、異世界の常識が覆る!? 異世界生産系ファンタジー、ここに開業!

鍛冶屋ではじめる異世界スローライフ(2019)

<内容>

元社畜が異世界に転生して念願のスローライフ。チートな鍛冶スキルを活かして森の片隅でのんびり暮らそうと思ったら、なんだか評判になってしまい…!?

第4回カクヨムWeb小説コンテスト 異世界ファンタジー部門で大賞を受賞、カクヨムの年間総合ランキング1位(2019年)を獲得した『鍛冶屋ではじめる異世界スローライフ』がついにコミカライズ!! 元社畜のエイゾウは猫を助けたことをきっかけに異世界に転生し、チート級の鍛冶スキルを授けられる。エイゾウはそれを活かして念願のモノ作り&スローライフを満喫する…はずだったのだが、作る武器は評判を呼び、獣人サーミャ、ドワーフのリケなど予想外の出会いも起きてにぎやかな日々。狩って食べて作って売って──異世界でののんびり鍛冶屋ライフがスタートです♪

鍛冶屋の子(1956)

<内容>

昭和初期の児童文学作家である新美南吉の童話。

初出は「新美南吉十七歳の作品日記」[牧書店、1971(昭和46)年]。

初出時の表題は「海へ傾いた町」。

「新美南吉全集」第10巻[大日本図書、1956(昭和31)年]に「文芸自由日記」として収録。

鍛冶屋の子「新次」が、満たされない家族と日常について嘆く話。冒頭とラストが「何時まで経つてもちつとも開けて行かない海岸から遠い傾いた町なんだ」という一節になっており、「新次」の鬱屈が解放されない描写が秀逸である。

カナヤゴ(2013)

<内容>

想いを込めて鉄を打ち、人生をかけて刀を鍛える。“一振りの刀”との出会いがひとりの少女を夢へと走らせる――若き刀鍛冶を描いた青春ストーリー!!

カンスト村のご隠居デーモンさん ~辺境の大鍛冶師~(2021)

<内容>

優しい悪魔が導く、カンスト騎士の覚醒ファンタジー!

「この国の端に、大悪魔が潜む村がある。悪魔祓いは騎士の誉れだ!」
強大な悪魔を倒すため、王都最強の騎士アルブレアが向かったモント村。
だがそこは、国を守り支えた英雄たちが優しい大悪魔を慕い集まった、通称“カンスト村”だった!
かの大悪魔は鍛冶屋を営み、少女の姿でシチューを頬張る魔剣や守銭奴の魔女、拳聖の異名を持つ酒好きの神父たちが村でともに笑い合う。
「建国の英雄がなぜここに!?」
伝説の真実を知ったアルブレアは国を守る本当の強さに目覚め始める。
「西の騎士よ、ヌシの剣を選ぶのだ」
大悪魔と出会い迷える騎士が覚醒する! 極めし者の英雄譚、開幕!

好きで鈍器は持ちません! ~鍛冶と建築を極めた少女は、デカいハンマーで成り上がる~(2020)

<内容>

万年落ちこぼれの少女ハンナが冒険者学園を追放されたある日、目覚めたのは鈍器の才能! 竜を倒したり、店を建てたり、国を救ったり――憧れの剣姫レイニーに追いつくため、今日も元気にハンマーで成り上がる!

聖剣の刀鍛冶(2012)

<内容>

折れない心を、剣にかえて— 守れ、すべてを。

かつて、大陸で“悪魔契約”を駆使した忌まわしい戦争があった。そして今――。騎士団に所属する元貴族の娘セシリー・キャンベルは、平穏となった今の世では禁忌となった悪魔契約の力を振るう暴漢を、奇妙な形の剣で一太刀の下に退ける男と遭遇した。セシリーは、父より受け継いだ寿命寸前の古剣を打ち直してくれる鍛冶屋を探していたのだが、一閃でその男の剣に惹きつけられる。しかもルークと名乗る謎めいた男は、鍛冶屋を営んでいるという。――衝撃の出会いが、すべての始まりだった!! 火花を散らす気鋭の作家・三浦勇雄が、剣筆絢爛に舞う本格ファンタジー、見!!参!!

生産職を極め過ぎたら伝説の武器が俺の嫁になりました(2017)

<内容>

MMORPG『アームドエッダ』の世界に転生し、デバッグキャラの鍛冶師ラグナ・スミスの姿と能力を手に入れた俺は、人の姿を得たかつてゲーム内で鍛えた伝説の武器であるレインと出会い――。

戦国鍛冶屋奮闘記ナッちゃん鉄砲編(2018)

<内容>

製造業漫画のパイオニア「ナッちゃん」「下町鉄工所奮闘記ナッちゃん東京編」の番外編。

集英社版コミックス未収録作品。

「下町鉄工所奮闘記ナッちゃん復活編」未発表ネーム、「からくりてく乃」未発表ネーム同時収録。

コラムも掲載。

とある小さな村のチートな鍛冶屋さん(2020)

<内容>

ひょんなことから異世界転生した、元OLのメリア。忙しい生活は、もうこりごり。今世はのんびり暮らしたい。彼女のそんな願いを叶えるべく、なんと神様が、ありとあらゆるものを与えてくれた。十代の身体に食品が腐らない冷蔵庫、魔物が出ないダンジョン……中でも一番嬉しいのは、前世でずっと憧れていた鍛冶スキル! 毎日大好きな鍛冶ができるなんて、最高すぎる。神様ありがとう。びば、異世界ライフ! と、メリアはスローライフを満喫していた。けれど、実は彼女の鍛冶スキルは、とんでもなくチート。やっぱり周りが放っておくわけがなくて――!? アルファポリス「第12回ファンタジー小説大賞」特別賞受賞作、待望の書籍化!

不遇職『鍛冶師』だけど最強です ~気づけば何でも作れるようになっていた男ののんびりスローライフ~(2020)

<内容>

成人すると神に職業と神器を与えられるこの世界では、人の作る武器は不要。レリウスの職業『鍛冶師』は役立たずとされ、彼は冒険者という夢を諦めて宿屋を継ぐことに……。

 しかし、『鍛冶師』の神器・クリエイトハンマーには数々のチート能力が隠されていた。一度破壊したものを何個でも創造・複製でき、スキルの鑑定や付与だってお手のもの!?

 高品質ポーションやスキル付きのアクセサリを量産できる男が話題にならないはずもなく、ここに最高の人生が始まる!

BLACKSMITH ESPRESSO(2018)

<内容>

鉱山都市アイアンローズ。金や宝石などの鉱物が採れるこの都市に一攫千金を目指してやってきた少女アルマと小さな鍛冶屋を営むゼックが出会い、いろんな事件を解決したり人助けをしてゆくことになる。ゼックたちが陥ったピンチを能力や頭脳を使っていかに切り抜けてゆくかが見所。

火鍛冶の娘(2011)

<内容>

女は鉄を鍛えてはならない……そんな掟のある世界。鍛冶の匠だった父を亡くし、男として鍛冶をすることにした少女の沙耶。王子の剣を作る大仕事が舞い込むけれど、渾身の力で鍛えた剣は、血を欲する魔剣へと変化し!?

没落予定なので、鍛冶職人を目指す(2017)

<内容>

現代日本からゲーム『幻想学園』の嫌われモブ貴族に転生した、主人公のクルリ・ヘラン。しかし、将来は悪役令嬢と結婚するも没落する未来が待っていて……!? 没落ルート回避の物語、堂々開幕――!!

魔剣鍛冶師になりたくて!(2019)

<内容>

モンスターの素材で武器を作って悪を討て!
剣技と鍛冶で正義を示す、世直しストーリー!
書き下ろし短編も収録!

【あらすじ】

凶悪なモンスターがはびこる世界。人類が彼らに対抗出来る手段は、聖剣院が剣神より賜った聖剣のみ。青年エイジは人々を守りたい一心で過酷な試練を乗り越え、最上級の使い手「覇勇者」として任命される。しかし、腐敗しきった聖剣院の闇に――既得権益に必死にしがみつく連中の姿に不信感を抱いていたエイジは、その場で覇勇者を辞退して姿を消した。そして時は経ち、彼が再び現れたのは何とドワーフの鉱山! その目的はドワーフの熟練の鍛冶師に弟子入りし、自ら「聖剣を超える剣」を作り出すことだった!
――魔剣を作り既得権益を斬り捨てる、反逆のブラックスミス・ストーリー!

レベル596の鍛冶見習い(2021)

<内容>

凄腕鍛冶士を父に持つノアは、自身も鍛冶士になるのを夢見る犬の獣人。母の死を機に酒浸りになってしまった父・ノマドに代わり、生活のため危険な場所で素材を集め、農具を打ち……と、幼い頃からハードな毎日。ある日、ノアの鍛冶風景を見たノマドは仰天!鍛冶素材のすべてが、まさかの激レアアイテムだらけ!!慌てて馴染みの冒険者にノアを鑑定してもらうと、そのレベルは驚きの596!それだけにとどまらず、交友関係、日常生活とノアの規格外ぶりが次々と明かされていき―――!?

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください