「イタチ」モチーフ作品特集

オコジョ、イイズナ、ミンク、フェレット

ペットとしてもフェレットが人気だし、ミンクの毛皮は高級品だが、イタチ全般は害獣と言う認識の人も多いだろう。

いたちごっこ等、ことわざにも良く登場するが、大抵良い意味で使われない辺り、昔からイメージが良い生物では無かった事が伺える。

まあ日本では、狐、狸と並んで妖怪視されて来た歴史があるので、仕方がない所か。

この記事では、そんな細長い姿態を持つ小型肉食動物「イタチ」類がテーマとして扱われた作品を紹介していく。

うしおととら(1990)

<内容>

蔵の中に、500年も閉じこめられていた妖怪。ヤツはその昔、人を食い、悪業の限りを尽くしていた。ひょんなことからヤツを解き放ったのが、蒼月潮(あおつきうしお)。うしおはヤツにとらと名づけた……。うしおととらの伝説が、いま、幕を開ける!

かまいたちと言う妖怪が登場。

オコジョさん(1998)

<内容>

ある日、無口な大学生・槌谷(つちや)君の家に突然現れたオコジョさん。可愛い容姿とはうらはらのヤンキーな彼と、槌谷君との共同生活が始まって…!? ポップなギャグがもりだくさん!

ガンバの冒険(1975)

<内容>

港で開かれているネズミたちのパーティに傷だらけの小ネズミ、忠太が転がり込んできた。

暴力と恐怖で故郷の島を支配している巨大な白イタチ、ノロイを倒すために力を貸して欲しいという忠太の言葉に、その場のネズミたちは冷たかった。

しかし、そんな中、ガンバを始めとする勇敢な7匹の仲間が集まり、ノロイのいる島への船出をする。

敵のノロイが、巨大なイタチ。

超怖い。

にょろにょろフェレット御殿(2000)

<内容>

著者/うなさと 文生

フェレット倶楽部(1999)

<内容>

著者/斉藤 恵

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください