魔法の呪文特集

man in white button up shirt

いろいろな魔法の言葉

もし呪文を唱えて魔法を使えたら、どんなに楽しいか。

きっと、多くの人が考えた事ぐらいあるだろう。

この記事では、そんな「魔法の呪文」が登場する作品と、いくつかの呪文を紹介していく。

“魔法の呪文特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「チェーンソー」モチーフ作品特集

person holding chainsaw

チェーンソーは武器?

大木の伐採や木材の切断に主に使われる道具、チェーンソー。

固い物をいとも容易く切断する、高速で回転する刃のついたチェーンは、間違っても人に向けてはいけない。

だからこそ、武器として考えると、恐ろしくも栄える。

この記事では、そんな「チェーンソー」をテーマに使った作品を紹介していく。

“「チェーンソー」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

【物語の必須要素】「アクション」と「リアクション」を解説

行動するか、反応するか

登場人物は、必ず行動する。

それは、アクションとリアクションに分けられる。

それには、更に種類がある。

今回は、その辺をパラダイムと絡め、少し深堀りする。

“【物語の必須要素】「アクション」と「リアクション」を解説” の続きを読む

「成功者不在の世界で手柄を借りて成功」系作品特集

person playing brown guitar

成功者の手柄を勝手に拝借

成功者より早く、自分が同じ事をしていたらと言う「もしも」の世界。

この記事では、そんな「成功者不在の世界で手柄を借りて成功」する登場人物が出てくる作品を紹介していく。

異世界転移モノの、現代知識チートと共通点も多い。

基本は、状況的に独占的となった凄い知識や情報を持った人が、過去や並行世界で成功していく話。

名作「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」のビフみたいな状態。

“「成功者不在の世界で手柄を借りて成功」系作品特集” の続きを読む

「指輪、リング」モチーフ作品特集

photography of silver ring on book

指を飾るアクセサリー

指輪と言えば、現代ではオシャレ以外に代表的な機能は、結婚指輪や婚約指輪と言った「目印」の役割が大きい。

ところが、ファンタジーの世界では、聞けば誰もが欲しくなる「魔法の指輪」が登場し、争奪戦になったり、イベントを盛り上げるのに一役買ったりする。

この記事では、そんな「指輪」をテーマにした作品を紹介していく。

“「指輪、リング」モチーフ作品特集” の続きを読む

「ハイヒール」モチーフ作品特集

fashion woman summer shoes

「高いかかと」の意

「ヨーロッパで道端に落ちている汚物を避ける為に生まれた」説が有名だが、実際はそれ以前から同様の形状の物が存在している。

なので、転用された事実はあるかもだが、生まれたと言うのは正確ではない。

ハイヒールの起源は古く、一説には紀元前から存在しているらしい。

最も基本的な機能は「背を高く見せる事」であり、登場当初は男女問わず使われていたと言う。

各時代の社会的なブームは、遊女や高級娼婦の間で広がった傾向があるので、時代によっては、その様なイメージを持つ人もいただろう。

現代では、すっかり定着した一般的ファッションとなり、ドレスに合わせたり、気合を入れてオシャレをする定番アイテムの仲間入りをしている。

この記事では、そんな「ハイヒール」をテーマにした作品を紹介していく。

折れる、転ぶ、痛い、でもカッコイイ。

洗練された女性性のイメージが強いモチーフだ。

“「ハイヒール」モチーフ作品特集” の続きを読む

「友好的なエイリアン、宇宙人」モチーフ作品特集

toy figure in modern sneakers on stairs

地球の以外出身の友人

エイリアンと言えば、侵略者や凶暴なモンスターを、真っ先にイメージする人も多い。

しかし、人間に悪人と善人がいる様に、エイリアンにだって良いヤツが必ずいる筈。

この記事では、そんな「友好的なエイリアン」をモチーフとして登場させている作品を紹介していく。

“「友好的なエイリアン、宇宙人」モチーフ作品特集” の続きを読む

「他人に手柄を譲りつつ援助する」系作品特集

cute red fox with fluffy tail in snowy winter

自分は影から貢献するだけで幸せ

やむにやまれぬ事情からか、あるいは贖罪の為か、相手に正体を明かさず、他人の影として間接的に愛する相手に貢献をし続ける。

手柄は別人の物となるが、愛する相手が幸せになりさえすればいい。

この記事では、そんな「他人に手柄を譲りつつ援助する」と言う自己犠牲度の高い物語を紹介していく。

“「他人に手柄を譲りつつ援助する」系作品特集” の続きを読む

「単眼、一つ目」キャラクター登場作品特集

close up photo of person s eye

一つあれば十分?

怪物や妖怪では、サイクロプスや一本だたら。

鍛冶を司る神の多くは片目がつぶれ、後のフィクションでは単眼で描かれる事もある。

隻眼ではなく、あくまでも単眼。

目が一つである事が正常なデザインをされたキャラクターは、一昔前だと「異様さ」を醸し出すのに良いデザインだった。

しかし、時代は移り変わり、単眼の存在に慣れた人が増え、単眼は個性に。

この記事では、そんな「単眼、一つ目」デザインのキャラクターが登場する作品を紹介していく。

機械を入れると、ガンダムシリーズのザクに始まるモノアイに始まり、単眼は一気に増えるので、今回は生物に限定。

妖怪や幽霊、妖精の類も「なまもの」として扱う。

“「単眼、一つ目」キャラクター登場作品特集” の続きを読む

シナリオの書き方「使命に目覚めた超人物語」の脚本構造を紹介! 才能があるなら使命を果たせ!

「使命に目覚めた超人物語」とは?

ここでは「使命に目覚めた超人」をテーマにした物語の解説をします。

この形式の物語は、王道ヒーロー物の一つで、スーパーパワーや物凄い才能等を持った人物がヒーローになる物語です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「使命を果たす為に、成長の旅をする物語」となります。 

“シナリオの書き方「使命に目覚めた超人物語」の脚本構造を紹介! 才能があるなら使命を果たせ!” の続きを読む