「熊、グリズリー」モチーフ作品特集

陸上最大の肉食動物

パンダの可愛さ、プーさんのイメージ、子供時代の愛らしさから、テディベア等カワイイモチーフとして愛されている「熊」。

しかし、その実態は、陸上生物で最大の肉食獣である。

最大種はホッキョクグマで、体長は2メートルを優に超え、重さは800キロ近くになる事も。

獲物や敵として対峙した場合、かなりのピンチを覚悟した方が良い。

まず「死んだふりで助かる」と言うのは、迷信なのでやめた方が賢明だ。

逃げるのも命がけになるだろう。

犬の7倍の嗅覚で獲物を捕捉し、時速40キロで追ってきて、巨躯から繰り出される攻撃は殴りかかるだけで2トンの衝撃と言われている。

ウサイン・ボルトが持つ100メートルの世界記録は9秒58で、時速換算だと平均37.6キロ。

熊の方が早い。

ヘビー級ボクサーのパンチ力が、強くて1トン以上と言われているの。

2トンの爪付きパンチを受ければ、人は簡単に吹き飛ぶし、当たった部位は酷い事になる。

この記事では、そんな「熊」をテーマとして扱った作品を紹介していく。

映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ(2017)

<内容>

みんなのスイーツをひとりで食べてしまったジャッキー。おにいちゃんたちに怒られて、とびだした先で出会ったのは見習いパティシエの女の子、ミンディでした。スイーツが大好きなジャッキーは、ミンディのおばあちゃんがパティシエをやっているスイーツ屋さん、「スイーツランド」でミンディといっしょにパティシエの修行をすることに。しかし、この「スイーツランド」を村の村長が乗っ取ろうと企んでいて…原作に登場するキャラクターはもちろん、個性ゆたかな映画オリジナルキャラクターたちがくりひろげる、あったかで、ちょっぴりせつない物語。

羆風(2018)

<内容>

死者7名、負傷者3名を出した、日本史上最悪の獣害事件「三毛別熊害事件」を動物文学の雄、戸川幸夫が綿密に取材し小説化。
その物語を『釣りキチ三平』『マタギ』などで広く知られる矢口高雄がマンガとしてダイナミックに描き出す!

人間対羆、大自然のなかで繰り広げられる生命をかけた激闘!

矢口マンガの緻密な作画によって、ジョーズより怖い羆の襲撃場面がここに蘇ります。

豪華カップリングとして、老獪なカモシカと老マタギの一騎打ちを描いた『飴色角と三本指』も同時収録!

千ページを超える圧巻の大ボリューム! 『羆撃ち』久保俊治氏による解説。

クマ撃ちの女(2019)

<内容>

小坂チアキ、職業・兼業猟師。 彼女が狙うのは、“日本最強生物”エゾヒグマ……!! 北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!!

くま クマ 熊 ベアー(2015)

<内容>

引きこもりゲーマーのユナが、いつものようにファンタジーRPGゲームにログイン! すると、可愛いクマの装備を身につけて、自分が知らない森の中に!? 装備も変だし、レベルも1に戻ってるし、ゲームがバグった? それとも、まさかの異世界に来ちゃったの!? クマ装備はへんてこだけど、かなり強くて手放せない。冒険者ユナ、最恐クマっ娘として爆誕です! イラストは大人気029が担当。

PASH!ブックス第2弾! 主婦と生活社刊

クマとカラス(2020)

<内容>

この旅を続けていたい。君と、一緒に。
ひとりぼっちのクマと、はみ出し者のカラス。出会ったふたりが「かけがえのない仲間」を探して旅に出る、切ない友情物語。

日本のどこかの森で暮らす、若いツキノワグマ。子どものころに家族と別れてから他のクマに会ったことがなく、孤独だった彼が、都会育ちで一匹狼のカラスと出会って……。まだ見たことのないクマの仲間を探して、旅に出ることを決めるふたり。いくつもの山や森、草原、火山や湖を通り過ぎて、シカやフクロウ、サギ、イノシシと出会いながら、ふたりは「かけがえのない仲間」を見つけることができるのか。「願い事をひとつだけ叶えてくれる」神様・ヤタガラスの存在とは――。動物マンガで愛されて著者累計20万部・帆の最新作、動物たちの切ない友情物語が、描きおろしを加えてついに刊行。

クマとたぬき(2018)

<内容>

ツイッターで1.2億PV超え、webで話題の動物マンガがついに書籍化!

自分の鼻歌で寝てしまったり、出来の悪い剥製ごっこをしたり、アライグマのかわいいポーズを真似しようと無理したり…
おだやかなクマとお調子者なたぬきの、コミカルで愛おしい毎日。
四季折々の森の風景の中で描かれる、モフモフなふたりの友情にクスッと笑って癒やされる作品です。

「クマの思い出を辿る夏の旅」「ふたりの出会い」など、書籍でしか読めない新作エピソードを50ページ以上描きおろし。
マンガ好きから親子で一緒に読む方までオススメな、今もっとも心なごむ動物マンガ!

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ(2010)

<内容>

ずんぐり太ったくまのアーネストおじさん。音楽家の彼は、ある日おなかをすかせてゴミ箱をあさっていました。そこでみつけたのはかわいいねずみの女の子セレスティーヌ。彼女は、アーネストにお菓子屋さんの倉庫にもぐりこむ道を教えてあげます。ふたりの間にはふしぎで、あたたかく、恋人のような親子のような友情が芽生え、おたがいが大事な存在になっていきます。やがてふたりの出会いがきっかけで、くまの世界とねずみの世界が大騒ぎに・・・。くまのアーネストおじさんとセレスティーヌの冒険は、どうなりますことやら・・・。

くまのプーさん(1926)

<内容>

続々重版決定!40年前の幻の漫画「くまのプーさん」が日本初コミックス化

この本は、1970年代から80年代にかけて北米の新聞で連載されたマンガ「Winnie the Pooh」を収録したレアコミックスです。
今までにもムックやグッズなどにマンガのイラストは使われていますが、こうやって1冊の本にまとまって発行されるのは、本書が日本初です。
当時のままの英語版に加えて、日本語翻訳も一緒に掲載されています。内容も1巻につき220編収録されていて、読み応え十分です。
長年の時を超えて今なお愛される「くまのプーさん」。可愛いだけではない、ユーモアにあふれ、時にシニカル、そして哲学的な面白さを兼ね備えたプーさんの日常を、ぜひお楽しみください。

クマのプー太郎(1990)

<内容>

巻頭にプー太郎童話「マグロの救済とひとでの再生」を掲載。表紙裏にはプー太郎の書き方もあり。待望の第1巻配信。

くまみこ(2014)

<内容>

東北地方のとある山奥、中学生のまちは熊を奉る神社に巫女として仕えていました。ある日、まちは後見人(人?)であるクマのナツに「都会の学校に行きたい」と訴えた。やる気はあっても根気はない、世間知らずのまちに、心配性のナツは都会で生きていくために必要なあらゆる試練を与えていく。

くまモン 小学館版 学習まんがシリーズ(2018)

<内容>

くまモンが伝記に! 進化系「新・偉人伝」。

学習まんが形式でくまモンの活躍を紹介します。巻頭にはカラー写真満載の記事、巻末には蒲島熊本県知事による解説や関連人物(ご当地キャラ)紹介の記事を付け、くまモンを分かりやすく立体的に紹介します。前半部は、くまモンの誕生から、様々な活動と熊本の魅力を伝え、中盤で、熊本地震が発生。熊本地震の被害状況を描きます。くまモンの「こんな大変な時に、ゆるキャラは不謹慎」という葛藤から、「こんな大変な時だからこそ、しあわせ部長として、今こそ、みんなを元気づける」へと変わっていく変化を描きます。葛藤の中に、全国からの支援やボランティアについても描き、長い復興への道のりを歩む熊本県を応援します。

グリズリー(1976)

<内容>

国立公園に突如出現した巨大ハイイログマ=グリズリー。パーク・レンジャーの隊長ケリーは、動物行動学者スコットとヘリパイロットのドンの協力を得て、観光客に被害が及ばないように尽力するのだが、グリズリーの犠牲者は次第に増え続けていく……。

グリズリー・パーク(2008)

<内容>

カリフォルニアの大森林地帯に広がる自然公園「グリズリー・パーク」。軽犯罪を犯した8人の若い男女が、社会奉仕活動としてこの公園内の清掃を命じられる。一行を引率するのは、森林警備隊員ボブ(グレン・モーシャワー)。折しも、指名手配中の猟奇殺人犯が園内に逃げ込み、職員らを殺害していくが、殺人鬼は彼だけではなかった。冬眠直前の凶暴極まりないグリズリーベアが血の匂いを嗅ぎつけ、人間たちを狙い始めていたのだ―!

グリズリーマン(2005)

<内容>

野生生物保護活動家のティモシー・トレッドウェルがアラスカで非武装でグリズリーと暮らした記録をヴェルナー・ヘルツォーク(世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶)が描く心に迫るドキュメンタリー作品。

ゴールデンカムイ(2015)

<内容>

『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

自分ツッコミくまの本 もぐらコロッケのうた(2019)

<内容>

大人気のTwitter連載が一冊の本になりました!

うたを歌うのが大好きな、もぐらコロッケたちに事件が起こる!?

おなじみの「自分ツッコミくま」はもちろん、パグさんや大型犬、マレーグマにチュパカブラといったナガノワールドの住人たちが大集合!

さらに、この本でしか読めない描きおろしエピソードやイラストも満載で、まさに全ナガノファン必携の一冊に仕上がっています。

自分ツッコミくまやもぐらコロッケといつも一緒にいたいあなたに!

ディズニーネイチャー/クマの親子の物語(2015)

<内容>

地球は最高のエンターテイメント、知られざる大自然のドラマがここにある。ウォルト・ディズニーの遺志を受け継いだドキュメンタリー映画シリーズ。

ともだちはくま日本昔話(2021)

<内容>

「ともだちはくま」「もっと!ともだちはくま」などの書籍で累計10万部を突破した大人気キャラクターが、今度は誰もが知っている日本昔話になりました。ともだちはくまが金太郎や桃太郎などのキャラクターに扮し、ゆるっとおとぼけなお話がてんこ盛りです。オールカラー、描き下ろし多数で贈る結末がどこかおかしい日本昔話を楽しんでください。

さいきたむむ/著
食いしん坊でぽっちゃりボディの「ともだちはくま」のキャラクターがSNS、LINEスタンプ、書籍などで大人気のクリエイター。Twitterフォロワー数は16.7万人を突破。

パディントン(1958)

<内容>

イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、はるばるペルーから家を探しにやってきた。英国紳士らしく、とっても丁寧な言葉遣いで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは・・・彼が”クマ”だから!やっと出会った親切なブラウン夫人に”パディントン”と名付けられ、都会暮らしを始めてみたけれど、野生の本能が邪魔してドタバタの連続!それでも、純粋で礼儀正しいパディントンは、はじめは煙たがっていた心配性のブラウンさんや子供たちとも仲良くなり、やがて街の人気者になっていく。しかし「いつまでもブラウン一家のお世話になっていられない」と、一人で家を探すことに。そんなある日、彼をつけ狙う謎の美女・ミリセントに誘拐されてしまう!果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた・・・!

悲熊(2020)

<内容>

悲しいから、僕はたくさんのしあわせを知っている。

「ネコノヒー」「スキウサギ」「スキネズミ」
数多くのチャーミングなキャラクターを生み出すキューライスの
悲しさに満ち満ちた悲劇の熊「悲熊」がついに登場!!
小さな小さな幸せを体いっぱい喜べる悲熊が、
この世界で生きるあなたに大切なものを教えてくれる。

【コミックおすすめポイント】
初登場2017年から2019年後期までの作品をギュ〜ッとまとめて収録しました!
加えてなんとスキ〇〇〇とあの人も…豪華友情出演!!ここでしか読めない特別エピソードも必見です!
大満足の1冊、「悲熊」の世界をお楽しみください!

Fang(2017)

<内容>

A lone sheriff and a visiting environmental consultant race to solve the mystery that haunts the valleys of Brada County.

不滅のあなたへ(2017)

<内容>

何者かによって“球”がこの地上に投げ入れられた。その球体は、情報を収集するために機能し、姿をあらゆるものに変化させられる。死さえも超越するその謎の存在はある日、少年と出会い、そして別れる。光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ……刺激に満ちたこの世界を彷徨う永遠の旅が始まった。これは自分を獲得していく物語。

ブラックフット(2015)

<内容>

熟練のアウトドア派のアレックスとアウトドアには全く慣れていないジェン。都会に住むカップルがカナダの大自然へキャンプへ出かける。しかしそこは雄大で美しい景色と危険が隣り合わせの場所だった。

北極のナヌー(2007)

<内容>

生きることを決してあきらめなかった一匹の白くまナヌーの物語。マイナス50℃の北極で15年間に渡る長期ロケを敢行!「アース」「皇帝ペンギン」(US版)のスタッフが総力をあげて贈る生と死のドラマ。

メリダとおそろしの森(2012)

<内容>

「ファインディング・ニモ」「トイ・ストーリー3」など、数々の傑作を生み出してきたディズニー/ピクサーの最新作!〈家族の絆〉と運命を自分で切り開いていくヒロインの冒険を描いた、勇気と感動のファンタジー・アドベンチャー。 馬を駆り、弓を射ることが大好きなお転婆な王女メリダは、魔法で熊に変えられてしまった母を救う手掛かりを探して、森に足を踏み入れる。そこで彼女は、思いもよらない自分の運命と向き合うのだった。

ユリ熊嵐(2015)

<内容>

あるとき、宇宙のかなたで『小惑星クマリア』が爆発。こなごなになったクマリアが流星群になって地球に降り注ぐと、何故か地球上の『クマ(熊)』が一斉に決起し、人類に襲いかかった!『ヒトVS クマ』クマはヒトを食べ、ヒトはクマを撃ち、果てのない戦いと憎しみの連鎖。やがて、ヒトとクマの間には巨大な『断絶の壁』が築かれ、互いに不可侵な状態となった…。ヒトの世界。ある朝、嵐が丘学園の生徒、椿輝紅羽(つばき くれは)と 泉乃純花(いずみの すみか)は二人きりで花壇に咲いた「百合の花」を見ていた。二人は『友だち』であり【 恋人 】。花壇は二人にとって大切な場所なのだ。見つめ合う二人。そのとき【クマ警報】がけたたましく鳴る!クマがヒトの世界に侵入し、ヒトが襲われたのだ!そのクマは果たして…?謎が謎を呼ぶ怒涛の連続!『ユリ熊嵐』が華麗に開幕!

リメインズ 美しき勇者たち(1990)

<内容>

大正末期の北国の山村を舞台に、””赤マダラ”と呼ばれる巨大な人食い熊と五人の腕利きマタギ衆との壮絶な戦いを描いたもの。女の肉しか食わないといわれる赤マダラは、突然出没しては各地で殺りくを繰り返す。 父、母、弟の三人が惨殺された少女の復讐、そしてマタギの青年との恋愛を交じえて、ラストは度肝を抜くような大迫力のシーンに突入。

リラックマ4クママンガ(2010)

<内容>

かわいくて、ほっこりのゆるゆる、だらだら4コマ誕生。

レヴェナント:蘇えりし者(2016)

<内容>

アカデミー賞3冠。主演:レオナルド・ディカプリオ×音楽:坂本龍一×監督:A・G・イニャリトゥのドリームチームで放つ、映画史上に残る強烈で壮大なサバイバルドラマが誕生した。過酷な自然の中で生き延びたハンター、ヒュー・グラスの実話を映画化。復讐の先に何かあるのか―。レオナルド・ディカプリオが悲願のオスカーを手にした迫真の演技で魅せる壮大なサバイバル・アドベンチャー。

ワイルドグリズリー(2000)

<内容>

次々と人々を襲う巨大熊が、モンタナ州の小さな町を恐怖に陥れていく様を描くアニマル・パニック。

主演は『狼たちの街』『ヴァンパイア』のダニエル・ボールドウィン。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください