「ドローン、無人航空機」モチーフ作品特集

自律性を有した無人機

ドローンとラジコンの最大の差は、自律性を有しているかどうか、らしい。

どちらも遠隔操縦出来る無人航空機だが、ラジコンは常に操縦している必要があると言う事だ。

そんなハイテクな「ドローン」や「unmanned aerial vehicle、UAV」をテーマとして扱った作品を、この記事では紹介していく。

AI崩壊(2019)

<内容>

2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介は、その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始–人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める。警察庁の天才捜査官・桜庭は、AIを暴走させたテロリストを桐生と断定。日本中に張り巡らされたAI監視網で、逃亡者・桐生を追い詰める。桐生が開発したAIを管理していたのは、桐生の亡き妻でありAI共同開発者の望の弟、西村。事件の鍵を握る西村も奔走する一方で、所轄のベテラン刑事・合田と捜査一課の新米刑事・奥瀬は足を使った捜査で桐生に迫る。日本中がパニックに陥る中、桐生の決死の逃亡の果てに待っているものとは?一体、なぜAIは暴走したのか?止まらないAI社会の崩壊は、衝撃の結末へ–。

エンド・オブ・ステイツ(2019)

<内容>

かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス、マイク・バニング。英雄として名を馳せ、今もトランブル大統領から絶大な信頼を得ているが、歴戦の負傷は彼の体を蝕んでいた。引退が頭をよぎるようになっていたある日、休暇中のトランブル大統領に空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますとマイクは大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。何者かが仕組んだ陰謀。隙を突いて逃げ出した彼は、真実を明らかにするため走り出す。傷だらけの英雄、最後の戦いが今始まる―

スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム(2019)

<内容>

ピーターは夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこに待っていたのは、元S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリーだった。 迫りくる新たな脅威を察したニックは、スパイダーマンの力を必要としていたのだ。目の前に立ちはだかる脅威にピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るクリーチャーたち。 世界に脅威が迫る中、ニックはミステリオをピーターに引き合わせる。異次元から来たという彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。そしてこの戦いに、ソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。ピーター=スパイダーマンはこの危機にどう立ち向かうのか――今、世界は彼に託される・・!

ソニック・ザ・ムービー(2020)

<内容>

地球でさびしく暮らしていたソニックは、ある日地球制服をたくらむ悪の天才科学者ドクター・ロボトニックに狙われる。大ピンチの彼は、偶然出会った保安官トムに助けを求めるが・・・。誰も見たことのないスーパー・スピード・アドベンチャーの幕が上がる。

DRONE/ドローン(2020)

<内容>

レイチェル(アレックス・エッソー)とクリス(ジョン・ブラザートン)は新居で幸せな新婚生活をおくる理想的なカップル。そんな満ち足りたある日、夫のクリスが放置されているカメラ付きのドローンを拾ってくる。ドローンを手に入れご機嫌なクリスだったが、それから家では、おかしなことが起こり始める。レイチェルはクリスがドローンを使って隣のセクシーな住人を盗撮したエロ画像をPCで発見、クリスは盗撮の覚えがなく、二人は険悪な状態に。実は、このドローンにはレイチェルの昔の恋人ラムゼイがのり移っており、彼が盗撮をして、クリスに罪をなすりつけようとしていたのだ。ラムゼイはレイチェルと別れた後に連続殺人鬼へと変貌、警察の追っ手を逃れる中、偶然にも魂をドローンにのり移したのだった、、、

ドローン・オブ・ウォー(2015)

<内容>

アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐は、F-16戦闘機のパイロットから無人戦闘機の操縦士に転身し、政府のテロリスト掃討作戦に貢献してきた優秀な軍人である。しかしトミーはやるせない違和感に囚われていた。ラスベガス郊外のマイホームと砂漠の空軍基地を車で毎日往復し、エアコンが快適に効いたコンテナ内のオペレーションルームにこもって、圧倒的な破壊力を誇るミサイルをクリックひとつで発射する。音声の出ないモニターだけで戦場の状況を確認するその任務は、まるでゲームのように現実感が欠落しているのだ。CIAの対テロ特殊作戦に参加したトミーは、度重なる過酷なミッションにじわじわと精神を蝕まれ、愛妻モリーとの関係までも冷えきっていく。やがてストレスが限界を超えたトミーは、冷徹な指揮官からの人命を軽んじた爆撃指令への反抗を決意するのだった……。

ドローン・オブ・クライム(2017)

<内容>

ドローン操縦士のニールは、CIAの極秘任務を受けテロリストへの攻撃を繰り返していた。しかし、任務を終えて家族の元に帰れ ば、良き夫、良き父親として平和な日々を過ごしていた。そんなある日、ニールの亡き父が所有していたヨットを購入するため 、パキスタン人のイミルがやって来る。ヨットの処分に困ってたニールはイミルを家に招き入れ、酒を飲みながら世間話で盛り 上がる。そして、交渉は成立しイミルはヨットを購入することになる。その後、帰宅したニールの妻や息子も交えて夕食を共に するが、次第にイミルの様子がおかしくなっていく。彼は、ニールのある秘密を握っていたのだ-。

ドローン 無人爆撃機(2012)

<内容>

ネバダ州、クリーチ空軍基地。アメリカ軍が進めているテロ対策プロジェクトで集められた2人の兵士、ジャックとスー。最先端の技術を駆使したドローン(無人爆撃機)・パイロットとして、ボタン一つでテロリストの運命を決定する任務を課せられている。戦地から遠く離れた安全な場所にいながら、遠くの国にいる人間をリモコン操作一つで殺せることで、感情が麻痺し、ビデオ・ゲーム感覚に陥るジャックに対し憤り、2人のチームワークは少しずつ崩れ始める。そんな中、新たな命令が下るが、この攻撃で罪のない人々まで犠牲になってしまうことにスーは戸惑う・・・

バトル・ドローン(2017)

<内容>

最強傭兵部隊 VS 殺人機械兵団 報酬次第でどんな仕事も引き受ける元海兵隊員のヴィンセント・レイカーが率いる、荒くれ者揃いの傭兵部隊。彼らはロシア・モスクワを訪問中のアルカサル共和国次期統治者を生け捕りにするという依頼を見事なチームワークをもって難なくこなす。その後、武器商人カールとCIAからの依頼を受け、アルカサル共和国の反政府軍に銃器を提供するという極秘任務を請け負い、彼らを監視するCIAの精鋭らとともに銃器があるとされる旧チェルノブイリ原子力発電所へと向かう。ところが、そこで待ち受けていたのは、降り注ぐ銃弾の雨と、次々と襲い来る機械兵たちだった。いくらダメージを与えても動きを止めない殺人マシーンの容赦ない攻撃をかいくぐり、果たして彼らは無事に任務を遂行できるのか!?

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください