「パスタ、スパゲッティ」モチーフ作品特集

マカロニ、ペンネ、スパゲッティ、ラザニア……

イタリア語で、麺料理の総称達。

紀元前4世紀には存在していたとされる、西洋麺。

トマトソースを使ったパスタが一般に普及し始めたのは、1554年以降と言う事なので、料理の進化の歴史は、実に緩やかだ。

この記事では、そんな「パスタ」類をテーマにした作品を紹介していく。

あしたのパスタはアルデンテ(2010)

<内容>

ローマに住む作家志望の青年トンマーゾは南イタリアで老舗パスタ会社を営むカントーネ家の次男。兄アントニオの新社長就任で共同経営者と一族の晩餐会が開かれる。トンマーゾはディナーの席で、家族に黙っていた3つの秘密を告白しようと決心するが-。

おいしいパスタの召し上がり方(2018)

<内容>

大学生の佐藤はたまたま口にしたカルボナーラの優しい味に運命の一目惚れをした。そして極上のカルボナーラを作るシェフの中嶋のもとでバイトとして働く事を決心する。生意気な大学生、包容力のあるシェフ、メガネの似合う厳しいホールのチーフに、ちょっとドジな後輩…。小さなイタリアンレストランで個性豊かな従業員達が織り成すピリリとスパイスの効いたオイシイ関係に、 アナタの心も幸福な満腹感を味わえる事間違いなし。

GUNSLINGER GIRL(2014)

<内容>

公益法人社会福祉公社――表向きは障害者支援のための首相府主催の組織だが、その実態は瀕死の少女たちに機械の身体を与え、その少女たちに政府に敵対する勢力を秘密裏に排除させる諜報機関だった。一家殺害事件の生き残りの少女・ヘンリエッタは「条件付け」という洗脳処理により、以前の記憶を封印され「義体」となる。そして元軍人のジョゼ・クローチェは、テロリストに家族を殺され、復讐心に捕らわれ社会福祉公社に入り「担当官」となる。義体と担当官、二人はつねに行動を共にし、銃を手にテロリストの戦いに身を投じていく。架空のイタリアを舞台とした、少女と銃、そして周囲の大人たちが織り成す群像劇。第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

パスタをモチーフにした劇中に登場する物語がある。

パスタ(2010)

<内容>

「椿の花咲く頃」コン・ヒョジン×「検事内伝」イ・ソンギュン主演!最高視聴率21.2%を記録し、豪華イケメン俳優陣が贈る最強のラブコメディ。

イタリアンレストラン「ラ・スペラ」を背景に一流シェフを夢見るヒロインの波乱万丈な成功への物語が始まる!厨房で補助の仕事をしているソ・ユギョン(コン・ヒョジン)が気難しい料理長チェ・ヒョンウク(イ・ソンギュン)の元で苦労しながらも、シェフとして成長していく。

パスタの流儀(2021)

<内容>

花形怜 (原著)

才谷ウメタロウ (イラスト)

幼女戦記 閑話『砂漠のパスタ大作戦』(2021)

<内容>

今回のエピソードは2019年2月8日に公開された『劇場版幼女戦記』の前日譚。統一暦1925年。ターニャ率いる第二○三航空魔導大隊は最前線たる南方砂漠での戦いを強いられていた。過酷な現場に食料面で少しでも配慮をしようと、レルゲン大佐が戦場に送付したのはなんと乾燥パスタ。ただでさえ水不足な状況下で、果たしてターニャたちは美味しいパスタを食べることができるのだろうか!?

私はパスタファリアン: 空飛ぶスパゲッティ・モンスター教のお話 (I, Pastafari)(2020)

<内容>

読者の皆様には、このような状況になってしまったことをご理解いただきたいと思います。その過程で、パスタファリアンたちは、不寛容な懐疑論者たちの「本当の宗教とは何か」という問いに答えるように迫まります。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください