「死が軽い世界」系作品特集

ちょっと変わった死生観

  • 死なない
  • 生き返る方法がある
  • 死後の世界がある
  • 死が身近

等々の理由によって、本来生物が最も恐れ避ける「死」と言う概念が、やたらと軽い作品が存在する。

この記事では、そんな「死が軽い世界」を舞台とした作品を紹介していく。

死が怖くなくなると、大抵の事がギャグになる。

吸血鬼すぐ死ぬ(2015)

<内容>

行方不明の子供を助けるため、真祖にして無敵の吸血鬼・ドラルクの城にやってきた吸血鬼ハンター・ロナルド! だがドラルクの正体は、凄まじい頻度で死んで塵と化す史上最弱のザコ吸血鬼で!?

サウスパーク(1997)

<内容>

コロラド州の小さな町サウスパークを舞台に主人公の少年4人が騒動を起こしたり、巻き込まれるギャグアニメであり、過激な描写や痛烈な社会風刺、ブラックジョーク、有名映画・ドラマのパロディが特徴。

Wikipedia引用

ダンジョン飯(2015)

<内容>

九井諒子、初の長編連載。待望の電子化! ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!! 襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

DRAGON BALL(1985)

<内容>

山奥に住む怪力で、メチャクチャ元気な孫悟空。ある日悟空は、七つ揃うとどんな願いも叶うという、ドラゴンボールを探すブルマに出会う。彼女とともに、悟空もハラハラドキドキの旅へ出発する!

撲殺天使ドクロちゃん(2003)

<内容>

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪ 謎の擬音と共に、草壁桜くん(中学二年)の家に突然やってきた一人の天使。 その娘の名前は、撲殺天使ドクロちゃん!? いつのまにか桜くんちに居候しはじめたドクロちゃんは、桜くんを(いろんな意味で)誘惑しはじめて……!!

魔法が解けて/Disenchantment(2019)

おすすめ海外アニメ「魔法が解けて」を紹介で紹介。

剣と魔法の世界で姫とエルフと悪魔のトリオが冒険をする。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください