表現の種類について

多用な表現方法

徐々にまとめていきます。

現状は、参考までに。

ノンフィクション

事実を元に作られた事が重要な要素の創作物。

事実である事を前提にした映像、写真、インタビュー音声や記録、それ等の文章化等で構成される事が多い。

ドキュメンタリー、ニュース等。

フィクション

事実では無い嘘が含まれている表現。

創作物の大半はフィクション。

撮影

写真や映像は、無編集状態ならば基本的に「現実の光の情報」を平面的に保存している。

現実の中から、最高の瞬間や、最適なシーンを、カメラを使って抜き出す技術が問われる事になる。

創作

絵やアニメーションは、人為的に「イメージ」を平面的に描き、創作する事になる。

彫刻等の立体物の場合は、それを立体で行う。

脳の中からイメージを、材料を使って、脳の外に再現する技術が問われる。

写実

創作表現を、必要な分だけ現実的になる様にする表現。

デッサンは、この技術を向上させるのに役立つ。

模写

主に練習で使われる表現で、創作物に対してアナログな方法でコピーを試みる手法。

創作物の創作プロセスを追体験したり、細かい気付きを得る事で、技を盗んだり分析をするのに有効。

アレンジ

日本語英語で、元になる物を一部改変、編集する際に使われる。

曲のアレンジ、アレンジレシピ等。

素人のアレンジはロクな事にならない事が多い。

デフォルメ

対象の特徴を誇張や強調したり、簡略化や省略化しりする表現手法。

元となる非誇張、非強調、非簡略、非省略、等の表現物に対して行うので、対象は現実の物か、撮影された物、写実的表現で作られた物である事が多い。

美化

対象を、より魅力的に描こうとする手法。

美しい、可愛い、格好良いを追求する。

フォトショップでモデルの写真をいじったり、プリクラで程よく目を大きくするのは、コレ。

リメイク

原作と同じ表現手法で、再度作り直す事。

原作が映画の場合、現代の技術で映画として作り直せばリメイクだが、漫画化ならコミカライズ、小説化ならノベライズ等となる。

古着を服として作り直すならリメイクだが、ぬいぐるみ等に作り直す場合も、世間一般ではリメイクと言う事になっているのは、少し不思議。

リブート

シリーズの連続性を捨てて、新たに1から始める手法。

アメコミや映画のシリーズ物で時々見られる。

抽象

具体的な対象を描かないで、テーマを表現する手法。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください