「犯罪計画が上手く行かない犯罪者」モチーフ作品特集

完璧な計画だと思ったのに

簡単な計画で、構想段階では完璧に思えた。

だが、実際に計画が動き始めると、予想外の事が起きて。

あらゆる計画にその可能性がある様に、当然、犯罪計画でも同じ事が起きる。

この記事では、そんな「犯罪計画が上手く行かない」様を、面白く描いたり、どうにか上手く行かせようと立ち回る姿をヒヤヒヤしながら楽しむ、そんな作品を紹介していく。

ダイヤルM(1998)

<内容>

夫と愛人… 私が愛した男たちが、私を殺そうとしている。

ダイヤルMを廻せ!(1954)

<内容>

夫が仕掛けた恐ろしい罠!そして殺人・・・。

ファーゴ(1996)

<内容>

無邪気な偽造誘拐から予期せぬ冷酷な殺人事件へ。凶悪犯を追う妊婦の警察署長マージが見た衝撃の結末とは!?

FARGO/ファーゴ(2015)

<内容>

アカデミー賞映画『ファーゴ』をコーエン監督が自らの手でドラマ化最高傑作クライム・サスペンスがここに誕生これは“実際に起きた信じがたい犯罪”を映像化した衝撃的ドラマである

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください