「雪だるま、スノーマン」モチーフ作品特集

雪のオブジェが、動いたら?

雪を固め、人や動物の型を模した像。

本来動くはずがない物が、もしも動いたら?

この記事では、「雪だるま、スノーマン」が動き出したり、象徴として扱われている作品を紹介していく。

とけたら無くなってしまう、儚い存在だからこそ、そこにタイムリミットが見え、切ない話も多い。

アナと雪の女王(2014)

<内容>

アカデミー賞W受賞、エンタメ界の記録を塗り変えた空前の大ヒット作!“禁断の力”を制御できずに<雪の女王>となったエルサと妹アナの感動の物語。

オラフが、雪だるま。

ジャック・フロスト パパは雪だるま(1999)

<内容>

ロックバンドのボーカル、ジャック・フロストはある日事故に遭い、愛する妻と息子を残して逝ってしまった。

しかし一年後、奇跡が起きる。

生まれ変わって最初に会いたかったのは…大切な家族。

スノーマン(1982)

<内容>

英国の作家レイモンド・ブリッグズの人気絵本をアニメ化したファンタジー作品。舞台はイギリス。雪が降り積もったある冬の日、少年はスノーマンを作った。そして夜中、スノーマンは動き出した!少年はスノーマンと共に空を飛んでスノーマンたちのパーティーに行ったり、ファーザー・クリスマスに会ったり、夢のような時間を過ごすが・・・

スノーマンとスノードッグ(2012)

<内容>

あの名作「スノーマン」の2012年版! オリジナルの制作から30周年となる2012年、旧作のよさを残したまま、新たな「スノーマン」の冒険が始まる! オリジナル同様、脚本レイモンド・ブリッグス、プロデュースはジョン・コーツ。 舞台は現代のイギリス。ペットの犬を亡くしてしまった少年は、さみしいクリスマスを迎えようとしていた・・・

スノーマン 雪闇の殺人鬼(2017)

<内容>

オスロにその年の初雪が降った日、一人の女性が姿を消した。自宅前には彼女のスカーフを首に巻いた雪だるまが残されていた。捜査に着手したハリー・ホーレ警部は、この10年間で、女性が失踪したまま未解決の事案が、明らかに多すぎることに気づく。時を同じくして、ハリーに届いた謎めいた手紙には“雪だるま”という署名があった…。

雪ダルマのけんか(2018)

<内容>

やったー、おもいっきりあそべるぞー! もみの木ほいく園の子どもたちは、たくさん雪がつもったので、大中小と、さくさんの雪ダルマを作りました。ほいく園の子どもたちがいない夜中、雪ダルマたちが楽しくあそぼうとしていたのにおやおや、けんかを始めてしまい……。お空から見ていたお月さまも心配しています。どうやったら、雪ダルマたちのけんかはおさまるのでしょう。

ゆきどけ ゆきだる(2018)

<内容>

動く、紙芝居風のおはなし画劇です。

その昔、森の動物たちに足をつけてもらった雪だるま。ある日突然、大きな大きなおばけ雪だるまになってしまいました。動物たちと雪だるまは、いったいどうなってしまうのでしょう。森の仲間たちと四季を駆け抜けた雪だるまのおはなしです。

Romancing SaGa 3/ロマンシング サガ3(1995)

<内容>

それぞれ独自の癖と目標を持つ異なる主人公を選択できます。誰を選択するか、どのように行動するか、どのような選択をするか。無限の可能性がある世界を探索してください。

雪だるまが仲間のキャラクターにいる。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください