「実は動物が人・人が動物の象徴だった」オチ作品特集

見たままの世界だと思っていたら

作品世界にはルールがあり、人には人の、獣には獣の、それ以外にはそれ以外のルールがある。

なので、フィクションと分かっていても「そういう物」として、見る側は受け入れられる。

しかし、その「そういう物」と言う先入観を逆手に取って、ずっと勘違いさせる事で、衝撃的などんでん返しに繋げる手法がある。

それが、「実は動物が人・人が動物の象徴だった」と言うどんでん返しで、この記事では、この手法に該当する作品を紹介していく。

ネタバレ注意なので、作品を純粋に楽しみたい人は、目次さえ見ない事をお勧めする。

オッドタクシー(2021)

<内容>

平凡な毎日を送るタクシー運転手・小戸川。身寄りはなく、他人とあまり関わらない、少し偏屈で無口な変わり者。趣味は寝る前に聞く落語と仕事中に聞くラジオ。一応、友人と呼べるのはかかりつけでもある医者の剛力と、高校からの同級生、柿花ぐらい。彼が運ぶのは、どこかクセのある客ばかり。バズりたくてしょうがない大学生・樺沢、何かを隠す看護師・白川、いまいち売れない芸人コンビ・ホモサピエンス、街のゴロツキ・ドブ、売出し中のアイドル・ミステリーキッス…何でも無いはずの人々の会話は、やがて失踪した1人の少女へと繋がっていく。

山で暮らす男(2021)

<内容>

第5回ヤングスペリオール新人賞受賞作

無料で読める公式リンク:山で暮らす男 (tameshiyo.me)

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2013)

<内容>

『アバター』以来、驚異の映像美―TIME誌 アカデミー賞®監督アン・リーが贈る感動のアドベンチャー

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください