「ハイジャック、乗物ジャック、乗物暴走」モチーフ作品特集

Contents hide
1 閉鎖空間の支配権を奪われる恐怖

閉鎖空間の支配権を奪われる恐怖

犯罪者や悪者によってか、あるいは不幸な事故か。

乗物が制御不能に陥った時、乗っている人や、乗物が突き進む先にいる人がどうなってしまうのか。

この記事では、そんな「ジャック」や「暴走」で制御不能になる乗物がモチーフとなる作品を紹介していく。

アンストッパブル(2011)

<内容>

ペンシルバニア州の操車場に停車中の貨物列車777号が、整備員のミスによって走り出した。全長約800メートルに及ぶ777号には、大量の化学薬品が搭載されているという戦慄の事実が判明。このままでは人口密集地域の街に突っ込み、惨劇になることは明らかだった。その頃、同じ路線で旧式機関車を走らせていたベテラン機関士フランクは、事態を察知し、若き車掌ウィルと共に777号の追跡を開始。しかし、それはあまりにも無謀な決断だった。男としてのプライドに突き動かされた二人は、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かっていく…!

エアフォース・ワン(1997)

<内容>

空飛ぶホワイトハウスと呼ばれる大統領専用機《エアフォース・ワン》を、武装したロシア人テロリストが占拠。コルシュノフ(ゲイリー・オールドマン)を中心とする一味は要求が通るまで人質となった政府VIP、側近、そして大統領の家族らを30分毎に一人づつ処刑するという条件をつきつけた。密かに機内に潜む大統領ジェームズ・マーシャル(ハリソン・フォード)は事態打開のチャンスを狙っていた・・・。

エアポート2011(2010)

<内容>

激突!! 最先端のシステムを搭載したジャンボジェット。人々を乗せた初フライトは、順調かにみえた。機内を恐怖に陥れるテロ組織のハイジャック。戦闘機による追撃命令を下す、米国大統領。市街地へ急降下していく機体の運命は?! ハイジャック、戦闘機の追撃、市街地への降下! スカイ・パニックの全てを集約!! 2011年洋画未公開の幕開けは、「エアポート」シリーズ最新作から始まる!!

エアポート2015(2015)

<内容>

ダラスからロンドンに向けて飛び立ったAI42便。突如、目の前に現れた巨大な雷雲を抜けると、そこは1940年6月17日のヨーロッパ上空だった。時は、ヒトラーが進撃する第二次世界大戦中。そして、複数の爆撃機が機体を取り囲んでいた…。

エアポート2018(2018)

<内容>

上空1万メートルの墓場に飲み込まれるLA発NY行きUS57便。突如眼前に、巨大な雷雲が現れる。激しい乱気流、計器不良、地上との音信不通。そして、機内の至る所に現れる“何か”。呪怨に縛られた機体は、巨大な棺と化す-。脱出、着陸、全てが不可能!「エアポート」×密室ホラー!!シリーズ史上最大のスリルと恐怖がテイク・オフ!!!

エアポート2021(2020)

<内容>

大空の決闘がはじまるハイジャックされたDRF66便、その標的は原子力発電所米軍の迎撃システムは封じられ、ワシントンD.C.壊滅の危機が迫る敵に立ち向かったのは、たった一機の旅客機だった

エアポート’75(1974)

<内容>

「大空港」の第2弾。チャールトン・ヘストン、グロリア・スワンソン、シド・シーザーなどのオールスターキャストが追突寸前の旅客機救出を描くサスペンスドラマ。

エアポート’77/バミューダからの脱出(1977)

<内容>

ジェームズ・スチュワートとジャック・レモン主演の航空パニック映画。ハイジャックされたジャンボ機が海底に沈んでいく。決死の脱出劇の結末は?

エアポート’80(1979)

<内容>

大スターのジョージ・ケネディ、ロバート・ワグナー、スーザン・ブレイクリーが出演する、大空を舞台にしたアクション映画の傑作。音速の2倍の速さで飛行する「コンコルド」は、正体不明の敵による襲撃を回避しなければならない。

エマージェンシー 見知らぬ2人(2020)

<内容>

亡き父の船でクルーズに出たミッチ。湖を航行していると、墜落したセスナ機の残骸に衝突。パイロットと思われる男を救助した。ケガの応急処置を施すも、なぜか男はナイフを片手にミッチに対して警戒するのだった。広大な湖で救出した男との命懸けサバイバルを描くサスペンス・スリラー!

エグゼクティブ・デシジョン(1996)

<内容>

世界一殺傷能力の高い神経ガスDZ-5を持ったテロリストが、ワシントンD.C.行きのジャンボ機を乗っ取った。この危機を回避するため、陸軍情報部顧問グラントは、トラヴィス中佐の率いる部隊と共にジャンボ機へ空中ドッキング、機内潜入を果たした。しかし輸送機が大破し・・・。

キャプテン・フィリップス(2013)

<内容>

 「ボーン・アルティメイタム」「ユナイテッド93」のポール・グリーングラス監督がトム・ハンクスを主演に迎えて放つ衝撃の実録サスペンス。2009年にソマリア沖で海賊の襲撃に遭い人質に取られた後、アメリカ海軍特殊部隊“SEALs”によって辛くも救出されたアメリカ船籍マースク・アラバマ号の船長リチャード・フィリップス氏の回顧録『キャプテンの責務』をリアルかつ緊張感あふれる筆致で映画化。共演はソマリア出身で14歳の時に家族と共に米国に移住したバーカッド・アブディ。これが俳優デビューとなる。  2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号。インド洋を順調に航行していたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃される。船長のリチャード・フィリップスは、船が彼らに乗っ取られる直前、数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に匿う。

クロコダイル2(2001)

<内容>

メキシコのアカプルコに向かった211便。だが、乱気流の中、ジャンボジェット機はテロリストたちによりハイジャックされ、ジャングルに墜落!生き残ったテロリストたちは、銃を手に乗客を人質にとり、さらに密林の奥へと逃げようとする。だが、その時、テロリストたちは襲ってきたクロコダイルを撃ち殺す。子供を殺された母クロコダイルは、怒り狂い、復讐すべく、テロリストたち、人質たちを一人ずつ呑みこんでいく。建物に逃げ込んでも、ヘリコプターで逃げようとしてもクロコダイルは彼らを逃がさない。人質とテロリストがひに助かる道はあるのか!!!!

交渉人 真下正義(2005)

<内容>

2004年12月24日、雪乃(水野美紀)とクリスマス・イブのデートの約束をしていた真下(ユースケ・サンタマリア)は、その日の午後、突然、室井管理官(柳葉敏郎)から呼び出しを受ける。警視庁史上最悪の緊急事態が発生。東京の地下鉄の最新鋭実験車両(通称:クモ)1両が乗っ取られたのだ。東京の地下鉄の盲点を突く犯行。乗降客200万人の命が、爆走するたった1両の車両によって危険にさらされる。

ゴースト・フライト407便(2012)

<内容>

10年前、新人CAとして夜間飛行の乗務についたスニー。 だがその飛行機は墜落し、スニーだけが助かるが、事故のショックで彼女は精神病院に入院することに。 現在、やっと社会復帰できるようになり、復職したスニーは、喜びすぎて気づいていなかった。なんとその飛行機は、10年前に墜落したはずのあの飛行機だったのだ・・・。

ゴールド・レイダース(1987)

<内容>

自由主義陣営の金塊を積んだ輪送機がハイジャックされ、ラオス上空で撃墜されたにれ が共産軍に奪われれ(よ、莫大な武器購入資金を与えることになる!!事態を重視したタイ 政府とCIAは、急遼タイ米混成の特殊コマンドを編成して、ラオス奥地の金奪回作戦に 投入した

サブウェイ・パニック(1973)

<内容>

午後のニューヨーク。地下鉄のペラム駅発123号列車が武装集団にハイジャックされた。冷静沈着な元傭兵ブルー(R・ショー)率いる占拠犯4人は、17人の乗客と車掌を人質に取り、100万ドルを要求。猶予は1時間。1分遅れるごとに人質ひとりが射殺される。交渉役となった交通公安局のガーバー警部補(W・マッソー)は人命を優先させ、身代金の手配を市長に要請。出入口を閉鎖した構内には警官隊が配備され、無線を通して冷酷な犯人たちを相手に熾烈な駆け引きが始まる。

スピード(1994)

<内容>

キアヌ・リーブス&サンドラ・ブロック共演、ヤン・デ・ボン監督が繰り出すノンストップ・アクション決定版!

スピード2(1997)

<内容>

大ヒット・シリーズ第2弾! 豪華客船を舞台に繰り広げられる、スリリング&大迫力のハイパー・テンション・ムービー!

7500(2015)

<内容>

ロサンゼルス発東京行き、ビスタパシフィック航空7500便。客室乗務員は、仕事と現実の間で揺れる年頃のローラとスージー。乗り合わせた乗客たちは、破局を隠しながら友達夫婦と旅行するカップルや、新婚旅行なのに潔癖症気味の妻とすでに別れたいと考えている夫……

7500(2020)

<内容>

テロリストの一団が、ベルリン発パリ行きの旅客機をハイジャックしようとする。乗客と乗員の命を救うべく奮闘する、温厚な若いアメリカ人副操縦士。だが思いがけずハイジャッカーの1人と心を通わせていく。

The Taking of Pelham 1 2 3(2009)

<内容>

ニューヨーク地下鉄。1時23分列車がハイジャックされた。ライダーと名乗る男(ジョン・トラボルタ)の要求は1000万ドル、身代金を用意するのはニューヨーク市長、人質は19名、残された時間は59分間。さらに、交渉相手にはただの地下鉄職員ガーバー(デンゼル・ワシントン)を指名・・・。犯人が仕組んだ完璧なシナリオ通りに「事件」が動き始めるが―――!? 74年の傑作サスペンス『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がスタイリッシュに映像化。

デフォルト・ハイジャック(2013)

<内容>

全米ネートワックANCの人気キャスターと撮影クルーが乗るナイロビ行き86便が、離陸直前にソマリア海賊にハイジャックされた。ANCは海賊のアメリカ貨物船襲撃事件で、16歳の少年マテオ・ワリ・ムセの逮捕を報じていた。ハイジャック犯のリーダー格アトラスはANCでの独占放送を要求し、なぜか人質一人一人にある質問を始める。果たして犯人の真の目的は?人質たちの必死の抵抗が始まるが、彼らは無事に解放されるのか?

天空の蜂(2015)

<内容>

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然乗っ取られ、福井県にある原子力発電所「新陽」の上空に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“日本全土の原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載した《ビッグB》を原子炉に墜落させると宣言する。機内に取り残された子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空の子供の救出とヘリ墜落の阻止をするべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。

ノンストップ(2020)

<内容>

揚げパン屋を営むミヨンとパソコン修理工のソクファン。夫婦は慎ましくも幸せな生活を送っていたが、ある日景品でハワイ旅行に当せん。人生初の海外旅行に浮かれていたが、搭乗した旅客機には北朝鮮からのテロリストが乗り合わせていた-。史上最悪の緊急事態に、これまで隠されていたミヨンの本能が目を覚ます!同時に機内でミヨンを探していたソクファンも、その秘めた能力で旅客機を救おうとする。1万メートル上空の機内で繰り広げられるアクション×アクション!テロリスト達のハイジャックの目的とは?そしてミヨンたちは、乗員・乗客を無事エアポートに着陸させることができるのか!?

ハイジャック・ゲーム(2017)

<内容>

ワシントンD.C.へ向かうため、飛行機に搭乗したFBI捜査官のグレッチェン・ブレアは、他のお客とのトラブルから幸運にもビジネスクラスへ席を移動することに。彼女は隣の席の男テリー・レノックスとの会話を楽しむが、テリーがある乗客の姿を見て青ざめた表情に一変。そして、彼女にこう告げるーー「俺を助けてくれたら、5000万ドル支払う」と。ブレアが驚愕するなか、機内では1人のスチュワーデスが、搭乗員の男を殺害。なんとこの飛行機には、ハイジャック犯の集団が乗り込んでいたのだった。

パニック・スカイ フライト411 絶体絶命(2012)

<内容>

ベルリンで行われるG20サミットの場で、画期的な新テクノロジーが発表される予定になっていた。最初の被験者となったチャド。彼は記者発表の場に登壇するため、ベルリンへと向かうジェット機に乗り込んだ。

パニック・フライト(2005)

<内容>

一流ホテルのマネージャーとして働くリサは、勤務地マイアミへ戻るフライトを待つ間、優しい男性リップナーと知り合う。無事飛行機は離陸。しかし、隣の席に座った彼の正体は、国家要人暗殺チームの一員だった。リップナーはその計画遂行の鍵を握るのがリサだと迫る。「協力しないと、お前の父親を殺す」……もう逃げ場はない。助けも呼べない。完全に閉ざされたこの絶望的な空間から、リサは地上の巨悪な陰謀を阻止し、愛する父親を救うことができるのか?!

フライトSOS ロスト・イン・ザ・パシフィック(2016)

<内容>

最新型の豪華ジャンボ機A390。巨額の費用をかけ、満を持して送り込む新型機の太平洋横断という記念すべき初フライト。しかし、太平洋上空で緊急事態発生。巨大な嵐に遭遇した機体は、まさに空中版タイタニック号!高度4万5,000フィート、逃げ場のない密室で残された人々に未来はあるのか!?

フライト・ゲーム(2014)

<内容>

NY発ロンドン行旅客機の警備のため、客を装って乗り込む航空保安官のビル。真夜中、彼の携帯に指定の口座に送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺すというメールが届く。悪戯か本気か半信半疑でいるうちに、1人目の犠牲者が出てしまう。ビルは乗客を拘束して荷物や携帯を調べるが、何ひとつ手掛かりは見つからない。乗客名簿を調べた保安局は、「全員問題ない。お前以外は」とビルを疑う。彼には暗い過去があり、今もある問題を抱えていた。さらに犯人の指定口座がビルの名義だと判明する。2人目、3人目と犯行は繰り返され、機内の疑惑と緊張感が頂点に達するなか、次のタイムリミットが迫る──!

フライト236(2012)

<内容>

遥か上空に取り残された306名の命!

大西洋上空、エンジン停止、乗客乗員306名!測不能の航空事故…その全貌が明らかになる!待ち受けるのは奇跡か、それとも最悪の結末か…!?2001年8月23日カナダのトロント・ピアソン国際空港から乗客乗員、計306名が搭乗したエアトランサット236便が目的地リスボン国際空港へと飛び立った。しかし離陸後、燃料タンクの損傷により、搭載されていた全燃料を喪失し大西洋上空でエンジン停止のトラブルに見舞われる。全てのシステムがシャットダウンし、滑空状態となった機体は高度を維持できず次第に降下して行く。現況を打開する事は不可能と思われた中、機長ロベール・ピシェはポルトガルのラジェス空軍基地へのダイバートを決断するのだった…。

フライト・ホステージ(2018)

<内容>

家族の命か、任務の遂行か―。絶体絶命のテイクオフ!FBI捜査官の女性が、高度3万フィート上空の機内で犯罪者から脅迫を受け、絶望的な状況に陥り極限の判断を迫られながらも、卓越した知性と頭脳で孤独な闘いに挑む!息詰まるスリリングな展開のノンストップ・アクション・サスペンス!

フランス特殊部隊GIGN ~エールフランス8969便ハイジャック事件~(2010)

<内容>

1994年12月アルジェリアのアルジェからパリのオルリー空港へと向かおうとしていたエールフランス8969便に、突然、武装イスラム集団(GIA)の4人の男が乗り込んで来た。犯人たちは機長を通じてイスラム救国戦線(FIS)の指導者の釈放を要求。フランスとアルジェリア政府による主導権争いの末、マルセイユに移動した8969便へフランス特殊部隊GIGN(フランス国家憲兵隊治安介入部隊)が突入する-

暴走機関車(1985)

<内容>

猛吹雪の中を、巨大な4重連の怪物が暴走しつづける! 原案・黒澤明、魂を揺さぶるダイナミックなアクション巨編!

黒澤明が映画化を夢見た型破りな企画に、ロシアの巨匠アンドレイ・コンチャロフスキー監督が挑戦。時速150キロの密室を舞台に、老朽化した橋、魔の急カーブ、化学工場との正面衝突と息つく間もなく危機を連打。極限のドラマを骨太に活写する。制御不能な怪物機関車を相手にタフなアンチヒーローを力演したジョン・ヴォイトは、本作でアカデミー主演男優賞にノミネート。魂を熱く揺さぶるダイナミックな本格アクション巨編である。

<ストーリー>

アラスカの刑務所で野獣と異名をとる服役囚のマニー(J・ヴォイト)は、非道な刑務所長ランキン(J・P・ライアン)に反発し、自分を信奉する若い囚人バック(E・ロバーツ)と脱獄を決行した。極寒の雪原を突破して鉄道操車場から4重連の機関車に潜り込むが、発車直後に機関士が心臓発作で車外に転落。汽車は次第に暴走を始める。このままでは機関車は行き止まりへ導かれ、脱線する。鬼所長の執拗な追跡を背後に感じながら、マニーは悪条件から難攻不落と化した先頭の運転席へ進入を試みる。

ホステージ 戦慄のテロ計画(2017)

<内容>

1983年、渡航の自由を求め決起した7名のテロリストが航空機をハイジャック。ハネムーンを装ったこのハイジャック事件は8名の死者を出す大惨事となり、犯行グループはソ連の特殊部隊に制圧され捕えられたのち処刑された。その亡骸はどこに埋められているかいまだに公表されていない。自由を強く望んだ彼らが得られたものとは…。社会主義国家であったソ連が産んだ悲劇の実話。

ミッション:8ミニッツ

<内容>

一瞬たりとも見逃すな!

ユナイテッド93(2006)

<内容>

2001年9月11日午前8時42分にニュージャージー州ニューアークからサンフランシスコに向けて飛び立ったユナイテッド93便。テロリストに占拠された直後、乗客たちは家族との電話から彼らが今置かれている状況を知る。自分たちもどこかのターゲットに向かっていることを・・・ 愛する者に最期のメッセージを残して彼らは行動を開始した――。

ロックアップ(2018)

<内容>

戦場は脱出不可能な宇宙刑務所大気圏外に浮かぶ監獄宇宙基地が、テロリストにハイジャックされたヤツらの狙いは、宇宙ステーション墜落テロによるモスクワ壊滅CIAエージェントのライザーは、第3次大戦勃発の危機を阻止できるのか?

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください