【話の種】お金を稼げるゲームをさわり始めた話【Axie Infinity】

ブロックチェーンゲームに可能性を感じた今日この頃

ゲームでお金を稼ぐと言うのは、割と昔から憧れがあった。

RPGでギルやゴールドを表示カンストするまで溜めたりして、

「このお金が実際に使えたら良いな」

と、何度思った事か。

オンラインゲームでは、違法な物もあるがリアルマネートレードが昔から存在し、実際のお金にゲーム内通貨を変える人は、一定数いた。

でも、オンラインゲームにのめり込み過ぎるのは、正直怖い所がある。

ゲームの大会で優勝したり、プロチームに入るのは、私のゲーミングスキルでは難しすぎる。

ゲーム配信で広告、投げ銭、案件、コーチング、様々なアプローチで稼ぐ方法もあるけど、どれが自分に合っているのかも、出来るのかも分からなかった。

ゲームをプレイする事でお金を稼ぐ方法自体は、かなり増えているが、私の様なゲームプレイヤーには、稼ぐのなんて夢の様な話であった。

そんなある日だ。

ブロックチェーンゲームなる物が存在する事を、SNSやら動画配信サイトで広めようとしている人がいて、数か月前に知るに至った。

「ブロックチェーンゲームって、パズルゲーム的な何か?」

と言うレベルから、実際に初めて見た感想や、困った事、実際に稼げるのか等々を、この記事ではサックリ語ろうと思う。

何かの参考になれば幸いだ。

ブロックチェーンゲームってなんぞ?

まず、ブロックチェーンゲームとは、仮想通貨で使われているブロックチェーンと言う技術をゲームに応用したゲームだ。

詳しい事は知らないが、ゲーム内のアイテムや通貨と言った物を、仮想通貨と同じ様に扱えると言う事らしい。

なので、ゲームが人気だと、ゲーム内のアイテムとか通貨の価値がゲーム人気と共に上がり、それを仮想通貨の様に、あるいは仮想通貨でやり取りできる事で、ゲーム外で使える実際のお金にまで換金できると言う事だ。

ブロックチェーン技術で、通貨やアイテムの数字をチートでいじれない事を前提に、ゲーム内の総量が決まっている為、欲しい人は他のプレイヤーから買うか、マイニング的な事をしないといけない。

って事だと思う。

詳しくは、各自調べて。

ブロックチェーンゲームに興味が湧く

存在を知った私は、少し調べ、それから知っていそうな友人、知人に声をかけた。

ところが、周囲の誰も知らず、帰ってくる言葉は

「ねずみ講って知ってる?」

「あやしいネットワークビジネスは、やめた方が良いんじゃないかな」

みたいな物が大半だった。

いやいや、本当に怪しいのか知りたくて聞いたのに、誰も知らないって。

と言う事で、自分でやって見る事にした。

まあ、失敗したら勉強代だと思って自分を誤魔化し、ひっそり悔しがればいい。

ブロックチェーンゲームを調べる

私が目を付けたのは、アクシーインフィニティ(Axie Infinity)と言うブロックチェーンゲームである。

詳しい事は例の如く知らない.。

なんでも、ベトナム辺りの会社が作っている、2018年から運用しているゲームで、ブロックチェーンゲーム界のポケモンを目指しているらしい。

公式サイト:https://axieinfinity.com

サイトを見ると、絵柄は割と好きだ。

どうやら、モンスターにパーツのパターンがあり、ポケモンで言う種族値とか個体値と、遺伝する技とパーツを厳選したり、3体セットのパーティを組んでアドベンチャーや、リアルタイムの対人戦を行う的な感じらしい。

絵は可愛いが、バトルは、正直言って見た目に面白そうには思えなかった。

カードを選んで、カードの消費エネルギーとターンごとに増える行動用のエネルギーをマネージメントして、コンボを狙ったり、相手の裏をかくらしい。

英語しか無いので、カードの効果がまるでわからない。

アクシーと呼ばれるモンスターも、色や細部のパーツが違うのは分かるが、どれも似た見た目。

雲行きが怪しいか?

と少し不安になりつつも、コロナのせいで家にいる事が多くなった為、家で稼げるゲームと言う事でユーザー数を伸ばしているという話を聞いた。

噂では、10万人のユーザーが、コロナ効果で50万人にまで増えたという。

まあ、とりあえずやってみようと、準備を始める事に。

ブロックチェーンゲームを始める準備

何もわかっていなかったのだが、ゲーム内通貨等を仮想通貨に替え、仮想通貨を実在通貨に替える事が必要になって来るので、持っている銀行口座と連携した仮想通貨の口座が必要らしい。

なるほどと、早速仮想通貨の口座を開設する。

口座開設自体は無料なので、申請の手間こそかかるが、持っていて損は無いだろう的な感覚だ。

私が実際に口座を開設したのは、コインチェックと言う所だ。

なんか、名前に聞き覚えがあり「過去に何かあったな」とは思ったが、仮想通貨の口座を扱っている大手っぽいと言う理由で選択した。

アフィリエイトの報酬が高いとの情報があり、知り合いでコインチェックを紹介しているアフィリエイターがいたので、踏んでから登録してあげればと後で気付いたり。

他にも、ビットフライヤー、DMM、GMO、ビットポイント、バイナンス等の種類が沢山あったので、扱っている仮想通貨の種類を確認して良さそうな所を使えば良いと思う。

BITPOINT

まあ、とりあえず私はコインチェックで登録しようとすると、アプリケーションで簡単本人確認が出来るとアプリのインストールを促された。

表示されるままにインストールすると、アプリケーション内の本人確認のボタンを押すと、「アプリケーションをインストールして簡単に本人確認しよう」みたいな表示が。

ウロボロス状態?

どうやら、アプリが一部バグってるか、機能を使うのに私には知り得ない条件があるらしい。

仕方が無いと簡単じゃない方法で、文句を吐きながら文字を入力し、免許証をスマホで撮影し、顔も撮影して、登録完了。

したと思ったら、本人確認が足りないとメールが帰ってきて、他の物も送れと。

仕方が無いと、健康保険証を送ると、今度は裏も送れ。

裏を送ると、記入が足りないから裏面の記入をして送れ。

そんなイライラなやり取りを4,5回はくり返し、なんとか本人確認をクリア。

すると、後日ハガキが届くから、ハガキの郵送完了を確認したら口座が使えるぞ、と言う事らしい。

なるほどな。

ブロックチェーンゲームを始めるには、金がかかる!?

アクシーを始めようとして、気付いた。

このゲーム、開始時に自分でモンスターを3体買いそろえないと始められない。

つまり、課金しないと、開始自体出来ない。

インストールは、無料で出来るが、それじゃ意味が無い。

モンスターを3体買うには、ETH(イーサリアム)と言う仮想通貨が3体分必要だと言う。

アクシーが売られるマーケットを見ると、1体の価格が、安いと0.1ETHとか、それ以下もある。

とりあえず、余裕をもって、0.2ETHで一体買えると考え、3体で0.6、いや、余裕をもって0.7ETHは口座に入れたい。

でも、そのETHって仮想通貨、日本円でいくらだ?

レートを見に行くと、1ETHが、およそ20万円(⁉)もする。

記事執筆時、ビットコインが1BTCで、370万円近くしているので、そちらよりは安い。

でも、ゲームを始めるのに、0.7ぐらい入れようと考えていたのを思い出して。

え?

面白いかも、稼げるかも分からないゲームを始めるだけで、14万円近くを使おうとしてるの?

嘘でしょ?

0.1のアクシーを3体でも、6万円以上かかるって、やばくない?

自分を納得させる作業

あまりの値段で、私は尻込みした。

払えない事は無いが、払いたい値段ではない。

2018年当時は、ETHの値段が低く、数千円程度で始められたと言う情報を聞いて、余計に嫌になる。

アクシー始めるのは、なんかアレだな。

始めるべきではない気がしてきちゃったな。

でも、お金を稼げるゲーム、物凄く興味はある。

そこで、納得出来る様に、別の物に置き換える。

6万は、10回3000円のガチャで、約200連。

そう考えると、ちょっと気が楽になる。

また、買ったやつが気に食わなかったら、自分で値段を決めて出品やオークションも出来る事が分かった。

つまり、買い切りではなく、モンスターも仮想通貨的。

そう考えると、買って終わりのゲームに比べると、アクシーの人気がある内は、初期投資は大きな値段になるが、意外と良心的にさえ思えてきた。

洗脳完了だ(錯乱)。

仮想通貨の口座に入金し、仮想通貨を買うはずが

腹を決め、銀行口座から仮想通貨の口座にお金の投入を試みる。

そこで、早速失敗する。

コインチェックの口座に入金するのだが、そこで、自分の口座管理ナンバーを名前に反映し損ねた。

コインチェックの口座番号と、入金額を入力したら、自分の名前はいつもの物で送金ボタン自体は普通に押せてしまう。

だが、口座の管理ナンバーを振込人名義に記載しないと、コインチェックの会社としての口座に入金しただけで、コインチェックの私の口座には反映されないのだ。

やらかした。

知らなかった。

コインチェックの入金手続きの説明ページには、下の方に確かに書いてある。

最後まで読んでからやればよかった。

泣きながら銀行に電話をかけ、組み戻し手続きなる物を行う。

手数料は取られるが、入金したお金を返して欲しいと相手に伝えると言う手続きらしい。

銀行の担当者の人が、「銀行は、コインチェックの方に組み戻し手続きをお願いする電話はかけられますが、やるかどうかはコインチェック側の判断なので、手続きが完了しても、ダメでも、ご了承ください。ダメだった時は、手数料は頂かないのでご安心くださいね」的な事を言われ、めちゃくちゃ不安になる。

って言うか、拒否ってあるの!?

こわいわ。

ちょっとハードルが高く感じる、サービス毎の連携作業

無事、660円の手数料で、組み戻し手続きは完了した。

お金戻ってきて良かった!

本当に良かった!

さっそくゲームするぞと思うが、まだ設定が終わっていない。

アクシーと言うゲーム、設定が終わった今でも分かりにくいと感じているが、コインチェックの口座から直結できるわけでは無い。

みたいに、間に必要な機能があるサービスを、経由する必要があるらしい。

どっちも、登録は簡単に出来るし、連携もやってみれば難しくない。

ただ、なぜ間にこんなに挟む必要があるのか、そこだけが気になる。

実際に使うと、ガス代(仮想通貨の手数料的なの)がかかるらしく、その値段もバカにならない。

お金を移動させるのに、いちいち数百とか数千円かかるから、どうせならまとめてやって、手数料はケチりたい。

とりあえず、連携するのだが、それぞれ何の役に立っているのか、よく分からない。

無いとゲームが出来ない事は分かるが、何なんだ?

少し調べると、メタマスクは「仮想通貨を自由に動かす為の財布」的な物で、ローニンは多分「アクシーを遊ぶのに必須のwebウォレット」っぽい。

なぜ2つ必要なのかは、よくわからないが、両方の機能が必要と言う事だけは何となくわかった。

とにかく、ゲームをしたいなら、入れないといけないって事だけは理解した(雑)。

連携完了と送金作業が終わり、仮想通貨を買おうとするが

メタマスクとローニンを、自分のアカウントIDでアクシーまで連携させ、コインチェックからメタマスクに、メタマスクからローニンにお金を移動させる準備が整う。

ここで、また躓く。

仮想通貨、いつ買えば良いのか問題だ。

仮想通貨だが、数日見守って見て分かったのは、上がり下がりは読めないし、乱高下しまくる。

日によって、数パーセント平気で上がったり下がったりは日常茶飯事。

1ETHも、195,000円程度の時もあれば、数日後には235,000円程度になったり、マジでする。

安い時に買って、高い時に売るのが良いって聞いた気がする。

株とかFXと同じ要領だ。

と言っても、私はFXは触った事も無いし、株も全然詳しくない。

仮想通貨がチャートの表で下がっていると、それがまだ下がるのか、ここから上がるのか分からなくて購入ポタンが押せない。

超怖い。

いや、損しそうなのが、本当に抵抗がある。

少し前に、なんとかって仮想通貨が42億分の1ぐらいになった話を聞いたのを思い出し、ビビる。

だが、ゲームを始めるには、買うしかない。

ETHが下がらないことを祈って、とりあえず必要額を購入する。

ああ、怖い。

送金して、さっそくゲームするぞい

  • 銀行口座→仮想通貨口座→メタマスク→ローニンウォレット→アクシー

と言う作業工程をクリアし、アクシーのゲーム上のアカウントに入金したETHが無事表示された。

よかった~

コインチェックの時にやらかしたので、口座を移動させるたびに、本当に怖かった。

海外のサービスでどこにお金を入れたか分からなくなったら、気分は詰みだ。

さすがに、勉強代として高すぎる。

だが、苦労して、数日がかりでここまで準備した。

あとは、アクシーと言うモンスターを3体買って、ゲームを始めるだけだ。

と、ここで、また動けなくなる。

どのアクシーが良いの? 問題

ポケモンでは、最初の3体から1体を選んで育てれば、ゲームバランス的には良好に楽しめる。

アクシーの場合は、そうでは無い。

ユーザーがブリードして(アクシーに卵を産ませて)出品しているので、ポケモンで言えばコラッタとカイリューが見分けつかない中にごちゃ混ぜにいるのだ。

値段もユーザーが付けているので、適正価格かぼったくり価格なのかも、ゲームになれないと、マジで分からない。

仕方がない。

そこで、ゲームの攻略サイトや、攻略ブログや動画を探す。

すると、

  1. ビースト(獣)、バード(鳥)、プラント(植物)
  2. プラント(植物)、アクア(魚)、アクア(魚)

の種族構成で、技にシナジーがあって、技の攻撃力が高い物を持っているのを選ぶのが無難らしい。

さっそく、私は「1」の構成で、技の攻撃力が高い物を言われるままに選ぶ。

複数種類ある物は、ゲームの攻略サイトのおススメの組み合わせや、上位ランカーの人の技構成を参考にした。

ベストでは無いだろうが、ゲームをするのには困らない筈だ。

種族とボディパーツの一致や、種族毎の得意不得意等は、現時点では分からない。

プラントは壁役で、ビーストとバードが攻撃に特化している程度の認識である。

だが、これでようやくスタートラインに立てた。

まだ、この時点では0.7ETH程度を課金して、ゲームはやっていない。

最悪のタイミング! 怒涛のメンテラッシュ!?

泣きそうになる。

ゲームをやろうにも、正しい挙動なのか分からないまま、ゲームが動きもしない。

どうやら、コロナ効果でユーザー数が5倍になった事と、ハッカーから攻撃を受けているらしい。

え?

マジで?

と言う感じだが、メンテが終わるとメンテが始まる状態。

コブラコラが脳裏をよぎるが、何も出来ない。

ボタン連打をしていると、稀に入れる時もあるが、すぐに切断される。

きっと、世界中のプレイヤーが同じ事をしてる事だろう。

そして、メンテが明ける

冒険の始まりだ。

ついに、待ちに待った。

ようやく出来る。

やっと遊べるぞ!

まず、アドベンチャーモードをさわってみる。

英語表記で、翻訳されたサイトを見ながらやっても全くルールが分からない。

ただ、何となく敵を殴っていると、数面はクリア出来た。

しかし、このゲームを続けられるのか、少し不安だ。

杞憂に終わる不安

ゲームを数時間触ってみて、いくつかわかった事がある。

ゲーム性から、人によって合う合わないは、確実にある。

だが、このアクシーと言うゲーム、ゲームとして普通に面白い。

アドベンチャーは、程よい難易度で、繰り返しプレイする事でレベルさえ上がれば多少弱いアクシーでもある程度までなら進めそうだ。

PVPの駆け引きは、裏の読み合いが非常に熱い。

レベルが揃えられ、プレイングスキルが物を言うので、最初に配られる技カード次第では、何も出来ずにボッコボコにされる事もあり得る。

実際に、稼げるの?

どうやら、ゲームとしては普通に面白い。

では、次に、実際に稼げるのか、と言うポイントだ。

結論から言えば、時間をかけたり、工夫をすれば、ゲームをする事で本当に稼ぐ事が出来そうだ。

最近のゲームらしく、デイリークエストが毎日あるのだが、デイリークエストをクリアすると、150SLPが必ず貰える。

このSLPとは「Small Love Potion」と言うアイテムで、アクシーの中ではゲーム内通貨の様な役割があると考えれば良い。

主な使用用途は、今の所ブリードによってアクシーに子供を産ませる為に一定量必要な様だ。

この、SLPが、仮想通貨に換金出来る事で、誰でも簡単に稼ぐ事が出来るわけである。

SLPは、この記事の執筆時のレートでは、およそ33円だった。

これは、日によって結構違うらしい。

まあ、とにかく、150SLPは、単純計算だが日本円で現在4950円になる。

最初こそデイリーミッションのクリアに数時間を要したが、すぐに慣れ、対人戦での5勝と言うノルマさえクリアできればアドベンチャーを含めて2時間以内で終わる事が出来る。

よりレベルが上がると、1時間以内で終わるらしいので、つまり、時給4950円に持って行く事も、プレイの上手さによっては可能と言う訳だ。

ゲームのデイリーミッションは、失敗してもアリーナでランクが下がるぐらいで、損は無いと考えて良い。

毎日1時間ゲームで遊ぶだけで、毎日4950円稼げるって、結構すごくない?

これを、1ヶ月毎日コツコツ続けると、およそ30日×5000円と考えると、150,000円となる。

お分かり頂けただろうか。

仮想通貨のレートに依存するが、初期投資額は、1ヶ月で回収出来る(かもしれない)のだ。

これは、もしかすると、もしかするのでは?

終わりに

とにかく、私は既にいくらかつぎ込んでしまったので、最低でも元が取れるぐらいまでは遊んでいくつもりだ。

私がいくらつぎ込んだかの言及は避けるが、12万円前後を覚悟すれば、プレイには困らない事だけは伝えておく。

アクシーの人気次第では、稼げるかもしれないし、ブームが過ぎて誰も売りに出ているアクシーもポーションも買ってくれないなんて事が起きない保証は無いが、それは仮想通貨も同じだし、株とかも似た所があるだろう。

今回、実際にやってみて分かった事は、まず、最初の準備は始める前のイメージを裏切らず、普通にめんどい。

ただし、初期投資さえすれば、今の時点ではデイリーミッションをクリアするだけで仮想通貨が貰えて、日々変化するレートに依存するが換金する事が出来る。

毎日ゲームを遊ぶだけで、5,000円近く稼げると考えると、面倒くささを乗り越えるだけの動機に繋がる人も結構いるのでは無いだろうか?

その際、口座の移動でガス代や手数料を一々取られるので、ある程度たまってからやった方がケチれそうだが、その辺の判断は各自でやって欲しい。

また、これは私の体験であって、稼げる事を保証する物では無い。

私みたいに、間抜けにも口座の入金で失敗しないとか、初期の3匹の参考にするとか、そんなヒント程度に読んでくれると助かる。

あと、ゲームの攻略が捗ったら、続報とかもあるかも。

何でも、所持モンスターをレンタルに出せるスカラーシップとか言う機能があるらしい。

まだ始めたばかりなので分からない事だらけだが、今の所ゲームとして十分に面白い事は伝えておきたい。

ゲームで誰でも稼げる時代は、意外とすぐ近くに来ているのかもしれない、なんて事を思わせてくれるゲームの導入レポートでした。

次の記事:【話の種】お金を稼げるゲームを約1ヶ月遊んだ話。【Axie Infinity】

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

“【話の種】お金を稼げるゲームをさわり始めた話【Axie Infinity】” への3件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください