「偽札」モチーフ作品特集

通貨偽造と言う重罪

通貨偽造は、めちゃくちゃ罪が重い。

それは、その性質上、場合によって通貨の信用を貶め、最悪の場合には国家転覆へと繋がる可能性があるからだ。

なので、コピー機には紙幣を複製出来ない様にコピーガードがあるし、玩具のお金は一目見て偽物と必ず分かる様に作られている。

もし偽札を作ったり使ったりすれば、懲役で3年以上、下手をすると無期懲役と言った重い罰を受ける事になる。

なので、現実だと、偽札を作ってもバレない自信がある人や、金も技術もある犯罪組織、あるいは他国を攻撃しつつ外貨獲得を目論む国家が行うか、罪の重さを知らないが行動力があるバカな人が手を染める事が多い。

しかし、フィクションの世界では、偽札は一転、魅力的なモチーフとなる。

きっと考えた事がある人は多い筈だ。

楽にお金を沢山手に入れたい。

自分がお金を作れれば無限に手に入るのに、と。

この記事では、そんな「偽札」をテーマに据えた作品を紹介していく。

悪貨(2010)

<内容>

闇の天才ビジネスマンVS.美人過ぎる刑事
成功するのは、恋か、捜査か?

島田雅彦最新小説

ある日、ホームレスが大金を拾う。だが、その金は偽札だった!捜査にあたった日笠警部が事件解決のために招喚したのが、偽札捜査のスペシャリスト・フクロウ。
一方、「美人すぎる刑事」エリカは、国際的金融犯罪を取り締まるため、マネー・ロンダリングの拠点となる宝石商・通称「銭洗い弁天」に潜入捜査をすることになった。そこで捜査線上に浮かび上がってきたのが、グローバルな資本主義を超える社会を目指す共同体「彼岸コミューン」で育ち、今や巨額の資金を操る野々宮という男だった。
最後に勝利するのは、金か、理想か、正義か、悪か?ハイスピードで展開する「愛とお金の物語」

危いことなら銭になる(1962)

<内容>

紙幣印刷用の和紙強奪犯に偽札づくりの名人坂本老人を高く売りこもうとしていた、”ガラスのジョー”、”計算尺の哲”、”ダンプの健”の三人。ところが肝心の名人は強奪犯に拘束されてしまう。ジョーが唯一の手掛かりのビルに乗りこむと、そこには若い美人が一人いるだけだった。

ウルトラ・ダラー(2006)

<内容>

国家の謀略を暴いた「現代の黙示録」。

ダブリンに新種の偽百ドル札「ウルトラ・ダラー」あらわる――。一報を受けたBBCの東京特派員にして英国情報部員のスティーブンは、インテリジェンスを頼りに、国際諜報戦の暗部を照らし出す。浮かび上がってきたのは、米国、中国、北朝鮮の危険極まりなき謀略だった。1968年の日本人拉致から2002年の日朝首脳会談、そして偽札製造までを一本の線でつないだ本作は、「現実の事件が物語を追いかけている」と評された。

解説:歴史学者・山内昌之氏
<手嶋龍一氏の『ウルトラ・ダラー』は、もはやスパイ小説という古典的領域を乗り越え、日本人初のインテリジェンス小説のフロンティアを切り開いた作品となっている。手嶋氏の文学的世界それは、通常の文学修業や創作活動の延長ではまったく不可能な新しい文学ジャンルなのである>

男たちの挽歌(1986)

<内容>

偽札シンジケートの幹部ホーと相棒のマークは強い友情でむすばれていた。弟のキットが警官を志していると知ったホーは、闇社会から足を洗うため、部下のシンとともに最後の取引に出かける。しかし、敵の罠によって投獄されてしまい、その報復のために敵地に乗り込んだマークは復讐を果たすも足に重傷を負う。3年後、出所したホーはキットから軽蔑され、組織で権力を握ったシンの下で雑用以下の扱いを受けるマークの姿を目にする

五福星(1983)

<内容>

出所を機に更正を誓った泥棒キュウスは、刑務所で知り合った仲間たち5人と清掃会社を始めるが毎日失敗ばかりだった。一方、誤認逮捕で偽札捜査から外された特捜刑事7086番は憂さ晴らしに出場したローラースケート大会でひったくりの強盗現場に遭遇する。すぐに犯人を追うが、実は奪われた鞄の中身はマフィアの偽札原版だった。

贋紙幣事件(1930)

少年達が偽札犯を捕まえようとするジュブナイル・ミステリー作品。

ハイパーインフレーション(2021)

<内容>

帝国の奴隷狩りによって、両親を失った少年ルーク。今度の奴隷狩りでは最愛の姉がオークションに出品されてしまう!! 絶望のドン底でルークが手に入れたのは、『体からカネを生み出す能力』だった!! オークションに参加するルーク――余裕で姉を落札か!? だが、この力には“致命的な欠陥”があって……!? カネが、生命が、怒りが、暴力が、欲望が、『加速≒インフレ』し――物語はハイパーインフレーションを巻き起こす!!

パピヨン(1973)

<内容>

ケチな金庫破りで捕まった男。その男は胸に蝶のイレズミをしていることから“パピヨン(蝶)”と呼ばれていた。 パピヨンは仲間の裏切りに遭い、殺人の罪を着せられた末に、終身刑の判決を受け、南米ギアナの刑務所に送られる。パピヨンは脱獄を決意するが、それには看守を買収した上、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。 そこでパピヨンは同じ服役囚のルイ・ドガという男に目を付ける。 ドガは国債偽造で逮捕された男で、今もその凄腕が噂される偽札作りの天才だった。 当初パピヨンはドガと取引することで逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は無二の親友となり、固い友情と奇妙な絆で結ばれてゆく。しかし、あくまでも自由を求めるパピヨンは、13年にも亘って執拗に脱獄を繰り返すのだった…

ヒトラーの贋札(2008)

<内容>

第二次世界大戦中のドイツ・ザクセンハウゼン強制収容所。ナチス・ドイツがイギリスの経済混乱を狙って企てた「ベルンハルト作戦」により、ここに送られた者たちがいた。贋作師のサリー(カール・マルコヴィクス)に印刷技師のブルガー(アウグスト・ディール)、そして美校生のコーリャなどユダヤ系の技術者たち。彼らは“完璧な贋ポンド札”を作ることを命じられる。初めこそ成功しつつあったこの贋札作り。だがやがて、彼らは自分の命を守るために使命を全うするか、正義を全うするかの究極の選択を強いられることになる…。

フェイクディール / 偽札(1997)

<内容>

「ターミネーター」「エイリアン2」ビル・パクストン主演 『許されざる者』のカメラマン、ジャック・N・グリーンの唯一の監督作品!

離れて暮らしていた父の葬儀に出席するために田舎から出てきたパット。父は『Travellers』という詐欺で生計を立て定住せず暮らす一族の人間だった。 そのコミュニティで生活することを望むパットだったが、一族の人間に冷たくあしらわれてしまう。だが、彼が一族に相応しいか試そうとベッキーが提案することでパットは彼と組んで詐欺の手段を学ぶことになるのだった。ある日、二人はジーンと言うシングルマザーを騙すが、彼女はそのせいで職を失ってしまう。そして、彼女の娘は重い病を抱えていた。ジーンに惹かれたベッキーは娘の治療費を稼ぐためにマフィアから金をせしめる事を思いつくのだが…

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王(2018)

<内容>

タイの刑務所から香港警察へと身柄を引き渡された男、レイ・マン(アーロン・クォック)。世界を震撼させた国際的偽札(贋札)製造集団のメンバーである彼は、数々の容疑で取り調べを受けることになるが、そこにレイの友人、ユン・マン(チャン・ジンチュー)が現れる。レイの保釈を求める彼女に対し、ホー副署長(アレックス・フォン)は、今も行方不明となっているチームの首領・“画家”(チョウ・ユンファ)について話すことを要求。そして、“画家”に最愛の人を殺害され、復讐を誓うホー警部補(キャサリン・チャウ)の前で、レイは自身の“過去”について語り始める。冷酷無比な“画家”の報復に怯えながら——。

1995年、カナダ・バンクーバー。苦しい生活を送る恋人同士だったレイとユンは、ともに励まし合い、画家として名声を得ようとしていた。その後、ロク(カール・ン)に才能を認められ、個展を開くことになるユン。それに対し、生計のため有名絵画の贋作を手掛けるまでに堕ちたレイ。そんな彼の前に、“画家”が現れる。

彼のカリスマ性に惹かれたレイは、彼が率いるチームに参加する。“画家”の父と仕事をしてきた原版技師のヤム、管理担当のラム、警備担当のウォン・ポー、輸送担当のセイ・ホイといったエキスパートたち。レイは彼らとともに、アメリカ政府が新たに発行する100ドル札偽造という、前代未聞の計画を進めていくのだった。幾度にわたる贋札技術の攻略を経て、ついに偽造100ドル札が完成。世界の大物たちと取引を行うなか、黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)を仕切る将軍(ジャック・カオ)との取引に失敗。彼が率いるゲリラなどを相手に、壮絶な銃撃戦が繰り広げられるなか、レイは将軍に囚われていた偽札製造の専門家、シウチン(ジョイス・フォン)を助け出す。

一方、カナダでの特殊インク強奪事件を機に、マー主教として極秘で潜入捜査を行っていたリー捜査官(デヴィッド・ワン)はともに“画家”を追っていたホー警部補とのあいだに愛を育んでいた。そして、ついに香港のホテルの一室で、“画家”とマー主教との取引が行われることに。だが、そこには“画家”によって誘拐されたユンとロクの姿もあった……。数奇な物語の顛末がレイの口から語られたとき、“画家”がふたたび姿を現し、衝撃の真実が明らかになる! !

ルパン三世 カリオストロの城(1979)

<内容>

宮崎駿監督にとって初の劇場監督作品となる劇場版「ルパン三世」シリーズ第2弾。

盗み出した大金が偽札と気づいたルパンと次元は、偽のゴート札の秘密を探るため、カリオストロ公国へやって来た。そして謎の男たちに追われていた少女クラリスを助けるのだが……

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください