「鉄道、電車、汽車、トレイン、列車、新幹線」モチーフ作品特集

Contents hide
1 レールの上を進む長い乗物

レールの上を進む長い乗物

16世紀には、馬車による鉄道の原型が既に確認されたらしい。

しかし、18世紀の産業革命以降が、やはり今の鉄道に近いと言える。

蒸気機関と言う強力な動力を得る事で、馬を必要とせずに高速移動を可能にした鉄道は、当時時代の最先端だった。

現在も、リニアモーターカーの実用化や、新型車両あシステムの開発など、その進化は泊まる事は無い。

この記事では、そんな「鉄道」関係の物をテーマにした作品を紹介していく。

舞台となるか、舞台装置となるか、モチーフそのものとなるか、フィクションでの扱い方も多彩で、それなりに人気があるジャンルと言えるだろう。

アンストッパブル(2011)

<内容>

ペンシルバニア州の操車場に停車中の貨物列車777号が、整備員のミスによって走り出した。全長約800メートルに及ぶ777号には、大量の化学薬品が搭載されているという戦慄の事実が判明。このままでは人口密集地域の街に突っ込み、惨劇になることは明らかだった。その頃、同じ路線で旧式機関車を走らせていたベテラン機関士フランクは、事態を察知し、若き車掌ウィルと共に777号の追跡を開始。しかし、それはあまりにも無謀な決断だった。男としてのプライドに突き動かされた二人は、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かっていく…!

映画ドラえもん のび太と銀河超特急(1996)

<内容>

SL型の宇宙船銀河超特急で、宇宙最大の遊園地へやってきたドラえもんたち。だが、楽しく遊んでいるところへ、とつぜん謎の宇宙人が攻撃してきた。いったい、宇宙人の正体とは・・・!?

オリエント急行殺人事件(2017)

<内容>

傑作ミステリーをケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、デイジー・リドリー、ペネロペ・クルスほか超豪華キャストで描くゴージャスなエンターテイメント !列車内で起きた殺人事件――。容疑者は乗客全員!

原作は、1934年のアガサ・クリスティーの小説オリエンタル急行の殺人。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016)

<内容>

イギリス人作家ポーラ・ホーキンズのデビュー作にしてベストセラーとなった「ガール・オン・ザ・トレイン」が原作。出演はエミリー・ブラント、ジャスティン・セロー、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット、ルーク・エヴァンス、ローラ・プリポン。

きかんしゃトーマス(1984)

<内容>

イギリス本国で1984年、そしてアメリカと日本で1990年に放送が始まった、きかんしゃトーマスTVシリーズの記念すべき第1シリーズ。各国で放送直後、瞬く間に子供たちの人気者になりました。

鬼滅の刃 無限列車編(2021)

<内容>

蝶屋敷での修行を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、≪無限列車≫に到着する。

そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。

禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である≪柱≫のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く≪無限列車≫の中で、鬼と立ち向かうのだった。

銀河鉄道999(1981)

<内容>

西暦2×××年、地球の人間たちは体を機械化させ、寿命を数百年に延ばしていた。だが、母と二人暮らしの星野鉄郎は、貧しさのため、未だ生身の体のままだった。鉄郎はひとつの話を信じていた。誰もが機械の体をもらえる星があり、銀河超特急999号に乗ればそこに行けるというのだ。母と二人でメガロポリスステーションを目指す鉄郎。その途中、鉄郎の母は、生身の人間を狩るのを趣味とする機械伯爵に撃たれてしまう。たった一人雪原に倒れていた鉄郎は、謎の美女メーテルに助けられる。彼女は鉄郎に、銀河鉄道の無期限定期を与え、一緒に旅をすることを約束させるのだった。無限の宇宙の彼方にある夢と希望の星を目指して、鉄郎の果てしない旅がはじまる。

銀河鉄道の夜(1934)

<内容>

著者:宮沢 賢治(1896-1933)  底本:銀河鉄道の夜  角川文庫、角川書店
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版へ変換はボランティアによって行われたものです。
大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の童話。代表作の一つ。賢治の死後発見された未稿定作品。初出は「宮沢賢治全集」第三巻[文圃堂、 1934(昭和9)年]。ケンタウルス祭の夜、ジョパンニはカムパネルラと銀河鉄道に乗る。カムパネルラは消えてしまい、ジョパンニだけが目覚める。ジョ パンニの旅が、ブロカニロ博士の実験によるものだったという形態の作品。

おことわり: この青空文庫作品に収録されているコンテンツには、誤字脱字等の問題が含まれる場合があります。「青空文庫作業マニュアル」の指針に基づき、Amazon においてその内容を修正および改変することなく、作品のコンテンツは一字一句そのまま収録しています。報告された誤字脱字等の問題については、青空文庫に連絡させていただいておりますが、修正の是非および時期については青空文庫の意向によるため、改善しかねることがございます。あらかじめご了承ください。

甲鉄城のカバネリ(2016)

<内容>

世に産業革命の波が押し寄せた頃、突如として不死の怪物が現れた。鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も死後蘇り、人を襲うという。怪物は「カバネ」と呼ばれ、爆発的に増殖していった。世界中が恐怖に覆われる中、日ノ本の人々はカバネの脅威に対抗すべく各地に「駅」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることで生き延びていた。この駅の間を行き来できるのは装甲蒸気機関車(通称、駿城)のみだった。製鉄と蒸気機関の生産を行う顕金駅に暮らす蒸気鍛冶の少年生駒(いこま)は、カバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発しながら、いつか自分の力を発揮できる時が来るのを待ち望んでいた。そんなある日、駿城の一つである甲鉄城が顕金駅にやってきた。生駒は甲鉄城の整備の最中に不思議な少女、無名(むめい)と出会う。そしてその夜、顕金駅にカバネの脅威が押し寄せてきた!

シベリア超特急(1996)

<内容>

   時は1938年、満州とモスクワをつなぐシベリア鉄道を走る列車内で起きる連続殺人事件に、たまたま列車にいあわせた陸軍大将・山下泰文が、真相を解くべく推理を開始していく…。

   映画評論家・水野晴郎が監督・主演を務めたミステリ映画…なのだが、陳腐極まりないドラマ展開、とても走っているようには思えない列車のセット撮影、さらには頭の中がウニになってしまうようなクライマックスのどんでんかえしなどなど、どこを切ってもとにかくひどい。

   しかし、そのひどさがかえって評判になってしまい、今や世紀末日本を代表するカルト映画になってしまった珍作中の珍作。まるで日本のエド・ウッドと化してしまった水野晴郎は、映画の可能性というものを、別な意味で押し広げてくれた功労者といえるかもしれない?

Amazon説明/的田也寸志氏引用

新幹線変形ロボ シンカリオン(2019)

<内容>

新幹線超進化研究所は「漆黒の新幹線」が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため、「新幹線変形ロボ シンカリオン」を開発した。シンカリオンとの高い適合率を持つ子供たちが運転士となり、研究所員たちと力を合わせて強大な敵に立ち向かう!果たして「漆黒の新幹線」の目的は…。子供たちは日本の未来を守れるのか…。チェンジ!シンカリオン!

スノーピアサー(2013)

<内容>

2014年7月1日、人類は突如として絶滅の危機を迎えた。地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質は地球に氷河期をもたらし、永久機関を持つ列車「スノーピアサー」に乗り込んだ人々だけが生き残りに成功する。それから17年後の2031年。「スノーピアサー」の乗客は前方車両の富裕層と後方車両の貧困層とに分けられ、富裕層によって過酷な支配を受ける貧困層はカーティスをリーダーに、平等な社会を、そして人間の尊厳を取り戻すために革命を起こした―。

セブンナイツレボリューション-英雄の継承者-(2021)

<内容>

“為せ 汝の欲することを”かつて世界を救った英雄達がいた。数多の英雄達は〈破壊〉の力と戦い、この世界を守ったのだ。そして、時は流れ–英雄たちは歴史の彼方へと去り、彼らの力を身に纏い戦う〈継承者〉と呼ばれる少年少女達に世界の運命は託されることとなった。〈継承者〉の頂点に立つ〈セブンナイツ〉の一人、少女ファリアは押し寄せる〈破壊〉の軍勢との戦いの中、ネモと名乗る一人の少年を救う。激戦の中、ネモは自らも知らぬままに〈英雄〉の力を喚起し、〈継承者〉としての力を振るう。だが、彼の〈英雄〉は誰も知らぬ、誰も語らぬ者だった。そしてこの時より始まるのだ。過去と現在の交錯する魂の旅路が–

チャギントン(2009)

<内容>

178以上もの国と地域で放送されている鉄道CGアニメ「チャギントン」。物語の舞台は「チャギントン」という様々な列車たちが暮らす街。街の名前の由来、それは英語で「チャグチャグ」という言葉が日本語でいう「シュシュポポ」にあたり、「チャグチャグ」の「タウン(街)」から「チャギントン」と名づけられました。この街では色々な列車たちが人々と一緒に様々な仕事をこなしつつ生活しています。主人公は、元気いっぱいな「ウィルソン」、力持ちの「ブルースター」、ちょっぴりおてんばな「ココ」という見習い列車3人組。この3人がチャギントンの街で先輩たちの列車に導かれながら様々な経験を積んでともに成長してゆく冒険と友情の物語です。

ディレイルド 脱線(2019)

<内容>

豪華列車の乗客たちが、地獄の果てに突き落とされる!突然発生した殺人事件を発端に、暴走する列車は川へ転落。複数の者たちが犠牲になる中、一命を取り留めた者たちは脱出を試みるも、川の奥底には凶暴な未知なるクリーチャーが潜んでいた…!絶体絶命パニック・ミステリー・スリラー!

デジモンフロンティア(2002)

<内容>

小学5年生の神原拓也は、弟の誕生日の日に携帯へ“未来を決めるゲーム”という謎のメールを受け取る。直感的にそのメールに何かを感じた拓也は指示通り駅に向かった。その途中、同じメールを受け取った謎の少年と共に、拓也は地下にある謎の電車へと乗り込む。電車の中には卓也のほかに、織本泉、柴山純平、氷見友樹という3人の子供たちも乗っていた。やがて電車は異世界であるデジタルワールドへと到着する。電車の正体はトレイルモンというデジモンだったのだ。到着した場所で眠っていた火のスピリットに選ばれた拓也は、火の闘士・アグニモンへと“スピリットエボリューション”する。デジモンへと進化する能力を手に入れ、伝説の十闘士の一人となった拓也。こうして泉、純平、友樹に加えて、そこで出会ったボコモンとネーモン、そして謎の少年・源輝二と共に、デジタルワールドを旅する冒険が始まる。

デビルズ・トレイン(2015)

<内容>

嵐の夜。乗客8人を乗せた深夜列車が森の中で緊急停止してしまう。状況確認のため外へ降りた運転手は一向に戻らず、乗客たちは最寄りの駅まで歩いて移動することに。しかし、突然大きな咆哮が闇夜に鳴り響いた!

テラー・トレイン(1979)

<内容>

卒業を間近に控えた6人の医学生たちは、観光SL列車を借り切って行われる仮装パーティに参加する。出発直前、その内の一人が仮面を被った何者かに殺されるのだが、誰にもそのことに気付かぬまま、列車は出発してしまう。そして列車が進む中、その他の医学生たちも次々と残忍な手口で殺されていく。犯人は一体誰か?何の為にこの惨劇を繰り返すのか?列車はさらにスピードを上げてゆくが、そのスピードに逆らうように、乗客たちは恐怖のどん底に落ちてゆく…。

電車男(2004)

<内容>

   女性に全く縁がなかったおたく男=電車男(山田孝之)は、電車の中で酔っ払いに絡まれた女性(中谷美紀)を助け、それがキッカケで彼女に恋を。それをインターネットの掲示板サイトに書き込んだところ、そのネットユーザー達から熱い応援を受けることに。はたして電車男は恋を成就できるのか!?
   原作はおたく世代のリアルなラブストーリーとして楽しめたが、映画は少しそのリアルさに欠ける部分がある。例えば山田孝之のダサいおたく男の容貌は、旧世代おたくすぎてまるでマンガのようだし、服を脱ぎ捨てて走るなど、大げさすぎる演出も時には興ざめになる。でもそれを上回る感動があるのだ。絵文字の使い方もユニークだし、電車男を支えるネットユーザー達のエピソードも共感してしまうようなものばかり。観て損のないハートフルな作品だ。(横森文)

オリジナルはネット掲示板への恋愛相談の書き込みで、「映画のような恋がホントにあった!」という現状打破感と、恋の経過がリアルタイムで報告される臨場感が読む人を沸き立たせ、“まとめサイト”と呼ばれる保存・一覧用のサイトができて一般人の知るところとなり、その後はご存じの通り書籍化・映画化・TVドラマ化・コミック化という多メディア展開で大成功。だが、物語が他の大メディアにコピー&ペーストされるごとに、売りであったはずの現実感が漂白され、見栄えよく再彩色されてしまった感はぬぐえない。要するに、原作を知らない人には共感のしどころが分からないお話かも。“映画のような本当の恋”を映画化してしまうことの難しさ。ううむ。 (吉田正太) — 2006年02月号 — 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

Amazon説明引用

電車で行こう! 青春18きっぷ・1000キロの旅(2013)

<内容>

電車大好き小学生のチーム「T3」。「ある人に会いに行きたい」というメンバーの大樹の願いを叶えるため、JRに1日乗り放題の「青春18きっぷ」で、東京から山口県を目指すことに! 真夜中に出発し、7つの電車を乗り継いで、ひたすら西を目指す1000キロの長~い旅。終着駅には、憧れのものが待っていて……!? 大人気トレイン・ミステリー!

トレイン・ミッション(2018)

<内容>

10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされた会社員のマイケル。いつもの通勤電車で帰路につき、常連客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいだ。そんな彼の前に見知らぬ女が座り、「乗客の中から、ある重要な荷物を持った人物を捜して欲しい」と持ちかける。ヒントは3つ。常連客ではなく、終着駅で降りる、プリンと名乗る乗客。高額な報酬に抗えず、元警官の経験を生かし捜し始めるが、駅の数だけ仕掛けられた罠に深まる謎、さらには、妻と息子が人質に取られたことを知る。やがてプリンが、国家をも揺るがす重大事件の目撃者であることを突き止め、ようやく6人にまで絞り込んだ時、巧妙に仕組まれていた恐るべき陰謀が明かされる。

パニック・トレイン(2013)

<内容>

医師でありシングルファーザーのルイスは、息子のマックスとロンドから深夜の列車で家路に向かっていた。停車中に誰かがブレーキを操作していることに不審を覚えるも、列車は走り出す。いつのまにか眠っていたルイスは列車が止まらないことに気付き、車内のインターフォンで運転室と連絡を取るが、乗客の人数を聞かれるだけだった。車内にはルイスと息子のマックス、ルイスが好意を寄せている美人女性サラ、反社会的で信用できない男カーマイケル、初老の銀行家、心臓に病を抱えた老女の6名。ブレーキの利かなくなった列車は正体不明の男に操られ、踏切りにいた車を跳ね飛ばし、ノンストップで暴走していく。果たして暴走を続ける列車を止めることが出来るのか…

阪急電車(2008)

<内容>

宝塚~西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の、阪急今津線。その電車に、さまざまな「愛」に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた。電車内という限られた空間で、それぞれの人生がほんのちょっと重なり合い、影響し合い、そして離れていく–。数々の出会いが重なり、そこに生まれる小さな愛の奇跡。勇気を持って踏み出せば、いつもとは違う景色が、人生が、そして素敵な出会いが“あなた”を待っている。

マネートレイン(1996)

<内容>

人種は違うが、乳兄弟として育ったジョンとチャーリーは、息の合ったニューヨークの地下鉄おとり捜査官。冷静なジョンに対し、チャーリーはトラブルメイカー。面倒見の良いジョンは、そんな弟の不始末をいつもカバーしていた。ある日、各駅の売り上げを乗せて走る”マネートレイン”の警護にあたった彼らは、他の警備担当と大ゲンカ。ドサクサに紛れ集金袋が1つ紛失してしまうが、日頃の言動から、ジョンとチャーリーに容疑がかかってしまう。アタマに来たチャーリーは自分の立場も忘れ、マネートレインから現金を強奪すると息まくが・・・。

ミステリー・トレイン(1989)

<内容>

とある一夜に、メンフィスのホテルを訪れた3組の旅人を描くオムニバス映画。工藤夕貴、永瀬正敏らが出演。1989年のカンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞受賞作品。

ミッドナイト・ミート・トレイン(2011)

<内容>

ニューヨークの街を撮り続けている写真家レオンは、或る晩チンピラに絡まれていた女性を助けるが、翌日、その彼女が行方不明になったことを知る。地下鉄で別れ際に撮った彼女の写真を見直すと、怪しい男が写っている。警察に訴えても相手にされないレオンは、街で偶然その男を見かけると、恋人の制止も聞かず彼の追跡にのめり込む。だが、その男マホガニーこそが、凄絶な地下鉄内連続殺人事件の犯人だった―。

ミラクル☆トレイン〜大江戸線へようこそ〜(2009)

<内容>

「美麗な男子ばかりが乗っている電車に出会えた貴女は、きっと幸せが訪れる」という都市伝説となっている奇跡の電車『ミラクル☆トレイン』。その美麗な男子6人はなんと『駅』たちだったのだ。ミラクル☆トレインは悩み事を持つ人の前に現れ、駅たちがその悩みを解消していく。今日はどんな乗客が乗ってくるのだろうか…?

勇者特急マイトガイン(1993)

<内容>

「勇者」シリーズ第4弾。昭和125年。かつての東京湾にそびえる未来都市ヌーベルトキオシティ。その街にも悪ははびこっていた。「旋風寺コンツェルン」の若き総帥「旋風寺舞人」は、亡き父の遺志を継ぎ「勇者特急隊」を結成。超AIを搭載した心を持つロボット「勇者特急隊」とともに舞人は正義のために戦い続ける…。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(2010)

<内容>

ただ、がむしゃらに生きてきた。気がつくと、多くのものを失っていた。だから、私は決意した。自分らしさを取り戻し、私らしく生きるために。一流企業に勤める49歳の筒井肇は、家庭を顧みず、忙しく仕事に追われる日々を送っていた。会社での立場は確立するが、妻や娘の心は離れるばかり。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしている母が倒れたとの連絡が入る。追い打ちをかけるように、同期の親友の事故死の知らせが・・。それをきっかけに仕事一筋の人生に疑問を抱き始めた肇。「俺は、こんな人生を送りたかったのか・・・」

RAIL WARS!(2014)

<内容>

憧れの国鉄に就職し運転手になることを夢見る高校生・高山直人がOJT(On-the-Job Training:職場研修制度)で配属されたのは東京中央鉄道公安室・第四警戒班、通称“警四”だった。男勝りで優れた射撃術と格闘術を誇る桜井あおい、記憶力抜群のお嬢様・小海はるか、筋肉脳の熱血漢・岩泉 翔たちメンバーと、何故か班長代理になってしまった平凡な高山直人が立ち向かう事件は迷子探しから爆弾処理まで!?次々と巻き起こる事件の数々を警四の4人は解決できるのか?4人の高校生が紡ぎだす青春鉄道アクションがいよいよ出発進行!!

レヱル・ロマネスク(2020)

<内容>

正和63年10月。 大廃線により鉄路の殆どが失われてしまった国–日ノ本。 九洲は隈元県御一夜市。疲弊しきった経済の立て直しを 蒸気機関車8620とそのレイルロオド・ハチロクとを主役に 据えた観光振興により見事成功させ鉄道復興の聖地となった 同市はさらなる復興への機運や全国の鉄道事業者・まいてつたちの 交流を盛り上げるべく、『第一回まいてつ祭』の開催を企画する。鉄道車両の運転制御用人型モジュール「レイルロオド」達も それぞれのマスター達につれられ全国から集う。 人間達の連日の会議に刺激され、「自分たちも何かをしたい」と 意気投合した彼女たちは、有名レイルロオド「すずしろ」を 中心として「レイルロオドサミット」を主催。 駅前の「cafe亜麻色」に集合し、「まいてつ祭」へ 更なる彩りを加えるべく知恵を絞っていく。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-(2018)

<内容>

「Fate/Zero」において、征服王イスカンダルとともに第四次聖杯戦争を駆け抜けた少年ウェイバー・ベルベット。時を経て少年はロード・エルメロイの名を受け継ぎ、「ロード・エルメロイⅡ世」として、魔術師たちの総本山・時計塔で魔術と神秘に満ちた様々な事件に立ち向かう―――。原作・三田誠によって描かれる正統かつ至高の魔術ミステリーが待望のアニメ化。人気エピソード「魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)」と、そこへ至るアニメオリジナルエピソードで構成される。これまで謎に包まれていたTYPE-MOON世界の根幹『魔術世界』を舞台に繰り広げられる、神秘と幻想、魔術と謎の交錯する物語、開演

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください