「埴輪、土偶」モチーフ作品特集

古代に作られた土焼き人形

宗教的なシンボルなのか、人形や飾りの類なのか、正確な事は分からず予想するしかない。

日本では、縄文時代や古墳時代に作られたが、似た様な人形自体は世界中に存在する。

この記事では、そんな「ハニワ」や「ドグウ」がテーマに使われた作品を紹介していく。

映画ドラえもん のび太の日本誕生(1989)

<内容>

7万年前の世界に家出したドラえもんたち。だが、そこには、恐ろしい力を自在に操る、精霊王ギガゾンビがいた。ドラえもんたちは、ヒカリ族の少年ククルを助けて、ギガゾンビに立ち向かう!

遮光器土偶が敵として登場。

みんなのトラウマ。

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生(2016)

<内容>

家出を決心したのび太たち5人は、タイムマシンで、誰もいない7万年前の日本に行くことに。現時時代の日本で、自分たちだけのパラダイスを作り、たっぷり遊んだのび太たちは、いったん家に帰ることにしたが、なぜか現代で原始人のククルと出会う。どうやら時空乱流に巻き込まれて現代に来てしまったらしい。そして、ククルの家族がいるヒカリ族は、精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われたという。ククルとともに原始時代に戻った5人は、ヒカリ族を救うため立ち上がる!史上最大の家出から、史上最大の冒険が始まる!!

古代戦士ハニワット(2019)

<内容>

長野県長野善光寺市に、なんの前触れもなく突如現れた巨大土偶。街を破壊し、阻もうとする人間を排除しながら漸進する土偶を阻止できるのは、そうハニワットしかいない! 『鈴木先生』の武富健治が渾身の筆致で描き出す、超古代伝奇ヒーロー譚!!

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください