「娼婦、男娼、売春婦、花魁、芸者、コールガール」モチーフ作品特集

Contents hide
1 性の魅力を売る人々

性の魅力を売る人々

人類最古の仕事に数えられる、娼婦。

猿の実験では、通貨を猿の群内で流通させた所、売春が発生したと言う話もある。

それほど、原始的でありつつ、同時に人の歴史に密接に関係してきた職業である。

この記事では、そんな「娼婦」等の職業をテーマとした作品をメインに、作品を紹介していく。

ある娼婦の贖罪(2018)

<内容>

私は罪深い女女たちを食い物にする、性搾取犯罪が横行するエクアドルの無法都市誘拐された女の子を、人身売買組織から救い出すためコールガールのダナは、生命を賭けた贖罪の戦いに挑む

異種族レビュアーズ(2017)

<内容>

足しげくムフフなサービスをしてくれるサキュバス嬢のお店に通う人間の冒険者・スタンクは、ある日種族間の(性的な意味での)感性の違いで悪友のエロエルフ・ゼルと衝突する。決着の方法は、嬢のレビュー!?

異世界でも風俗嬢やってみた(2019)

<内容>

剣と魔法の世界に、現代から一人の女性が飛ばされた――。彼女の名は、ゆづき! 職業・風俗嬢! 池袋で人気No.1を誇った彼女に課せられた使命、それは、異世界の住人たちをエッチなサービスで満足させることだった!

ウラニャ(2006)

<内容>

1969年の夏。あるギリシャの村で、5人の少年たちが変化しつつある世界と愛を追求する。 子供達は海辺に住む女性・ウラニャを訪問し、愛の謎を知るためにお金を貯める事を誓い合う。

エヴァの告白(2013)

<内容>

1921年、戦火のポーランドからアメリカへ、妹と二人で移住してきたエヴァ(マリオン・コティヤール)。夢を抱いてNYにたどり着くが、病気の妹は入国審査で隔離され、エヴァ自身も理不尽な理由で入国を拒否される。強制送還を待つばかりのエヴァを助けたのは、彼女の美しさにひと目で心を奪われたブルーノ(ホアキン・フェニックス)だった。移民の女たちを劇場で踊らせ、売春を斡旋する危険な男だ。彼の手引きで厳格なカトリック教徒から娼婦に身を落とすエヴァ。彼女に想いを寄せるマジシャンのオーランド(ジェレミー・レナー)に見た救いの光も消えてしまう。生きるために彼女が犯した罪とは? ある日、教会を訪れるエヴァ。今、告解室で、エヴァの告白が始まる──。

エスコート(2018)

<内容>

セックス中毒のジャーナリスト、ミッチは、新しいネタを探す中、スタンフォード大学出の高級娼婦のナタリーに出会い、密着取材を取り付ける。二人は次第にお互いを意識するようになり・・・。

L.A.ジョーンズ(2001)

<内容>

この反骨精神溢れる1997年作のドラマの題材は、ハリウッドの娼婦の人生。ブリットニー・パウエルが、厳しい現実にぶつかり、夢を叶えるために心身ともに自分を売る人生に追い込まれる若い女性を演じる。デボラ・ハリー、ダグ・デイビッドソン、トーマス・キャラブロ(TVシリーズ「メルローズ・プレイス」)。

カイト/KITE(2015)

<内容>

金融危機により崩壊した近未来。そこでは少女たちが人身売買組織に性の奴隷として売りさばかれていた。その中のひとりで、幼くして組織に両親を殺されたサワは、父の親友であり相棒だった刑事アカイに、暗殺者として育てられる。彼女の目的は両親の仇である人身売買組織への復讐。

カサノバ(2006)

<内容>

18世紀―ヴェネチア 街はどこもひとりの男の噂でもちきりだった。彼の名はカサノバ(ヒース・レジャー)。あらゆる女性を虜にする魅力の持ち主だが、ただのプレイボーイではない。無限の愛を与えるという彼を前にすると、娼婦から淑女まで抗える女性はいないという。今日も修道女との情事の後、教会の役人たちに追われたカサノバは、女性の自由をめぐっての討論が行われていた大学の講堂に逃げ込んだ。

カサノバ ~最期の恋~(2019)

<内容>

18世紀、奔放な女性遍歴とギャンブル好きで知られる作家のカサノバは、パリからロンドンへ亡命する。そこで出会った若く美しい娼婦のマリアンヌに魅了されたカサノバは、彼女を射止めようとあらゆる手を尽くして誘うが、巧みにかわされてしまう。カサノバは思わせぶりな態度で挑発を繰り返す彼女に、ますますのめり込んでいくが…。数々の浮名を流した伝説のプレイボーイ<カサノバ>のすべてを賭けた最期の恋。

昨日・今日・明日(1963)

<内容>

ヴィットリオ・デ・シーカ監督による、3編のオムニバス構成によるラブコメディ。主演はソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ。

「アデリーナ」:アデリーナは、闇タバコの商売で失業中の夫カルミーネを養っている。しかし未払いの罰金を徴収に来た役人を追い払ったために逮捕されることになるが、「妊婦は出産直後まで逮捕されない」と知り、夫婦は子作りに励むのだが…。

「アンナ」:大金持ちの生活にうんざりしたアンナはパーティーで知り合った青年レンツォと浮気を楽しむため、二人で遠くへ行こうと彼をドライブに誘うが…。

「マーラ」:高級娼婦のマーラは隣に住む神学生のヴィンチェンツォに見初められる。しかし彼の祖母がマーラを嫌い悪態をつく。ヴィンチェンツォと祖母は喧嘩をして仕舞いには神学生を辞める言い出して…。

クロエ(2010)

<内容>

あの人を誘惑して。夫の愛を試すため、妻が雇った娼婦クロエ。その美しさがすべてを狂わせる。産婦人科として成功し、大学教授の夫と1人息子との3人で、人も羨むような幸せな人生を歩んできた妻キャサリンだが、ある日、彼女は夫と教え子との浮気を疑わせる携帯メールを見つけてしまう。不安な気持ちを抑えられなくなった彼女は、偶然知り合った、若く美しい娼婦クロエを雇って夫を誘惑させ、その報告を受けていた。しかし、魔性の女クロエは、恐ろしい罠を仕掛けていた。平和な日常が崩れていく。

軍中楽園(2018)

<内容>

1969年、中国と台湾が対立していた時代。台湾の青年兵 羅保台(ルオ・バオタイ)は、砲弾が降り注ぐ攻防の最前線にいた。その島に駐屯するエリート部隊「海龍蛙兵」に配属された保台だったが、”カナヅチ”であることが判明し、「特約茶室」を管理する831部隊で働くことに。

さくらん(2007)

<内容>

吉原遊郭「玉菊屋」に売られて来た8歳の少女、きよ葉。女だけの世界で自分も遊女になっていくのが怖いと逃亡を試みるが即座に捕まってしまう。店番の清次は咲かないと言われた吉原の桜が「もし咲いたら」ここを出してやるという。トップ花魁・粧ひの挑発に乗せられ吉原一の花魁になる決意を固めたきよ葉は花魁街道まっしぐらに人気遊女への道を駆け上がっていく。ところがある日、きよ葉は客の惣次郎と激しい恋に落ちる―。

さらば、わが愛 覇王別姫(1993)

<内容>

北京。少年時代から京劇養成所で厳しい訓練を受けながらも,兄弟のようにかばいあい慕いあって成長した2人の役者、トァン・シャオロウとチョン・ティエイー。たくましい大男のトァンは立役者、華奢な美少年のチョンは女形として、京劇『覇王別姫』の名役者として人気を得る。日本統治時代、第2次世界大戦、共産党政権樹立、文化大革命と動乱の時代の、時の権力に運命を左右される2人。トァンに恋心を抱きつづけるチョンであったが、トァンは高級娼婦のチュ-・シェンと結婚してしまう。愛憎渦巻く三角関係。愛に、舞台に、動乱の中国に生きる人々の悲恋を描く一大叙事詩。

サンパウロ、世界で最も有名な娼婦(2011)

<内容>

私は欲しい物は手に入れる女。“家出して自立する”18歳のラクエルはそう決心した。彼女が選んだ職業、それはコールガール。過激なブログがブレイクし、娼婦“ブルーナ”は一躍有名人に。セレブとなった彼女を待つ、甘く危険な罠とは?

JKハルは異世界で娼婦になった(2019)

<内容>

どこにでもいる普通の女子高生・小山ハルは、ある日交通事故に遭い、気づいたときには異世界に転移していた。チート能力も授けられず、男しか冒険者になれない状況で、ハルは酒場兼娼館『夜想の青猫亭』で働くことを決意する。同じく現代から転移した同級生・千葉セイジ、娼館で働く女性たちやハルに想いを寄せるスモーブとの出会いを経て、異世界に溶け込み初めたハルを待ち受ける運命とは……。Web上に掲載され、絶賛を受けた異色の異世界転生小説がついにコミカライズ!

娼年(2017)

<内容>

主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生でホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専用コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

娼婦の恋(2013)

<内容>

娼婦の蓮華は常連客の和義に求愛されるが、それとなく話をかわしながら別の話を始める。それは後輩だった朝顔のことで、彼女は客の良一と恋仲になった。良一は朝顔と一緒になって実家の工場を継いでいきたいと言う。朝顔は喜んで承知したが、良一が再び彼女の前に姿を現すことはなく…。

昭和初期の売春街。娼婦と客との間に芽生えたはかなくも美しい恋…。

小松公典の巧みな構成のシナリオをベテラン深町章監督が濃密なタッチで描き出した色欲編。

スロベニアの娼婦(2009)

<内容>

スロベニアの首都リュブリャナの大学に通う、23歳の女子大生サーシャ。田舎にある実家で優しい父親と二人暮らしのサーシャだが、心の中では都会のセレブな生活に憧れていた。その夢を叶えるため、彼女は’Slovenian Girl’というコードネームでコールガールを始める。

タクシードライバー(1997)

<内容>

タクシードライバーとして働く帰還兵のトラビス。戦争で心に深い傷を負った彼は次第に孤独な人間へと変貌していく。汚れきった都会、ひとりの女への叶わぬ想い – そんな日々のフラストレーションが14歳の売春婦との出逢いをきっかけに、トラビスを過激な行動へと駆り立てる!!

タンジェリン(2015)

<内容>

太陽が照り付けるロサンゼルスのクリスマス・イブ。街角のドーナツショップで一個のドーナツを分け合うトランスジェンダーの二人。28日間の服役を終え出所間もない娼婦シンディは、自分の留守中に恋人が正真正銘の金髪女と浮気したと聞きブチ切れ、彼女を捜し出してとっちめてやろうと街へ飛び出す。歌手を夢見る同業のアレクサンドラはそんな親友シンディをなだめつつも、その夜に小さなクラブで歌う自分のライブのことで頭がいっぱい。さらに、彼女たちの仕事場の界隈を流すアルメニア人移民のタクシー運転手、ラズミックも巻き込んで、それぞれのカオティックな1日がけたたましく幕を開ける!

椿姫(1936)

<内容>

舞台は1847年のパリ。椿姫と呼ばれ豪奢な生活を送っていた娼婦マルグリット・ゴーチェは、世話役のプリュダンス夫人にロシアのバルビル男爵を紹介すると言われ、オペラ見物の桟敷席に出かける。

夫人の言う一階の二列目の男性客をオペラグラスで覗くと、一人の美青年がにこやかに微笑みかけた。

そこでマルグリットはバルビル男爵と間違えてアルマン・デュバルを自分のところに呼び寄せてしまう…

ティファニーで朝食を(1961)

<内容>

朝の宝石店ティファニーの前でデニッシュを食べる娼婦のホリーは、引っ越してきたばかりの駆け出し作家ポールと出会う。酔っぱらいから逃げて部屋へ来て、眠り込んでしまった彼女にポールは興味を抱く。ホリーの夫ドクが彼女を連れ戻そうとするが、彼女は断ってしまう。ホリーがブラジルの外交官と結婚するのを知って傷ついたポールは、小説を売って得たお金をつきつけるが…。く宝石のようなオードリーの魅力をちりばめた、素敵でおしゃれなラブ・ストーリー。彼女と駆け出しの作家ポールとのロマンスは、アカデミー賞(R)にも輝いたヘンリー・マンシーニの主題歌「ムーン・リバー」のメロディと共にいまも多くの女性の心を捉えて離しません。

DEUCE/ポルノストリート in NY(2017)

<内容>

舞台は1970年代ニューヨーク。ドラッグ、娼婦、マフィアが横行する42番街の“デュース”と呼ばれる歓楽街で、性風俗業やポルノ映画がビジネスとして発展していく時代を生きる人間たちを描いたエロティックドラマ。ジェームズ・フランコが対照的な双子の兄弟を1人2役で好演、マギー・ギレンホールが娼婦からポルノ映画製作者へ転じる女性を体当たりで演じゴールデン・グローブ賞で主演女優賞にノミネートされた話題作!

Dangerous Beauty/娼婦ベロニカ(1999)

<内容>

歴史を変えたのは名もなきひとりの娼婦だった―― 激動の時代を強く生き抜いた女性の真実の物語! 愛と感動のスペクタクルロマン

愛する人と結ばれる為に、あえて高級娼婦になる道を選んだ実在の女性の自伝をもとにした映画。

モチーフや邦題で避けられがちだが、名作。

囚われた少女たち(2016)

<内容>

メキシコのティファナで暮らす14歳のソフィア。初めて出来た恋人のウリセスとの幸せな日々に浸っていたが、一家で売春宿を営んでいるウリセスは、ソフィアを騙して売り飛ばそうとしていた。しかしソフィアを本当に愛してしまったウリセスは父親と兄の目を盗んでソフィアを逃がそうとする

濡れた赫い糸(2005)

<内容>

ある日茂は、とあるクラブで一美という女と出会い、その女に運命的なものを感じる。一美は”忍山”という色町で娼婦として生きていた。茂は一美を連れて町を出る。しかし、ふたりの生活は長くは続かなかった。彼女にはヤクザの夫がいて、出所したその夫のもとへと帰ってしまったのだ。

Buy Me バイミー(2018)

<内容>

裕福な家庭で育ったカーチャ。 刺激と冒険を求め、母親に内緒でモデル事務所に登録しドバイのファッションショーに参加することに。 しかし、そこはモデルとは名ばかりの国際的な売春ネットワークだった。 同じ部屋で暮らすことになったカーチャ、ガーリャ、リザの3人。カーチャは休暇のようなノリで楽しみ、ガーリャ、リザも自らの若さと美貌を武器に夢や成功を勝ちとるため、富豪らとデートを重ねる日々を続けるが・・・

裸のキッス(1964)

<内容>

娼婦だった過去を捨て、見知らぬ町で人生を再出発したケリー。周囲が憧れる女性に変貌を遂げた彼女は、ハンサムな町の有力者グラントのプロポーズを受ける。だが、理想の男性であったはずのグラントには、おぞましい裏の顔があった・・・・・。社会に渦巻く偽善を、衝撃的な描写でえぐり出した異色の傑作。

花宵道中(2014)

<内容>

江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧は、縁日で半次郎という青年と出会う。幼い頃に母から受けた折檻のつらい記憶から、心を閉ざし空っぽな日々を送っていた朝霧だったが、半次郎に生まれて初めて胸のときめきを感じ、今まで知らなかった女性としての気持ちが徐々に目覚めていく。しかし、過酷な現実が彼女の運命を大きく変えてしまう――。

はんなり(2005)

<内容>

アメリカで活躍する女優・曽原三友紀が 世界初、京都五花街に入り込み、真の京都花街文化、京都の空気、芸妓、舞妓のリアルな姿と努力、そして花街を支える人々、職人の技を丁寧に紡ぐ。

フェイシズ(1968)

<内容>

地位も名誉もある実業家リチャードは高級娼婦ジーニーの家で一夜を過ごす。家に戻ったリチャードは妻マリアに唐突に離婚を切り出し、再びジーニーの元へ行ってしまう。とまどうマリアは、夜遊びに出かけたディスコで知り合った若者チェットをベッドを共にし、ゆきずりの夜を過ごす。翌朝、事の重大さに気づいたマリアは自殺を図るが…。

プリティ・ウーマン(1990)

<内容>

実業家のエドワード(リチャード・ギア)は、ビバリーヒルズで偶然にヴィヴィアン(ジュリア・ロバーツ)という娼婦と出会う。ウォール街の狼として知られる仕事一筋のエドワードにとって、無邪気なヴィヴィアンとの出会いは新鮮で、彼女にとっても彼の住む世界は見たことのない眩しいものだった。二人は一週間だけのパートナーとしての契約を結び、一緒に暮らし始める。娼婦からトップレディへと変貌するヴィヴィアンとの生活は、エドワードの心に変化をもたらした。

プリティ・ベビー(1978)

<内容>

国際的な称賛を集めるルイ・マル監督が、タブー視される少女売春を取り上げた「プリティ・ベイビー」。人間性が描きだされた美しい作品の舞台は1917年のニュー・オリンズ。売春宿の娼婦たちに魅せられた写真家ベロック(キース・キャラダイン)は12歳の少女娼婦バイオレット(ブルック・シールズ)の無邪気な魅力の虜になっていく。物議をかもすテーマをルイ・マル監督が冷静な手腕で描き、出演者たち(特に娼婦でありバイオレットの母親を演じるスーザン・サランドン)が見事な演技でそれを支えている。すべての映画ファン必見の作品。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2016)

<内容>

観るもの全てが魔法にかかる−−6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、“世界最大の夢の国”フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルで、その日暮らしの生活を送っている。シングルマザーで職なしのヘイリーは厳しい現実に苦しむも、ムーニーから見た世界はいつもキラキラと輝いていて、モーテルで暮らす子供たちと冒険に満ちた楽しい毎日を過ごしている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

マグダラのマリア(2018)

<内容>

男性原理に支配された社会で、家族に結婚を強要され、苦しい想いをして生きるマリア。イエス・キリストに出会い、家族から離れ、使徒らと共にイエスに仕え、教えを伝えるため旅をする。死者を蘇らせたイエス・キリストは、やがて救世主として民衆から崇められるも・・・。

マルドゥック・スクランブル(2006)

<内容>

なぜ私なの?

賭博師シェルの奸計により、少女娼婦バロットは爆炎にのまれた。
瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にして万能兵器のネズミ、ウフコックだった。
法的に禁止された科学技術の使用が許可されるスクランブル−09。
この緊急法令で蘇ったバロットはシェルの犯罪を追うが、そこに敵の担当官ボイルドが立ち塞がる。
それはかつてウフコックを濫用し、殺戮の限りを尽くした男だった。

マンマ・ローマ(1962)

<内容>

元娼婦のマンマ・ローマは、ヒモの男が別の女と結婚したことをきっかけに、離れて暮らしていた16歳の息子エットレを引き取って2人で新しい生活を始める。新しい家に引っ越し、市場で野菜を売る仕事を始めたマンマ・ローマは、息子により良い人生を歩ませたいと考え、仕事を与え、学校に通わせようとする。だが、そんな彼女の思惑とは裏腹に、どこまでも過去が付きまとい、仕事を辞めたエットレは不良仲間と悪事を繰り返す…。

ミルク マネー(1994)

<内容>

12歳のフランクが頭を一番悩ませているのは、女性のこと。都会に行けば女の裸が見られると、親友2人と一緒に貯金をかき集めて街に繰り出す。そこでブロンド美人の娼婦“V”と出会う。フランクは直感的に彼女こそがシャイで一人ぼっちの父親にパーフェクトな奥さんであると信じる。

ムーラン・ルージュ(2001)

<内容>

「ロミオ&ジュリエット」のバズ・ラーマン監督が贈る、絢爛豪華な映像と珠玉の音楽を収めたスペクタクル・エンターテイメント! 世紀末のパリ。大人気を誇るキャバレー「ムーラン・ルージュ」のスターで高級娼婦サティーンと、貧乏作家のクリスチャンは激しい恋に落ちる。ショーへの出資の見返りに、サティーンを我がものにしようとする公爵に隠れて、危険な関係を続ける二人だったが、思いもかけない悲劇が起こる……。

ヨコハマメリー(2006)

<内容>

あなた知ってる?“ハマのメリーさん”

ラヴァーズ・ダイアリー(2013)

<内容>

アンは雑誌記者。彼女は今、女子大生の援助交際についての記事を執筆中で、そのために2人の若い女性へのインタビューを敢行していた。取材を受けた女性たちは、一見売春婦とは思えぬごく普通の可愛らしい若者たち。しかし、それぞれに異なる事情から、様々な男たちに体を委ねていた。

ラブ・ランチ 欲望のナイトクラブ(2014)

<内容>

1976年、アメリカ・ネバダ州リノ。チャーリーとグレースの夫婦は、アメリカ初の合法売春宿“ラブ・ランチ”を開いた。25人もの娼婦を抱えるチャーリーは、更なる事業拡大のために、ヘビー級ボクサーのアルマンドを南米から呼び寄せスポンサーをすることに。マネジメントの一切を引き受けたグレースだが、アルマンドと不倫関係に陥り、次第に夫婦関係がこじれていく。その頃、“ラブ・ランチ”を糾弾する声が上がり、街全体に張り詰めた空気が流れ始める。そして、思いもよらぬ事件が起きる・・・。

わが悲しき娼婦たちの思い出(2014)

<内容>

現役の新聞コラムニストの“エル・サビオ”(賢者)は、90歳の誕生日に処女を狂ったように愛して、自分の誕生日プレゼントにしたい、と昔なじみの娼館の女将ロサに連絡する。

だがロサが見つけた14歳の少女をほんとうに愛してしまい、彼女も、自分に指一本触れないエル・サビオに好意を持ちはじめる。

母を愛した子ども時代、娼館に入り浸りすべての女性を愛した若者時代、過去と現在が交差する中、エル・サビオはコラムに自筆の愛の手紙を掲載しはじめる・・・。

私は高級娼婦 ~男コロガシの作法~/蜜華~男コロガシ麗子~(2019)

<内容>

完璧な容姿と淫らな性技で男を惑わす高級娼婦、火能麗子。

その見事な手腕から、「男コロガシ」と呼ばれている彼女は、今日も男たちの腕に抱かれる!

そんな彼女のもとに現れる、ライバルの男コロガシ京野有珠。

そして、麗子に憎悪を燃やす銀座の女、真宮寺日和。

さらに、闇の帝王「蒼き狼」も入り乱れ、激しいセックスバトルが繰り広げられる!

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください